抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ 
検索結果:114件(1−30件)

PACT

結論インターベンション施行前の短時間作用・低用量の血栓溶解療法は,梗塞関連動脈の早期開存に有効であり,かつ左室機能の回復にも優れ,有害事象も引き起こさないことが示された。
対象AMI。606例。
文献[main] Ross AM, et al for the PACT Investigators. A randomized trial comparing primary angioplasty with a strategy of short-acting thrombolysis and immediate planned rescue angioplasty in acute myocardial infarction: the PACT trial. J Am Coll Cardiol 1999; 34: 1954-62.

PADIS-PE

結論6ヵ月の抗凝固療法をうけた,特発性肺塞栓症の初回発作患者において,18ヵ月の更なるwarfarin投与はプラセボにくらべ,静脈血栓塞栓症(VTE)再発+大出血の複合評価項目を抑制した。しかし,抗凝固療法中止後,ベネフィットは維持されなかった。
対象371例。18歳以上,症候性特発性肺塞栓症の初回発作があり,6ヵ月間のビタミンK拮抗薬投与を終了した患者連続例。
文献Couturaud F, et al.; PADIS-PE Investigators. Six Months vs Extended Oral Anticoagulation After a First Episode of Pulmonary Embolism: The PADIS-PE Randomized Clinical Trial. JAMA 2015; 314: 31-40.

Pagani A et al

結論dipyridamoleの忍容性は良好であり,血小板凝集の有意な抑制による網膜症スコアの安定化が示された。
対象糖尿病網膜症。31例。
文献Pagani A, et al. Dipyridamole administration in insulin-dependent diabetics with background retinopathy: A 36-month follow-up. Curr Ther Res 1989; 45: 469-75.

Palareti G et al

結論抗凝固薬投与を1ヵ月間中断しDダイマー濃度の異常が認められた特発性静脈血栓塞栓の初回発症患者のうち,投与を再開した患者は投与を中止した患者に比してVTEの再発+出血の複合が有意に低下した。Dダイマー濃度正常患者における至適投与期間は確立できなかった。
対象608例。症候性VTEを発症し,ビタミンK拮抗薬を投与後,休薬期間中に再発しなかった患者。
文献Palareti G, et al., PROLONG Investigators D-dimer testing to determine the duration of anticoagulation therapy. N Engl J Med 2006; 355: 1780-9.

Palla A et al

結論再発予防のため標準的抗凝固療法を受けている急性肺塞栓症(PE)患者において,PE再発の大部分は最初の数日間に発症し,6ヵ月後以降の出血事象は認められなかったことより,抗凝固療法を1年間に延長することの安全性および有用性が示された。
対象497例。客観的方法(スパイラルCT,肺動脈造影法,非診断的肺スキャン,またはスパイラルCT+下肢静脈圧迫超音波検査)でPEと診断された患者連続例。
文献Palla A, et al. The clinical course of pulmonary embolism patients anticoagulated for 1 year: results of a prospective, observational, cohort study. J Thromb Haemost 2010; 8: 68-74.

Palnum KH et al

結論日常診療において,虚血性脳卒中後の二次予防療法は転帰を改善させた。
対象28612例。Danish National Indicator Projectにより同定され,2003年1月1日~2006年6月30日の登録期間内の1回目の脳卒中発作で初発脳卒中のため入院した18歳以上の患者全例。
文献Palnum KH, et al. Use of secondary medical prophylaxis and clinical outcome among patients with ischemic stroke: a nationwide follow-up study. Stroke 2012; 43: 802-7.

PAMI

結論急性心筋梗塞(AMI)患者へのt-PAによる血栓溶解療法に比し,immediate PTCAは非致死性再梗塞または死亡を抑制し,脳内出血発生も少なく,左室機能は同等であることが示された。
対象AMI。395例。
文献[main] Grines CL, et al for the Primary Angioplasty in Myocardial Infarction Study Group. A comparison of immediate angioplasty with thrombolytic therapy for acute myocardial infarction. N Engl J Med 1993; 328: 673-9.

Pantely GA et al

結論術後のaspirin+dipyridamole,warfarinのいずれもグラフトの開存性を改善できなかった。
対象CABG施行例。65例。
文献Pantely GA, et al. Failure of antiplatelet and anticoagulant therapy to improve patency of grafts after coronary-artery bypass: a controlled, randomized study. N Engl J Med 1979; 301: 962-6.

PARAGON-A

結論不安定狭心症および非Q波梗塞患者において,lamifibanは6ヵ月後の虚血イベント抑制においてaspirin,heparinより有効であることが示された。heparin併用の効果は明らかではないが,低用量lamifibanよりも有用である。
対象不安定狭心症および非Q波梗塞。2,282例。
文献[main] The PARAGON (Platelet IIb/IIIa Antagonism for the Reduction of Acute coronary syndrome events in a Global Organization Network) Investigators. International, randomized, controlled trial of lamifiban (a platelet glycoprotein IIb/IIIa inhibitor), heparin, or both in unstable angina. Circulation 1998; 97: 2386-95.

PARIS

結論抗血小板薬2剤併用療法(DAPT)を投与され退院したステント留置患者において,DAPT中止後の心イベント発症は臨床状況および中止の理由に依存した。リスクは時間経過とともに低下した。冠インターベンション(PCI)後のイベントの大部分はDAPT投与中の発症であったが,中止によるイベント発症の早期リスクは,ステントのタイプにかかわらず大きかった。
対象5,031例。18歳以上,固有冠動脈へのステント留置に成功し,DAPTを投与され退院した症例。
文献Mehran R, et al. Cessation of dual antiplatelet treatment and cardiac events after percutaneous coronary intervention (PARIS): 2 year results from a prospective observational study. Lancet 2013; 382: 1714-22.

PARIS-I

結論aspirin単独またはdipyridamoleとの併用は,心筋梗塞(MI)既往患者における冠動脈疾患(CHD)死亡率および罹患率の抑制に有効であり,またMI発症後早期の治療開始による有効性が示唆された。
対象MI既往。2,026例。
文献[main] The Persantine-Aspirin Reinfarction Study Research Group. Persantine and aspirin in coronary heart disease. Circulation 1980; 62: 449-61.

PARIS-II

結論本試験は,心筋梗塞(MI)既往患者におけるaspirin+dipyridamole併用投与の主要な冠動脈イベントの再発予防効果を示した最初の大規模ランダム化臨床試験である。
対象MI既往。3,128例。
文献[main] Klimt CR, et al. Persantine-Aspirin Reinfarction Study. Part II. Secondary coronary prevention with persantine and aspirin. J Am Coll Cardiol 1986; 7: 251-69.

Parodi G et al

結論非緊急的ステント留置術施行患者において,clopidogrelからprasugrelへの変更は忍容性があり,出血リスクの増加は認められなかった。
対象454例。ステント留置およびprasugrel投与を受ける冠動脈疾患患者。
文献Parodi G, et al. Switching from clopidogrel to prasugrel in patients having coronary stent implantation. J Thromb Thrombolysis 2014; 38: 395-401.

PARTNER

結論プライマリーケア診療所において末梢動脈疾患(PAD)有病率は高いが,その診断に関する医師の認知度は比較的低い。足首上腕血圧比(ABI)単純測定は認識されていないPADを多数同定した。PAD患者におけるアテローム性動脈硬化症リスク因子保有率は高いが,心血管疾患(CVD)患者に比し,治療を受けている割合は低い。PADの過小診断は,PADに関連する虚血性心疾患のリスクの効果的な二次予防を妨げている可能性がある。
対象6417例。70歳以上,あるいは50-69歳で糖尿病の既往かつ/または喫煙歴(10箱・年以上)のある者。
文献Hirsch AT, et al. Peripheral arterial disease detection, awareness, and treatment in primary care. JAMA 2001; 286: 1317-24.

PATCH

結論脳内出血発症前に抗血小板薬を服用していた患者において,血小板輸血は通常治療にくらべ劣っているようであった。臨床において,血小板輸血は推奨できない。
対象190例。18歳以上,脳画像で確認された非外傷性テント上脳内出血,GCS 8~15,脳内出血発症(または最後に健常な姿を確認された時点)から6時間以内かつ脳画像撮像から90分以内に血小板輸血を開始可能,脳内出血発症前にCOX阻害薬,ADP受容体阻害薬,アデノシン再取り込み阻害薬を7日以上服用,脳内出血前のmRS≦1,日常の仕事や活動を行うことが可能。
文献Baharoglu MI, et al.; PATCH Investigators. Platelet transfusion versus standard care after acute stroke due to spontaneous cerebral haemorrhage associated with antiplatelet therapy (PATCH): a randomised, open-label, phase 3 trial. Lancet 2016; 387: 2605-13.

Pautas E et al

結論INRが5.0以上に上昇した高齢の入院患者において,米国胸部内科学会(ACCP)ガイドラインの推奨にもとづいたビタミンK拮抗薬(VKA)投与見送りとビタミンK1投与は中和に有効で,大部分のINRが低下しすぎることなく1.8~3.2の範囲に戻った。したがって,ガイドラインは高齢の入院患者に適用可能と考えられる。
対象239例。75歳以上,warfarinまたはfluindioneを標的INR 2.0~3.0で服用しており,overanticoagulation(INR≧5.0)を経験した入院患者連続例。
文献Pautas E, et al. Reversal of Overanticoagulation in Very Elderly Hospitalized Patients with an INR above 5.0: 24-Hour INR Response after Vitamin K Administration. Am J Med 2011; 124: 527-33.

PC Trial

結論原因不明の血栓塞栓症の二次予防としての卵円孔開存閉鎖術は,抗血栓療法にくらべ,血栓塞栓イベント再発および死亡のリスクを抑制しなかった。
対象414例。60歳未満,経食道心エコー検査で卵円孔開存を確認し,それ以外の原因が認められない虚血性脳卒中,TIA,頭蓋外末梢血栓塞栓イベント患者。
文献Meier B, et al.; PC Trial Investigators. Percutaneous closure of patent foramen ovale in cryptogenic embolism. N Engl J Med 2013; 368: 1083-91.

PCI-CLARITY

結論線溶療法を受けた高リスクのST上昇型心筋梗塞(MI)患者において,経皮的冠動脈形成術(PCI)施行前のclopidogrel投与により,大出血および小出血が増加することなく,手技前後の心血管死および虚血性合併症が抑制された。
対象1863例。ランダム化前12時間以内に安静時胸部不快感が20分超持続し,隣接する複数の誘導にて0.1mV以上のST上昇/隣接する複数の前胸部誘導にて0.2mV以上のST上昇/新規左脚ブロックのいずれかが認められ,線溶薬,抗凝固薬,およびaspirin投与を予定した18-75歳の患者のうち,入院中にPCIを施行した症例。
文献Sabatine MS, et al; Clopidogrel as Adjunctive Reperfusion Therapy (CLARITY)-Thrombolysis in Myocardial Infarction (TIMI) 28 Investigators. Effect of clopidogrel pretreatment before percutaneous coronary intervention in patients with ST-elevation myocardial infarction treated with fibrinolytics: the PCI-CLARITY study. JAMA 2005; 294: 1224-32.

PCI-CURE

結論aspirin投与を受けている急性冠症候群(ACS)患者において,clopidogrelの経皮的冠動脈インターベンション(PCI)施行前投与および施行後の長期投与は,プラセボに比較して主要な心血管イベントの抑制に有効であることが示された。
対象非ST上昇のACSによるPCI施行例。2,658例。
文献[substudy] Mehta SR, et al for the Clopidogrel in Unstable angina to prevent Recurrent Events trial (CURE) Investigators. Effects of pretreatment with clopidogrel and aspirin followed by long-term therapy in patients undergoing percutaneous coronary intervention: the PCI-CURE study. Lancet 2001; 358: 527-33.

Pearce LA et al

結論aspirinを投与されている,脳梗塞既往のない非弁膜症性心房細動(NVAF)患者の大規模コホートの検討によると,現在提唱されている脳卒中発症リスクに関する3つの分類基準は,低リスク症例の特定には有用であったが,高リスク症例の特定は一定していなかった。
対象NVAF。1,073例。
文献Pearce LA, et al. Assessment of three schemes for stratifying stroke risk in patients with nonvalvular atrial fibrillation. Am J Med 2000; 109: 45-51.

Pedrini L et al

結論ticlopidineは動脈壁への血小板付着の抑制に有効であることが示された。
対象頸動脈内膜切除術施行例。20例。
文献Pedrini L, et al. Platelet adhesion in carotid endarterectomy. CV World Report 1988; 1: 93-6.

PEGASUS-TIMI 54

結論心筋梗塞(MI)を発症してから1年以上経過している患者において,ticagrelorは心血管死+心筋梗塞+脳卒中の複合を抑制したが,出血リスクは増加した。
対象21,162例。自然発症心筋梗塞発症から1~3年以内,50歳以上で,以下の追加リスクを1つ以上有する症例(65歳以上,薬物療法を要する糖尿病,2度目の自然発症心筋梗塞既往,多枝疾患,慢性腎障害)。
文献Bonaca MP, et al.; PEGASUS-TIMI 54 Steering Committee and Investigators. Long-Term Use of Ticagrelor in Patients with Prior Myocardial Infarction. N Engl J Med 2015; 372: 1791-800.

PEGASUS-TIMI 54 diabetic patients

結論心筋梗塞既往を有する糖尿病患者において,ticagrelorをaspirinに追加することにより,心血管死,冠動脈性心疾患死も含め,虚血イベント再発リスクが抑制された。
対象21,162例。自然発症心筋梗塞発症から1~3年以内で,以下の追加リスクを1つ以上有する症例(65歳以上,薬物療法を要する糖尿病,2度目の自然発症心筋梗塞既往,多枝疾患,慢性腎障害)。
文献Bhatt DL, et al. Reduction in Ischemic Events With Ticagrelor in Diabetic Patients With Prior Myocardial Infarction in PEGASUS-TIMI 54. J Am Coll Cardiol 2016; 67: 2732-40.

PEGASUS-TIMI 54 peripheral artery disease

結論心筋梗塞既往の安定患者において,末梢動脈疾患(PAD)合併は虚血リスク上昇と関連した。これらの患者では,ticagrelorは主要有害心事象(MACE)を抑制し,絶対リスク減少が大きかった。また,主要有害肢イベントも抑制した。
対象21,162例。自然発症心筋梗塞発症から1~3年以内で,以下の追加リスクを1つ以上有する症例(65歳以上,薬物療法を要する糖尿病,2度目の自然発症心筋梗塞既往,多枝疾患,慢性腎障害[クレアチニンクリアランス<60mL/分])。
文献Bonaca MP, et al. Ticagrelor for Prevention of Ischemic Events After Myocardial Infarction in Patients With Peripheral Artery Disease. J Am Coll Cardiol 2016; 67: 2719-28.

PEGASUS-TIMI 54 prevention of stroke

結論心筋梗塞既往を有する高リスク患者において,脳卒中リスクは高く,約1/3が致死的または後遺障害が中等度~重度であった。ticagrelor 60 mg 1日2回の低用量aspirinへの追加は,出血性脳卒中リスクを上昇させずにリスクを低減したが,大出血リスクは上昇した。高リスク冠疾患患者に対する強力な抗血小板療法は,冠イベントだけでなく脳卒中リスク低減の点からも考慮すべきである。
対象14,112例。PEGASUS-TIMI 54登録患者21,162例のうち,ticagrelor 90mg群またはプラセボ群に割り付けられた症例。
文献Bonaca MP, et al. Prevention of Stroke with Ticagrelor in Patients with Prior Myocardial Infarction: Insights from PEGASUS-TIMI 54 (Prevention of Cardiovascular Events in Patients With Prior Heart Attack Using Ticagrelor Compared to Placebo on a Background of Aspirin-Thrombolysis in Myocardial Infarction 54). Circulation 2016; 134: 861-71.

PEGASUS-TIMI 54 renal function

結論心筋梗塞既往患者において,腎障害合併例は主要有害心血管事象(MACE)リスクが上昇し,その結果としてticagrelor長期投与による絶対リスクの強い減少が得られた。
対象20,898例。PEGASUS-TIMI 54登録患者(自然発症心筋梗塞発症から1~3年以内で,追加リスクを1つ以上有する症例)21,162例のうち,ベースライン時の腎機能値が入手できた症例。
文献Magnani G, et al. Efficacy and safety of ticagrelor for long-term secondary prevention of atherothrombotic events in relation to renal function: insights from the PEGASUS-TIMI 54 trial. Eur Heart J 2016; 37: 400-8.

PEGASUS-TIMI 54 time from P2Y12 inhibitor withdrawal

結論リスク因子を1つ以上有する心筋梗塞既往患者において,長期二次予防としてのticagrelorのベネフィットは,心筋梗塞後2年以上安定している患者やP2Y12阻害薬を1年以上服用していない患者にくらべ,P2Y12阻害薬の投与を継続した患者または投与を中止しても短期間で再開した患者のほうが大きいようであった。ticagrelorによる出血イベントの増加は,経過日数に関わらず同様であった。
対象18,761例。PEGASUS-TIMI 54登録患者(自然発症心筋梗塞の既往を有し,他に高リスクを1つ以上有する)21,162例のうち,割付前のP2Y12阻害薬の最終投与の記録がある症例。
文献Bonaca MP, et al. Ischaemic risk and efficacy of ticagrelor in relation to time from P2Y12 inhibitor withdrawal in patients with prior myocardial infarction: insights from PEGASUS-TIMI 54. Eur Heart J 2016; 37: 1133-42.

PEITHO

結論中等度リスクの肺塞栓症患者において,血栓溶解療法は血行動態代償不全を予防したが,大出血および脳卒中リスクが上昇した。
対象1,006例。18歳以上,急性肺塞栓症と客観的に診断され発症から15日以内,心エコー/スパイラルCTにて右室機能不全が確認され,かつトロポニンI/T陽性により心筋障害が確認された患者。
文献Meyer G, et al.; PEITHO Investigators. Fibrinolysis for patients with intermediate-risk pulmonary embolism. N Engl J Med 2014; 370: 1402-11.

PEITHO impact of thrombolytic therapy

結論中程度の肺血栓塞栓症(PE)のリスクの後,およそ33%では機能制限が持続した。しかし,慢性血栓塞栓性肺高血圧症(CTEPH)はまれであった。血栓溶解療法は長期死亡率に影響を及ぼさず,これらの患者に対し,呼吸困難や右心室障害を減少させないようであった。
対象709例。PEITHO 試験登録患者1,006例のうち,長期追跡に参加した施設の症例。
文献Konstantinides SV, et al. Impact of Thrombolytic Therapy on the Long-Term Outcome of Intermediate-Risk Pulmonary Embolism. J Am Coll Cardiol 2017; 69: 1536-1544.

Pengo V et al

結論warfarinの用量固定と用量調整投与では一次アウトカムに有意差は認められなかったが,脳梗塞の発症は用量固定群で有意に増加した。以上の結果から,低用量固定warfarin(1.25mg/日)投与は,非リウマチ性心房細動(AF)患者に対する保護効果を有さないことが示唆された。
対象慢性非リウマチ性AF。303例。
文献Pengo V, et al. Effectiveness of fixed minidose warfarin in the prevention of thromboembolism and vascular death in nonrheumatic atrial fibrillation. Am J Cardiol 1998; 82: 433-7.