抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ 
検索結果:40件(1−30件)

NABOR

結論本試験によりwarfarinの使用頻度が低いことが確認された。また,国際的なガイドラインの治療指標とされている脳卒中リスクの程度はwarfarinの使用にほとんど影響しておらず,影響を与えたのは年齢80歳超および心房細動(AF)の病型であった。
対象945例。AFの一次/二次診断により入院し退院した患者(国際疫病分類第9版-CM 427.31)のうち,試験参加病院から無作為に選ばれた症例。平均年齢は71.5±13.5歳。
文献Waldo AL, et al. and NABOR Steering Committee. Hospitalized patients with atrial fibrillation and a high risk of stroke are not being provided with adequate anticoagulation. J Am Coll Cardiol 2005; 46: 1729-36.

Nakamura K et al

結論カテーテルアブレーション周術期にwarfarinを継続した患者または非ビタミンK拮抗経口抗凝固薬(NOAC)を中断した患者において,長期持続性心房細動およびdabigatranの使用は手技後の無症候性脳虚血病変(SCIL)の独立リスク因子であった。しかし,SCILの大部分はその後消失した。
対象286例。アブレーション前にOACを投与され,アブレーション施行翌日にMRIをうけた患者連続例。
文献Nakamura K, et al. Silent Cerebral Ischemic Lesions After Catheter Ablation of Atrial Fibrillation in Patients on 5 Types of Periprocedural Oral Anticoagulation - Predictors of Diffusion-Weighted Imaging-Positive Lesions and Follow-up Magnetic Resonance Imaging. Circ J 2016; 80: 870-7.

NASCET 1998

結論中等度の症候性頸動脈病変(狭窄率50~69%)を有する脳卒中既往患者への頸動脈内膜切除術施行は,脳卒中リスクの抑制に有効であった。同切除術の選択には患者のリスク因子を考慮し,施行には習熟した技術を要する。狭窄率<50%の患者では本切除術の有用性は認められなかったものの,重度の狭窄(≧70%)患者では8年後のベネフィットが示された。
対象頸動脈狭窄を有する脳卒中既往。2,226例。
文献[substudy] Barnett HJ, et al for the North American Symptomatic Carotid Endarterectomy Trial Collaborators. Benefit of carotid endarterectomy in patients with symptomatic moderate or severe stenosis. N Engl J Med 1998; 339: 1415-25.

NASPEAF

結論脳卒中リスクを有する心房細動(AF)患者において,抗血小板薬+中等度の強度の抗凝固薬の併用投与は,標準強度の抗凝固薬単独投与に比し血管イベント発生率を低下させ,出血リスクを上昇させず,安全であると証明された。
対象1209例。慢性/確認された発作性AF患者。年齢は高リスク患者各群66.6-67.3歳,中等度リスク患者各群69.6-69.9歳。
文献Pérez-Gómez F, et al; NASPEAF Investigators. Comparative effects of antiplatelet, anticoagulant, or combined therapy in patients with valvular and nonvalvular atrial fibrillation: a randomized multicenter study. J Am Coll Cardiol 2004; 44: 1557-66.

NASPEAF stratified analysis

結論75歳以上の心房細動(AF)患者は,75歳未満の患者に比し,イベント発生率が高かった。抗凝固薬単独群において,高齢患者は75歳未満に比し出血が多く認められた。高齢患者において,抗血小板薬+抗凝固薬併用投与群は,抗凝固薬単独群に比し血管イベントと失血死が少なかった。
対象967例。NASPEAF試験対象者のうち,抗血小板薬+中等度の抗凝固薬併用群,抗凝固薬単独群に割り当てられた者。抗血小板薬群は本解析からは除外した。
文献Pérez-Gómez F, et al. Antithrom0botic therapy in elderly patients with atrial fibrillation: effects and bleeding complications: a stratified analysis of the NASPEAF randomized trial. Eur Heart J 2007; 28: 996-1003.

Neirotti M et al

結論picotamideはフィブリノゲン代謝およびヘモレオロジーパターンを修飾し,かつ血管拡張作用を有することから,末梢閉塞動脈疾患患者の治療および二次予防に有効であることが示唆された。
対象末梢動脈疾患。20例(男性)。
文献Neirotti M, et al. Hemodynamic, hemorheologic, and hemocoagulative changes after treatment with picotamide in patients affected by peripheral arterial disease (PAD) of the lower limbs. Angiology 1994; 45: 137-41.

Neri Serneri GG et al

結論不安定狭心症の発症過程において,トロンビン活性は血小板凝集よりも重要な役割を果たすことが示唆された。治療抵抗性不安定狭心症患者へのheparin継続静注は,心筋虚血の予防に対して迅速,安全,かつ有効である。
対象治療抵抗性不安定狭心症。97例。
文献Neri Serneri GG, et al. Effect of heparin, aspirin, or alteplase in reduction of myocardial ischaemia in refractory unstable angina. Lancet 1990; 335: 615-8.

Nevelsteen A et al

結論ticlopidineは末梢血管手術の周術期における出血リスクを増大させず,人工血管グラフト施行後の初期投与の有効性が示唆された。
対象Dacron大腿動脈バイパスグラフト施行予定例。60例。
文献Nevelsteen A, et al. Effect of ticlopidine on blood loss, platelet turnover and platelet deposition on prosthetic surfaces in patients undergoing aorto-femoral bypass grafting. Thromb Res 1991; 64: 363-9.

NHFACT

結論急性心筋梗塞(AMI)患者において,血栓溶解療法終了24時間後にheparin投与を中止し,経口抗血小板療法への変更は,胸痛や再梗塞の発症,梗塞関連動脈の開存性,左室駆出率に悪影響を与えることなく実施可能であることが示された。
対象AMIが疑われる症例。202例。
文献Thompson PL, et al for the National Heart Foundation of Australia Coronary Thrombolysis Group. A randomized comparison of intravenous heparin with oral aspirin and dipyridamole 24 hours after recombinant tissue-type plasminogen activator for acute myocardial infarction. Circulation 1991; 83: 1534-42.

NICE (NICE 1 and NICE 4)

結論abciximab併用投与の有無にかかわらず,経皮的冠動脈インターベンション(PCI)施行中の非ST上昇急性冠症候群(ACS)患者へのenoxaparin投与は,安全かつ有効な抗凝固作用を有することが示唆された。また,低用量enoxaparin+abciximab併用投与と有害事象(出血性合併症または虚血イベント)の発生率低下との関連性が示された。
対象非ST上昇のACSによる待機的/緊急PCI施行例。NICE 1:828例。NICE 4:818例。
文献Kereiakes DJ, et al for the NICE 1 and NICE 4 Investigators. Enoxaparin and abciximab adjunctive pharmacotherapy during percutaneous coronary intervention. J Invas Cardiol 2001; 13: 272-8.

Nielsen PB et al

結論経口抗凝固薬は脳梗塞/全死亡の有意な抑制と関連しており,頭蓋内出血発現後の経口抗凝固薬の再開が支持された。これらの患者において,実臨床をガイドするための臨床試験がまたれる。
対象1,752例。デンマークの全国規模の三つの登録を連結して得られた,当該期間に心房細動と診断され,経口抗凝固薬の処方から6ヵ月以内に入院を必要とする頭蓋内出血が発現した後,6週間生存した症例。
文献Nielsen PB, et al. Restarting Anticoagulant Treatment After Intracranial Hemorrhage in Patients With Atrial Fibrillation and the Impact on Recurrent Stroke, Mortality, and Bleeding: A Nationwide Cohort Study. Circulation 2015; 132: 517-25.

Nielsen PB et al

結論心房細動患者において,自然発症出血性脳卒中と外傷性頭蓋内出血(ICH)では,予後が異なっていた。自然発症出血性脳卒中例では,warfarin再開は虚血イベント抑制およびICH再発リスク上昇と関連していたが,統計的不確実性のため,確固たる結論を導き出すことはできない。外傷性ICH患者に対するwarfarin再開は,虚血イベントについては同程度であったが,ICH再発はリスク低下がみられた。
対象2,415例。デンマークの3つの全国規模のデータベースから同定された,当該期間に心房細動の診断をうけた患者のうち,ICH発症例。
文献Nielsen PB, et al. Outcomes Associated With Resuming Warfarin Treatment After Hemorrhagic Stroke or Traumatic Intracranial Hemorrhage in Patients With Atrial Fibrillation. JAMA Intern Med 2017; 177: 563-70.

NINDS rt-PA Stroke Study 1995

結論脳梗塞発症後3時間以内のrt-PA静注により,症候性頭蓋内出血は増加したものの,3ヵ月後の臨床転帰に改善が認められた。
対象脳梗塞急性期。624例(Part 1:291例,Part 2:333例)。
文献The National Institute of Neurological Disorders and Stroke rt-PA Stroke Study Group. Tissue plasminogen activator for acute ischemic stroke. N Engl J Med 1995; 333: 1581-7.

NINDS two-hour improvement

結論tPA静注を受けた脳梗塞患者はプラセボ投与を受けた症例に比し2時間後の早期改善が多く,tPA静注は90日後の転帰良好を増加させた。tPAに反応を示さなかった症例の32.5%でも90日後の転帰良好を示したものの,転帰を予測する上で早期改善を用いることは価値があると考えられた。
対象624例。脳梗塞患者。
文献Hemmen TM, et al. Two-hour improvement of patients in the national institute of neurological disorders and stroke trials and prediction of final outcome. Stroke 2011; 42: 3163-7.

NOACISP LONG-TERM Registry

結論イベント発症後早期に直接作用型経口抗凝固薬(DOAC)の投与を開始しても,頭蓋内出血リスクは低いようであった。抗凝固療法をうけている全例において,脳梗塞再発率は頭蓋内出血発症率の6倍高かった。
対象204例。18歳以上,2013年4月~2015年9月に脳梗塞またはTIAのため入院,事前にまたは院内にてNVAFと診断,DOACまたはVKAをすでに投与されていたか,当該イベント後6ヵ月以内に開始/再開した症例。
文献Seiffge DJ, et al. Early start of DOAC after ischemic stroke: Risk of intracranial hemorrhage and recurrent events. Neurology 2016; 87: 1856-62.

Nomura E et al

結論非ビタミンK拮抗経口抗凝固薬(NOAC)は,脳梗塞患者に対する投与の容易さから,warfarinより適切であることが示唆された。
対象257例。心房細動をともなう脳梗塞患者連続例で,以下の基準のすべてに合致する症例。(1)発症から72時間以内に入院,(2)入院時および2週後の臨床評価およびMRIを実施,(3)入院の2週以内にwarfarinまたはNOACを投与,(4)入院時に重篤な腎障害がない,(5)2週以内に複数のタイプの抗凝固薬を投与されていない。
文献Nomura E, et al. Early Administration of Non-Vitamin K Antagonist Oral Anticoagulants for Acute Ischemic Stroke Patients With Atrial Fibrillation in Comparison With Warfarin Mostly Combined With Heparin. Circ J 2015; 79: 862-6.

NORDISTEMI

結論農村地域のST上昇型心筋梗塞(STEMI)治療において,遠方の冠インターベンション(PCI)施行可能施設まで患者を救急搬送しPCIを施行することは,地域医療施設での保存的治療に比し,主要転帰を改善しなかった。しかし,12ヵ月後の死亡,再梗塞,脳卒中発生率は抑制した。
対象266例。年齢18~75歳;MIの症状発現から6時間未満;ECGにて急性STEMIと示唆;最初の連絡からPCIまでの時間が90分を超えると予想される;tenecteplaseによる線溶療法を受けている。
文献Bøhmer E, et al. Efficacy and Safety of Immediate Angioplasty Versus Ischemia-Guided Management After Thrombolysis in Acute Myocardial Infarction in Areas With Very Long Transfer Distances Results of the NORDISTEMI (NORwegian study on DIstrict treatment of ST-Elevation Myocardial Infarction). J Am Coll Cardiol 2010; 55: 102-110.

Norris RM et al

結論胸痛発作の抑制において,抗アレルギー薬GR32191Bがaspirinより有効であるという仮説の実証はされなかった。
対象不安定狭心症。59例。
文献Norris RM, et al. Comparison of aspirin with a thromboxane antagonist for patients with prolonged chest pain and ST segment depression. N Z Med J 1996; 109: 278-80.

North Dublin Population Stroke Study

結論脳卒中発症時における治療域内でのwarfarin療法は,病院で治療を受けた脳卒中患者における短期の転帰改善効果に加え,一般住民における長期転帰も改善する可能性が示された。
対象175例。北ダブリン市にて2005年12月1日~2006年11月30日に新規発症した虚血脳卒中または出血性脳卒中で,心房細動を有する患者。
文献Hannon N, et al. Improved late survival and disability after stroke with therapeutic anticoagulation for atrial fibrillation: a population study. Stroke 2011; 42: 2503-8.

NRMI-2

結論血栓溶解療法に禁忌でなく,心原性ショックの発生もない急性心筋梗塞(AMI)患者では,PTCAおよびrt-PAによる血栓溶解療法は院内死亡,死亡および非致死性脳卒中,MI再発抑制において同等の効果を有することが示された。
対象AMI。34,847例。
文献Tiefenbrunn AJ, et al. Clinical experience with primary percutaneous transluminal coronary angioplasty compared with alteplase (recombinant tissue-type plasminogen activator) in patients with acute myocardial infarction: a report from the Second National Registry of Myocardial Infarction (NRMI-2). J Am Coll Cardiol 1998; 31: 1240-5.

NRMI-2, 3, 4, 5

結論ST上昇型心筋梗塞(STEMI)患者において,搬送してのpPCI施行(X-PCI)にともなう遅れは多くみられ,転帰不良と関連していた。PCIにともなう遅れが長くてもX-PCI群の死亡率はその場での血栓溶解療法施行(O-FT)と同等であったが,door-to-balloon/needle時間が長くなるとX-PCIのO-FTに比較しての生存率改善効果は減少した。
対象19,012例。全米MI患者登録(NRMI)から同定された,初期の再灌流療法としてO-FTまたはX-PCIの適応を有するSTEMI患者。
文献Pinto DS, et al., for the National Registry of Myocardial Infarction Investigators. Benefit of Transferring ST-Segment-Elevation Myocardial Infarction Patients for Percutaneous Coronary Intervention Compared With Administration of Onsite Fibrinolytic Declines as Delays Increase. Circulation 2011; 124: 2512-21.

Nyberg G et al

結論ticlopidine投与による糖尿病性腎症の進展抑制は認められなかった。
対象糖尿病性腎症。22例。
文献Nyberg G, et al. A platelet aggregation inhibitor--ticlopidine--in diabetic nephropathy: a randomized double blind study. Clin Nephrol 1984; 21: 184-7.

Nye ER et al

結論EPAはaspirin+dipyridamole併用と同等の再狭窄抑制効果を示したことから,代替療法となりうることが示唆された。
対象狭心症によるPTCA施行例。108例。
文献Nye ER, et al. Effect of eicosapentaenoic acid on restenosis rate, clinical course and blood lipids in patients after percutaneous transluminal coronary angioplasty. Aust N Z J Med 1990; 20: 549-52.

NVAFにおける全身性塞栓症予防のためのwarfarin メタ解析

結論非弁膜症性心房細動(NVAF)患者において,warfarinは脳卒中リスクを低下させるだけでなく,全身性塞栓症予防についてもプラセボおよび抗血小板薬よりも優れていた。warfarinはプラセボおよび低用量warfarinに比し大出血リスクを上昇させたが,抗血小板薬に比しては有意差は認められなかった。
対象16058例。非弁膜症性心房細動(NVAF)患者。
文献Andersen LV, et al. Warfarin for the prevention of systemic embolism in patients with non-valvular atrial fibrillation: a meta-analysis. Heart 2008; 94: 1607-13.

NOACのwarfarinに比較しての死亡率抑制効果 メタ解析

結論心房細動患者における脳卒中予防について,新規経口抗凝固薬はwarfarinにくらべ,全死亡,血管死,失血死を有意に抑制した。
対象
文献Liew A, et al. Comparing Mortality in Patients with Atrial Fibrillation who are Receiving a Direct Oral Anticoagulant or Warfarin: A Meta-analysis of Randomized Trials. J Thromb Haemost 2014; 12: 1419-24.

内科患者における静脈血栓塞栓症予防:enoxaparinとUFHの比較 メタ解析

結論内科疾患の入院患者において,enoxaparin 4000IU,1日1回投与は未分画heparin(UFH)に比し,大出血を増加させずに静脈血栓塞栓症を抑制した。全死亡も抑制傾向がみられた。
対象
文献Laporte S, et al. Individual patient data meta-analysis of enoxaparin vs. unfractionated heparin for venous thromboembolism prevention in medical patients. J Thromb Haemost 2011; 9: 464-72.

内科疾患患者に対するVTE予防薬延長投与 メタ解析

結論内科疾患患者の静脈血栓塞栓症(VTE)予防について,退院後のルーチン予防投与のベネフィットは示されなかった。
対象
文献Sharma A, et al. Extended thromboprophylaxis for medically ill patients with decreased mobility: does it improve outcomes? J Thromb Haemost 2012; 10: 2053-60.

内頸動脈閉塞に続発する脳梗塞に対するtPA静注および動脈内血管内療法 メタ解析

結論急性内頸動脈閉塞による脳梗塞患者において,動脈内血管内療法はtPA静注に比し臨床転帰を改善した。症候性頭蓋内出血は増加したが,全死亡は増加しなかった。
対象
文献Mokin M, et al. Intravenous thrombolysis and endovascular therapy for acute ischemic stroke with internal carotid artery occlusion: a systematic review of clinical outcomes. Stroke 2012; 43: 2362-8.

日本人NVAF患者におけるNOACの有効性および安全性 メタ解析

結論日本人の非弁膜症性心房細動(NVAF)患者における脳卒中および全身性塞栓症予防において,非ビタミンK拮抗経口抗凝固薬(NOAC)はwarfarinにくらべ,より有効であった。
対象
文献Senoo K, et al. Efficacy and Safety of Non-Vitamin K Antagonist Oral Anticoagulants vs. Warfarin in Japanese Patients With Atrial Fibrillation. Circ J 2015; 79: 339-45.

脳梗塞患者に対する血管内治療 メタ解析

結論脳卒中治療の高度なシステムを備えた施設において,前方循環,大血管閉塞による脳梗塞患者に対する血管内治療は,標準治療にくらべ,安全性を犠牲にすることなく機能的転帰を改善した。
対象
文献Sardar P, et al. Endovascular therapy for acute ischaemic stroke: a systematic review and meta-analysis of randomized trials. Eur Heart J 2015; 36: 2373-80.