抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ 
検索結果:121件(1−30件)

TACTICS-TIMI 18 1998

結論
対象ACS(不安定狭心症または非Q波急性心筋梗塞)。1,720例(予定)。
文献[main] Cannon CP, et al for the TACTICS-TIMI 18 Investigators. Invasive versus conservative strategies in unstable angina and non-Q-wave myocardial infarction following treatment with tirofiban: rationale and study design of the international TACTICS-TIMI 18 Trial. Treat Angina with Aggrastat and determine Cost of Therapy with an Invasive or Conservative Strategy. Thrombolysis In Myocardial Infarction. Am J Cardiol 1998; 82: 731-6.

TACTICS-TIMI 18 2001

結論血小板GP IIb/IIIa受容体拮抗薬tirofiban投与を受けている非ST上昇の不安定狭心症および心筋梗塞(MI)患者において,早期侵襲的治療は主要な心イベントを有意に抑制した。本試験結果は,早期侵襲的治療に併用した早期のGP IIb/IIIa受容体拮抗薬投与の適応拡大を支持している。
対象不安定狭心症または非ST上昇MI。2,220例。
文献[main] Cannon CP, et al for the TACTICS-Thrombolysis in Myocardial Infarction 18 Investigators. Comparison of early invasive and conservative strategies in patients with unstable coronary syndromes treated with the glycoprotein IIb/IIIa inhibitor tirofiban. N Engl J Med 2001; 344 :1879-87.

Tafur AJ et al

結論侵襲的手技のために一時的に抗凝固薬を中止する長期抗凝固療法中の患者において,周術期出血を予測する因子は基本的には患者特異的であった。術後早期のヘパリン再開は回避を考えるべきである。
対象2182例(手技2484件)。周術期の抗凝固管理のため1997年1月1日~2007年12月31日の間に照会された長期抗凝固療法中の患者連続例。
文献Tafur AJ, et al. Predictors of major bleeding in peri-procedural anticoagulation management. J Thromb Haemost 2012; 10: 261-7.

Taha TH et al

結論感染性心内膜炎患者において,aspirin補助療法による塞栓性合併症への抑制効果の可能性が示されたが,さらに多施設大規模試験の実施が必要とされる。
対象感染性心内膜炎。連続した9例。
文献Taha TH, et al. Aspirin to prevent growth of vegetations and cerebral emboli in infective endocarditis. J Intern Med 1992; 231: 543-6.

TAIST hemorrhagic transformation

結論無症候性出血性変化は大脳皮質症候群をともなう虚血性脳卒中,大血管または心原性の虚血性脳卒中において増加した。無症候性出血性変化は急性期のヘパリン(tinzaparin)投与により増加せず,また3カ月後,6カ月後の機能転帰に影響を及ぼさなかった。
対象1297例。TAIST試験対象者のうち,評価可能なクオリティの追跡CT画像が得られた症例。
文献England TJ, et al.; on behalf of the TAIST Investigators. Asymptomatic Hemorrhagic Transformation of Infarction and Its Relationship With Functional Outcome and Stroke Subtype: Assessment From the Tinzaparin in Acute Ischaemic Stroke Trial. Stroke 2010; 41: 2834-9.

Take S et al

結論cilostazolはPTCA施行後の再狭窄を抑制する可能性が示唆された。
対象PTCA成功例。68例。
文献Take S, et al. Effect of cilostazol in preventing restenosis after percutaneous transluminal coronary angioplasty. Am J Cardiol 1997; 79: 1097-9.

Takeuchi F et al

結論International Warfarin Pharmacogenetics Consortium(IWPC)薬理遺伝学アルゴリズムは,必要とするwarfarin用量が少なく過剰投与リスクのある日本人患者において,臨床応用性を有する。
対象200例。当該施設の病院ベースコホート研究参加者より選別。
文献Takeuchi F, et al. Evaluation of pharmacogenetic algorithm for warfarin dose requirements in Japanese patients. Circ J 2010; 74: 977-82.

TAMI 1 1987

結論急性心筋梗塞(AMI)発症後血栓溶解療法成功例において,緊急PTCAの待機的PTCAに対する臨床上の優位性は認められなかった。
対象血栓溶解療法成功後のAMI。197例。
文献[main] Topol EJ, et al and the Thrombolysis and Angioplasty in Myocardial Infarction Study Group. A randomized trial of immediate versus delayed elective angioplasty after intravenous tissue plasminogen activator in acute myocardial infarction. N Engl J Med 1987; 317: 581-8.

TAMI 1 1988

結論t-PAによる血栓溶解療法が成功しなかった患者の大部分でPTCA施行により再灌流が得られたが,再閉塞率が高く,左室機能の回復もわずかであった。こうした高リスク患者では,梗塞関連動脈の再灌流および開存の維持には新たな手法を検討すべきである。
対象AMI。384例。
文献[substudy] Califf RM, et al and the TAMI Study Group. Characteristics and outcome of patients in whom reperfusion with intravenous tissue-type plasminogen activator fails: results of the Thrombolysis and Angioplasty in Myocardial Infarction (TAMI) I trial. Circulation 1988; 77: 1090-9.

TAMI 2, 3, 5 and Urokinase Trial 1994

結論血栓溶解療法施行後における血小板減少症の発症頻度は高く,大出血や死亡に影響をおよぼす。血小板減少症は出血および死亡のリスクが増加している患者の同定に有効であることから,血栓溶解療法後は血小板数を毎日モニターすべきである。
対象血栓溶解療法施行後のAMI。1,001例。
文献[substudy] Harrington RA, et al for the Thrombolysis and Angioplasty in Myocardial Infarction Study Group. Clinical importance of thrombocytopenia occurring in the hospital phase after administration of thrombolytic therapy for acute myocardial infarction. J Am Coll Cardiol 1994; 23: 891-8.

TAMI 5 1991

結論血栓溶解薬の併用療法は梗塞動脈の早期開存とその維持に有効であり,かつ入院中のイベント抑制に優れることが示された。積極的カテーテル法による予後改善効果が示唆されたが,非侵襲的治療による再灌流より有効であること,また冠動脈造影が適応とされる患者の選択基準を明らかにするさらなる臨床試験の実施が必要とされる。
対象AMI。575例。
文献[main] Califf RM, et al for the TAMI Study Group. Evaluation of combination thrombolytic therapy and timing of cardiac catheterization in acute myocardial infarction: Results of thrombolysis and angioplasty in myocardial infarction-phase 5 randomized trial. Circulation 1991; 83: 1543-56.

TAMI 5 1991

結論本試験から,血栓溶解療法後に保存的治療を実施した患者では,比較的緊急PTCA施行の必要性が高く,またベースライン時の患者背景はインターベンション施行の予測因子とはなりえず,さらに侵襲的インターベンションを施行しても,虚血の再発がなく血行動態が安定した患者に比較して入院中の臨床転帰は不良であることが示唆された。
対象血栓溶解療法施行後のAMI。TAMI 5 Trial対象症例(575例)中,待機的カテーテル法施行群にランダム化された288例。
文献[substudy] Muller DW, et al and the TAMI-5 Study Group. Determinants of the need for early acute intervention in patients treated conservatively after thrombolytic therapy for acute myocardial infarction. J Am Coll Cardiol 1991; 18: 1594-601.

TAMI 5 1992

結論血栓溶解薬の併用療法による入院中の臨床イベントおよび再閉塞の抑制効果は,血栓溶解療法後の残存閉塞ではなく,血液学的因子と相関している可能性が示された。
対象AMI。TAMI 5 Trial対象症例(575例)中,急性期動脈造影群にランダム化された287例。
文献[substudy] Popma JJ, et al. Mechanism of benefit of combination thrombolytic therapy for acute myocardial infarction: a quantitative angiographic and hematologic study. J Am Coll Cardiol 1992; 20: 1305-12.

TAMI 6

結論急性心筋梗塞(AMI)発症後6~24時間以内の患者において,t-PAによる血栓溶解療法とPTCAはともに再疎通に有効であった。血栓溶解療法は左室の拡大およびリモデリングの予防に有効であったが,心収縮機能はPTCAと同様に改善しなかった。発症後6~24時間のAMI患者への再灌流療法による死亡率への影響はさらに大規模な臨床試験で検討する必要がある。
対象AMI。197例。
文献[main] Topol EJ, et al and the Thrombolysis and Angioplasty in Myocardial Infarction-6 Study Group. A randomized trial of late reperfusion therapy for acute myocardial infarction. Circulation 1992; 85: 2090-9.

Tamim H et al

結論術前のINR値は,術後の大出血および死亡と独立して関連していた。
対象636,231例。当該期間に米国外科医協会データベースに登録された,大手術をうけた全例のうち,INR値の記録がある症例。複数回手術をうけた症例は,最初の手術のみ対象とした。
文献Tamim H, et al. Preoperative INR and postoperative major bleeding and mortality: A retrospective cohort study. J Thromb Thrombolysis 2016; 41: 301-11.

TAO

結論非ST上昇型急性冠症候群(NSTE-ACS)患者において,otamixabanは標準治療(未分画heparin[UFH]+eptifibatide)にくらべ虚血イベントを抑制せず,出血が増加した。本結果より,待機的PCIを受けるNSTE-ACS患者に対するotamixabanの投与は支持されない。
対象13,229例。早期侵襲的手技施行予定のNSTE-ACS患者。
文献Steg PG, et al.; TAO Investigators. Anticoagulation with otamixaban and ischemic events in non-ST-segment elevation acute coronary syndromes: the TAO randomized clinical trial. JAMA 2013; 310: 1145-55.

TARGET

結論本試験ではabciximabに比較して劣らないtirofibanの有効性を評価することを目的としたが,結果から主要な虚血イベントの抑制においてtirofibanはabciximabに比し優れていないことが示された。
対象待機的または緊急ステント植込み施行例。4,809例。
文献[main] Topol EJ, et al for the TARGET Investigators. Comparison of two platelet glycoprotein IIb/IIIa inhibitors, tirofiban and abciximab, for the prevention of ischemic events with percutaneous coronary revascularization. N Engl J Med 2001; 344: 1888-94.

TASCC

結論心臓カテーテル施行後に脳梗塞を発症した患者における血栓溶解療法は早期予後を改善し,安全に施行可能と思われる。
対象66例。心臓カテーテル後36時間以内に脳梗塞を発症した患者。
文献Khatri P, et al.; Treatment of Acute Stroke after Cardiac Catheterization (TASCC) Study Group. The safety and efficacy of thrombolysis for strokes after cardiac catheterization. J Am Coll Cardiol 2008; 51: 906-11.

TASS 1989

結論一過性脳虚血発作(TIA)または脳卒中既往患者において,ticlopidineはaspirinに比しわずかに脳卒中予防に優れていたが,一方で有害事象のリスクを増大させることが示された。
対象TIAまたは軽度の脳卒中既往。3,069例。
文献[main] Hass WK, et al for the Ticlopidine Aspirin Stroke Study Group. A randomized trial comparing ticlopidine hydrochloride with aspirin for the prevention of stroke in high-risk patients. N Engl J Med 1989; 321: 501-7.

TASS 1993

結論有色人種の脳梗塞既往患者に対するticlopidine投与は,aspirinよりも二次予防に有効であることが示唆された。さらに,有害事象,特に好中球減少症の発生率は両群で同等であった。
対象脳梗塞既往の有色人種。603例。
文献[substudy] Weisberg LA for the Ticlopidine Aspirin Stroke Study Group. The efficacy and safety of ticlopidine and aspirin in non-whites: analysis of a patient subgroup from the Ticlopidine Aspirin Stroke Study. Neurology 1993; 43: 27-31.

TASS 1993

結論可逆性虚血性疾患患者を対象とした本サブスタディにおいて,TASS Trialのメインスタディと同様にticlopidineがaspirinに比し一過性脳虚血発作(TIA)再発予防に優れていることが示唆された。
対象TIA,AF,RIND,軽度の脳卒中既往。3,069例。
文献[substudy] Bellavance A for the Ticlopidine Aspirin Stroke Study Group. Efficacy of ticlopidine and aspirin for prevention of reversible cerebrovascular ischemic events: The Ticlopidine Aspirin Stroke Study. Stroke 1993; 24: 1452-7.

TASTE

結論ST上昇型心筋梗塞(STEMI)患者において,初回冠動脈インターベンション(pPCI)前にルーチンとして行う血栓吸引は,PCI単独にくらべ30日後の死亡を抑制しなかった。
対象7,244例(SCAAR登録患者7,012例+登録外247例)。冠動脈造影後PCI施行を予定されたSTEMI患者。
文献Fröbert O, et al. Thrombus aspiration during ST-segment elevation myocardial infarction. N Engl J Med 2013; 369: 1587-97.

TAUSA

結論安静時疼痛を伴う狭心症患者に対して,予防的な抗血栓療法としてのurokinase投与は,血管造影および臨床上の転帰を改善させないことが示された。これは出血性解離,内膜損傷,あるいは凝固活性物質やurokinaseの血小板活性作用による可能性がある。
対象安静時疼痛を伴う狭心症患者。469例(Phase I:257例,Phase II:212例)。
文献[main] Ambrose JA, et al for the TAUSA Investigators. Adjunctive thrombolytic therapy during angioplasty for ischemic rest angina: Results of the TAUSA Trial. Circulation 1994; 90: 69-77.

Taylor RR et al

結論低用量aspirinはPTCA後における再狭窄抑制にわずかな効果を示したが,臨床上のベネフィットは明らかにされなかった。冠動脈イベント後のaspirin投与は有効であるとする十分なエビデンスから,PTCA施行後のaspirin継続投与が推奨される。
対象PTCA成功例。216例。
文献Taylor RR, et al. Effects of low-dose aspirin on restenosis after coronary angioplasty. Am J Cardiol 1991; 68: 874-8.

Telford AM et al

結論中等度の冠症候群患者において,heparin静注は心筋梗塞(MI)予防に有効であることが示された。
対象中等度の冠症候群。214例。
文献Telford AM, et al. Trial of heparin versus atenolol in prevention of myocardial infarction in intermediate coronary syndrome. Lancet 1981; 1: 1225-8.

Teoh KH et al 1987

結論膜型人工肺およびdipyridamoleは独立して血小板保護効果があり,至適血球保護は膜型人工肺+dipyridamoleで達成された。
対象待機的CABG施行例。44例。
文献Teoh KH, et al. Blood conservation with membrane oxygenators and dipyridamole. Ann Thorac Surg 1987; 44: 40-7.

Teoh KH et al 1988

結論dipyridamole は血小板を保護し,術後の出血を抑制した。dipyridamole静注は経口投与より血小板保護に優れており,再手術を要する高リスク患者においては,術後の出血を低下させるため静注が必要とされる。
対象待機的CABG施行例。58例。
文献Teoh KH, et al. Dipyridamole preserved platelets and reduced blood loss after cardiopulmonary bypass. J Thorac Cardiovasc Surg 1988; 96: 332-41.

Thaulow E et al

結論dipyridamole+aspirinの併用は,大動脈冠動脈静脈バイパスグラフトの閉塞を予防しなかった。
対象CABG施行例。69例。
文献Thaulow E, et al. Failure of combined acetylsalicylic acid and dipyridamole to prevent occlusion of aortocoronary venous bypass graft. Scand J Thorac Cardiovasc Surg 1987; 21: 215-20.

Themistoclakis S et al

結論アブレーション成功の3~6ヵ月後に経口抗凝固療法(OAT)を中止した患者における塞栓イベント発症率は,OAT継続例と同等であった。これにより,塞栓症リスクが中等度~高度であっても,アブレーション成功後はOATを中止した方がリスク/ベネフィット比は好ましいと考えられた。
対象3355例。OAT中止群:アブレーション成功後OATを中止した患者連続例。OAT継続群:アブレーションを受け,かつOATを継続した患者連続例。
文献Themistoclakis S, et al. The Risk of Thromboembolism and Need for Oral Anticoagulation After Successful Atrial Fibrillation Ablation. J Am Coll Cardiol 2010; 55: 735-43.

Théroux P et al 1988

結論急性期不安定狭心症において,aspirinおよびheparinは心筋梗塞(MI)発症を抑制したが,heparinのほうがより良好であった。また,heparin治療と治療抵抗性狭心症の発症率低下には関連性が認められた。
対象急性期不安定狭心症。479例。
文献Théroux P, et al. Aspirin, heparin, or both to treat acute unstable angina. N Engl J Med 1988; 319: 1105-11.