抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ 
検索結果:176件(1−30件)

S-ACCESS

結論日本人の脳梗塞患者において,再発予防のためのsarpogrelate投与は,aspirin投与に対し非劣性基準に合致しなかった。出血イベントはsarpogrelateの方がaspirinに比し少なかった。日本人患者におけるaspirinの効果は西洋諸国と同様であった。
対象1499例(有効性の解析)/1507例(安全性の解析)。NINDS分類にもとづき,1週-6ヵ月以内に症候性脳梗塞を発症した20歳以上の患者で,以下の基準に合致する者:24時間以上続く局所兆候;CT/MRIにより確認される兆候や症状に矛盾しない,梗塞に関連する局所障害;SBp<180mmHgかつDBp<110mmHg。
文献Shinohara Y, et al; S-ACCESS Study Group. Sarpogrelate-Aspirin Comparative Clinical Study for Efficacy and Safety in Secondary Prevention of Cerebral Infarction (S-ACCESS): A randomized, double-blind, aspirin-controlled trial. Stroke 2008; 39: 1827-33.

Saadeh C et al

結論手術施行日までのclopidogrel+aspirin併用はaspirin単独または抗血小板薬非投与にくらべ,死亡,出血による再手術,輸血,血腫形成を増加させなかった。
対象567例(手術647件)。腹部大動脈バイパス術,下肢バイパス術,頸動脈血管内膜切除術施行患者。
文献Saadeh C, et al. Discontinuation of preoperative clopidogrel is unnecessary in peripheral arterial surgery. J Vasc Surg 2013; 58: 1586-92.

Sacco R et al

結論口腔手術を行う際に局所止血法を使用することにより,術前に抗凝固薬の用量を減量する必要のないことが示された。
対象131例。年齢,理由にかかわらず,OATを1ヵ月以上うけている患者。内訳は人工弁設置(45%),心房細動(30%),静脈血栓塞栓症(12%),心臓弁膜症(10%),その他(3%)。平均年齢は用量減量群64±11歳,用量不変群61±12歳。
文献Sacco R, et al. Oral surgery in patients on oral anticoagulant therapy: a randomized comparison of different INR targets. J Thromb Haemost 2006; 4: 688-9.

Sachdeva A et al

結論伏在静脈グラフト(SVG)に対するPCI施行後の患者において,clopidogrel投与期間にかかわらず,中止から90日後までにイベント発症率の上昇がみられた。
対象603例。SVGに対するPCIを施行し,DESまたはBMS留置を受けた症例。
文献Sachdeva A, et al. Discontinuation of long-term clopidogrel therapy is associated with death and myocardial infarction after saphenous vein graft percutaneous coronary intervention. J Am Coll Cardiol 2012; 60: 2357-63.

Sadanaga T et al

結論経口抗凝固療法を受けている心房細動患者において,D-dimer は血栓塞栓イベント,心血管イベント両方の有用なマーカーかもしれない。
対象269例。標的PT-INR 1.5~3.0にてwarfarin投与を受けている心房細動患者。
文献Sadanaga T, et al. Evidence that D-dimer levels predict subsequent thromboembolic and cardiovascular events in patients with atrial fibrillation during oral anticoagulant therapy. J Am Coll Cardiol 2010; 55: 2225-31.

SAFE II substudy

結論非弁膜症性心房細動(NVAF)の虚血性脳卒中患者の退院時に経口抗凝固療法(OAC)が実施された割合は,実施されるべき割合を下回っていた。
対象320例。SAFE II試験参加者のうち,二次出血のない脳虚血患者。
文献Deplanque D, et al. and SAFE II Investigators. Secondary prevention of stroke in patients with atrial fibrillation: factors influencing the prescription of oral anticoagulation at discharge. Cerebrovasc Dis 2006; 21: 372-9.

SAINT postthrombolysis ICH

結論脳梗塞患者において,National Institute of Health stroke scale(NIHSS)スコア高値,広範囲に及ぶ早期のCT変化,ベースライン時の抗血小板薬使用(特に2剤併用)は血栓溶解療法後の症候性脳内出血(SICH)リスク上昇と関連していた。臨床転帰と関連していたのはNIHSSスコアのみであった。
対象965例。SAINT両試験対象者のうち,症状発現後3時間以内にtPA静注を受け,プラセボ群に割り付けられた症例。
文献Cucchiara B, et al.; SAINT Investigators. Factors associated with intracerebral hemorrhage after thrombolytic therapy for ischemic stroke: pooled analysis of placebo data from the Stroke-Acute Ischemic NXY Treatment (SAINT) I and SAINT II Trials. Stroke 2009; 40: 3067-72.

Saito H et al

結論遺伝子組み換えヒト可溶性トロンボモジュリン(ART-123)は低用量heparinに比し,より有意に播種性血管内凝固症候群(DIC)を改善し,出血症状を軽減した。
対象241例。悪性血液疾患または感染を合併したDIC患者。年齢は,ART-123群は<50歳26例(22.8%),50-69歳44例(38.6%),≧70歳44例(38.6%),低用量heparin群は<50歳9例(8.0%),50-69歳41例(36.3%),≧70歳63例(55.8%)。
文献Saito H, et al. Efficacy and safety of recombinant human soluble thrombomodulin (ART-123) in disseminated intravascular coagulation: results of a phase III, randomized, double-blind clinical trial. J Thromb Haemost 2007; 5: 31-41.

Saji N et al

結論日本人の心房細動患者において,非ビタミンK拮抗経口抗凝固薬(NOAC)関連脳内出血発症率は低いようであった。NOAC関連脳内出血患者はwarfarin関連脳内出血患者で予測される値にくらべ,血腫の拡大および死亡率が低かった。NOACの各薬剤間,NOACとwarfarinの間における脳内出血リスクの比較については,今後更なる研究が必要である。
対象130例。2011年3月~2014年4月,NOAC服用中の心房細動患者において発症した頭蓋内出血症例。
文献Saji N, et al. Intracranial Hemorrhage Caused by Non-Vitamin K Antagonist Oral Anticoagulants (NOACs) - Multicenter Retrospective Cohort Study in Japan. Circ J 2015; 79: 1018-23.

SALT

結論脳梗塞既往患者において,低用量aspirin(75mg/日)は有意に脳卒中または死亡リスクを低下させることが示された。
対象TIAおよび軽度の脳梗塞既往。1,360例。
文献[main] The SALT Collaborative Group. Swedish Aspirin Low-Dose Trial (SALT) of 75 mg aspirin as secondary prophylaxis after cerebrovascular ischaemic events. Lancet 1991; 338: 1345-9.

Sambola A et al

結論PCIをうけるCHA2DS2-VAScスコア1点の心房細動患者において,抗血栓薬3剤併用療法(抗血小板薬2剤併用療法[DAPT]+経口抗凝固薬[OAC];TT)の使用は血栓塞栓症予防のベネフィットはなく,出血リスクが上昇した。
対象585例。PCIを施行される非弁膜症性心房細動患者で,TTまたはDAPTをうける症例連続例。
文献Sambola A, et al. Effects of Triple Therapy in Patients With Non-Valvular Atrial Fibrillation Undergoing Percutaneous Coronary Intervention Regarding Thromboembolic Risk Stratification. Circ J 2016; 80: 354-62.

SAMURAI

結論alteplase 0.6mg/kg静注を受けた虚血性脳卒中患者における3ヵ月後の臨床転帰は,0.9mg/kg静注の市販後調査と同様であった。
対象600例。2005年10月~2008年7月に試験参加施設にてrtPA静注を受けた虚血性脳卒中またはTIA患者の全例。
文献Toyoda K, et al.; Stroke Acute Management with Urgent Risk-factor Assessment and Improvement Study Investigators. Routine use of intravenous low-dose recombinant tissue plasminogen activator in japanese patients: general outcomes and prognostic factors from the SAMURAI Register. Stroke 2009; 40: 3591-5.

SAMURAI CT versus DWI

結論超急性虚血性脳卒中患者において,拡散強調画像(DWI)を用いて評価したAlberta Stroke Programme Early CT Score(ASPECTS)はCT-ASPECTSより約1点低かった。両方とも血栓溶解療法後の症候性脳内出血,3カ月後の自立の有用な予測因子であった。
対象360例。2005年10月~2008年7月に日本のガイドラインにしたがい血栓溶解療法を受けた虚血性脳卒中患者連続例。
文献Nezu T, et al. Early Ischemic Change on CT Versus Diffusion-Weighted Imaging for Patients With Stroke Receiving Intravenous Recombinant Tissue-Type Plasminogen Activator Therapy: Stroke Acute Management With Urgent Risk-factor Assessment and Improvement (SAMURAI) rt-PA Registry. Stroke 2011; 42: 2196-200.

SAMURAI DWI-ASPECTS

結論虚血性脳卒中患者において,血栓溶解療法前に拡散強調画像(DWI)を用いて評価したAlberta Stroke Programme Early CT Score(ASPECTS)は3カ月後の機能的転帰および生命状態,36時間以内の症候性脳内出血の独立予測因子であった。
対象477例。2005年10月~2008年7月に日本のガイドラインにしたがい血栓溶解療法を受けた虚血性脳卒中患者連続例。
文献Nezu T, et al. Pretreatment ASPECTS on DWI predicts 3-month outcome following rt-PA: SAMURAI rt-PA Registry. Neurology 2010; 75: 555-61.

SAMURAI rt-PA Registry early neurological deterioration

結論高血糖,開始時のNational Institute of Health stroke scale(NIHSS)スコア低値,内頸動脈閉塞は血栓溶解療法後の早期神経学的悪化の独立予測因子であり,早期神経学的悪化は3カ月後の転帰不良の独立予測因子であった。
対象566例。期間中にalteplase投与を受けた脳梗塞患者全例。
文献Mori M, et al. Early Neurological Deterioration within 24 Hours after Intravenous rt-PA Therapy for Stroke Patients: The Stroke Acute Management with Urgent Risk Factor Assessment and Improvement rt-PA Registry. Cerebrovasc Dis 2012; 34: 140-6.

SAMURAI rtPA Registry SITS-MOST criteria

結論alteplase 0.6mg/kg静注を受けた日本人脳梗塞患者において,SITS-MOST基準に合致していなかった患者の3ヵ月後の機能的転帰および生存率は基準に合致していた患者に比較するとやや不良であったが,脳内出血リスクは認められなかった。
対象600例。日本のガイドラインにもとづいてalteplase静注を行った脳梗塞患者。
文献Koga M, et al. Low-Dose Intravenous Recombinant Tissue-Type Plasminogen Activator Therapy for Patients With Stroke Outside European Indications: Stroke Acute Management with Urgent Risk-factor Assessment and Improvement (SAMURAI) rtPA Registry. Stroke 2012; 43: 253-5.

Sanden P et al

結論warfarinによる静脈血栓塞栓症(VTE)治療は安全で,少なくとも若齢患者における出血性合併症発現率は低かった。非ビタミンK拮抗経口抗凝固薬(NOAC)の時代でも,warfarinは同程度の安全性を有し,有効な選択肢である。
対象13,859例。18歳以上,当該期間にVTEのためwarfarinを投与された患者。warfarin投与期間が複数ある患者は,最初のみ対象とした。
文献Sandén P, et al. Bleeding complications in venous thrombosis patients on well-managed warfarin. J Thromb Thrombolysis 2016; 41: 351-8.

SAPAT

結論低用量aspirin(75mg/日)+sotalolの併用は,安定狭心症患者における心血管イベント(心筋梗塞を含む)の一次予防に有効であることが示された。
対象慢性安定狭心症。2,035例。
文献[main] Juul-Möller S, et al., The Swedish Angina Pectoris Aspirin Trial (SAPAT) Group. Double-blind trial of aspirin in primary prevention of myocardial infarction in patients with stable chronic angina pectoris. Lancet 1992; 340: 1421-5.

Saposnik G et al

結論心房細動を合併している脳梗塞患者は非合併患者にくらべ,死亡率,頭蓋内出血リスクが高かったが,血栓溶解療法に対する反応は同程度であった。
対象12,686例(心房細動合併患者2,185例+非心房細動合併患者10,501例)。当該期間に入院した脳卒中患者。
文献Saposnik G, et al.; on behalf of the Investigators of the Registry of the Canadian Stroke Network (RCSN) and the Stroke Outcomes Research Canada (SORCan) Working Group. Atrial Fibrillation in Ischemic Stroke: Predicting Response to Thrombolysis and Clinical Outcomes. Stroke 2013; 44: 99-104.

Saqqur M et al

結論急性脳卒中発症後3時間以内にrt-PA静注血栓溶解を行ったが,静注終了時に閉塞血管の再開通を達成/維持できなかった症例は,24時間以内の症状増悪および長期予後不良を生じやすい傾向がみられた。経頭蓋超音波で観察される早期動脈再閉塞の所見は,症状増悪および予後不良の予測に有効であった。
対象374例。急性脳卒中発症後3時間以内にNational Institute of Neurological Disorders and Stroke protocolに従って標準的なrt-PA治療をうけたが,経頭蓋超音波により脳主幹動脈近位部に閉塞が認められた患者。ただし本研究にはボーラス静注前からultrasound-enhanced systemic thrombolysisを併用したCLOTBUST試験登録例も含まれている。平均年齢はCD群66.1±14.7歳,非CD群68.8±13.3歳。
文献Saqqur M, et al. and CLOTBUST Investigators. Clinical deterioration after intravenous recombinant tissue plasminogen activator treatment: a multicenter transcranial Doppler study. Stroke 2007; 38: 69-74.

Sarafoff N et al

結論抗血栓薬3剤併用を要する薬剤溶出性ステント(DES)留置患者において, clopidogrel の代替としてのprasugrel投与は,出血リスクを上昇させる可能性が示唆された。ただし,ADP受容体拮抗薬の役割を明確にするためには,RCTによる検証が必要である。
対象377例。DES留置を受け,6ヵ月の3剤併用療法を処方され退院した患者全例。
文献Sarafoff N, et al. Triple therapy with aspirin, prasugrel, and vitamin k antagonists in patients with drug-eluting stent implantation and an indication for oral anticoagulation. J Am Coll Cardiol 2013; 61: 2060-6.

Sarikaya H et al

結論90歳代の脳梗塞患者に対する血栓溶解療法後の転帰は,80歳代の患者に比し転帰良好が少なく,死亡率,症候性脳内出血発生率が高かった。90歳以上の患者では,上記をふまえ治療法を慎重に選択することが求められる。
対象284例。血栓溶解療法を受けた80歳以上の脳梗塞患者連続例。
文献Sarikaya H, et al. Intravenous thrombolysis in nonagenarians with ischemic stroke. Stroke 2011; 42: 1967-70.

Sarikaya H et al (posterior circulation stroke)

結論後方循環脳卒中は前方循環脳卒中に比し血栓溶解療法後の症候性頭蓋内出血リスクは低かったが,転帰良好および死亡率は同等であった。
対象883例。alteplase静注を受けた脳梗塞患者連続例。
文献Sarikaya H, et al. Outcomes of intravenous thrombolysis in posterior versus anterior circulation stroke. Stroke 2011; 42: 2498-502.

Sarikaya H et al

結論現行のレジメンで静脈内血栓溶解療法を受けた,体重が100kgを超える脳梗塞患者について,転帰良好の可能性の低下は示されなかった。体重>100kgと死亡率,転帰不良との関連は認められたが,これについては大規模試験での検討が必要である。
対象1479例。2008年12月31日までに静脈内血栓溶解療法を受けた脳梗塞患者連続例。
文献Sarikaya H, et al. Outcome of Intravenous Thrombolysis in Stroke Patients Weighing over 100 kg. Cerebrovasc Dis 2011; 32: 201-6.

Sarikaya H et al (obese)

結論血栓溶解療法を受けた脳梗塞患者において,肥満は転帰不良および死亡の独立予測因子であった。
対象304例。alteplase静注を受けた脳梗塞患者連続例。
文献Sarikaya H, et al. Impact of obesity on stroke outcome after intravenous thrombolysis. Stroke 2011; 42: 2330-2.

SAVE-KNEE, SAVE-HIP1, SAVE-HIP2

結論整形外科手術後の静脈血栓塞栓症(VTE)予防について,semuloparinは股関節置換術施行後の患者においてはenoxaparinに比し優越性を示したが,膝関節置換術および股関節骨折手術後の患者における優越性は示されなかった。両試験薬の安全性は同様であった。
対象4,479例(SAVE-KNEE:1,150例,SAVE-HIP1:2,326例,SAVE-HIP2:1,003例)。膝関節置換術または6ヵ月以上前に埋め込まれた人工関節の再置換,股関節置換術または6ヵ月以上前に埋め込まれた人工関節の再置換,大腿骨の上部3分の1の股関節骨折手術のいずれかを予定されている患者。
文献Lassen MR, et al.; for the SAVE Investigators. Semuloparin for prevention of venous thromboembolism after major orthopedic surgery: results from three randomized clinical trials, SAVE-HIP1, SAVE-HIP2 and SAVE-KNEE. J Thromb Haemost 2012; 10: 822-32.

SAVE-ONCO

結論化学療法中の癌患者において,semuloparinは大出血の増加をもたらすことなく,血栓塞栓イベントの発生を抑制した。
対象3,212例。18歳以上,転移性または局所進行性の固形癌(肺,膵臓,胃,結腸/直腸,膀胱,卵巣)に対し化学療法を予定されている患者。
文献Agnelli G, et al., SAVE-ONCO Investigators. Semuloparin for thromboprophylaxis in patients receiving chemotherapy for cancer. N Engl J Med 2012; 366: 601-9.

Sbar S et al

結論狭心症患者においてdipyridamoleは有効であり,またその効果は3ヵ月以降に認められるという仮説を裏づけるエビデンスは得られなかった(Negative Results)。
対象狭心症。60例。
文献Sbar S, et al. Dipyridamole in the treatment of angina pectoris. A double-blind evaluation. JAMA 1967; 201: 865-7.

SCAAR upstream clopidogrel treatment

結論プライマリ経皮的冠動脈形成術(pPCI)を受けるST上昇型心筋梗塞(STEMI)患者において,clopidogrelのupstream投与は全死亡を含む心血管リスクを減少させた。
対象13847例。2003~2008年に初回発作によりPCIを受けたSTEMI患者。
文献Koul S, et al. Effect of upstream clopidogrel treatment in patients with ST-segment elevation myocardial infarction undergoing primary percutaneous coronary intervention. Eur Heart J 2011; 32: 2989-97.

SCAF mortality

結論発作性心房細動(AF)は死亡率上昇と関係しているが,それは主に心血管リスクに付随するものと考えられる。またwarfarinによる治療は生存率改善に関係している。
対象2824例。2002年にAFまたは心房粗動の治療を受けた患者。
文献Friberg L, et al. Increased mortality in paroxysmal atrial fibrillation: report from the Stockholm Cohort-Study of Atrial Fibrillation (SCAF). Eur Heart J 2007; 28: 2346-53.