抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ 
検索結果:36件(1−30件)

OASIS-2

結論不安定狭心症または非ST上昇心筋梗塞(MI)患者において,hirudinはheparinよりも心血管死,MI,および治療抵抗性狭心症の抑制に優れることが示唆された。
対象急性虚血症候群(不安定狭心症または非ST上昇心筋梗塞)。10,141例。
文献[main] Organisation to Assess Strategies for Ischemic Syndromes (OASIS-2) Investigators. Effects of recombinant hirudin (lepirudin) compared with heparin on death, myocardial infarction, refractory angina, and revascularisation procedures in patients with acute myocardial ischaemia without ST elevation: a randomised trial. Lancet 1999; 353: 429-38.

OASIS-5

結論非ST上昇型急性冠症候群患者において,短期間(9日間)の虚血イベント抑制効果は,fondaparinuxとenoxaparinで同程度であったが,大出血および死亡/発症の抑制効果は短期-長期(30-180日間)ともfondaparinuxの方が高かった。
対象20078例。以下の3項目のうち2つ以上に該当する患者:60歳以上,トロポニンまたはCK-MBの上昇,虚血を示す心電図上の変化。
文献Yusuf S, et al., Fifth Organization to Assess Strategies in Acute Ischemic Syndromes Investigators Comparison of fondaparinux and enoxaparin in acute coronary syndromes. N Engl J Med 2006; 354: 1464-76.

OASIS-5 and 6

結論fondaparinuxはheparinをベースにした治療(未分画heparin[UFH],enoxaparin)に比し,死亡率,虚血性イベント,大出血抑制の効果に優れ,侵襲的治療,保存的治療を問わず,全体の臨床転帰を改善した。
対象26512例。OASIS 5および6の対象患者。
文献Mehta SR, et al.; OASIS 5 and 6 Investigators. Antithrombotic therapy with fondaparinux in relation to interventional management strategy in patients with ST- and non-ST-segment elevation acute coronary syndromes: an individual patient-level combined analysis of the Fifth and Sixth Organization to Assess Strategies in Ischemic Syndromes (OASIS 5 and 6) randomized trials. Circulation 2008; 118: 2038-46.

OASIS-6

結論ST上昇型心筋梗塞(STEMI)患者において,特にprimary経皮的冠動脈形成術(PCI)非施行例では,fondaparinuxは出血および脳卒中を増加させることなく死亡および再梗塞を抑制した。
対象12092例。発症から24時間以内(約4300例登録以降はCREATE試験の結果にもとづき発症12時間以内とした)のSTEMI患者。
文献Yusuf S, et al., OASIS-6 Trial Group Effects of fondaparinux on mortality and reinfarction in patients with acute ST-segment elevation myocardial infarction: the OASIS-6 randomized trial. JAMA 2006; 295: 1519-30.

OASIS Pilot Study 1997

結論不安定狭心症または非ST上昇の急性心筋梗塞(AMI)患者において,hirudin(特に中等量)はheparinに比較して,より優れた虚血性イベント抑制効果を有することが示された。
対象急性虚血性症候群(不安定狭心症または非ST上昇急性心筋梗塞)。909例。
文献[main, pilot] Organization to Assess Strategies for Ischemic Syndromes (OASIS) Investigators. Comparison of the effects of two doses of recombinant hirudin compared with heparin in patients with acute myocardial ischemia without ST elevation: a pilot study. Circulation 1997; 96: 769-77.

OASIS Pilot Study 1998

結論非ST上昇の急性虚血症候群(AIS)患者において,中等量のwarfarin(INR 2.0-2.5)とaspirinの長期併用は,虚血性イベントに対する再発抑制効果が認められたが,低用量warfarin(INR 1.5)とaspirinの長期併用では認められなかった。
対象AIS(不安定狭心症または非ST上昇心筋梗塞)。phase 1:309例,phase 2:197例。
文献[substudy] Anand SS, et al for the OASIS Pilot Study Investigators. Long-term oral anticoagulant therapy in patients with unstable angina or suspected non-Q-wave myocardial infarction: organization to assess strategies for ischemic syndromes (OASIS) pilot study results. Circulation 1998; 98: 1064-70.

Obach V et al

結論脳梗塞患者に対する血栓溶解療法について,multimodal CTのルーチン使用は全体の有効性を高める可能性が示された。ベネフィットは,発症から治療までの経過時間が3時間を超える患者の方が3時間以内の患者より大きいようである。
対象368例[multimodal CT群106例+対照群262例(plain CTのみ224例,CT+CTA 38例)]。2005~2009年の間に血栓溶解療法を受けた脳梗塞患者。
文献Obach V, et al. Multimodal CT-assisted thrombolysis in patients with acute stroke: a cohort study. Stroke 2011; 42: 1129-31.

OCEAN-TAVI registry

結論経カテーテル大動脈弁留置術(TAVI)施行前の抗血小板薬2剤併用療法(DAPT)は,抗血小板薬単剤療法(SAPT),抗血小板療法なしにくらべ,出血リスクを上昇させた。強度の低い抗血小板療法は,血栓イベントと関連しなかった。現在の医療状況では,抗血小板薬単剤もしくは術前抗血小板療法を行わずにTAVIを施行することが,有害イベントを増加させず,合理的であるかもしれない。
対象540例。症状を有する,重度の大動脈弁狭窄症,大動脈弁圧較差>40mmHgまたは大動脈弁通過最高流速>4.0m/秒,大動脈弁口面積<1.0cm2,エドワーズSapien XT生体弁を用いたTAVIを施行する症例。
文献Hioki H, et al.; And on behalf of OCEAN-TAVI investigators. Pre-procedural dual antiplatelet therapy in patients undergoing transcatheter aortic valve implantation increases risk of bleeding. Heart 2016; : .

Ochiai M et al

結論急性心筋梗塞(AMI)患者に対するprimaryステント施行後のaspirinとcilostazolの同時投与により,6ヵ月後の臨床および血管造影上の転帰が有意に改善されることが示された。
対象AMI発症から24時間以内のprimaryステント植込み施行例。50例。
文献Ochiai M, et al. Impact of cilostazol on clinical and angiographic outcome after primary stenting for acute myocardial infarction. Am J Cardiol 1999; 84: 1074-6.

OCLA

結論omeprazoleはclopidogrelの血小板P2Y12受容体阻害作用を減少させる。aspirin+clopidogrel併用療法は世界的に行われているが,プロトンポンプ阻害薬(PPI)の併用は消化管出血の予防と関連している。
対象124例。待機的冠動脈ステント植込み施行患者。
文献Gilard M, et al. Influence of omeprazole on the antiplatelet action of clopidogrel associated with aspirin: the randomized, double-blind OCLA (Omeprazole CLopidogrel Aspirin) study. J Am Coll Cardiol 2008; 51: 256-60.

ODIXa-HIP

結論人工股関節全置換術待機例における静脈血栓塞栓症(VTE)の予防に関し, rivaroxaban(リバーロキサバン)2.5-10mg/1日2回投与の有効性および安全性はenoxaparin(エノキサパリン)に比し遜色がなかった。
対象722例(ITT解析は560例,per protocol解析は548例)。初回の待機的人工股関節全置換術を予定した18歳以上の男性および閉経後の女性。
文献Eriksson BI, et al. and ODIXa-HIP Study Investigators. Oral, direct Factor Xa inhibition with BAY 59-7939 for the prevention of venous thromboembolism after total hip replacement. J Thromb Haemost 2006; 4: 121-8.

ODIXa-KNEE

結論選択的人工膝関節全置換術を施行した患者において,静脈血栓塞栓症(VTE)予防のための手技後早期のBAY 59-7939(リバーロキサバン)の2.5-10mg,1日2回経口投与は,enoxaparin(エノキサパリン)30mg,1日2回皮下投与と同程度の潜在的有効性と許容範囲内の安全性をもつことが示された。
対象613例。選択的人工膝関節全置換術を予定された18歳以上の男性および閉経後の女性。各群の平均年齢は66-68(範囲39-92)歳。
文献Turpie AG, et al. and ODIXa-Knee Study Group. BAY 59-7939: an oral, direct factor Xa inhibitor for the prevention of venous thromboembolism in patients after total knee replacement. A phase II dose-ranging study. J Thromb Haemost 2005; 3: 2479-86.

ODIXa-OD-HIP

結論rivaroxaban(リバーロキサバン)は1日1回のみの経口投与,血液凝固能のモニタリングが不要という簡便性とともに,人工股関節全置換術後の血栓予防に対してenoxaparin(エノキサパリン)と同程度の有効性および安全性をもつことが示された。有効性と安全性を考慮すると,第III相試験ではrivaroxaban 10mg/日投与を調査するべきである。
対象618例。初回の待機的人工股関節全置換術を予定した18歳以上男性および閉経後女性。
文献Eriksson BI et al; ODIXa-HIP Study Investigators. A once-daily, oral, direct Factor Xa inhibitor, rivaroxaban (BAY 59-7939), for thromboprophylaxis after total hip replacement. Circulation 2006; 114: 2374-81.

Ohtomo E et al

結論ozagrelは脳血栓症急性期に対し,運動麻痺の改善を中心に効果があり,安全性にも問題はなく,有用性の高い薬物であると結論された。
対象脳血栓症急性期。283例。
文献Ohtomo E, et al. Clinical usefulness of OKY-046 on the acute stage of cerebral thrombosis: double-blind trial in comparison with placebo. Rinsho Iyaku 1991; 7: 353-88.

Olesen JB et al

結論心房細動患者において,慢性腎臓病(CKD)は脳卒中/全身性塞栓症および出血リスクを上昇させた。warfarinはCKD患者の脳卒中/全身性塞栓症リスクを低下させたが,warfarin+aspirin併用は出血リスクを上昇させた。
対象132,372例。非弁膜症性心房細動の診断を受け退院し,7日間経過した患者。
文献Olesen JB, et al. Stroke and bleeding in atrial fibrillation with chronic kidney disease. N Engl J Med 2012; 367: 625-35.

Olson KL et al

結論ステント植込み後の患者において,抗血栓薬3剤併用(aspirin+clopidogrel+warfarin)は同2剤併用(aspirin+clopidogrel)に比し,出血事象発生の可能性が大幅に高かった。
対象514例。18歳以上,2003年9月1日~2006年12月30日にステント植込みを受け,手技から30日以内にaspirinおよびclopidogrelかつ/またはwarfarin使用を開始したKaiser Permanenteの患者。
文献Olson KL, et al. Incidence of hemorrhage among anticoagulated patients receiving antiplatelet therapy after percutaneous coronary intervention. J Thromb Thrombolysis 2010; 29: 316-21.

On-TIME 2

結論経皮的冠動脈形成術(PCI)を施行するST上昇型心筋梗塞(STEMI)患者において,入院前のtirofiban高用量ボーラス投与はST上昇およびPCI後の臨床転帰を改善した。この結果は,同患者においては,clopidogrel高用量投与に加えてさらに血小板凝集を阻害することの重要性を示すものである。
対象984例。PCI施行予定のSTEMI患者;21-85歳,24時間以内に30分超持続する急性心筋梗塞の兆候,ECGにて隣接する2部位で1mV超のST上昇が認められる。
文献Van't Hof AW, et al.; Ongoing Tirofiban In Myocardial infarction Evaluation (On-TIME) 2 study group. Prehospital initiation of tirofiban in patients with ST-elevation myocardial infarction undergoing primary angioplasty (On-TIME 2): a multicentre, double-blind, randomised controlled trial. Lancet 2008; 372: 537-46.

On-TIME 2 pooled analysis

結論ST上昇型心筋梗塞(MI)患者において,入院前のclopidogrel高用量投与+tirofiban高用量ボーラス(HBD)投与は初回冠インターベンション(pPCI)後の臨床転帰を改善する。
対象1398例。pPCI施行予定のSTEMI患者;年齢21~85歳;急性MIの症状が30分超24時間未満持続;複数の隣接する誘導で>1mmのST上昇。
文献ten Berg JM, et al.; On-TIME 2 Study Group. Effect of early, pre-hospital initiation of high bolus dose tirofiban in patients with ST-segment elevation myocardial infarction on short- and long-term clinical outcome. J Am Coll Cardiol 2010; 55: 2446-55.

ONSET/OFFSET

結論安定冠動脈疾患(CAD)患者において,ticagrelorの血小板阻害作用の発現は高負荷用量clopidogrelに比し迅速で大きかった。この作用は維持投与期間中も持続し,投与中止後の作用消失は迅速であった。
対象123例。18歳以上; aspirin治療を受けている安定CAD患者。
文献Gurbel PA, et al. Randomized Double-Blind Assessment of the ONSET and OFFSET of the Antiplatelet Effects of Ticagrelor Versus Clopidogrel in Patients With Stable Coronary Artery Disease. Randomized Double-Blind Assessment of the ONSET and OFFSET of the Antiplatelet Effects of Ticagrelor Versus Clopidogrel in Patients With Stable Cornonary Disease: The ONSET/OFFSET Study. Circulation 2009; 120: 2577-85.

ONSET/OFFSET dyspnea

結論呼吸困難はticagrelor投与患者によくみられ,しばしば投与1週目に発生するが,ticagrelorと心肺機能の悪化との関連は認められなかった。
対象123例。18歳以上;aspirin治療を受けている安定冠動脈疾患患者。
文献Storey RF, et al., ONSET/OFFSET Investigators Incidence of dyspnea and assessment of cardiac and pulmonary function in patients with stable coronary artery disease receiving ticagrelor, clopidogrel, or placebo in the ONSET/OFFSET study. J Am Coll Cardiol 2010; 56: 185-93.

Ontario Stroke Registry

結論現行のガイドラインに反し,心房細動を有する脳梗塞患者の30%が退院時になんの抗凝固薬も処方されておらず,経口抗凝固薬(OAC)+抗血小板薬併用処方も30%におよんだ。心血管リスクの高い患者におけるOAC+抗血小板薬併用,特に新規経口抗凝固薬の安全性については,臨床試験での検討が必要である。
対象2,162例。入院した脳梗塞および心房細動合併患者連続例。
文献McGrath ER, et al.; Investigators of the Ontario Stroke Registry. Antithrombotic therapy after acute ischemic stroke in patients with atrial fibrillation. Stroke 2014; 45: 3637-42.

OPHELIE-COG

結論認知障害をともなう脳梗塞患者に対するrt-PA静注後の転帰は,認知障害をともなわない患者と同程度であり,適応があればrt-PA静注療法を行うべきである。ただし,この結論は重度の認知障害または重度の脳卒中については適用できない。
対象205例。当該期間中にrt-PA静注をうけた脳梗塞患者全例。年齢80歳以上は除外基準としなかった。
文献Murao K, et al.; OPHELIE-COG investigators. Thrombolytic therapy for stroke in patients with preexisting cognitive impairment. Neurology 2014; 82: 2048-54.

OPTIDUAL

結論薬剤溶出性ステント(DES)留置後,抗血小板薬2剤併用療法(DAPT)の延長は12ヵ月間のDAPTにくらべ,正味の臨床転帰抑制に関し優越性を示さなかった。ただし,本試験は登録の早期中止のため,検出力は低い。
対象1,385例。≧2.25mmの元来の血管に>50%の狭窄をともなう病変を1つ以上有し,1つ以上のDES(種類は不問)を留置された,安定狭心症,無症候性虚血,ACS患者で,1年間DAPTを投与され,主要心脳血管有害事象,大出血のいずれも発症しなかった症例。同じ手技でBMSを留置された患者も対象とした。
文献Helft G, et al.; OPTImal DUAL Antiplatelet Therapy Trial Investigators. Stopping or continuing clopidogrel 12 months after drug-eluting stent placement: the OPTIDUAL randomized trial. Eur Heart J 2016; 37: 365-74.

OPTIMIST

結論国際標準比(INR)高値の重症敗血症患者において,tifacoginの全死亡率抑制効果は認められなかった。tifacoginは,ベースラインのINR値にかかわらず,出血リスク上昇と関連していた。
対象1955例(INR≧1.2 : 1754例,<1.2 : 201例)。18歳以上の入院患者で,2つ以上の全身性炎症反応症候群の徴候,2つ以上の臓器障害かつ/または試験薬投与開始前24時間以内の臓器灌流低下が認められた患者。ステージ1ではさらに,INR≧1.2(重症敗血症以外の薬物療法/疾患に起因するものではない)の者。
文献Abraham E, et al; OPTIMIST Trial Study Group. Efficacy and safety of tifacogin (recombinant tissue factor pathway inhibitor) in severe sepsis: a randomized controlled trial. JAMA 2003; 290: 238-47.

OPTIMIZE

結論安定冠動脈疾患または低リスクの急性冠症候群(ACS)患者において,3ヵ月間の抗血小板薬併用療法(DAPT)は12ヵ月間のそれに対し非劣性を示し,ステント血栓症の増加はみられなかった。
対象3,119例。安定狭心症の症状,無症候性虚血,低リスクのACS患者で,直径2.5mm以上の固有血管に50%を超える病変を有する症例。
文献Feres F, et al.; OPTIMIZE Trial Investigators. Three vs twelve months of dual antiplatelet therapy after zotarolimus-eluting stents: the OPTIMIZE randomized trial. JAMA 2013; 310: 2510-22.

OPUS-TIMI 16

結論急性冠症候群(ACS)患者への用量固定orbofiban投与による重大な心血管系イベント抑制効果は認められず,逆に死亡率を増加させた。しかし,経皮的冠動脈インターベンション(PCI)施行患者においてはorbofiban投与によるメリットが認められた。
対象ACS。10,288例。
文献[main] Cannon CP, et al for the OPUS-TIMI 16 Investigators. Oral glycoprotein IIb/IIIa inhibition with orbofiban in patients with unstable coronary syndromes (OPUS-TIMI 16) trial. Circulation 2000; 102: 149-56.

ORBIT-AF

結論経口抗凝固薬(OAC)を投与されている心房細動患者は,心血管疾患を合併していない場合でもしばしばaspirin併用投与を受けており,2剤併用は出血リスクを上昇させていた。OACを服用中の心房細動患者に対するaspirinの追加は,ベネフィットがリスクを上回るかどうか,慎重な判断が求められる。
対象7,347例。心電図で確認された18歳以上の心房細動患者で,少なくとも6ヵ月ごとに追跡が可能な症例。
文献Steinberg BA, et al.; ORBIT-AF Investigators and Patients. Use and Associated Risks of Concomitant Aspirin Therapy With Oral Anticoagulation in Patients With Atrial Fibrillation: Insights From the Outcomes Registry for Better Informed Treatment of Atrial Fibrillation (ORBIT-AF) Registry. Circulation 2013; 128: 721-8.

ORBIT-AF bridging

結論ブリッジングは経口抗凝固療法一時中断患者の1/4に行われ,出血および有害事象リスク上昇と関連していた。本データより,ブリッジングのルーチン的使用は支持されず,経口抗凝固療法の中断については更なるデータが求められる。
対象7,372例。本解析の対象は,ORBIT AF登録患者のうち,追跡期間2年以上,1回以上の追跡外来の記録があり,登録時に経口抗凝固療法中であった症例。
文献Steinberg BA, et al., Outcomes Registry for Better Informed Treatment of Atrial Fibrillation (ORBIT-AF) Investigators and Patients. Use and Outcomes Associated With Bridging During Anticoagulation Interruptions in Patients With Atrial Fibrillation: Findings From the Outcomes Registry for Better Informed Treatment of Atrial Fibrillation (ORBIT-AF). Circulation 2015; 131: 488-94.

ORBIT-AF II Registry off-label dosing

結論米国の実臨床において,添付文書と異なる非ビタミンK拮抗経口抗凝固薬(NOAC)用量を投与されている患者は約1/8と少なかった。NOACのアンダードーズおよびオーバードーズは有害イベントリスク上昇と関連していた。
対象5,738例。新規に心房細動の診断をうけてから6ヵ月以内かつ/または脳卒中発症抑制のための抗凝固療法を開始してから3ヵ月以内の心房細動患者。21歳以上,可逆性でなく,心電図で確認された心房細動で,6ヵ月おきに追跡が可能な症例。
文献Steinberg BA, et al.; ORBIT-AF Investigators and Patients. Off-Label Dosing of Non-Vitamin K Antagonist Oral Anticoagulants and Adverse Outcomes: The ORBIT-AF II Registry. J Am Coll Cardiol 2016; 68: 2597-604.

ORBIT-AF registry triple vs. dual antithrombotic therapy

結論心房細動と冠動脈疾患を合併している患者において,抗血栓薬の選択は患者の脳卒中や出血リスクに影響されていなかった。抗血栓薬3剤併用患者は同2剤併用患者にくらべ,理由を問わない入院をする可能性が高かった。
対象1,827例。ORBIT-AF registry 登録患者10,135例のうち,抗血栓薬を3剤または2剤併用している,冠動脈疾患を有する症例。
文献Lopes RD, et al. Triple Versus Dual Antithrombotic Therapy in Patients With Atrial Fibrillation and Coronary Artery Disease. Am J Med 2016; 129: 592-599.e1.