抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ 
検索結果:30件(1−30件)

WAPS

結論抗リン脂質症候群患者において,高用量warfarinの血栓症再発予防効果が標準用量より優れることはなく,むしろ小出血の合併症が増加した。
対象109例。ループス性抗凝固因子を検出かつ/または抗カルジオリピン抗体陽性(中-高濃度)で,主要動/静脈血栓症の既往があり,過去5年間に抗リン脂質症候群の臨床的所見が認められた患者。平均年齢は高用量群41.1±12.1歳,標準用量群41.0±12.3歳。
文献Finazzi G, et al. A randomized clinical trial of high-intensity warfarin vs. conventional antithrombotic therapy for the prevention of recurrent thrombosis in patients with the antiphospholipid syndrome (WAPS). J Thromb Haemost 2005; 3: 848-53.

WARCEF

結論左室駆出率が低下した洞調律患者において,warfarinの脳卒中,死亡抑制効果はaspirinと同等であった。warfarinは脳梗塞を抑制したが,このベネフィットは大出血リスクの上昇により相殺された。
対象2,305例。18歳以上,正常洞調律,warfarinに対する禁忌がなく,EF≦35%の患者。
文献Homma S, et al.; WARCEF Investigators. Warfarin and aspirin in patients with heart failure and sinus rhythm. N Engl J Med 2012; 366: 1859-69.

WARCEF post hoc analysis

結論脳卒中既往および駆出率(EF)<15%は,脳梗塞のリスク因子であった。脳卒中既往およびEF低下の心不全患者において,warfarinにより臨床的に意味のある脳卒中リスク低下が得られるかどうかは,さらなる調査が必要である。
対象2,305例。正常洞調律でEF≦35%の患者。
文献Pullicino PM, et al. Recurrent Stroke in the Warfarin versus Aspirin in Reduced Cardiac Ejection Fraction (WARCEF) Trial. Cerebrovasc Dis 2014; 38: 176-81.

WARFASA

結論抗凝固療法を中止した特発性静脈血栓塞栓症(VTE)患者において,aspirinは大出血を増加させずにVTE再発を抑制した。
対象403例。確定診断を受けた初発の症候性特発性近位部DVTかつ/またはPEのため6~18ヵ月間ビタミンK拮抗薬投与を受けた患者(目標PT-INR 2.0~3.0)。
文献Becattini C, et al.; WARFASA Investigators. Aspirin for preventing the recurrence of venous thromboembolism. N Engl J Med 2012; 366: 1959-67.

WARIS 1990

結論急性心筋梗塞(AMI)から回復した患者へのwarfarin長期投与は全死亡・再梗塞のリスク減少に非常に有効であり,また脳血管イベントへの有効性も示唆された。禁忌でない限りAMI既往患者へのwarfarin投与が推奨される。
対象AMI。1,214例。
文献[main] Smith P, et al. The effect of warfarin on mortality and reinfarction after myocardial infarction. N Engl J Med 1990; 323: 147-52.

WARIS 1992

結論心筋梗塞(MI)既往患者および糖尿病合併例においては,warfarin投与によるMIの二次予防効果は認められないことが示唆された。さらに,高齢者ではwarfarinの有効性が減弱する傾向が認められた。
対象AMI。1,214例。
文献[substudy] Smith P, et al. Effects of long-term anticoagulant therapy in subgroups after acute myocardial infarction. Arch Intern Med 1992; 152: 993-7.

WARP

結論癌患者において,予防的warfarin投与は非投与に比し,症候性カテーテル関連血栓症,その他の血栓症を抑制しなかった。
対象1590例。組織学的に癌と診断;化学療法剤投与のために中心静脈カテーテル挿入を要する;16歳以上;十分な肝,腎,血液機能を有する。
文献Young AM, et al., WARP Collaborative Group, UK Warfarin thromboprophylaxis in cancer patients with central venous catheters (WARP): an open-label randomised trial. Lancet 2009; 373: 567-74.

WARPED

結論抗凝固療法を受けている患者において,ポリープ切除術後の大腸出血発生率は,warfarinを休薬しても非投与患者に比し高かった。大腸出血の独立予測因子は,抗凝固薬投与,複数のポリープ切除,男性であった。
対象1225例。2000年1月~2006年12月に外来でポリープ切除術を伴う待機的大腸内視鏡検査を受けた,18歳以上のKaiser Permanenteの患者。
文献Witt DM, et al.; WARPED Consortium. Incidence and predictors of bleeding or thrombosis after polypectomy in patients receiving and not receiving anticoagulation therapy. J Thromb Haemost 2009; 7: 1982-9.

WARPED stable INR control

結論INRが12ヵ月以上治療域内にとどまる患者グループは同定可能である(一般に高齢で,標的INRは<3.0,心不全かつ/または他の慢性疾患をもたない)。このような患者では,INR測定のための通院間隔が4週を超えても安全に治療可能である。
対象3088例。試験期間中のwarfarin投与が90日を超え,かつ同薬投与が最低12ヵ月の観察期間を通じ継続された,18歳以上のKaiser Permanenteの患者。
文献Witt DM, et al.; on behalf of the Warfarin Associated Research Projects and other EnDeavors (WARPED) Consortium. Twelve-month outcomes and predictors of very stable INR control in prevalent warfarin users. J Thromb Haemost 2010; 8: 744-9.

WARSS

結論脳梗塞の再発および死亡の予防効果および大出血の発生において,warfarinとaspirinの違いは認められなかった。よって両剤は治療薬として同様に適用できると考えられる。
対象2206例。割付け前30日以内に虚血性脳卒中を発症し,Glasgow Outcome Scaleが3以上の30-85歳の患者。平均年齢はwarfarin群63.3±11.2歳,aspirin群62.6±11.4歳。
文献Mohr JP, et al. and Warfarin-Aspirin Recurrent Stroke Study Group. A comparison of warfarin and aspirin for the prevention of recurrent ischemic stroke. N Engl J Med 2001; 345: 1444-51.

WASID

結論warfarinの使用はaspirinをしのぐ有効性をもたらさず,有害事象の発生率が有意に高かった。頭蓋内動脈狭窄患者に対してはwarfarinよりaspirinを使用すべきであると思われる。
対象569例。40歳以上; 血管造影上で確認された主要な頭蓋内動脈の50-99%狭窄により90日以内に生じたTIAまたは障害を伴わない脳卒中。
文献Chimowitz MI, et al; Warfarin-Aspirin Symptomatic Intracranial Disease Trial Investigators. Comparison of warfarin and aspirin for symptomatic intracranial arterial stenosis. N Engl J Med 2005; 352: 1305-16.

WASID antithrombotic failures

結論抗血栓療法中に一過性脳虚血発作(TIA)または脳卒中を発症した頭蓋内狭窄患者は,発症時に抗血栓療法を受けていなかった患者に比し,WASID試験登録後の脳梗塞再発リスクは高くなかった。
対象569例。40歳以上;血管造影上で確認された主要な頭蓋内動脈の50-99%狭窄により登録前90日以内に生じたTIAまたは障害を伴わない脳卒中(mRS 3以下)患者。
文献Turan TN, et al., Warfarin-Aspirin Symptomatic Intracranial Disease Investigators. Failure of antithrombotic therapy and risk of stroke in patients with symptomatic intracranial stenosis. Stroke 2009; 40: 505-9.

WASID subgroup analysis

結論症候性の頭蓋内動脈狭窄患者において,狭窄動脈領域における続発性脳卒中のリスクは,狭窄率70%以上,早期登録(発症から17日以内),および女性において高かった。
対象569例。血管造影で確認された主要頭蓋内動脈の50-99%の狭窄により,90日以内にTIAまたは障害を伴わない脳卒中を発症したmodified Rankinスコア3以下,かつ40歳以上の患者。平均年齢は狭窄動脈部位にて発症例62.0±11.5歳,非発症例63.8±11.4歳。
文献Kasner SE, et al; Warfarin Aspirin Symptomatic Intracranial Disease Trial Investigators. Predictors of ischemic stroke in the territory of a symptomatic intracranial arterial stenosis. Circulation 2006; 113: 555-63.

WATCH

結論慢性心不全患者において,死亡,非致死的心筋梗塞(MI),非致死的脳卒中予防の抗血栓療法についての本試験の結果は,warfarinおよびclopidogrelはaspirinに比し優れているという仮説を支持しなかった。
対象1587例。18歳以上;NYHA 心機能分類II-IVの症候性心不全(登録前の3ヵ月間);左室駆出率≦35%(3ヵ月以内に測定);洞調律;60日以上利尿薬およびACE阻害薬を投与。
文献Massie BM, et al.; WATCH Trial Investigators. Randomized trial of warfarin, aspirin, and clopidogrel in patients with chronic heart failure: the Warfarin and Antiplatelet Therapy in Chronic Heart Failure (WATCH) trial. Circulation 2009; 119: 1616-24.

WAVE

結論末梢動脈疾患患者において,主要な心血管合併症予防のための抗凝固療法+抗血小板療法の併用は,抗血小板療法単独に優る効果はなく,生命にかかわる出血の増加がみられた。
対象2161例。35-85歳の下肢,頸動脈,鎖骨下動脈のアテローム性動脈硬化症患者。平均年齢は併用群63.9±9.4歳,抗血小板療法単独群63.8±9.5歳。
文献Anand S, et al. and Warfarin Antiplatelet Vascular Evaluation Trial Investigators. Oral anticoagulant and antiplatelet therapy and peripheral arterial disease. N Engl J Med 2007; 357: 217-27.

Wells PS et al

結論深部静脈血栓症(DVT)および肺塞栓症(PE)の外来患者において,tinzaparinとdalteparinはいずれも有効かつ安全であった。
対象505例。上肢/下肢DVTまたはPEと診断された外来患者。平均年齢はdalteparin群58.5±17.2歳,tinzaparin群57.1±17.2歳。
文献Wells PS, et al. A randomized trial comparing 2 low-molecular-weight heparins for the outpatient treatment of deep vein thrombosis and pulmonary embolism. Arch Intern Med 2005; 165: 733-8.

White HD et al

結論梗塞関連動脈開存の遠隔期における再閉塞は患者の約25%に発生するものであり,本試験においてaspirin+dipyridamole併用投与による遠隔期再閉塞の抑制効果は認められなかった。
対象MI既往。215例。
文献White HD, et al. Frequent reocclusion of patent infarct-related arteries between 4 weeks and 1 year: effects of antiplatelet therapy. J Am Coll Cardiol 1995; 25: 218-23.

WHS

結論健常な女性において,aspirinは心筋梗塞,心血管死のリスクを上昇させることなく脳卒中を抑制したが,非致死的心筋梗塞+非致死的脳卒中+心血管死の複合についてはaspirinの有効性が認められなかった。
対象39876例。平均年齢54.6±7.0歳。45歳以上の健常女性。
文献Ridker PM, et al. A randomized trial of low-dose aspirin in the primary prevention of cardiovascular disease in women. N Engl J Med 2005; 352: 1293-304.

WHS vitamin E

結論女性において,ビタミンEの追加投与は静脈血栓塞栓症(VTE)のリスクを減少させうるが,特にVTE の既往や遺伝性素因を有する者において有用である可能性がある。
対象39876例。冠動脈疾患,脳血管疾患,癌,他の主要慢性疾患の既往がなく,週1回以上のビタミンA,E,ベータカロテンの使用のない45歳以上の女性。
文献Glynn RJ, et al. Effects of random allocation to vitamin E supplementation on the occurrence of venous thromboembolism: report from the Women's Health Study. Circulation 2007; 116: 1497-503.

Wilcox RG et al

結論急性心筋梗塞(AMI)患者におけるsulfinpyrazoneの不整脈抑制効果は認められず,またsulfinpyrazone投与により血清尿素およびクレアチニン濃度が上昇した。
対象AMI。98例。
文献Wilcox RG, et al. Sulphinpyrazone in acute myocardial infarction: studies on cardiac rhythm and renal function. Br Med J 1980; 281: 531-4.

Williams DO et al 1986

結論抗凝固療法は不安定狭心症の短期的治療に有効であることが示唆された。
対象不安定狭心症。102例。
文献Williams DO, et al. Anticoagulant treatment of unstable angina. Br J Clin Pract 1986; 40: 114-6.

Williams MJ et al 1997

結論急性冠症候群(ACS)患者において,INR 2.0-2.5を目標としたwarfarin+aspirin併用投与(10週間)は,不安定な冠動脈病変の進展および再閉塞のリスク減少に有効であった。
対象ACS(不安定狭心症または急性心筋梗塞)。57例。
文献Williams MJ, et al. Progression of the culprit lesion in unstable coronary artery disease with warfarin and aspirin versus aspirin alone: preliminary study. J Am Coll Cardiol 1997; 30: 364-9.

Wirecki M

結論狭心症患者におけるdipyridamoleの長期投与は有効であり,かつ忍容性に優れていた。また,他の冠拡張薬が奏効しない一部の患者においても効果が認められた。
対象慢性狭心症。56例。
文献Wirecki M. Treatment of angina pectoris with dipyridamole: a long-term double blind study. J Chronic Dis 1967; 20: 139-45.

Witt DM et al

結論warfarin関連消化管出血の90日後までにwarfarinを再開しないことは,血栓症および死亡のリスクを上昇させた。warfarin関連消化管出血発生患者の大部分において,抗凝固療法再開のベネフィットはリスクを上回ると考えられる。
対象442例。KPCOデータベースより同定された,(1)登録期間に消化管出血のため受診,(2)当該イベント発生前の60日間にwarfarinを購入し,INRを測定,(3)当該イベントの前後にKPCOの会員である,(4)当該イベント前の6カ月間に消化管出血の診断を受けていない患者。
文献Witt DM, et al. Risk of Thromboembolism, Recurrent Hemorrhage, and Death After Warfarin Therapy Interruption for Gastrointestinal Tract Bleeding. Arch Intern Med 2012; 172: 1484-91.

WOEST

結論PCIを受けた抗凝固療法を必要とする患者において,warfarin+clopidogrelはこれにaspirinを加えた3剤併用にくらべ出血合併症を抑制し,血栓イベントを増加させなかった。
対象573例。18~80歳,長期経口抗凝固療法を必要とする,PCIの適応となる重度の冠動脈病変を有する患者。
文献Dewilde WJ, et al.; WOEST study investigators. Use of clopidogrel with or without aspirin in patients taking oral anticoagulant therapy and undergoing percutaneous coronary intervention: an open-label, randomised, controlled trial. Lancet 2013; 381: 1107-15.

WWICT

結論急性心筋梗塞(AMI)患者へのstreptokinase(SK)冠動脈内注入は1年後の全死亡を有意に抑制したが,本効果は血栓溶解療法によって冠動脈の再灌流が得られた患者に限定された。
対象AMI。250例。
文献[main] Kennedy JW, et al. The Western Washington randomized trial of intracoronary streptokinase in acute myocardial infarction: A 12-month follow-up report. N Engl J Med 1985; 312: 1073-8.

warfarin投与中のAF患者における脳卒中/全身性塞栓症リスク メタ解析

結論高齢,女性,脳卒中/一過性脳虚血発作(TIA)既往,ビタミンK拮抗薬使用未経験,腎機能障害,アスピリン使用未経験,CHADS2スコア高値の患者では,経口抗凝固療法中であっても脳卒中リスクが高かった。
対象
文献Albertsen IE, et al. Risk of Stroke or Systemic Embolism in Atrial Fibrillation Patients Treated With Warfarin: A Systematic Review and Meta-analysis. Stroke 2013; 44: 1329-36.

warfarin投与における遺伝子型用量調整と臨床的アルゴリズムの比較 メタ解析

結論本メタ解析において,warfarinの遺伝子型用量調整は臨床的用量調整にくらべ,PT-INRが治療域内にあった時間の割合,PT-INR>4.0,大出血,血栓塞栓イベント抑制について,優位性を示さなかった。
対象
文献Stergiopoulos K, et al. Genotype-Guided vs Clinical Dosing of Warfarin and Its Analogues: Meta-analysis of Randomized Clinical Trials. JAMA Intern Med 2014; 174: 1330-8.

warfarinによるNVAF患者の脳卒中予防 メタ解析

結論脳卒中予防のためwarfarinを使用している心房細動患者において,脳卒中または非中枢神経系塞栓症リスクは1.66%/年程度であった。この20年間にTTRは大きく向上し,脳卒中発症率は低下した。
対象
文献Agarwal S, et al. Current trial-associated outcomes with warfarin in prevention of stroke in patients with nonvalvular atrial fibrillation: a meta-analysis. Arch Intern Med 2012; 172: 623-31; discussion 631-3.

warfarin中和におけるPCCとFFPの比較 メタ解析

結論warfarinの中和において,プロトロンビン複合体製剤(PCC)の使用は新鮮凍結血漿製剤(FFP)にくらべ,血栓塞栓症リスクは上昇せず,全死亡リスク低下,迅速なINR低下,輸血後容量過負荷リスク低下と関連していた。
対象
文献Chai-Adisaksopha C, et al. Prothrombin complex concentrates versus fresh frozen plasma for warfarin reversal. A systematic review and meta-analysis. Thromb Haemost 2016; 116: 879-890.