抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ 
検索結果:49件(1−30件)

I.S.A.M. Study

結論急性心筋梗塞(AMI)発症後早期のstreptokinase(SK)静注開始により,梗塞部位にかかわらず,梗塞サイズの拡大が有意に抑制された。一方,21日後の死亡はSK投与により減少傾向が認められたのみであった。
対象AMI。1,741例。
文献[main] The I.S.A.M. Study Group. A prospective trial of intravenous streptokinase in acute myocardial infarction (I.S.A.M.): Mortality, morbidity, and infarct size at 21 days. N Engl J Med 1986; 314: 1465-71.

Ibrahim SA et al

結論急性肺塞栓症(PE)により入院した患者15000例において,血栓溶解療法の実施はまれであった。入院時の臨床的特徴にもとづく血栓溶解療法実施の予測的可能性が相対的に低い症例では,院内死および30日後の死亡のリスクが高かった。
対象15116例。PHC4のデータベースに登録された,2000年1月~2002年11月にPEの一次診断を受け退院した18歳以上の患者。
文献Ibrahim SA, et al. Thrombolytic therapy and mortality in patients with acute pulmonary embolism. Arch Intern Med 2008; 168: 2183-90; discussion 2191-2.

ICARO

結論内頸動脈閉塞による虚血性脳卒中患者において,血栓溶解療法は機能転帰不良を減少させた。死亡および頭蓋内出血の増加はこの臨床ベネフィットのトレードオフであった。
対象506例。治療群:発症から4.5時間以内にrtPA静注を受けた内頸動脈閉塞による虚血性脳卒中患者全例。対照群:治療群と年齢,性別,脳卒中重症度を合致させた,発症からの経過時間が4.5~12時間もしくは経過時間が不明のためrtPA静注を受けなかった患者。
文献Paciaroni M, et al. Systemic Thrombolysis in Patients With Acute Ischemic Stroke and Internal Carotid ARtery Occlusion: The ICARO Study. Stroke 2012; 43: 125-30.

ICARO-2

結論脳梗塞患者に対する血栓溶解療法について,頭蓋外内頸動脈(eICA)閉塞と有害転帰の間に関連がみられた。
対象1,898例(eICA閉塞137例+非eICA閉塞1,761例)。当該施設で発症から4.5時間以内に血栓溶解療法を行った脳梗塞患者。
文献Paciaroni M, et al. Intravenous Thrombolysis for Acute Ischemic Stroke Associated to Extracranial Internal Carotid Artery Occlusion: The ICARO-2 Study. Cerebrovasc Dis 2012; 34: 430-35.

Ichibori Y et al

結論経カテーテル大動脈弁留置術(TAVI)施行後のaspirin単独投与は,抗血小板薬2剤併用療法(DAPT)にくらべ,安全性ベネフィットは大きく,弁機能は同程度であった。これらの結果より,TAVI施行例に対するaspirin単独投与は容認できるレジメンであることが示唆された。
対象144例。当該期間にバルーン拡張型デバイスを用いたTAVIを施行された,重篤なnative大動脈弁狭窄症患者連続例。
文献Ichibori Y, et al. Clinical Outcomes and Bioprosthetic Valve Function After Transcatheter Aortic Valve Implantation Under Dual Antiplatelet Therapy vs. Aspirin Alone. Circ J 2017; : .

ICTUS

結論至適薬物療法を受けた心筋トロポニンT値上昇を伴う非ST上昇型急性冠症候群(ACS)患者において,早期侵襲的治療の有効性は選択的侵襲的治療と同程度であった。
対象1200例。以下のすべての項目を満たす18-80歳の患者:(1)直近の発作から24時間以内の進行性または安静時発症の虚血症状,(2)心筋トロポニンT値上昇,(3)心電図による虚血変化または冠動脈疾患の既往。
文献de Winter RJ, et al., Invasive versus Conservative Treatment in Unstable Coronary Syndromes (ICTUS) Investigators Early invasive versus selectively invasive management for acute coronary syndromes. N Engl J Med 2005; 353: 1095-104.

ICTUS 5-year outcomes

結論心筋トロポニンT値上昇がみられる非ST上昇型急性冠症候群(NSTE-ACS)患者において,死亡または心筋梗塞(MI)抑制についての早期侵襲的治療のベネフィットは認められなかった。
対象1200例。年齢18~80歳のNSTE-ACS患者で,下記の基準を満たす症例:安静時あるいは悪化している虚血症状から24時間以内;心筋トロポニンT値上昇;冠動脈造影所見により評価された虚血性変化,または確診された冠動脈疾患既往のいずれか。
文献Damman P, et al., ICTUS Investigators 5-year clinical outcomes in the ICTUS (Invasive versus Conservative Treatment in Unstable coronary Syndromes) trial a randomized comparison of an early invasive versus selective invasive management in patients with non-ST-segment elevation acute coronary syndrome. J Am Coll Cardiol 2010; 55: 858-64.

Illan-Gala I et al

結論脳卒中発症時(入院時)の抗凝固療法の治療強度(INR>2)は心原性脳塞栓症重症度の低減と,脳卒中発症前の抗凝固療法は転帰良好と関連していた。本研究では,抗凝固療法の血栓溶解療法への治療反応性との関連はみられなかった。
対象475例。症状発現後72時間以内に脳卒中ユニットに入院した急性脳梗塞連続患者のうち,>18歳,発症前に機能的に自立している(mRS<2),心原性脳塞栓症の症例。
文献Illán-Gala I, et al. Effect of anticoagulation on cardioembolic stroke severity, outcomes and response to intravenous thrombolysis. J Thromb Thrombolysis 2016; 42: 99-106.

IMPACT

結論除細動器留置患者において,遠隔的に検出された心房性頻脈性不整脈にもとづく抗凝固療法の早期開始および中止は,血栓塞栓症および出血を予防しなかった。
対象2,718例。ICDまたはCRT-Dを留置された,CHADS2スコア≧1,抗凝固療法に忍容性のある患者。
文献Martin DT, et al.; IMPACT Investigators. Randomized trial of atrial arrhythmia monitoring to guide anticoagulation in patients with implanted defibrillator and cardiac resynchronization devices. Eur Heart J 2015; 36: 1660-8.

IMPACT-I

結論本試験において,ルーチンおよび待機的,高リスクおよび低リスクの冠動脈インターベンション施行例におけるeptifibatide(integrelin)の有効性が示唆された。血行力学的解析から,eptifibatideの急速かつ持続性の血小板凝集抑制作用が認められたが,より高用量のボーラス投与が必要であると推測された。本治療法の有効性および安全性の評価には大規模臨床試験による検討が必要とされる。
対象待機的PTCAまたはDCA施行例。150例。
文献[main] Tcheng JE, et al for the IMPACT Investigators. Multicenter, randomized, double-blind, placebo-controlled trial of the platelet integrin glycoprotein IIb/IIIa blocker Integrelin in elective coronary intervention. Circulation 1995; 91: 2151-7.

IMPACT-II 1997

結論冠動脈インターベンション施行中のeptifibatide 135/0.5投与は,30日間の急性閉塞および虚血イベントを抑制した。eptifibatide 135/0.5投与群と135/0.75投与群間の有効性に差はみられなかったことから,適切な投与量についてはさらなる検討が必要とされる。
対象待機的および緊急PTCA施行例。4,010例。
文献[main] The IMPACT-II Investigators. Randomised placebo-controlled trial of effect of eptifibatide on complications of percutaneous coronary intervention: IMPACT-II. Integrilin to Minimise Platelet Aggregation and Coronary Thrombosis-II. Lancet 1997; 349: 1422-8.

IMPACT-II 1998

結論シースの早期抜去,静脈シースの非留置,活性化凝固時間の延長を避けるためheparin投与量の制限により,血管アクセス部位(VAS)合併症を抑制できる可能性が示された。また,eptifibatide投与による血小板凝集阻害中の早期シース抜去による抑制効果も示唆された。
対象PTCR施行例。IMPACT-II Trial中,実際に治療を実施した3,871例。
文献[substudy] Mandak JS, et al for the IMPACT II Investigators. Modifiable risk factors for vascular access site complications in the IMPACT II Trial of angioplasty with versus without eptifibatide. J Am Coll Cardiol 1998; 31: 1518-24.

IMPACT-AMI

結論血小板GP IIb/IIIa受容体拮抗薬eptifibatide(integrilin)とalteplase急速投与+aspirin+heparin静注との併用は,急性心筋梗塞(AMI)患者の再灌流および再灌流速度の改善に有効であることが示された。
対象AMI。180例。
文献[main] Ohman EM, et al for the IMPACT-AMI Investigators. Combined accelerated tissue-plasminogen activator and platelet glycoprotein IIb/IIIa integrin receptor blockade with Integrilin in acute myocardial infarction. Results of a randomized, placebo-controlled, dose-ranging trial. Circulation 1997; 95: 846-54.

IMPORTANT

結論日本人のST上昇型心筋梗塞患者において,primary PCIはインターベンション施行前の血栓溶解療法に比し長期予後が良好であり,血栓溶解療法後facilitated PCIはprimary PCIと同様に有効であった。
対象101例。急性ST上昇型心筋梗塞患者。
文献Itoh T, et al.; IMPORTANT investigators. Comparison of long-term prognostic evaluation between pre-intervention thrombolysis and primary coronary intervention: a prospective randomized trial: five-year results of the IMPORTANT study. Circ J 2010; 74: 1625-34.

IMS III

結論血管内治療およびtPA静注の併用は,tPA静注単独と同様の安全性を示し,機能転帰について有意差を示さなかった。
対象656例。18~82歳,発症から3時間以内にtPAを静注した中等度から重度の虚血性脳卒中患者。
文献Broderick JP, et al.; Interventional Management of Stroke (IMS) III Investigators. Endovascular therapy after intravenous t-PA versus t-PA alone for stroke. N Engl J Med 2013; 368: 893-903.

IN-RANGE

結論患者にとってwarfarinレジメンを適切に遵守することは実質的に難しく,不遵守により抗凝固コントロールに著明な影響がみられた。
対象136例。3施設の外来で目標INR 2.0-3.0にてwarfarin治療を開始した21歳以上の患者。年齢中央値は58.5歳。
文献Kimmel SE, et al. The influence of patient adherence on anticoagulation control with warfarin: results from the International Normalized Ratio Adherence and Genetics (IN-RANGE) Study. Arch Intern Med 2007; 167: 229-35.

INSPIRE

結論初回特発性静脈血栓塞栓症(VTE)患者のさまざまなサブグループにおいて,抗凝固療法終了後のaspirin投与は,全体の再発リスクを1/3抑制した。出血リスクは上昇しなかった。
対象1,224例。初発の特発性VTE患者(近位部DVTかつ/またはPE)で,heparinおよびwarfarin(またはそれと同等の薬剤)による初期治療(推奨期間はASPIRE:6~24ヵ月,WARFASA:6~12ヵ月)が完了した症例。
文献Simes J, et al., INSPIRE Study Investigators* (International Collaboration of Aspirin Trials for Recurrent Venous Thromboembolism) Aspirin for the Prevention of Recurrent Venous Thromboembolism: The INSPIRE Collaboration. Circulation 2014; 130: 1062-71.

INVEST impact of aspirin

結論高血圧および虚血イベント既往を有する安定冠動脈疾患(CAD)患者において,aspirinは有害心血管事象リスク低下と関連していたが,非虚血例においては,リスク低下と関連していなかった。
対象22,576例。INVEST試験対象者全例(≧50歳,臨床的に安定しており,降圧薬を必要とする外来のCAD患者)。
文献Bavry AA, et al. Impact of Aspirin According to Type of Stable Coronary Artery Disease: Insights from a Large International Cohort. Am J Med 2015; 128: 137-43.

IPSS antithrombotic treatments

結論幼児期発症動脈性虚血性脳卒中の治療法は虚血性脳卒中の病型や地理的要因により異なるが,抗凝固療法が一般に用いられていた。早期有害転帰の予測因子は動脈疾患,両側性虚血,入院時の意識レベル低値であった。
対象
文献Goldenberg NA, et al.; International Pediatric Stroke Study Group. Antithrombotic treatments, outcomes, and prognostic factors in acute childhood-onset arterial ischaemic stroke: a multicentre, observational, cohort study. Lancet Neurol 2009; 8: 1120-7.

IPSS use of alteplase

結論小児脳梗塞患者においてalteplase投与はまれであり,症状発現から治療までの時間は成人用ガイドラインの規定としばしば異なる。本解析ではalteplase関連死および症候性脳内出血は報告されなかったが,神経学的転帰不良が多くみられた。小児脳梗塞患者におけるalteplaseの用量および安全性,有効性を評価する臨床試験が求められる。
対象687例。乳児~小児の動脈性脳梗塞(動脈領域と一致し20分以上持続する急性局所神経障害,神経学的兆候と一致する動脈領域における急性梗塞であるとCTまたはMRIで確認)。
文献Amlie-Lefond C, et al.; for the International Pediatric Stroke Study. Use of alteplase in childhood arterial ischaemic stroke: a multicentre, observational, cohort study. Lancet Neurol 2009; 8: 530-6.

ISAM

結論抗凝固療法は国ごとに大幅に異なっていた。専門医による抗凝固療法の方が,かかりつけ医に比し目標国際標準比(INR)を長期間維持できた。医師の指示は治療過多よりは治療不十分となる傾向がみられ,また一部では治療記録が不十分(目標INRが不明など)であった。
対象1511例(横断解析は1445例,患者ベース解析は1384例)。12ヵ月の試験期間中に脳卒中予防を目的として連続した60日以上にわたりwarfarin(または他のVKAs)を投与された18歳以上の慢性NVAF患者。
文献Ansell J, et al. Descriptive analysis of the process and quality of oral anticoagulation management in real-life practice in patients with chronic non-valvular atrial fibrillation: the international study of anticoagulation management (ISAM). J Thromb Thrombolysis 2007; 23: 83-91.

ISAR

結論冠動脈ステント植込み施行患者において,抗血小板療法ticlopidine+aspirin併用は抗凝固薬による従来治療に比し心イベント,出血性および血管性合併症を有意に抑制することが示された。
対象冠動脈ステント植込み成功例。517例。
文献Schömig A, et al. A randomized comparison of antiplatelet and anticoagulant therapy after the placement of coronary-artery stents. N Engl J Med 1996; 334: 1084-9.

ISAR-ASPI Registry

結論PCI施行から1年の間,施行前に測定されたaspirin投与中の高い血小板反応性(HAPR)は,死亡またはステント血栓症リスク上昇と関連していた。
対象7,090例。aspirin前投与をうけた,PCIを施行する冠動脈疾患患者連続例。
文献Mayer K, et al. Aspirin Treatment and Outcomes After Percutaneous Coronary Intervention: Results of the ISAR-ASPI Registry. J Am Coll Cardiol 2014; 64: 863-71.

ISAR-REACT 3

結論clopidogrel前治療後に経皮的冠動脈形成術(PCI)施行を受けた安定または不安定狭心症患者において,bivalirudinは未分画heparin(UFH)に比し,正味の臨床ベネフィットはもたらさなかったが,大出血発生率は有意に減少した。
対象4570例。18歳以上;PCI施行;インターベンションの最低2時間前にclopidogrel負荷用量600mg前投与を受けた安定または不安定狭心症患者。
文献Kastrati A, et al.; ISAR-REACT 3 Trial Investigators. Bivalirudin versus unfractionated heparin during percutaneous coronary intervention. N Engl J Med 2008; 359: 688-96.

ISAR-REACT 3 bleeding and MI

結論PCI施行患者のさまざまなサブグループにおいて,bivalirudin,heparinの出血および心筋梗塞(MI)リスクについての効果は異なっていた。
対象4570例。低~中等度リスクのPCI施行患者。
文献Iijima R, et al. Profile of bleeding and ischaemic complications with bivalirudin and unfractionated heparin after percutaneous coronary intervention. Eur Heart J 2009; 30: 290-6.

ISAR-REACT 3

結論clopidogrel 600mg前投与後PCIを施行されたバイオマーカー陰性患者において,1年後の臨床転帰はbivalirudin,未分画heparinとも同等であった。
対象4570例。clopidogrel 600mg前投与の2時間以上後にPCIを施行された,バイオマーカー陰性の安定および不安定狭心症患患者。
文献Schulz S, et al.; Intracoronary Stenting and Antithrombotic Regimen: Rapid Early Action for Coronary Treatment (ISAR-REACT) 3 Trial Investigators. Bivalirudin vs. unfractionated heparin during percutaneous coronary interventions in patients with stable and unstable angina pectoris: 1-year results of the ISAR-REACT 3 trial. Eur Heart J 2010; 31: 582-7.

ISAR-REACT 3A

結論clopidogrel負荷用量投与後PCIを受けた心筋マーカー陰性の患者において,未分画heparin(UFH)100U/kg投与は歴史的対照の140U/kg投与に比し,正味の臨床ベネフィットが得られた。これは主に出血が減少したためであった。
対象2505例。ISAR-REACT 3と同一(インターベンションの2時間以上前にclopidogrel 600mg前投与された後PCI施行を受ける,心筋マーカー陰性の安定/不安定狭心症患者)。
文献Schulz S, et al.; for the Intracoronary Stenting and Antithrombotic Regimen: Rapid Early Action for Coronary Treatment (ISAR-REACT) 3A Trial Investigators. ISAR-REACT 3A: a study of reduced dose of unfractionated heparin in biomarker negative patients undergoing percutaneous coronary intervention. Eur Heart J 2010; 31: 2482-91.

ISAR-REACT 4

結論PCIを施行するST上昇型心筋梗塞(STEMI)患者において,abciximab+未分画heparin(UFH) はbivalirudin単独に比し虚血事象を抑制せず,大出血を増加させた。
対象1721例。19~80歳,48時間以内の安静時/軽度の労作時に発生した,症状が増悪する/20分以上持続する/再発する狭心症,心バイオマーカーが正常値上限を超える上昇,PCIを必要とする冠狭窄。
文献Kastrati A, et al.; the ISAR-REACT 4 Trial Investigators. Abciximab and Heparin versus Bivalirudin for Non-ST-Elevation Myocardial Infarction. N Engl J Med 2011; 365: 1980-9.

ISAR-SAFE

結論本試験はイベント発生率が低かったことを特徴とし,薬剤溶出性ステント(DES)留置後のclopidogrel投与期間(6ヵ月,12ヵ月)による有意差を認めなかった。しかし,本結果は早期に終了したこと,イベント発生率が予測より低かったことを考慮すべきである。
対象4,005例。冠動脈疾患の症状や兆候のためDES留置後clopidogrelを6(-1/+2)ヵ月投与された患者(当該PCI施行時ACS患者も含む)。
文献Schulz-Schüpke S, et al.; Intracoronary Stenting and Antithrombotic Regimen: Safety And EFficacy of 6 Months Dual Antiplatelet Therapy After Drug-Eluting Stenting (ISAR-SAFE) Trial Investigators. ISAR-SAFE: a randomized, double-blind, placebo-controlled trial of 6 vs. 12 months of clopidogrel therapy after drug-eluting stenting. Eur Heart J 2015; 36: 1252-63.

ISAR-SWEET

結論clopidogrel 600mgを前投与し,待機的経皮的冠動脈形成術(PCI)を施行した糖尿病患者において,abciximabは死亡および心筋梗塞(MI)を抑制しなかったが,ベアメタルステント植込み例では再狭窄リスクを低下させた。
対象701例。冠動脈疾患を合併している糖尿病患者で,インターベンションの最低2時間前にclopidogrel 600mg前投与を受けたnative血管への待機的PCI施行例。
文献Mehilli J, et al., Intracoronary Stenting and Antithrombotic Regimen: Is Abciximab a Superior Way to Eliminate Elevated Thrombotic Risk in Diabetics (ISAR-SWEET) Study Investigators Randomized clinical trial of abciximab in diabetic patients undergoing elective percutaneous coronary interventions after treatment with a high loading dose of clopidogrel. Circulation 2004; 110: 3627-35.