抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ 
検索結果:5件(1−5件)

UC Davis PAD Registry

結論症候性末梢動脈疾患(PAD)患者において,抗血小板薬2剤併用療法(DAPT)はaspirin 単独にくらべ,主要有害心事象(MACE)および死亡の抑制と関連していた。本結果より,DAPTによる心血管イベントの長期抑制効果の可能性が示された。
対象629例。当該期間に診断的血管造影かつ/または治療的血管内インターベンションをうけ,症候性PAD(間欠性跛行または重篤な四肢虚血)と診断された患者。
文献Armstrong EJ, et al. Association of dual-antiplatelet therapy with reduced major adverse cardiovascular events in patients with symptomatic peripheral arterial disease. J Vasc Surg 2015; 62: 157-165.e1.

UK-TIA

結論一過性脳虚血発作(TIA)既往患者において,aspirinは重度の脳卒中,心筋梗塞(MI),血管死を抑制することが示された。aspirinは高用量(1,200mg/日)と低用量(300mg/日)の有効性に差はみられなかったが,明らかに低用量群で胃腸管毒性が低かった。
対象TIAまたは軽度の脳梗塞既往。2,435例。
文献Farrell B, et al. The United Kingdom transient ischaemic attack (UK-TIA) aspirin trial: final results. J Neurol Neurosurg Psychiatry 1991; 54: 1044-54.

UNASEM

結論不安定狭心症患者に対するanistreplase(APSAC)投与は,血管造影上の転帰を改善したが臨床イベントへは好影響をもたらさず,また出血性合併症の発生率を高めた。他の臨床研究で証明されない限り,不安定狭心症患者への血栓溶解薬の投与は推奨されないことが示された。
対象不安定狭心症。159例。
文献Bär FW, et al. Thrombolysis in patients with unstable angina improves the angiographic but not the clinical outcome. Results of UNASEM, a multicenter, randomized, placebo-controlled, clinical trial with anistreplase. Circulation 1992; 86: 131-7.

United Kingdom Medical Research Council Primary Thrombocythemia 1 Study

結論血管イベント高リスクの本態性血小板血症患者において,hydroxyurea+低用量aspirinの効果は,anagrelide+低用量aspirinを上回った。
対象809例。本態性血小板血症で血管イベント高リスクを1つ以上を有する18歳以上の患者。
文献Harrison CN, et al; United Kingdom Medical Research Council Primary Thrombocythemia 1 Study. Hydroxyurea compared with anagrelide in high-risk essential thrombocythemia. N Engl J Med 2005; 353: 33-45.

ultrasound-enhanced thrombolysisの安全性および有効性 メタ解析

結論高周波数超音波併用血栓溶解療法はtPA静注療法に比し,安全で,高い完全再開通率をもたらすと考えられ,今後ランダム化試験における検討を考慮すべきである。
対象
文献Tsivgoulis G, et al. Safety and efficacy of ultrasound-enhanced thrombolysis: a comprehensive review and meta-analysis of randomized and nonrandomized studies. Stroke 2010; 41: 280-7.