抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ 
検索結果:62件(1−30件)

Kaegi A et al

結論慢性血液透析患者に造設したシャントにおけるsulfinpyrazone投与は血栓形成のリスクを低減させ,基礎でのエビデンスを臨床上で裏づける結果を示した。
対象慢性血液透析患者。52例。
文献Kaegi A, et al. Arteriovenous-shunt thrombosis. Prevention by sulfinpyrazone. N Engl J Med 1974; 290: 304-6.

Kallis P et al

結論CABG術前のaspirin投与は,術後の出血,出血による再手術,輸血の必要性が高まるといったリスクとの兼ね合いで決定すべきであることが示された。
対象慢性安定狭心症による待機的CABG施行例。100例。
文献Kallis P, et al. Pre-operative aspirin decreases platelet aggregation and increases post-operative blood loss-a prospective, randomised, placebo controlled, double-blind clinical trial in 100 patients with chronic stable angina. Eur J Cardiothorac Surg 1994; 8: 404-9.

KAMIR

結論薬剤溶出性ステント(DES)によるprimary冠動脈インターベンション(PPCI)を受けるST上昇型心筋梗塞(STEMI)患者において,抗血小板薬3剤併用は2剤併用に比し優れていると考えられる。
対象4203例。症状発現から24時間以内にDESによるPPCIを受けたSTEMI患者)。
文献Chen KY, et al.; Korea Acute Myocardial Infarction Registry Investigators. Triple versus dual antiplatelet therapy in patients with acute ST-segment elevation myocardial infarction undergoing primary percutaneous coronary intervention. Circulation 2009; 119: 3207-14.

KAMIR no-reflow phenomenon

結論冠動脈インターベンション(PCI)中冠動脈の血流再開がみられなかった急性心筋梗塞(AMI)患者において,3剤併用抗血小板療法は2剤併用にくらべすぐれているようであった。
対象727例。KAMIR登録患者14,885例のうち,PCI中冠動脈の血流再開がみられず,3剤または2剤抗血小板療法を実施したAMI患者。
文献Lee KH, et al.; KAMIR (Korea Acute Myocardial Infarction Registry) Investigators. Comparison of Triple Anti-Platelet Therapy and Dual Anti-Platelet Therapy in Patients With Acute Myocardial Infarction Who Had No-Reflow Phenomenon During Percutaneous Coronary Intervention. Circ J 2013; 77: 2973-81.

KAMIR triple vs. dual antiplatelet therapy

結論腎機能障害を有する急性心筋梗塞(AMI)患者において,抗血小板薬3剤併用療法は2剤併用に比し院内および短期の主要有害心イベント(MACE)を抑制したが,1年後の無再発生存率は両群間で同程度であった。
対象2,288例。2005年11月~2008年7月に入院し,退院時にAMIと診断された患者13,901例のうち,腎機能障害を有する症例。
文献Choi YH, et al.; for the Korea Acute Myocardial Infarction Registry Investigators. Triple vs. Dual Antiplatelet Therapy in Patients With Acute Myocardial Infarction and Renal Dysfunction. Circ J 2012; 76: 2405-11.

Karjalainen PP et al

結論抗凝固薬長期投与中の患者において,経皮的冠動脈形成術(PCI)は抗凝固薬を中止しなくとも過度の出血性合併症を起こさず,安全に施行できる。
対象523例。PCIを受けるwarfarin長期投与中の患者。
文献Karjalainen PP, et al. Safety of percutaneous coronary intervention during uninterrupted oral anticoagulant treatment. Eur Heart J 2008; 29: 1001-10.

Karrowni W et al

結論初回PCI(pPCI)をうけるSTEMI患者において,長期ビタミンK拮抗薬(VKA)服用は非服用にくらべ,PT-INRが≧2.0であるかどうかに関係なく,院内大出血リスク上昇と関連していた。VKA服用例ではGP IIb/IIIa受容体拮抗薬(GPI)は出血リスク上昇と関連していたが,bivalirudinはリスク低下と関連していた。
対象120,270例。STEMI患者。
文献Karrowni W, et al. Chronic vitamin K antagonist therapy and bleeding risk in ST elevation myocardial infarction patients. Heart 2015; 101: 264-70.

Kaseno K et al

結論高周波カテーテルアブレーションを受ける血栓塞栓リスクの低い心房細動患者において,dabigatran(110mg 1日2回)は安全に投与可能であり,warfarinの代替薬となる可能性が示された。
対象211例。高周波カテーテルアブレーションを施行した薬剤抵抗性の発作性/持続性心房細動患者。
文献Kaseno K, et al. Efficacy and safety of periprocedural dabigatran in patients undergoing catheter ablation of atrial fibrillation. Circ J 2012; 76: 2337-42.

Katsumura T et al

結論ticlopidineは虚血性潰瘍の治療に有効であり,慢性動脈閉塞症患者への投与が推奨される。
対象慢性動脈閉塞症。193例。
文献Katsumura T, et al. Therapeutic effect of ticlopidine, a new inhibitor of platelet aggregation, on chronic arterial occlusive diseases, a double-blind study versus placebo. Angiology 1982; 33: 357-67.

Kawabata M et al

結論抗凝固療法が行われたにもかかわらず,手技を予定された日本人非弁膜症性心房細動(NVAF)患者の2.7%に左心耳血栓が認められた。有病率は直接作用型経口抗凝固薬(DOAC)とwarfarinで同程度であった。
対象559例。待機的直流除細動,心臓手術,心房細動のカテーテルアブレーション施行に先立ち,当該期間にTEEをうけたNVAF患者連続例で,TEE施行前に3週間以上抗凝固療法をうけていた症例。
文献Kawabata M, et al. Left Atrial Appendage Thrombi Formation in Japanese Non-Valvular Atrial Fibrillation Patients During Anticoagulation Therapy - Warfarin vs. Direct Oral Anticoagulants. Circ J 2017; 81: 645-51.

Kellert L et al

結論脳梗塞患者に対する血栓溶解療法について,治療前,治療中の血圧プロトコール違反(血圧上昇)は多くみられたが,プロトコール違反の頻度,血圧値はいずれも脳内出血,症候性脳内出血の予測因子ではなかった。
対象427例。2007~2009年に血栓溶解療法静注を受けた脳梗塞患者連続例のうち,血圧データが入手できた症例。
文献Kellert L, et al. Frequency of increased blood pressure levels during systemic thrombolysis and risk of intracerebral hemorrhage. Stroke 2011; 42: 1702-6.

Kellert L et al

結論静注血栓溶解療法を受けた脳梗塞患者において,大きな血圧変動は転帰不良をもたらしたが,脳内出血/症候性脳内出血リスクは上昇させなかった。
対象427例。脳卒中データベースより抽出された,2007~2009年にrtPA静注を受けた連続症例。
文献Kellert L, et al. Blood Pressure Variability after Intravenous Thrombolysis in Acute Stroke Does Not Predict Intracerebral Hemorrhage but Poor Outcome. Cerebrovasc Dis 2011; 33: 135-40.

Kereiakes DJ et al 1996

結論高リスクの冠動脈形成術施行患者において,tirofiban 10μg/kgボーラス+0.10μg/kg/分静注投与により,急速・強力な血小板凝集阻害作用が得られ,出血リスクも増大させなかったことから,本用量の安全性と忍容性の高さが示された。tirofibanによる術後の虚血性合併症に対する抑制効果については,より大規模な臨床試験の実施が必要である。
対象PTCA施行例。93例。
文献Kereiakes DJ, et al. Randomized, double-blind, placebo-controlled dose-ranging study of tirofiban (MK-383) platelet IIb/IIIa blockade in high risk patients undergoing coronary angioplasty. J Am Coll Cardiol 1996; 27: 536-42.

Kereiakes DJ et al 2001

結論経皮的冠動脈インターベンション(PCI)施行の非ST上昇急性冠症候群(ACS)患者において,dalteparin 60IU/kg静注+abciximab併用投与は安全かつ有効であることが明らかにされた。
対象非ST上昇のACSによるPCI施行予定例。107例。
文献Kereiakes DJ, et al. Dalteparin in combination with abciximab during percutaneous coronary intervention. Am Heart J 2001; 141: 348-52.

Khaja F et al

結論streptokinase(SK)投与はプラセボに比し再灌流に有効であるが,冠動脈血流回復による左室機能の改善効果は認められなかった。
対象AMI。40例。
文献Khaja F, et al. Intracoronary fibrinolytic therapy in acute myocardial infarction: Report of a prospective randomized trial. N Engl J Med 1983; 308: 1305-11.

Kim BJ et al

結論虚血性脳卒中患者に対する低用量alteplaseのストラテジーは,その有効性および安全性について,標準用量治療と同程度の結果であった。
対象1,526例。当該期間に,発症から4.5時間以内に入院した虚血性脳卒中患者で,神経画像で虚血病変が確認され,alteplase静注をうけた症例。
文献Kim BJ, et al. Low-Versus Standard-Dose Alteplase for Ischemic Strokes Within 4.5 Hours: A Comparative Effectiveness and Safety Study. Stroke 2015; 46: 2541-8.

Kim TH et al

結論warfarinを開始した非弁膜症性心房細動患者において,heparinブリッジングは脳卒中予防のベネフィットはなく,出血が増加した。本結果より,開始時期のheparinブリッジングは考慮すべきでないと示唆された。
対象5,327例。心房細動の診断により来院かつ/または入院し,warfarinを開始した患者。
文献Kim T, et al. Heparin bridging in warfarin anticoagulation therapy initiation could increase bleeding in non-valvular atrial fibrillation patients: a multicenter propensity-matched analysis. J Thromb Haemost 2015; 13: 182-90.

Kim WJ et al

結論抗血小板薬前投与が脳卒中重症度に及ぼす影響は脳卒中のメカニズムにより異なり,少なくとも大血管アテローム硬化では重症度を低下させる。
対象1622例。発症後1週間以内に入院した急性虚血性脳卒中患者連続例で,脳卒中病型が大血管アテローム硬化,小血管閉塞,心原性脳塞栓症の者。
文献Kim WJ, et al. Differential effect of previous antiplatelet use on stroke severity according to stroke mechanism. Stroke 2010; 41: 1200-4.

Kimura K et al

結論虚血性脳卒中患者におけるtPA静注前の臨床因子,MRI所見のうち,静注1時間後の再開通の独立阻害因子はT2*強調画像でのM1 susceptibility vessel signのみであった。
対象132例。2006年10月~2011年3月,発症から3時間以内にtPA静注を受けた前方循環虚血性脳卒中患者連続例。
文献Kimura K, et al. Clinical and MRI predictors of no early recanalization within 1 hour after tissue-type plasminogen activator administration. Stroke 2011; 42: 3150-5.

Knudsen JB et al

結論本試験から,ticlopidineは正常な止血機序に影響を与えることなく,血小板および凝固機能を阻害することにより,より優れた効果が得られることが示唆された。
対象AMI。連続した43例。
文献Knudsen JB, et al. The effect of ticlopidine on platelet functions in acute myocardial infarction. A double blind controlled trial. Thromb Haemost 1985; 53: 332-6.

Kobayashi K et al

結論慢性血液透析患者のシャントおよびグラフトにおける血栓形成の予防に対し,ticlopidineの臨床上の有効性と安全性が示された。
対象尿毒症による慢性血液透析患者。107例。
文献Kobayashi K, et al. Antithrombotic therapy with ticlopidine in chronic renal failure patients on maintenance hemodialysis--a multicenter collaborative double blind study. Thromb Res 1980; 20: 255-61.

Koch KC et al

結論血小板GP IIb/IIIa受容体拮抗薬の投与により,経皮経管的回転性動脈硬化切除術(PTRA)施行中の一過性低灌流の発生率,拡がり,その程度が抑制された。したがって,PTRA誘発性の低灌流において,血小板凝集が重要な役割を果たすことが示唆された。
対象PTRA施行予定例。連続した75例。
文献Koch KC, et al. Influence of a platelet GPIIb/IIIa receptor antagonist on myocardial hypoperfusion during rotational atherectomy as assessed by myocardial Tc-99m sestamibi scintigraphy. J Am Coll Cardiol 1999; 33: 998-1004.

Kohler TR et al

結論術後のaspirin+dipyridamole併用投与による,PTFEまたは静脈の鼡径下部バイパスグラフト開存性の改善は認められなかった。
対象末梢動脈バイパスグラフト術施行例。100例(102グラフト)。
文献Kohler TR, et al. Effect of aspirin and dipyridamole on the patency of lower extremity bypass grafts. Surgery 1984; 96: 462-6.

Komatsu T et al

結論抗血小板薬を投与されている患者に対して侵襲的内視鏡術を実施する場合,直前の投薬中断期間はaspirin投与において3日間,ticlopidine投与において5日間,aspirin+ticlopidine投与において7日間で十分であることが示された。
対象11例。年齢範囲19-29歳。健常男性(出血傾向なし,薬剤に対するアレルギーなし,胃潰瘍/十二指腸潰瘍の既往または家族歴なし,末梢血管試験正常)。
文献Komatsu T, et al. Study for determination of the optimal cessation period of therapy with anti-platelet agents prior to invasive endoscopic procedures. J Gastroenterol 2005; 40: 698-707.

Kooistra HA et al

結論抗凝固療法の適応と考えられる患者の臨床データより,80歳以上におけるビタミンK拮抗薬(VKA)による出血リスクの上昇はわずかであったものの,血栓症リスクは顕著に上昇した。
対象3,313例。当該期間に治療(すべてVKA投与)をうけた90歳以上の患者全例(1,109例),ならびに年齢別にマッチングさせた患者。
文献Kooistra HA, et al. Risk of Bleeding and Thrombosis in Patients 70 Years Or Older Using Vitamin K Antagonists. JAMA Intern Med 2016; 176: 1176-83.

Korea University Stroke Registry

結論抗血小板薬の服用は初発脳卒中の重症度低下と関連しており,ベネフィットが示唆された。
対象3,025例。当該期間)に虚血性脳卒中のため入院した患者をKorea University Stroke Registryに登録。本解析ではこのうち,発作から5日以内に入院した初発の症候性虚血性脳卒中患者を対象とした。
文献Jung JM, et al. Prestroke antiplatelet agents in first-ever ischemic stroke: clinical effects. Neurology 2015; 84: 1080-9.

Koretsune Y et al

結論重度腎不全(SRI)を合併する日本人の非弁膜症性心房細動(NVAF)患者において,edoxaban 15mg 1日1回12週投与は,腎機能正常または軽度低下例における30mgまたは60mg 1日1回投与と比較し,同様の安全性および血漿濃度,バイオマーカープロファイルを示した。
対象93例。20歳以上,過去12ヵ月間にNVAFが客観的に確認され,抗凝固療法の適応とされる患者。
文献Koretsune Y, et al. Short-Term Safety and Plasma Concentrations of Edoxaban in Japanese Patients With Non-Valvular Atrial Fibrillation and Severe Renal Impairment. Circ J 2015; 79: 1486-95.

Kosiuk J et al

結論周術期にdabigatranを投与された患者における出血合併症の発症率および重症度は,warfarin投与継続患者にくらべ低い可能性がある。周術期合併症および至適経口抗凝固療法のプロトコールについて,更なる検討が必要である。
対象236例。当該期間中,周術期にdabigatranを投与されたCRD植込み症例118例+性別,年齢,手技の特徴,CHA2DS2-VAScスコア構成項目を合致させたwarfarin継続症例118例。
文献Kosiuk J, et al. Comparison of dabigatran and uninterrupted warfarin in patients with atrial fibrillation undergoing cardiac rhythm device implantations. Circ J 2014; 78: 2402-7.

Koton S et al

結論一過性脳虚血発作(TIA)または脳梗塞患者において,血清尿酸値高値は,女性では急性冠動脈イベント長期リスクの独立予測因子であったが,男性では関連性は認められなかった。日常診療において,尿酸値は冠動脈イベント高リスクの女性を同定する指標として有用である。
対象2131例。UK-TIA Aspirin試験(TIAまたは軽症脳卒中患者)のうち血清尿酸値が得られた1842例+Oxford TIA試験(TIA後3ヵ月以上脳卒中を発症していない患者)のうち血清尿酸値が得られた289例。
文献Koton S, et al. Serum urate predicts long-term risk of acute coronary events in women after a transient ischaemic attack and stroke. Cerebrovasc Dis 2008; 26: 517-24.

Kretschmer G et al

結論頸動脈内膜切除術施行患者において,抗血小板療法は心臓に起因する死亡を抑制し,生存率を改善させることが示された。
対象頸動脈内膜切除術施行例。観察研究:252例,ランダム化臨床試験:66例。
文献Kretschmer G, et al. Antiplatelet treatment prolongs survival after carotid bifurcation endarterectomy. Analysis of the clinical series followed by a controlled trial. Ann Surg 1990; 211: 317-22.