抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ 
検索結果:93件(1−30件)

Rabah MM et al

結論低分子量heparinであるenoxaparin単回ボーラス静注は,活性化凝固時間(ACT)の測定や滴定の必要がないため,治療の簡便化,さらには経皮的冠動脈インターベンション(PCI)施行の安全性を向上させる可能性が示された。
対象安定狭心症による待機的PCI施行例。60例。
文献Rabah MM, et al: Usefulness of intravenous enoxaparin for percutaneous coronary intervention in stable angina pectoris. Am J Cardiol 1999; 84: 1391-5.

RAF

結論心房細動患者における脳梗塞は,90日後の再発および大出血イベント増加と関連していた。本研究より,CHA2DS2-VAScスコア高値,NIHSSスコア高値,大規模虚血病変,抗凝固薬の種類は再発および出血リスクの予測因子であった。また,二次予防のための抗凝固療法開始時期は脳卒中発症の4~14日後が至適と考えられた。さらに,経口抗凝固薬(OAC)単独投与は,低分子量heparin(LMWH)単独投与,LMWH投与後OAC投与にくらべ,転帰が良好であった。
対象1,029例。脳梗塞および既知のまたは新規に診断された心房細動合併患者で,抗凝固療法に対する禁忌のない症例。
文献Paciaroni M, et al. Early Recurrence and Cerebral Bleeding in Patients With Acute Ischemic Stroke and Atrial Fibrillation: Effect of Anticoagulation and Its Timing: The RAF Study. Stroke 2015; 46: 2175-82.

Rajah SM et al 1985

結論抗血小板療法(aspirin+dipyridamole併用)は大動脈冠動脈伏在静脈バイパスグラフトの早期開存率を改善した。
対象CABG施行例。連続した125例。
文献Rajah SM, et al. Acetylsalicylic acid and dipyridamole improve the early patency of aorta-coronary bypass grafts. A double-blind, placebo-controlled, randomized trial. J Thorac Cardiovasc Surg 1985; 90: 373-7.

Rajah SM et al 1994

結論indobufen 400mg/日(分2)は伏在静脈グラフトの開存性においてaspirin+dipyridamole併用と同等に有効であり,忍容性に優れていた。indobufenは術後の出血が少ないことから,術前投与が推奨される。
対象CABG施行例。803例。
文献Rajah SM, et al. Effects of antiplatelet therapy with indobufen or aspirin-dipyridamole on graft patency one year after coronary artery bypass grafting. J Thorac Cardiovasc Surg 1994; 107: 1146-53.

RAPID II

結論急性心筋梗塞(AMI)患者において,2回のreteplase 10MUボーラス投与はalteplaseのfront-loaded急速投与に比較して,合併症のリスクを増大させることなく,梗塞関連動脈の早期開存性および冠動脈インターベンションの必要性を有意に改善した。
対象AMI。324例。
文献[main] Bode C, et al for the RAPID II Investigators. Randomized comparison of coronary thrombolysis achieved with double-bolus reteplase (recombinant plasminogen activator) and front-loaded, accelerated alteplase (recombinant tissue plasminogen activator) in patients with acute myocardial infarction. Circulation 1996; 94: 891-8.

RAPPORT

結論急性心筋梗塞(AMI)患者へのPTCA施行時におけるabciximab投与は,急性期(30日間)の死亡,再梗塞,および標的血管の緊急血行再建術施行率の抑制に有効であった。しかし,abciximab投与は出血リスクを増大させ,また6ヵ月後における有効性は認められなかった。
対象AMIによるprimary PTCA施行適合例。483例。
文献[main] Brener SJ, et al on behalf of the RAPPORT Investigators. Randomized, placebo-controlled trial of platelet glycoprotein IIb/IIIa blockade with primary angioplasty for acute myocardial infarction. Circulation 1998; 98: 734-41.

RAPT

結論血栓溶解療法の補助療法として,ridogrelはaspirinよりも優れていなかったが,新規の虚血イベント抑制においてはridogrelのほうが有効である可能性が示唆された。
対象AMI。901例。
文献[main] The RAPT Investigators. Randomized trial of ridogrel, a combined thromboxane A2 synthase inhibitor and thromboxane A2/prostaglandin endoperoxide receptor antagonist, versus aspirin as adjunct to thrombolysis in patients with acute myocardial infarction. The Ridogrel Versus Aspirin Patency Trial (RAPT). Circulation 1994; 89: 588-95.

Rasmanis G et al Huddinge

結論急性心筋梗塞(AMI)患者において,aspirin 500mgの間欠投与はPGI2産生に影響をおよぼさずにTXA2産生を効果的に抑制した。
対象AMI。連続した20例。
文献Rasmanis G, et al. Effects of intermittent treatment with aspirin on thromboxane and prostacyclin formation in patients with acute myocardial infarction. Lancet 1988; 2: 245-7.

Rasmussen MS et al

結論腹部の大手術を受けた患者にdalteparin 5000IU/日を4週間投与した結果,1週間投与した患者と比較して,出血のリスク増加を伴わずに静脈血栓塞栓症の発症率が有意に低下した。
対象427例。18歳以上の腹部大手術実施予定入院患者。年齢中央値は短期投与群67歳,長期投与群67歳。
文献Rasmussen MS, et al. on behalf of the FAME Investigators. Prolonged prophylaxis with dalteparin to prevent late thromboembolic complications in patients undergoing major abdominal surgery: a multicenter randomized open-label study. J Thromb Haemost 2006; 4: 2384-90.

Rassen JA et al

結論高齢患者において,clopidogrel+プロトンポンプ阻害薬(PPI)併用はclopidogrel単独に比し心筋梗塞(MI)による入院または死亡がわずかに増加したが,clopidogrelとPPIの相互作用を示す決定的なエビデンスは得られなかった。相互作用があるとしても,リスク上昇が20%を超える可能性は少ないと考えられる。
対象18565例。PCIを施行またはACSにより入院;65歳以上;当該イベント発症後最初の7日間生存し,この間にclopidogrelを新規に投与された患者。
文献Rassen JA, et al. Cardiovascular outcomes and mortality in patients using clopidogrel with proton pump inhibitors after percutaneous coronary intervention or acute coronary syndrome. Circulation 2009; 120: 2322-9.

RE-ALIGN

結論機械弁患者に対するdabigatran投与は,warfarinにくらべ血栓塞栓症および出血合併症の両方を増加させた。ベネフィットはみられず,リスクが増加した。
対象252例。18~75歳,大動脈弁/僧帽弁/両方の機械弁(二葉弁)置換術施行患者,もしくは3ヵ月以上前に僧帽弁の機械弁(二葉弁)置換術を施行された患者。
文献Eikelboom JW, et al.; RE-ALIGN Investigators. Dabigatran versus warfarin in patients with mechanical heart valves. N Engl J Med 2013; 369: 1206-14.

RE-COVER

結論急性静脈血栓塞栓症(VTE)治療において,dabigatranはwarfarinと同様に有効であり,安全性プロフィールも同等であった。
対象2564例。年齢18歳以上;6ヵ月間の抗凝固療法の適応と考えられる確診された急性症候性深部静脈血栓症(下肢)またはPE患者。
文献Schulman S, et al.; RE-COVER Study Group. Dabigatran versus warfarin in the treatment of acute venous thromboembolism. N Engl J Med 2009; 361: 2342-52.

RE-COVER II

結論急性静脈血栓塞栓症(VTE)患者における再発予防について,dabigatranはwarfarinと同程度の効果を有し,出血リスクは低かった。
対象2,589例。年齢18歳以上,6ヵ月間の抗凝固療法の適応と考えられる,客観的に確認された下肢の急性症候性近位部DVTまたはPE患者。
文献Schulman S, et al.; for the RE-COVER II trial investigators. Treatment of Acute Venous Thromboembolism with Dabigatran or Warfarin and Pooled Analysis. Circulation 2013; 129: 764-72.

RE-LY

結論心房細動(AF)患者において,dabigatran 110mgの脳卒中および全身性塞栓症予防効果はwarfarinに対し非劣性を示し,大出血は少なかった。同150mgはwarfarinに比し,脳卒中および全身性塞栓症を有意に抑制した。大出血発生率は同等であった。
対象18113例。6ヵ月以内に心電図でAFを確診,かつ次のリスク因子のうち1つ以上を有する:脳卒中またはTIAの既往,LVEF<40%,NYHA分類≧II,6ヵ月以内の心不全の既往,75歳以上(糖尿病,高血圧,冠動脈疾患患者は65歳以上)。
文献Connolly SJ, et al.; RE-LY Steering Committee and Investigators. Dabigatran versus warfarin in patients with atrial fibrillation. N Engl J Med 2009; 361: 1139-51.

RELY-ABLE

結論RE-LY終了後2.3年間のdabigatran継続治療において,150mg 1日2回群は110mg 1日2回群にくらべ大出血発生率が高く,脳卒中および死亡は同程度であった。
対象5,851例。RE-LYでdabigatran群に割り付けられた患者のうち,最終外来時にdabigatranを恒久的に中止していなかった症例。
文献Connolly SJ, et al. The Long-Term Multicenter Observational Study of Dabigatran Treatment in Patients With Atrial Fibrillation (RELY-ABLE) Study. Circulation 2013; 128: 237-43.

RE-LY Asian subgroup

結論warfarin群における出血性脳卒中は,血圧,年齢がほぼ同様でPT-INR値が低いにもかかわらず,アジア人のほうが非アジア人にくらべ多かった。dabigatran群の出血性脳卒中はアジア人,非アジア人とも抑制された。dabigatranのベネフィットはアジア人,非アジア人で一貫していた。
対象18,113例(アジア人2,782例+非アジア人15,331例)。心房細動患者。
文献Hori M, et al.; the RE-LY Investigators. Dabigatran Versus Warfarin: Effects on Ischemic and Hemorrhagic Strokes and Bleeding in Asians and Non-Asians With Atrial Fibrillation. Stroke 2013; 44: 1891-6.

RE-LY cardioversion

結論除細動施行の心房細動患者において,dabigatran群の脳卒中および大出血リスクは経食道心エコー(TEE)施行にかかわらず低く,warfarin群と同程度であった。dabigatranは除細動を必要とする患者において妥当な代替薬である。
対象1983例。RE-LY試験対象者のうち,試験期間中に除細動を受けた患者全例。
文献Nagarakanti R, et al. Dabigatran versus warfarin in patients with atrial fibrillation: an analysis of patients undergoing cardioversion. Circulation 2011; 123: 131-6.

RE-LY concomitant use of antiplatelet

結論RE-LY試験対象患者において,抗血小板薬併用は大出血リスクを上昇させたが,dabigatranのwarfarinに対する優越性には影響を及ぼさなかった。110mgと150mgの選択は,ベネフィットとリスクを勘案し,慎重に評価して行う必要がある。
対象18,113例。脳卒中リスク因子を有する心房細動患者。
文献Dans AL, et al. Concomitant Use of Antiplatelet Therapy with Dabigatran or Warfarin in the Randomized Evaluation of Long-Term Anticoagulation Therapy (RE-LY) Trial. Circulation 2013; 127: 634-40.

RE-LY exposure of VKA

結論RE-LY試験において,試験前のビタミンK拮抗薬(VKA)投与の有無はdabigatranのベネフィットに影響を及ぼさなかった。
対象18113例。6ヵ月以内に心電図でAFを確診,かつリスク因子を有する。
文献Ezekowitz MD, et al.; the RE-LY Steering Committee and Investigators. Dabigatran and Warfarin in Vitamin K Antagonist-Naive and -Experienced Cohorts With Atrial Fibrillation. Circulation 2010; 122: 2246-53.

RE-LY intracranial hemorrhage

結論RE-LY対象患者において,頭蓋内出血の臨床像はdabigatran群とwarfarin群で同様であった。頭蓋内出血,致死的頭蓋内出血,外傷性頭蓋内出血の絶対発生率は,dabigatran群のほうがwarfarin群に比し低かった。頭蓋内出血のもっとも重要な修正可能な独立予測因子はaspirinの併用であった。
対象18,113例。脳卒中のリスク因子を1つ以上有する心房細動患者。
文献Hart RG, et al. Intracranial Hemorrhage in Atrial Fibrillation Patients During Anticoagulation With Warfarin or Dabigatran: The RE-LY Trial. Stroke 2012; 43: 1511-7.

RE-LY Japanese population

結論脳卒中リスクの高い日本人の心房細動患者において,dabigatranの有効性および安全性はRE-LY試験全体の結果と基本的に同様であった。
対象326例。RE-LY試験対象者18113例[AFと確診され,かつ次のリスク因子のうち1つ以上を有する:虚血性脳卒中,TIA,全身性塞栓症の既往,左心室機能障害,75歳以上(糖尿病,高血圧,冠動脈疾患患者は65歳以上)]のうち日本人の患者。
文献Hori M, et al.; the RE-LY Investigators. Efficacy and Safety of Dabigatran vs. Warfarin in Patients With Atrial Fibrillation. Circ J 2011; 75: 800-5.

RE-LY periprocedural bleeding

結論侵襲的手技/手術を受ける心房細動患者におけるdabigatranの周術期の出血リスクは,緊急手術であってもwarfarinと同程度であった。dabigatranにより,抗凝固薬休薬期間の短縮が容易となった。
対象4,591例。RE-LY試験対象患者のうち,試験期間中に侵襲的手技/手術を受けた症例。
文献Healey JS, et al.; on behalf of the RE-LY Investigators. Periprocedural Bleeding and Thromboembolic Events With Dabigatran Compared With Warfarin: Results From the Randomized Evaluation of Long-Term Anticoagulation Therapy (RE-LY) Randomized Trial. Circulation 2012; 126: 343-8.

RE-LY previous TIA or stroke

結論脳卒中または一過性脳虚血発作(TIA)既往患者において,dabigatran 110mg,150mgの脳卒中または全身性塞栓症予防効果はwarfarinと同等であった。dabigatran両用量の有用性は,脳卒中,TIA既往の有無にかかわらずほぼ一貫していた。
対象RE-LY試験対象患者18113例(うち虚血性脳卒中またはTIA既往患者は3623例)。
文献Diener HC, et al.; for the RE-LY study group. Dabigatran compared with warfarin in patients with atrial fibrillation and previous transient ischaemic attack or stroke: a subgroup analysis of the RE-LY trial. Lancet Neurol 2010; 9: 1157-63.

RE-LY quality of INR control

結論心房細動患者において,warfarinと比較したdabigatran 150mgの脳卒中発生率の抑制,同110mgの出血発生率の抑制,両用量の頭蓋内出血発生率の抑制は,いずれも施設ごとのPT-INRコントロールの質とは関連せず,一貫していた。PT-INR コントロール不良の施設では,dabigatranの全血管イベント,非出血性イベント,死亡の抑制効果はコントロール良好の施設に比し大きかった。
対象18024例。RE-L対象患者のうち,cTTR値が得られた施設の患者。
文献Wallentin L, et al.; RE-LY investigators. Efficacy and safety of dabigatran compared with warfarin at different levels of international normalised ratio control for stroke prevention in atrial fibrillation: an analysis of the RE-LY trial. Lancet 2010; 376: 975-83.

RE-LY renal function

結論経口抗凝固薬を服用している心房細動患者は腎機能の低下を示したが,warfarin群のほうがdabigatran群より低下度が大きく,その低下度は糖尿病およびビタミンK拮抗薬服用経験患者で大きかった。
対象16,490例。RE-LY試験参加者18,113例のうち,血清クレアチニン値のデータがベースライン時およびそれ以降の測定で1回以上得られた症例。
文献Böhm M, et al. Changes in Renal Function in Patients With Atrial Fibrillation: An Analysis From the RE-LY Trial. J Am Coll Cardiol 2015; 65: 2481-93.

RE-LY risk of bleeding

結論脳卒中リスクを有する心房細動患者において,dabigatran 110mg,150mgの両用量はwarfarinに比し,75歳未満では頭蓋内・外出血リスクを抑制した。75歳以上では,頭蓋内出血は両用量とも抑制したものの,頭蓋外出血は用量により異なり,110mgでは同等,150mgでは上昇した。
対象18113例。脳卒中リスクを有する心房細動患者。
文献Eikelboom JW, et al. Risk of Bleeding With 2 Doses of Dabigatran Compared With Warfarin in Older and Younger Patients With Atrial Fibrillation: An Analysis of the Randomized Evaluation of Long-Term Anticoagulant Therapy (RE-LY) Trial. Circulation 2011; 123: 2363-72.

RE-MEDY & RE-SONATE

結論dabigatranは静脈血栓塞栓症(VTE)の治療延長において有効であり,重大な出血,または臨床的に問題となる出血のリスクは,warfarinより低かったが,プラセボよりは高かった。
対象[RE-MEDY]2,866例。[RE-SONATE]1,353例。 18歳以上,客観的に確認された症候性近位部DVTまたはPE患者で,すでに抗凝固療法を受けているか,もしくはVTE治療の短期試験でdabigatranを投与された症例。
文献Schulman S, et al.; RE-MEDY Trial Investigators. RE-SONATE Trial Investigators. Extended use of dabigatran, warfarin, or placebo in venous thromboembolism. N Engl J Med 2013; 368: 709-18.

RE-MODEL

結論人工膝関節全置換術施行患者において,静脈血栓塞栓症(VTE)予防のためのdabigatran etexilate経口投与はenoxaparinと同じように有効で,安全性プロフィールも同等であった。
対象2074例(安全性の解析),1541例(有効性の解析)。primary待機的片側人工膝関節全置換術を予定された18歳以上,体重40kg以上の患者。
文献Eriksson BI, et al; RE-MODEL Study Group. Oral dabigatran etexilate vs. subcutaneous enoxaparin for the prevention of venous thromboembolism after total knee replacement: the RE-MODEL randomized trial. J Thromb Haemost 2007; 5: 2178-85.

RE-NOVATE

結論人工股関節全置換術施行患者において,静脈血栓塞栓症(VTE)予防のためのdabigatran etexilate経口投与はenoxaparinと同じように有効で,安全性プロフィールも同等であった。
対象primary待機的片側人工股関節全置換術を予定された18歳以上,体重40kg以上の患者。脊髄/硬膜外麻酔が行われた場合は,試行3回未満/非外傷性留置の場合のみ対象とした。
文献Eriksson BI, et al; RE-NOVATE Study Group. Dabigatran etexilate versus enoxaparin for prevention of venous thromboembolism after total hip replacement: a randomised, double-blind, non-inferiority trial. Lancet 2007; 370: 949-56.

RE-VERSE AD

結論idarucizumabはaPTTなどにて計測可能なdabigatranの抗トロンビン作用を数分で完全に中和した。
対象90例。18歳以上,dabigatran服用中で,以下のいずれかに該当する患者。 A群(51例):担当医より中和剤が必要と判断された,医学的管理不良下にて生命に関わる出血を発生した症例。 B群(39例):正常止血を要する,8時間以上遅らせることができない手術または緊急的手技を必要とする症例。
文献Pollack CV Jr, et al. Idarucizumab for Dabigatran Reversal. N Engl J Med 2015; 373: 511-20.