A PHP Error was encountered

Severity: Warning

Message: Invalid argument supplied for foreach()

Filename: controllers/Trial.php

Line Number: 351

Backtrace:

File: /Library/filemaker.ne.jp/Users/Virtual3/Data/Web/application/controllers/Trial.php
Line: 351
Function: _error_handler

File: /Library/filemaker.ne.jp/Users/Virtual3/Data/Web/index.php
Line: 315
Function: require_once

抗血栓療法トライアルデータベース
抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ 
検索結果:1960件(31−60件)

ACTIVE W INR control

結論プロトロンビン時間国際標準比(INR)治療域内時間(TTR)によって判断すると,INRのコントロールは施設間,国家間に幅がみられ,抗凝固療法の効果に強い影響を及ぼしていた。抗凝固療法のベネフィットを得るために必要なTTR最小値は58-65%と推定され,これを下回ると,抗血小板療法に比しベネフィットが得られないと考えられた。
対象6706例。心房細動患者。
文献Connolly SJ, et al.; ACTIVE W Investigators. Benefit of oral anticoagulant over antiplatelet therapy in atrial fibrillation depends on the quality of international normalized ratio control achieved by centers and countries as measured by time in therapeutic range. Circulation 2008; 118: 2029-37.

ACTIVE W paroxysmal vs sustained

結論経口抗凝固薬またはaspirin+clopidogrel投与を受けている発作性心房細動(AF)患者の血栓塞栓症のリスクは,慢性AF患者と同等であり,このリスクは経口抗凝固薬により減少させることができる。
対象6697例。心電図でAFと診断され,以下の1つ以上に該当する患者: 75歳以上,高血圧の治療中,脳卒中/一過性脳虚血性発作/非CNS全身性塞栓症の既往,左心室機能障害(左室駆出率<45%),末梢動脈疾患。55-74歳で上記の危険因子を有さない場合は,薬物治療を要する糖尿病または冠動脈疾患の既往。
文献Hohnloser SH, et al; ACTIVE W Investigators. Incidence of stroke in paroxysmal versus sustained atrial fibrillation in patients taking oral anticoagulation or combined antiplatelet therapy: an ACTIVE W Substudy. J Am Coll Cardiol 2007; 50: 2156-61.

ACUITY

結論中等度-高リスクの急性冠症候群(ACS)患者において,bivalirudin +GP IIb/IIIa受容体拮抗薬(GPI)併用投与の虚血イベントおよび出血発生率は,heparin+GPI併用投与とほぼ同等であった。bivalirudin単独投与における虚血イベントの頻度はheparin+GPI併用投与とほぼ同等であったが,出血リスクは低かった。
対象13819例。18歳以上の中等度-高リスクのACS患者。年齢中央値は63歳。
文献Stone GW, et al. and ACUITY Investigators. Bivalirudin for patients with acute coronary syndromes. N Engl J Med 2006; 355: 2203-16.

ACUITY 1-year results

結論中等度-高リスクの急性冠症候群(ACS)患者において,bivalirudinの1年後の虚血イベントおよび死亡の発生率は,heparin+GP IIb/IIIa受容体拮抗薬(GPI)併用投与と同等であった。
対象7789例。ACUITY試験対象者は,18歳以上,10分以上持続する不安定狭心症の症状が認められてから24時間以内の中等度-高リスクのACS患者。
文献White HD, et al. Safety and efficacy of bivalirudin with and without glycoprotein IIb/IIIa inhibitors in patients with acute coronary syndromes undergoing percutaneous coronary intervention 1-year results from the ACUITY (Acute Catheterization and Urgent Intervention Triage strategY) trial. J Am Coll Cardiol 2008; 52: 807-14.

ACUITY bivalirudin

結論経皮的冠動脈形成術(PCI)を施行かつGP IIb/IIIa受容体拮抗薬(GPI)を投与された中等度-高リスクの急性冠症候群(ACS)患者において,未分画heparinまたはenoxaparinの代わりにbivalirudinを投与しても,臨床アウトカムは同程度であった。bivalirudin単独投与は,heparin+GPI投与に比し,虚血性イベントの抑制は同程度であったが,大出血のリスクは低かった。
対象ACUITY登録例のうちPCIをうけた患者7789例。年齢中央値はheparin併用群63歳,bivalirudin併用群62歳,bivalirudin単独群63歳。
文献Stone GW, et al. and Acute Catheterization and Urgent Intervention Triage strategy (ACUITY) trial investigators. Bivalirudin in patients with acute coronary syndromes undergoing percutaneous coronary intervention: a subgroup analysis from the Acute Catheterization and Urgent Intervention Triage strategy (ACUITY) trial. Lancet 2007; 369: 907-19.

ACUITY diabetes mellitus

結論侵襲的手技を受ける急性冠症候群(ACS)患者において,糖尿病患者は虚血および大出血の発生率が高かった。糖尿病患者において,bivalirudin単独投与は,heparin+GP IIb/IIIa受容体拮抗薬(GPI)併用投与に比し,同様の虚血イベントおよび大出血の抑制がみられ,その結果正味の有害事象発生の低下が認められた。
対象13819例。侵襲的手技を受けるACS患者。
文献Feit F, et al. Safety and efficacy of bivalirudin monotherapy in patients with diabetes mellitus and acute coronary syndromes: a report from the ACUITY (Acute Catheterization and Urgent Intervention Triage Strategy) trial. J Am Coll Cardiol 2008; 51: 1645-52.

ACUITY gastrointestinal bleeding

結論急性冠症候群(ACS)患者において,消化管出血はたとえ大出血の基準に達していなくても深刻な状態であり,独立して死亡率および虚血性合併症と関連する。
対象13819例。中等度~高リスクのACS患者。
文献Nikolsky E, et al. Gastrointestinal bleeding in patients with acute coronary syndromes: incidence, predictors, and clinical implications: analysis from the ACUITY (Acute Catheterization and Urgent Intervention Triage Strategy) trial. J Am Coll Cardiol 2009; 54: 1293-302.

ACUITY GP IIb/IIIa inhibitors

結論早期侵襲的治療を行う中等度-高リスクの急性冠症候群(ACS)患者において,経皮的冠動脈形成術(PCI)施行例へのGP IIb/IIIa受容体拮抗薬(GPI)投与を,ランダム化直後からPCI直前に遅らせたところ,虚血イベントの頻度はランダム化直後投与に比し低下傾向がみられたが,非劣性は認めなかった。出血のリスクは有意に低下した。
対象ACUITY登録例のうちGP IIb/IIIa受容体拮抗薬の投与をうけた患者9207例。年齢中央値は63歳。
文献Stone GW, et al. and ACUITY Investigators. Routine upstream initiation vs deferred selective use of glycoprotein IIb/IIIa inhibitors in acute coronary syndromes: the ACUITY Timing trial. JAMA 2007; 297: 591-602.

ACUITY switching to bivalirudin

結論中等度-高リスクの急性冠症候群(ACS)患者において,heparinからbivalirudin単独投与への切り替えは,heparin+GP IIb/IIIa受容体拮抗薬(GPI)併用投与に比し,虚血イベント発症率は同等であったが,出血発生率が半減した。ランダム化前に抗トロンビン薬投与を受けていなかった者において,bivalirudin単独投与はheparin+GPI併用投与に比し,出血発生率が減少した。虚血イベント発症率は同等であった。
対象7104例(4215例【解析1】/2889例【解析2】)。ACUITY試験対象者は,18歳以上の中等度-高リスクのACS患者。10分以上持続する不安定狭心症の症状が認められてから24時間以内,かつ以下の項目に1つ以上該当する症例。1mm以上の新規ST低下または一時的な上昇;トロポニンI/トロポニンT/CK-MBの上昇;既知の冠動脈疾患; TIMI不安定狭心症基準における前述以外4項目がすべて該当。
文献White HD, et al. Safety and efficacy of switching from either unfractionated heparin or enoxaparin to bivalirudin in patients with non-ST-segment elevation acute coronary syndromes managed with an invasive strategy: results from the ACUITY (Acute Catheterization and Urgent Intervention Triage strategY) trial. J Am Coll Cardiol 2008; 51: 1734-41.

ADAPT-DES

結論薬剤溶出性ステント(DES)留置を受けた冠動脈疾患患者において,clopidogrel投与中の高い血小板反応性は,1年後のステント血栓症および心筋梗塞の独立予測因子であり,出血に関しては保護因子であった。これらのイベント発症は全死亡の独立予測因子であった。
対象8,583例。1つ以上のDESを成功裏に留置され,aspirin+clopidogrel併用投与を受けた患者連続例。
文献Stone GW, et al.; for the ADAPT-DES Investigators. Platelet reactivity and clinical outcomes after coronary artery implantation of drug-eluting stents (ADAPT-DES): a prospective multicentre registry study. Lancet 2013; 382: 614-23.

ADEP

結論picotamideは忍容性に優れた薬剤であり,末梢血管疾患患者において心血管合併症を抑制することが示されたが,ハイリスク患者におけるさらなる検討が必要とされる。
対象末梢血管疾患。2,304例。
文献Balsano F, et al.; The ADEP Group. Effect of picotamide on the clinical progression of peripheral vascular disease. A double-blind placebo-controlled study. Circulation 1993; 87: 1563-9.

ADOPT

結論内科疾患による入院患者において,apixabanによる静脈血栓塞栓症(VTE)予防療法の延長はenoxaparin短期投与と比較して優越性は認められず,大出血が増加した。
対象6528例。40歳以上で,うっ血性心不全,急性呼吸不全,感染症,急性リウマチ性疾患,炎症性腸疾患のため3日以上の入院が予定され,行動範囲の制限を受けた患者。うっ血性心不全および急性呼吸不全患者以外は,追加的リスクを1つ以上有する者とした。
文献Goldhaber SZ, et al.; ADOPT Trial Investigators. Apixaban versus enoxaparin for thromboprophylaxis in medically ill patients. N Engl J Med 2011; 365: 2167-77.

Adriaensen H

結論suloctidilとdihydroergotoxineは忍容性に優れ,プラセボに比し有効性に優れており,かつsuloctidilはdihydroergotoxineよりも効果的であることが示された。
対象間欠性跛行。45例。
文献Adriaensen H. Medical treatment of intermittent claudication: a comparative double-blind study of suloctidil, dihydroergotoxine and placebo. Curr Med Res Opin 1976; 4: 395-401.

ADVANCE

結論人工膝関節全置換術後の血栓予防において,apixabanはenoxaparinに対し非劣性を示さなかった。臨床的に関連のある出血はapixabanの方が少なく,有害事象プロフィールは同様であった。
対象3195例。片方または両方の人工膝関節全置換術施行予定の患者(再施行患者を含む)。
文献Lassen MR, et al. Apixaban or enoxaparin for thromboprophylaxis after knee replacement. N Engl J Med 2009; 361: 594-604.

ADVANCE-2

結論待機的膝関節全置換術の翌朝に開始するapixaban 2.5mg,1日2回経口投与は,enoxaparin 40mg/日皮下注に比し,簡便かつより有効であり,出血リスクは上昇しなかった。
対象3057例。片側性待機的膝関節全置換術,または同日に両側性膝関節全置換術の施行を予定されている患者(再置換を含む)。
文献Lassen MR, et al.; ADVANCE-2 investigators. Apixaban versus enoxaparin for thromboprophylaxis after knee replacement (ADVANCE-2): a randomised double-blind trial. Lancet 2010; 375: 807-15.

ADVANCE-3

結論股関節置換術施行患者において,apixabanによる血栓症予防療法はenoxaparinに比し,出血を増加させることなく静脈血栓塞栓症を抑制した。
対象ランダム化5407例(うち有効性の解析対象は3866例)。待機的股関節全置換術施行予定患者(再置換含む)。
文献Lassen MR, et al., ADVANCE-3 Investigators Apixaban versus enoxaparin for thromboprophylaxis after hip replacement. N Engl J Med 2010; 363: 2487-98.

AFASAK 2 1999

結論少用量warfarin,aspirinの単独または併用投与による軽度および重度の出血発生率は高かった。用量補正warfarin投与(INR 2.0-3.0)は,よりintensityの低い抗血栓療法に比較して大出血の頻度は高くなかったこと,また年齢は出血リスクに有意な影響を与えなかったことから,高齢の心房細動(AF)患者においても用量補正warfarin投与の忍容性は良好であると考察された。
対象NVAF。677例。
文献[substudy] Gulløv AL, et al. Bleeding during warfarin and aspirin therapy in patients with atrial fibrillation: the AFASAK 2 study. Atrial Fibrillation Aspirin and Anticoagulation. Arch Intern Med 1999; 159: 1322-8.

AFCAS Registry

結論PCIを施行する抗凝固療法中の心房細動患者の周術期管理について,中断なしの抗凝固療法は周術期合併症を増加させず,従来のheparinによるbridging therapyのシンプルかつ費用効果的な代替療法である。
対象529例。PCI施行のため照会された発作性/持続性/永続性心房細動患者963例のうち,長期経口抗凝固療法中の患者。
文献Lahtela H, et al.; AFCAS (Management of patients with Atrial Fibrillation undergoing Coronary Artery Stenting) study group. Heparin bridging vs. uninterrupted oral anticoagulation in patients with Atrial Fibrillation undergoing Coronary Artery Stenting. Results from the AFCAS registry. Circ J 2012; 76: 1363-8.

AFFIRM on-treatment analysis

結論AFFIRM試験において,warfarin治療は生存率を改善した。洞調律であることは死亡率の抑制に関連していたが,抗不整脈薬の投与は関連がみられず,リズムコントロール(洞調律維持治療)ではベネフィットが有害事象により相殺されていることが示唆された。
対象AFFIRM試験の対象患者4060例のうちの2796例。
文献Corley SD, et al; AFFIRM Investigators. Relationships between sinus rhythm, treatment, and survival in the Atrial Fibrillation Follow-Up Investigation of Rhythm Management (AFFIRM) Study. Circulation 2004; 109: 1509-13.

AFFIRM subgroup analysis

結論AFFIRM試験において,治療法の違い(レートコントロール vs リズムコントロール)による脳卒中発生率の差は認められなかった。心房細動(AF)の既往があり,脳卒中または死亡の高リスクを有する患者において,AFの存在は脳卒中リスクを増加させ,warfarin治療はリスクを低下させた。
対象4060例。脳卒中の高リスクを有するAF患者。平均年齢はレートコントロール群69.8±8.9歳,リズムコントロール群69.7±9.0歳。
文献Sherman DG, et al., National Heart, Lung, and Blood Institute AFFIRM Investigators. Occurrence and characteristics of stroke events in the Atrial Fibrillation Follow-up Investigation of Sinus Rhythm Management (AFFIRM) study. Arch Intern Med 2005; 165: 1185-91.

AFFIRM warfarin discontinuation

結論高リスクの非弁膜症性心房細動(NVAF)患者では,外科的手技のためのwarfarin中断により,虚血性脳卒中リスクは約6倍に上昇した。すべての手技について,リスク便益分析で検討する必要がある。
対象4,060例。≧65歳または脳卒中/死亡の臨床的リスク因子を有する再発性のNVAF患者で,長期の治療を要する症例。
文献Qureshi AI, et al. Risk of Ischemic Stroke in High Risk Atrial Fibrillation Patients during Periods of Warfarin Discontinuation for Surgical Procedures. Cerebrovasc Dis 2016; 42: 346-51.

AFIJI CYP2C19

結論心筋梗塞(MI)後clopidogrel投与を受けた45歳未満の症例において,CYP2C19*2遺伝的変異は重要な予後決定因子であった。
対象259例。年齢>18歳かつ<45歳,MIの発作(ST上昇型/非ST上昇型)によりCADと確定された患者で,clopidogrel 75mg/日を1ヵ月以上投与された症例。
文献Collet JP, et al. Cytochrome P450 2C19 polymorphism in young patients treated with clopidogrel after myocardial infarction: a cohort study. Lancet 2009; 373: 309-17.

AFTER

結論aspirin投与と抗凝固療法による心イベント発生率に差は認められなかったものの,治療が同等であると結論づけるに十分な症例数・イベント数は得られなかった。抗凝固療法群で重篤な出血性イベントと脳卒中が多かったことから,aspirinが多くの心筋梗塞(MI)患者における選択薬であることが示唆された。
対象血栓溶解療法施行後のMI。1,036例。
文献Julian DG, et al for the AFTER Study Group. A comparison of aspirin and anticoagulation following thrombolysis for myocardial infarction (the AFTER study): a multicentre unblinded randomised clinical trial. Br Med J 1996; 313: 1429-31.

After Eighty study

結論80歳以上の非ST上昇型心筋梗塞(NSTEMI)または不安定狭心症患者における複合イベント抑制について,侵襲的治療は保存的治療にくらべすぐれていた。侵襲的治療の有効性は,クレアチニンおよび有効性で補正後,年齢が上がるにつれ弱くなった。出血は両群で同様であった。
対象
文献Tegn N, et al., After Eighty study investigators Invasive versus conservative strategy in patients aged 80 years or older with non-ST-elevation myocardial infarction or unstable angina pectoris (After Eighty study): an open-label randomised controlled trial. Lancet 2016; 387: 1057-65.

Agnew TM et al

結論グラフト開存性および自己冠動脈病変の進展において,aspirin低用量(100mg/日)単独とaspirin+dipyridamole併用の有効性は同等であったが,単独群は忍容性の点で優れていた。
対象CABG施行例。101例。
文献Agnew TM, et al. The role of dipyridamole in addition to low dose aspirin in the prevention of occlusion of coronary artery bypass grafts. Aust N Z J Med 1992; 22: 665-70.

AICLA

結論aspirin(1000mg/日)投与はアテローム血栓性脳梗塞の二次予防に有効であり,Canadian Trialの成績を裏づける結果となった。dipyridamoleとの併用の優位性は認められず,またaspirinの効果の性差は明らかにされなかった。
対象アテローム血栓性脳虚血イベント既往。604例。
文献Bousser MG, et al. "AICLA" controlled trial of aspirin and dipyridamole in the secondary prevention of athero-thrombotic cerebral ischemia. Stroke 1983; 14: 5-14.

AIMS 1988

結論急性心筋梗塞(AMI)患者への抗血栓療法(APSAC静脈内単回投与)は死亡率の抑制に有効であることが示された。
対象AMI。1,004例。
文献[main] AIMS Trial Study Group. Effect of intravenous APSAC on mortality after acute myocardial infarction: preliminary report of a placebo-controlled clinical trial. Lancet 1988; 1: 545-9.

AIMS 1990

結論急性心筋梗塞(AMI)患者に対する早期のAPSAC投与は安全であり,また長期投与の有効性が確認された。
対象AMI。1,258例。
文献[main] AIMS Trial Study Group. Long-term effects of intravenous anistreplase in acute myocardial infarction: final report of the AIMS study. Lancet 1990; 335: 427-31.

AITIA 1977

結論エンドポイントを全死亡,脳梗塞,網膜梗塞とした場合,脳卒中の発症抑制においてaspirinとプラセボに有意差は認められなかった。
対象TIA既往。178例。
文献Fields WS, et al. Controlled trial of aspirin in cerebral ischemia. Stroke 1977; 8: 301-14.

AITIA 1978

結論本試験の頸動脈再建術施行例では,関連して実施した抗血小板療法に比し,6ヵ月後の全死亡,非致死性脳梗塞・網膜梗塞,一過性脳虚血発作(TIA)発症が半減したが,これは外科手術の好影響であると推測された。
対象TIA既往(頸動脈再建術施行例)。125例。
文献Fields WS, et al. Controlled trial of aspirin in cerebral ischemia. Part II: surgical group. Stroke 1978; 9: 309-19.