抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ 
検索結果:54件(1−30件)

HAEST subanalysis

結論急性脳梗塞/心房細動合併患者において,dalteparin投与の方がaspirinに比し臨床アウトカムを改善するようなサブグループは同定されなかった。3ヵ月後の転帰不良に関する予測因子は,加齢,脳卒中の重症度,C反応性蛋白,プロトロンビンF1+2であった。
対象431例。急性脳梗塞/心房細動合併患者。
文献O'Donnell MJ, et al. Are there patients with acute ischemic stroke and atrial fibrillation that benefit from low molecular weight heparin? Stroke 2006; 37: 452-5.

Hagii J et al

結論rivaroxaban関連脳内出血は大出血リスクが高い患者で発症したが,warfarin関連脳内出血に比べ血腫が小さく,血腫拡大はみられず,機能転帰は良好で生存率も高かった。
対象585例。脳内出血のため入院した患者。
文献Hagii J, et al. Characteristics of intracerebral hemorrhage during rivaroxaban treatment: comparison with those during warfarin. Stroke 2014; 45: 2805-7.

Hallevi H et al

結論ヒューストン動脈内血栓溶解療法(HIAT)スコアは,再開通症例においてもIAT後の転帰不良の可能性を評価する。同スコアは患者コホートの比較や臨床試験の結果を評価する際に有用である。
対象190例+検証コホート175例。UTHにて1998-2007年にIATを受けた脳卒中患者。 検証コホートは,UCLAにて1992年7月-2007年12月に症状発現から8時間以内にIATを受けた患者。
文献Hallevi H, et al.; UCLA Intra-Arterial Therapy Investigators. Identifying patients at high risk for poor outcome after intra-arterial therapy for acute ischemic stroke. Stroke 2009; 40: 1780-5.

Hansen ML et al

結論心房細動患者ではしばしばwarfarin,aspirin,clopidogrelが併用投与されるが,併用投与はこれまで認知されていたよりも高く非致死性/致死性出血リスクを上昇させた。特にwarfarin+clopidogrel併用,3剤併用はwarfarin単独に比し出血リスクを3倍超に上昇させた。
対象
文献Hansen ML, et al. Risk of bleeding with single, dual, or triple therapy with warfarin, aspirin, and clopidogrel in patients with atrial fibrillation. Arch Intern Med 2010; 170: 1433-41.

Harenberg J et al

結論心房細動(AF)患者に対する低分子量heparin1日1回皮下投与は,動脈性塞栓症の発症を1/3に抑制し,かつ6ヵ月間の投与による有害事象は認められなかった。
対象慢性非リウマチ性AF。連続した75例。
文献Harenberg J, et al. Prophylaxis of embolic events in patients with atrial fibrillation using low molecular weight heparin. Semin Thromb Hemost 1993; 19 Suppl 1: 116-21.

Harjola P-T et al

結論末梢動脈再建術施行例における抗血栓療法としてのaspirin+dipyridamole併用投与の有効性が示された。
対象末梢動脈再建術施行例。364例。
文献Harajola PT, et al. Prevention of early reocclusion by dipyridamole and ASA in arterial reconstructive surgery. J Cardiovasc Surg (Torino) 1981; 22: 141-4.

Harker LA et al

結論aspirin+dipyridamoleの併用は,頸動脈内膜切除術後の再狭窄を抑制せず,逆にリスクを増加させる可能性が示唆された。
対象重度の頸動脈狭窄による頸動脈内膜切除術施行例。163例(175病変)。
文献Harker LA, et al. Failure of aspirin plus dipyridamole to prevent restenosis after carotid endarterectomy. Ann Intern Med 1992; 116: 731-6.

Harrington RA et al

結論aspirinおよびheparinへのeptifibatide(integrelin)併用は重篤な出血性イベントを増加させず,安全な待機的冠動脈インターベンションの施行が可能であった。eptifibatideはインターベンション施行中において急速で強力な血小板凝集阻害作用を有するため,PTCA施行における虚血性合併症の抑制に有効であることが示唆された。
対象待機的PTCA施行例。73例。
文献Harrington RA, et al. Immediate and reversible platelet inhibition after intravenous administration of a peptide glycoprotein IIb/IIIa inhibitor during percutaneous coronary intervention. Am J Cardiol 1995; 76: 1222-7.

HART 1990

結論rt-PAによる血栓溶解療法後の冠動脈開存率は,低用量aspirin(経口)よりもheparin静注投与のほうが有効であることが示された。
対象血栓溶解療法施行後のAMI。205例。
文献[main] Hsia J, et al for the Heparin-Aspirin Reperfusion Trial (HART) Investigators. A comparison between heparin and low-dose aspirin as adjunctive therapy with tissue plasminogen activator for acute myocardial infarction. N Engl J Med 1990; 323: 1433-7.

HART 1992

結論rt-PAによる血栓溶解療法後の効果的なheparin静注により,冠動脈の開存性が維持されることが示された。
対象AMI。205例。
文献[substudy] Hsia J, et al for the HART Investigators. Heparin-induced prolongation of partial thromboplastin time after thrombolysis: relation to coronary artery patency. J Am Coll Cardiol 1992; 20: 31-5.

Hart R et al

結論BMIはwarfarin投与の評価や管理に関する,臨床的に重要な因子であることが示唆された。大出血とBMIの関連については,本解析で示された肥満とCYP4F2*3の関連も含め,今後さらに検討すべきである。
対象570例。Group Health登録患者より同定された,18歳以上,warfarin投与中に大出血が発現した患者および対照患者。
文献Hart R, et al. Impact of Body Mass Index and Genetics on Warfarin Major Bleeding Outcomes in a Community Setting. Am J Med 2017; 130: 222-8.

Hart RG et al

結論一過性脳虚血発作(TIA)を合併する心房細動患者における続発性脳梗塞の長期リスクは,脳梗塞既往合併の心房細動患者に比しては低いが,aspirinを投与してもリスクは依然高い。脳梗塞再発予防のためには,TIA,脳梗塞既往のいずれにおいても,脳虚血発症の時期にかかわらず,用量調整warfarinが有効である。
対象834例(TIA 222例+脳梗塞既往551例+両方61例)。
文献Hart RG, et al. Transient ischemic attacks in patients with atrial fibrillation: implications for secondary prevention: the European Atrial Fibrillation Trial and Stroke Prevention in Atrial Fibrillation III trial. Stroke 2004; 35: 948-51.

Harter HR et al

結論低用量aspirin(160mg/日)は血液透析患者に対する抗血栓療法として有効であり,かつ安全であることが示された。
対象慢性血液透析患者。44例。
文献Harter HR, et al. Prevention of thrombosis in patients on hemodialysis by low-dose aspirin. N Engl J Med 1979; 301: 577-9.

HAS

結論PTCA施行の不安定狭心症患者へのhirulog投与は,虚血性合併症予防において高用量heparinと同等の効果を有し,出血リスクを抑制することが示された。心筋梗塞(MI)後の狭心症患者に対するhirulog投与は,heparinに比し早期の虚血性合併症を抑制したが,6ヵ月後の明白なベネフィットは認められなかった。
対象狭心症による待機的PTCA施行例。4,312例。
文献[main] Bittl JA, et al for the Hirulog Angioplasty Study Investigators. Treatment with bivalirudin (Hirulog) as compared with heparin during coronary angioplasty for unstable or postinfarction angina. N Engl J Med 1995; 333: 764-9.

Hassan WM et al

結論急性冠症候群(ACS)患者における体重補正用量のheparin投与は,標準的投与量に比較して投与開始後24時間の抗凝固作用を改善することが示された。
対象ACS。64例。
文献Hassan WM, et al. Improved Anticoagulation with a Weight-Adjusted Heparin Nomogram in Patients with Acute Coronary Syndromes: A Randomized Trial. J Thromb Thrombolysis 1995; 2: 245-9.

HAT

結論heparin誘発性血小板減少症(HIT)患者において,lepirudinの投与を開始後,新規の血栓塞栓性合併症(TEC)の発生率は低下した。大出血発生率は,ボーラス投与を避け,開始用量を0.1mg/kg/時に減量することにより低下すると思われる。
対象205例+過去の治療によるコントロール群120例。臨床検査により確認されたHITまたはHITの既往があり,非経口的抗凝固薬による治療または予防的投与が必要な18歳以上の患者。年齢中央値は治療群57-69歳,過去の治療によるコントロール群)67歳。
文献Lubenow N, et al. and Hit Investigators Group. Lepirudin in patients with heparin-induced thrombocytopenia - results of the third prospective study (HAT-3) and a combined analysis of HAT-1, HAT-2, and HAT-3. J Thromb Haemost 2005; 3: 2428-36.

HAT 1

結論わが国において,warfarin投与を受けている高齢の心房細動患者は現在のところ少ない。高齢の心房細動患者は今後増えるとされており,安全かつ適切な抗凝固療法が求められる。
対象365例。本解析の対象は,HAT 1試験参加者のうち65歳以上の心房細動患者。
文献Furusho H, et al. Current status of anticoagulation therapy for elderly atrial fibrillation patients in Japan: from Hokuriku atrial fibrillation trial. Circ J 2008; 72: 2058-61.

Heiss HW et al

結論経皮的血管形成術(PTA)成功例において,高用量aspirin(990mg/日)+dipyridamole併用は低用量aspirin(300mg/日)との併用よりも末梢血管疾患における再狭窄予防に有用であることが示され,aspirin低用量の有効性を支持する結果は得られなかった。
対象PTA成功例。199例。
文献Heiss HW, et al. Reocclusion prophylaxis with dipyridamole combined with acetylsalicylic acid following PTA. Angiology 1990; 41: 263-9.

Helft G et al

結論aspirin投与中のアテローム性動脈硬化症患者において,front-loaded法によるclopidogrelの追加投与により2時間後に有意な抗血栓効果を得られることが示唆された。本結果から,経皮的冠動脈インターベンション(PCI)施行時におけるaspirin+clopidogrel負荷投与の理論的根拠が提示された。
対象アテローム性動脈硬化症。20例。
文献Helft G, et al. Acute antithrombotic effect of a front-loaded regimen of clopidogrel in patients with atherosclerosis on aspirin. Arterioscler Thromb Vasc Biol 2000; 20: 2316-21.

Hellemons BS et al

結論一般診療での非リウマチ性心房細動(AF)患者(抗凝固薬に対する明らかな適応がない)において,low intensityまたは標準的抗凝固療法のaspirinに優る一次予防効果は示されなかった。以上から,こうしたAF患者への第一選択薬はaspirinであると考察された。
対象非リウマチ性AF。729例。
文献Hellemons BS, et al. Primary prevention of arterial thromboembolism in non-rheumatic atrial fibrillation in primary care: randomised controlled trial comparing two intensities of coumarin with aspirin. Br Med J 1999; 319: 958-64.

Helsinki Stroke Thrombolysis Registry

結論中等度~重度の虚血性脳卒中患者において,超早期血栓溶解療法は転帰良好と関連していた。治療が早いほど,転帰良好の可能性も高くなる。
対象878例。2003年1月1日~2008年12月31日の間に,発症から4.5時間以内にalteplase静注を受けた虚血性脳卒中患者連続例。
文献Strbian D, et al.; Helsinki Stroke Thrombolysis Registry Group. Ultraearly thrombolysis in acute ischemic stroke is associated with better outcome and lower mortality. Stroke 2010; 41: 712-6.

Helsinki Stroke Thrombolysis Registry

結論虚血性脳卒中患者におけるalteplaseのオフラベル使用は,年齢>80歳のみ転帰不良と関連していたが,症候性脳内出血(sICH)リスク上昇と関連していたものはなかった。
対象985例。当該施設の基準にしたがい,緊急治療室にてalteplase静注投与を受けた急性虚血性脳卒中患者連続例。
文献Meretoja A, et al. Off-label thrombolysis is not associated with poor outcome in patients with stroke. Stroke 2010; 41: 1450-8.

HELVETICA

結論PTCA施行患者において,heparin投与に比し,hirudin投与では早期の心イベント発生が有意に抑制されたが,長期投与による明らかなベネフィットは認められなかった。
対象狭心症による待機的PTCA施行例。1,154例。
文献[main] Serruys PW, et al for the Hellvetica Investigators. A comparison of hirudin with heparin in the prevention of restenosis after coronary angioplasty. N Engl J Med 1995; 333: 757-63.

Hernandez I et al

結論心房細動患者において,dabigatranはwarfarinにくらべ,解剖学的部位にかかわらず大出血リスク上昇と関連しており,消化管出血リスクが高かったが,頭蓋内出血リスクは低かった。dabigatranは,特に高リスク患者に対しては慎重に処方すべきである。
対象9,404例。Medicare受給者の2010~2011年のデータから得られた5%のランダムサンプルより,登録期間中に新規に心房細動と診断され,その2ヵ月以内にdabigatranまたはwarfarinを外来処方された患者。
文献Hernandez I, et al. Risk of Bleeding With Dabigatran in Atrial Fibrillation. JAMA Intern Med 2015; 175: 18-24.

Herner SJ et al

結論外来での静脈血栓塞栓症(VTE)発症と90日前までの入院には強い関連が認められた。また,入院中の予防的薬物療法は明らかに不足していた。
対象13132例(VTE群2190例+対照群10942例)。 [VTE群]18歳以上,2005年1月~2007年12月に外来でVTEの診断を受けたKPCOの患者。 [対照群]年齢,通院日を合致させたKPCOの会員をVTE群1例につき最大5例登録。
文献Herner SJ, et al. Evaluation of venous thromboembolism risk following hospitalization. J Thromb Thrombolysis 2011; 32: 32-9.

Hess H et al

結論閉塞性動脈硬化症の進行は,aspirin+dipyridamole併用の長期投与により遅らせることが可能であり,また併用投与はaspirin単独よりも優れることが示された。
対象末梢閉塞性動脈硬化症。240例。
文献Hess H, et al. Drug-induced inhibition of platelet function delays progression of peripheral occlusive arterial disease. A prospective double-blind arteriographically controlled trial. Lancet 1985; 1: 415-9.

Hestia Study

結論Hestia基準で外来治療を選択された肺塞栓症(PE)患者の再発リスクは低く,外来で管理可能であった。
対象297例。18歳以上;2008年5月~2010年4月に救急部または外来部を受診した,確定診断のついた急性PE患者連続例。
文献Zondag W, et al.; ON BEHALF OF THE HESTIA STUDY INVESTIGATORS. Outpatient treatment in patients with acute pulmonary embolism: the Hestia Study. J Thromb Haemost 2011; 9: 1500-7.

HIT-III

結論ベネフィット/リスク比の評価に十分なサンプルサイズは得られなかったものの,hirudin+alteplase(front-loaded投与法)+aspirinの併用投与は頭蓋内出血の発生を増加させる可能性が示された。本知見は,より高用量のhirudinを検討したGUSTO IIおよびTIMI 9 Trialの結果と一致したため,血栓溶解療法の補助としてのhirudinの治療域は従来の考えより狭いことが示唆され,再評価が望まれる。
対象AMI。302例。
文献[main, pilot] Neuhaus K-L, et al. Safety observations from the pilot phase of the randomized r-Hirudin for Improvement of Thrombolysis (HIT-III) study: A study of the Arbeitsgemeinschaft Leitender Kardiologischer Krankenhausarzte (ALKK). Circulation 1994; 90: 1638-42.

Ho CW et al

結論中国人の心房細動患者において,warfarinによる脳卒中予防のベネフィットおよび頭蓋内出血のリスクは,抗凝固療法のクオリティに密接に依存していた。TTRが高くても,warfarinはdabigatranにくらべ脳卒中および頭蓋内出血のリスクが高かった。
対象8,754例。CHA2DS2-VAScスコア≧1の心房細動患者。
文献Ho CW, et al. Ischemic Stroke and Intracranial Hemorrhage With Aspirin, Dabigatran, and Warfarin: Impact of Quality of Anticoagulation Control. Stroke 2015; 46: 23-30.

Ho PM et al

結論急性冠症候群(ACS)の治療が終了した退院患者において,clopidogrel+プロトンポンプ阻害薬(PPI)併用は,clopidogrel単独に比し有害転帰リスク上昇と相関がみられ,PPIの併用はACS後のclopidogrelのベネフィットを減弱させる可能性があることが示唆された。
対象8205例。標準的な心電図判定基準で診断されたAMI/不安定狭心症患者;2003年10月1日-2006年1月31日の間に退役軍人健康庁の医療センターを退院;退院時にclopidogrelを処方された症例。
文献Ho PM, et al. Risk of adverse outcomes associated with concomitant use of clopidogrel and proton pump inhibitors following acute coronary syndrome. JAMA 2009; 301: 937-44.