抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ 
検索結果:33件(1−30件)

VA Cooperative CABG

結論CABG施行後のグラフトの早期開存性は全aspirin投与例で改善されたが,施行後の出血と再手術は増加した。
対象CABG施行例。772例(男性)。
文献Goldman S, et al. Improvement in early saphenous vein graft patency after coronary artery bypass surgery with antiplatelet therapy: results of a Veterans Administration Cooperative Study. Circulation 1988; 77: 1324-32.

VA Cooperative Study 1989

結論進行性末梢血管疾患患者におけるaspirin+dipyridamole併用の抗血小板療法は,突然死を増加させる可能性が示唆された。本治療の突然死に対する効果については,さらなる検討が必要とされる。
対象進行性末梢血管疾患。231例(男性)。
文献Colwell JA, et al. V.A. Cooperative Study of antiplatelet agents in diabetic patients after amputation for gangrene: unobserved, sudden, and unexpected deaths. J Diabet Complications 1989; 3: 191-7.

VA Cooperative Study 1989

結論冠動脈バイパスグラフト術施行後1年における静脈グラフトの開存性はaspirin投与により改善され,特に内径2.0mm以下の血管で高い効果が得られた。術後早期に開存が認められた静脈グラフトでは,その後1年間の新たな閉塞の発生に,aspirin群とプラセボ群との有意差は認めなかった。
対象狭心症によるCABG施行例。502例(男性)。
文献Goldman S, et al. Saphenous vein graft patency 1 year after coronary artery bypass surgery and effects of antiplatelet therapy. Results of a Veterans Administration Cooperative Study. Circulation 1989; 80: 1190-7.

VA-main

結論不安定狭心症男性患者において,aspirin 324mg/日(緩衝液で12週間服用)は急性心筋梗塞(AMI)に対し非常に高い予防効果を有し,また死亡率も同様に低下することが示された。
対象不安定狭心症。1,266例(男性)。
文献[main] Lewis HD, et al. Protective effects of aspirin against acute myocardial infarction and death in men with unstable angina. Results of a Veterans Administration Cooperative Study. N Engl J Med 1983; 309: 396-403.

VA-pilot

結論不安定狭心症患者に対するaspirin 324mg/日投与の急性心筋梗塞(AMI)抑制効果は高く,死亡率も同様に低下させることが示され,aspirinは男性のみならず女性においても不安定狭心症の治療に有効であることが示唆された。また,aspirin治療はきわめて経済的である。
対象不安定狭心症。1,266例(男性)。
文献Lewis HD Jr and the Veterans Administration Cooperative Study Group. Unstable angina: status of aspirin and other forms of therapy. Circulation 1985; 72(6 Pt 2): V155-60.

VALIANT gastrointestinal bleeding

結論心筋梗塞(MI)後の患者において,抗血小板薬2剤併用,非白人,アルコール依存症の既往,加齢,NYHAクラス3または4,抗凝固療法,糖尿病,eGFR低下,男性は消化管出血の予測因子であった。
対象14703例。VALIANT 試験の対象者は心不全かつ/または左室収縮機能障害を合併したMIを発症後10日以内の患者。
文献Moukarbel GV, et al. Gastrointestinal bleeding in high risk survivors of myocardial infarction: the VALIANT Trial. Eur Heart J 2009; 30: 2226-32.

van den Bos AA et al

結論待機的PTCAを施行した安定狭心症患者において,組み換え型hirudin投与は安全であり,未分画heparinに比較してより良好な抗凝固作用を有することが示唆された。
対象待機的PTCA施行例。113例。
文献van den Bos AA, et al. Safety and efficacy of recombinant hirudin (CGP 39 393) versus heparin in patients with stable angina undergoing coronary angioplasty. Circulation 1993; 88(5 Pt 1): 2058-66.

van Gogh Studies

結論深部静脈血栓塞栓症(DVT)患者において,idraparinuxの有効性は標準的治療(heparin+ビタミンK拮抗薬)と同等であったが,肺血栓塞栓症(PE)患者においては劣っていた。
対象2904例(DVT試験),2215例(PE試験)。18歳以上の急性症候性DVT/PE患者。
文献Buller HR, et al; van Gogh Investigators. Idraparinux versus standard therapy for venous thromboembolic disease. N Engl J Med 2007; 357: 1094-104.

van Gogh Studies prophylaxis

結論血栓塞栓イベント予防のためのidraparinux投与を6ヵ月延長することにより,血栓塞栓症再発予防効果は認められたが,大出血のリスクが増加した。
対象1215例。6ヵ月間のacenocoumarol/warfarin投与,またはidraparinux投与をうけた18歳以上の症候性DVT/PE患者。
文献Buller HR, et al; van Gogh Investigators. Extended prophylaxis of venous thromboembolism with idraparinux. N Engl J Med 2007; 357: 1105-12.

van Walraven C et al

結論以下の4つの条件(脳卒中/一過性脳虚血発作[TIA]の既往なし,高血圧の治療を受けていないかまたはSBP 140mmHg未満,心筋梗塞/狭心症の既往なし,糖尿病の合併なし)を満たし,aspirin投与を受けている心房細動(AF)患者では,年齢にかかわらず,脳卒中発症率は年齢を合致させた一般人口と同程度であり,抗凝固療法によるベネフィットは大きくないと考えられる。
対象2501例。6つの臨床試験で脳卒中予防のためのaspirin投与を受けた,試験参加の6-24ヵ月前に脳卒中/TIAが認められなかった成人の非弁膜症性AF患者。
文献van Walraven C, et al. A clinical prediction rule to identify patients with atrial fibrillation and a low risk for stroke while taking aspirin. Arch Intern Med 2003; 163: 936-43.

VANQWISH

結論非Q波心筋梗塞(MI)患者の多くでは,早期の侵襲的治療(冠動脈造影に続いて血行再建術)によるベネフィットは認められず,保存的治療の有効性と安全性が示された。
対象非Q波AMI。920例。
文献[main] Boden WE, et al for the Veterans Affairs Non-Q-Wave Infarction Strategies in Hospital (VANQWISH) Trial Investigators. Outcomes in patients with acute non-Q-wave myocardial infarction randomly assigned to an invasive as compared with a conservative management strategy. N Engl J Med 1998; 338: 1785-92.

Varenhorst C et al

結論3ヵ月以上の抗血小板薬2剤併用療法(DAPT)はより短い期間のそれにくらべ,死亡,脳卒中,再梗塞の複合を抑制した。
対象56,440例。STE-ACSまたはNSTE-ACSのため入院した患者で,イベント発症後DAPTを処方された症例。
文献Varenhorst C, et al. Duration of dual antiplatelet treatment with clopidogrel and aspirin in patients with acute coronary syndrome. Eur Heart J 2013; 35: 969-78.

VENTURE-AF

結論カテーテルアブレーションを施行する心房細動患者において,rivaroxaban継続下での施行は実現可能であり,ビタミンK拮抗薬(VKA)継続投与と同程度の有効性・安全性が示された。
対象248例。18歳以上,アブレーション施行を予定されている発作性/持続性/長期持続性心房細動患者。
文献Cappato R, et al.; VENTURE-AF Investigators. Uninterrupted rivaroxaban vs. uninterrupted vitamin K antagonists for catheter ablation in non-valvular atrial fibrillation. Eur Heart J 2015; 36: 1805-11.

VENUS

結論抗凝固薬評価試験において,整形外科手術後の深部静脈血栓塞栓症(DVT)スクリーニングのため,中央で一元的に読影されたcomplete compression ultrasound(CCUS)は,静脈造影の代替とはならない。
対象1104例(股関節置換術施行598例,膝関節置換術施行506例)。ODIXa-HIP,ODIXa-KNEEの対象者のうち,評価可能な静脈造影,CCUSのデータが得られた患者。
文献Schellong SM, et al. Ultrasound screening for asymptomatic deep vein thrombosis after major orthopaedic surgery: the VENUS study. J Thromb Haemost 2007; 5: 1431-7.

Verhaeghe R et al

結論慢性閉塞性末梢動脈疾患患者において,suloctidilは跛行症状の改善,特に跛行痛を伴う場合に有効であることが示唆されたが,臨床的意義に関しては限界が認められた。
対象慢性閉塞性末梢動脈疾患。63例。
文献Verhaeghe R, et al. Controlled trial of suloctidil in intermittent claudication. J Cardiovasc Pharmacol 1981; 3: 279-86.

Verheugt FWA et al

結論急性心筋梗塞(AMI)患者における低用量aspirinによる生存率改善効果は,梗塞サイズの縮小よりも,むしろ再梗塞の抑制によると推察された。
対象AMI。連続した100例。
文献Verheugt FW, et al. Effects of early intervention with low-dose aspirin (100 mg) on infarct size, reinfarction and mortality in anterior wall acute myocardial infarction. Am J Cardiol 1990; 66: 267-70.

Veterans Affairs Cooperative Study

結論CABG施行前のaspirin投与は術後投与に比較し,早期の静脈グラフト開存への効果は認められず,出血性合併症を増加させた。一方,Yグラフトおよび内胸動脈グラフトについては,有意差がないものの,術前投与により早期開存率の改善傾向が認められた。
対象待機的CABG施行例。351例(男性)。
文献Goldman S, et al and the Department of Veterans Affairs Cooperative Study Group. Starting aspirin therapy after operation: Effects on early graft patency. Circulation 1991; 84: 520-6.

Veterans Affairs Cooperative Trials
on Antiplatelet Therapy after CABG

結論左前下行枝(LAD)に対するCABG施行1年後の内胸動脈グラフトおよび伏在静脈グラフト開存率は,いずれも良好であった。aspirin投与による両グラフトの開存率に差は認められず,aspirinによる影響はみられなかった。
対象待機的CABG施行例。620例。
文献Goldman S, et al. Internal mammary artery and saphenous vein graft patency: Effects of aspirin. Circulation 1990; 82(Suppl IV): IV237-42.

Veterans Affairs Stroke Prevention
in Nonrheumatic Atrial Fibrillation

結論非リウマチ性心房細動(AF)患者への低用量warfarin投与は脳梗塞予防に有効であり,かつ重度の出血リスクを伴わない。また,70歳を超える高齢患者への有効性が示された。
対象非リウマチ性AF。525例(男性)。
文献Ezekowitz MD, et al for the Veterans Affairs Stroke Prevention in Nonrheumatic Atrial Fibrillation Investigators. Warfarin in the prevention of stroke associated with nonrheumatic atrial fibrillation. N Engl J Med 1992; 327: 1406-12.

VICTORIAh

結論脳内出血患者において,間欠的空気圧迫法は無症候性深部静脈血栓症(DVT)を有意に抑制した。
対象151例。18歳超の外傷性/自然発生性脳内出血患者。くも膜下出血の有無は問わない。
文献Lacut K, et al; VICTORIAh (Venous Intermittent Compression and Thrombosis Occurrence Related to Intra-cerebral Acute hemorrhage) Investigators. Prevention of venous thrombosis in patients with acute intracerebral hemorrhage. Neurology 2005; 65: 865-9.

VISSIT

結論症候性頭蓋内動脈狭窄患者において,バルーン拡張ステントは薬物療法にくらべ,同一領域における12ヵ月後の更なる脳卒中または一過性脳虚血発作(TIA)リスク,ならびに30日後の全脳卒中またはTIAリスクを上昇させた。本結果より,症候性頭蓋内動脈狭窄患者に対するバルーン拡張ステントの使用は支持されない。
対象
文献Zaidat OO, et al.; VISSIT Trial Investigators. Effect of a balloon-expandable intracranial stent vs medical therapy on risk of stroke in patients with symptomatic intracranial stenosis: the VISSIT randomized clinical trial. JAMA 2015; 313: 1240-8.

VISTA baseline severity

結論非ランダム化の比較において,開始時のNIHSSが5~24の症例における血栓溶解療法後の転帰は,未治療例に比し良好であった。NIHSS≦4,≧25では症例数が少なく,信頼限界が広く,有意な関連は認められなかった。
対象5817例。VISTAに組み入れられた,1998~2007年に実施された神経保護薬に関する比較臨床試験に参加した虚血性脳卒中患者。
文献Mishra NK, et al.; VISTA Collaborators. Thrombolysis is associated with consistent functional improvement across baseline stroke severity: a comparison of outcomes in patients from the Virtual International Stroke Trials Archive (VISTA). Stroke 2010; 41: 2612-7.

VISTA contraindications

結論血栓溶解療法の治療禁忌および警告について解析した本結果より,日常臨床でよくみられる状況でのリスク/ベネフィットが再確認された。
対象9,613例。脳梗塞患者。
文献Frank B, et al.; VISTA Collaborators. Thrombolysis in stroke despite contraindications or warnings? Stroke 2013; 44: 727-33.

VISTA impact of atrial fibrillation

結論非ランダム化比較において,心房細動は脳卒中の転帰に影響を及ぼさなかった。血栓溶解療法は心房細動の有無にかかわらず,転帰を同程度改善した。
対象7,091例。1998~2008年に行われた脳卒中患者に対する神経保護薬試験の登録研究よりデータを収集。
文献Frank B, et al.; for the VISTA Collaborators. Impact of Atrial Fibrillation on Outcome in Thrombolyzed Patients With Stroke: Evidence From the Virtual International Stroke Trials Archive (VISTA). Stroke 2012; 43: 1872-7.

VISTA influence of age

結論虚血性脳卒中患者における血栓溶解療法後の転帰は,非施行例に比し良好であった。高齢患者では治療効果とは独立して転帰不良が予測されたが,超高齢患者でも血栓溶解療法により転帰が改善された。年齢だけが治療をさまたげる要因ではないだろう。
対象5817例。VISTAに組み入れられた,1998~2007年に実施された神経保護薬に関する比較臨床試験に参加した虚血性脳卒中患者。
文献Mishra NK, et al.; for the VISTA Collaborators. Influence of Age on Outcome From Thrombolysis in Acute Stroke: A Controlled Comparison in Patients From the Virtual International Stroke Trials Archive (VISTA). Stroke 2010; 41: 2840-8.

VISTA sex differences

結論rt-PA非施行の脳卒中患者において,機能的転帰(mRS)は男女でほぼ同様であった。rt-PAに対する反応にも性差を認めなかった。年齢-性別の非線形の交互作用より,機能的自立の推測が改善された。本結果は脳卒中における性別関連研究で考慮されなければならない。
対象8,028例。発症から無作為割付までの経過時間が<7時間の虚血性脳卒中患者。coarsened exact matchingは4,575例。
文献Hametner C, et al.; VISTA Collaborators. Sex and Stroke in Thrombolyzed Patients and Controls. Stroke 2017; 48: 367-74.

von Kummer R et al

結論脳卒中発症後6時間以内のrt-PA 100mg+heparin併用投与による急性期治療での出血性合併症の発生率は10%未満であり,本治療の安全性が示された。また,再灌流および側副血行路の回復は,梗塞サイズの抑制および予後改善において重要な因子であることが示唆された。
対象脳卒中急性期。連続した32例。
文献von Kummer R, et al. Safety and efficacy of intravenous tissue plasminogen activator and heparin in acute middle cerebral artery stroke. Stroke 1992; 23: 646-52.

VTE再発予防療法の至適期間 メタ解析

結論静脈血栓塞栓症(VTE)再発予防について,抗凝固療法を3カ月で終了した場合の再発リスクは,それ以上継続した場合と同等であった。特発性の近位側深部静脈血栓症(DVT),肺塞栓症(PE)は抗凝固療法終了時期にかかわらず再発リスクが高かった。
対象
文献Boutitie F, et al. Influence of preceding length of anticoagulant treatment and initial presentation of venous thromboembolism on risk of recurrence after stopping treatment: analysis of individual participants' data from seven trials. BMJ 2011; 342: d3036.

VTE治療における新規経口抗凝固薬 メタ解析

結論静脈血栓塞栓症(VTE)再発および全死亡リスクについて,新規経口抗凝固薬はビタミンK拮抗薬にくらべ,同等の有効性を示した。rivaroxabanは大出血リスクを抑制した。
対象
文献Fox BD, et al. Efficacy and safety of novel oral anticoagulants for treatment of acute venous thromboembolism: direct and adjusted indirect meta-analysis of randomised controlled trials. BMJ 2012; 345: e7498.

VTE治療の新規経口抗凝固薬の間接比較 メタ解析

結論急性静脈血栓塞栓症(VTE)治療について,間接比較からは新規経口抗凝固薬4剤(dabigatran,rivaroxaban,apixaban,edoxaban)の有効性に有意差を認めなかった。apixabanはdabigatran,edoxabanにくらべ,大出血リスク低下と関連していた。
対象
文献Mantha S, et al. Indirect comparison of dabigatran, rivaroxaban, apixaban and edoxaban for the treatment of acute venous thromboembolism. J Thromb Thrombolysis 2015; 39: 155-65.