抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ 
検索結果:41件(1−30件)

FAST-MI CYP2C19 and PPI

結論最近の心筋梗塞に対しclopidogrelを投与された患者において,プロトンポンプ阻害薬(PPI)の使用はCYP2C19遺伝子型にかかわらず心血管イベントリスク,死亡率を上昇させなかった。
対象2744例。FAST-MI 登録患者3670例のうち,発症時にclopidogrel,PPI投与未経験の症例。
文献Simon T, et al. Clinical events as a function of proton pump inhibitor use, clopidogrel use, and cytochrome P450 2C19 genotype in a large nationwide cohort of acute myocardial infarction: results from the French Registry of Acute ST-Elevation and Non-ST-Elevation Myocardial Infarction (FAST-MI) registry. Circulation 2011; 123: 474-82.

FAST-MI genetic determinants

結論clopidogrel投与を受けている急性心筋梗塞(AMI)患者において,CYP2C19機能喪失型対立遺伝子を有する場合,非保有患者に比し,その後の心血管イベント発生率が高かった。この結果は経皮的冠動脈インターベンション(PCI)施行患者で特に顕著であった。
対象2208例。本解析の対象者は,FAST-MI登録患者(18歳以上,心筋壊死の血清マーカー値が正常域上限の2倍以上に上昇し,かつAMIの症状,または隣接する2つ以上の誘導における心電図上の変化を呈し,症状発現からICUへの入院までの所要時間が48時間未満の患者)のうち,clopidogrel投与を受けた症例。
文献Simon T, et al.; the French Registry of Acute ST-Elevation and Non-ST-Elevation Myocardial Infarction (FAST-MI) Investigators. Genetic Determinants of Response to Clopidogrel and Cardiovascular Events. N Engl J Med 2009; 360: 363-75.

FASTER

結論一過性脳虚血発作(TIA)または軽症脳卒中発症直後の患者において,aspirinとclopidogrelの併用は脳卒中発症リスクを減少させる可能性が示唆された。また,両薬剤併用による出血リスクは潜在的利益を消失させなかった。simvastatinの利益は認められなかった。
対象392例。40歳以上で,症状発現24時間以内(登録開始後2004年3月までは12時間以内)のNIHSS3以下の軽症脳卒中/TIA患者。5分超の麻痺または言語障害,構音障害または失語症を呈した者も対象とした。
文献Kennedy J, et al; FASTER Investigators. Fast assessment of stroke and transient ischaemic attack to prevent early recurrence (FASTER): a randomised controlled pilot trial. Lancet Neurol 2007; 6: 961-9.

FATA

結論primary経皮的冠動脈形成術(PPCI)の補助療法としてのtirofiban高用量ボーラス投与は,abciximab標準用量投与との同等性を示さなかった。
対象692例。>18歳,隣接する2つ以上の誘導で0.1mV以上のST上昇を伴う20分以上持続する胸痛,症状発現から6時間以内の入院。
文献Marzocchi A, et al.; FATA Investigators. Randomized comparison between tirofiban and abciximab to promote complete ST-resolution in primary angioplasty: results of the facilitated angioplasty with tirofiban or abciximab (FATA) in ST-elevation myocardial infarction trial. Eur Heart J 2008; 29: 2972-80.

FCSA

結論手技前に経口抗凝固療法(OAT)の一時中断を必要とする長期OAT患者の多数において,個々の血栓塞栓症リスクにあわせた低分子量heparin(LMWH)による周術期橋渡し療法は,実行可能で有効かつ安全であったが,機械弁置換患者における安全性は,完全には確立されていない。
対象1262例。抗凝固センターに紹介された外来患者で,外科的/侵襲的手技前にOATの一時中断を必要とする者。
文献Pengo V, et al.; for the Italian Federation of Centers for the Diagnosis of Thrombosis and Management of Antithrombotic Therapies (FCSA). Standardized Low-Molecular-Weight Heparin Bridging Regimen in Outpatients on Oral Anticoagulants Undergoing Invasive Procedure or Surgery: An Inception Cohort Management Study. Circulation 2009; 119: 2920-7.

Feldstein AC et al

結論warfarin/相互作用薬の同時処方に対する警告システムは,相互作用薬同時処方率をわずかに低下させた。
対象9910例。HMOの抗凝固クリニックにてwarfarinを投与されている患者。
文献Feldstein AC, et al. Reducing warfarin medication interactions: an interrupted time series evaluation. Arch Intern Med 2006; 166: 1009-15.

FIDO

結論静脈血栓塞栓症患者の早期治療において,未分画heparinの固定用量皮下投与による有効性と安全性は低分子量heparinの同投与とほぼ同じであった。また未分画heparinの投与において現在推奨されているAPTTに応じた用量調整は必須でないことが示唆された。よって未分画heparinの固定用量投与は自宅治療に適していると考えられる。
対象708例。18歳以上。新規の急性静脈血栓塞栓症患者。
文献Kearon C, et al. and Fixed-Dose Heparin (FIDO) Investigators. Comparison of fixed-dose weight-adjusted unfractionated heparin and low-molecular-weight heparin for acute treatment of venous thromboembolism. JAMA 2006; 296: 935-42.

Finci L et al

結論PTCA施行中の急性イベントおよび施行後の再狭窄抑制において,sulotrobanとプラセボの有効性に差は認められなかった。
対象PTCA施行例。107例。
文献Finci L, et al. Sulotroban during and after coronary angioplasty. A double-blind, placebo controlled study. Z Kardiol 1989; 78 Suppl 3: 50-4.

Findlay JM et al

結論頸動脈内膜切除術施行患者において,周術期のaspirin+dipyridamole併用投与は術中の脳卒中発症および頸動脈再狭窄の長期にわたるリスクを低減させることが示唆された。
対象頸動脈内膜切除術施行例。22例。
文献Findlay JM, et al. Effect of perioperative platelet inhibition on postcarotid endarterectomy mural thrombus formation. Results of a prospective randomized controlled trial using aspirin and dipyridamole in humans. J Neurosurg 1985; 63: 693-8.

FINESSE

結論ST上昇型心筋梗塞(MI)患者において,abciximab+reteplase半用量併用,またはabciximab単独を先に投与してから経皮的冠動脈形成術(PCI)を施行すると,施行直前にabciximabを投与するPCIに比し,いずれも転帰を改善しなかった。
対象2452例。心虚血の症状または徴候の発現から6時間以内,急性MIを示唆するST上昇があり,線溶療法またはPCI施行の適格性を有し,ランダム化から診断的カテーテル施行までの予定時間が1-4時間の患者。
文献Ellis SG, et al; FINESSE Investigators. Facilitated PCI in patients with ST-elevation myocardial infarction. N Engl J Med 2008; 358: 2205-17.

Fiskerstrand CE et al

結論ticlopidineは短期間におけるBrescia-Cimino動静脈フィステルの開存性を向上させることが明らかにされた。
対象慢性血液透析患者。18例。
文献Fiskerstrand CE, et al. Double-blind randomized trial of the effect of ticlopidine in arteriovenous fistulas for hemodialysis. Artif Organs 1985; 9: 61-3.

FISS-tris

結論脳主幹動脈閉塞症(LAOD)を有する急性脳卒中患者に対する低分子量heparin(LMWH)のベネフィットは,aspirinを上回らなかった。
対象353例。18-90歳でLAODが確認された,発症後48時間未満の急性虚血性脳卒中患者。平均年齢はaspirin群67.2±10.5歳,LMWH群66.7±9.8歳。
文献Wong KS, et al. and FISS-tris Study Investigators. Low-molecular-weight heparin compared with aspirin for the treatment of acute ischaemic stroke in Asian patients with large artery occlusive disease: a randomised study. Lancet Neurol 2007; 6: 407-13.

Fitzmaurice DA et al

結論warfarinによる経口抗凝固療法を受けている患者において,適切な指導のもとに実施された自己管理投与は通常ケアに代わりうる安全かつ実現可能な投与法であり,特にコントロール不良の症例において有効であった。
対象617例。12ヵ月超にわたる経口抗凝固療法を適応され,すでに6ヵ月以上warfarinを投与(目標INR2.5または3.5)された18歳以上の患者。平均年齢は自己管理群64歳,通常ケア群66歳(p=0.015)。
文献Fitzmaurice DA, et al. Self management of oral anticoagulation: randomised trial. BMJ 2005; 331: 1057.

Flaherty ML et al

結論1990年代の米国Greater Cincinnati/Northern Kentucky地域において,抗凝固薬関連脳内出血(AAICH)の発症数は4倍上昇したが,これはwarfarin使用の増加によると考えられた。1999年現在,AAICHの発症率はくも膜下出血と同程度である。
対象762例。上記調査期間中に米国Greater Cincinnati/Northern Kentuckyの病院に入院した患者,および検死を受けた患者。
文献Flaherty ML, et al. The increasing incidence of anticoagulant-associated intracerebral hemorrhage. Neurology 2007; 68: 116-21.

FLEBUS

結論一過性リスクファクターを有する静脈血栓塞栓症(VTE)初発患者におけるbemiparin 3500IU/日の3ヵ月間皮下注は,VTE再発,出血,およびその他の有害事象の発生率を低下させた。
対象352例(ITT解析),319例(PP解析)。客観的方法により診断されたDVT初発患者(PEの有無は問わない)で,VTEの一過性リスクファクターを有し,急性VTEの初期治療としてbemiparinまたは他の低分子量heparin (LMWH)の投与を7±2日間うけている18歳以上の連続患者。平均年齢は64.7±15.5歳。
文献Lecumberri R, et al. on behalf of the FLEBUS investigators. Fixed-dose low-molecular-weight heparin, bemiparin, in the long-term treatment of venous thromboembolism in patients with transient risk factors in standard clinical practice: the FLEBUS study. J Thromb Haemost 2006; 4: 2504-8.

Flurbiprofen French Trial

結論flurbiprofenは冠動脈再灌流後の再梗塞の予防と血管形成術の再施行抑制に有効であることが示され,本効果はaspirinを上回る可能性が示唆された。
対象AMI後の血栓溶解療法/血管形成術成功例。464例。
文献Brochier ML Evaluation of flurbiprofen for prevention of reinfarction and reocclusion after successful thrombolysis or angioplasty in acute myocardial infarction. The Flurbiprofen French Trial. Eur Heart J 1993; 14: 951-7.

Flynn RW et al

結論脳内出血後の抗血小板薬処方は多くみられた。脳内出血患者において,続発性虚血性脳卒中または心筋梗塞は脳内出血再発より多かった。抗血小板療法は臨床上意味のある影響を及ぼしていないようであった。禁忌であるにもかかわらず,抗血小板薬使用は脳内出血再発の主要なハザードではない。
対象417例。試験期間中にX線で確認された脳内出血初発患者。
文献Flynn RW, et al. Prescribing antiplatelet medicine and subsequent events after intracerebral hemorrhage. Stroke 2010; 41: 2606-11.

FONDACAST

結論長期固定化を必要とする,静脈血栓塞栓症(VTE)の追加的リスクを有する膝下外傷患者における血栓症予防について,fondaparinuxはnadroparinより有益な治療の選択肢である可能性が示唆された。
対象
文献Samama C, et al., The FONDACAST Study Group Comparison of fondaparinux with low-molecular-weight heparin for VTE prevention in patients requiring rigid or semi-rigid immobilization for isolated non-surgical below-knee injury. J Thromb Haemost2013; 11: 1833-43.

FONDAIR

結論従来の静脈血栓塞栓症(VTE)リスクに加え中等度~重度の腎機能障害を有する患者は,非常に高齢で,VTEと出血の両方のリスクが高かった。低用量fondaparinuxはこのような患者に対し安全かつ比較的有効と考えられた。
対象206例。急性期のうっ血性心不全,慢性肺疾患を認める急性呼吸器疾患,急性感染症/炎症性疾患で,4日以上の病臥が見込まれる60歳以上の患者で,クレアチニンクリアランス20~50mL/分の症例。
文献Ageno W, et al.; The FONDAIR study group. Safety and efficacy of low dose fondaparinux (1.5 mg) for the prevention of venous thromboembolism in acutely ill medical patients with renal impairment. The FONDAIR study. J Thromb Haemost 2012; 10: 2291-7.

Fontan Anticoagulation Study

結論フォンタン手術後の2年間の血栓症予防効果について,warfarinとaspirinは同等であった。両群における血栓症発生率は十分抑制されているとは言い難く,代替アプローチを考慮すべきである。
対象111例。フォンタン手術施行予定患者。
文献Monagle P, et al.; Fontan Anticoagulation Study Group. A multicenter, randomized trial comparing heparin/warfarin and acetylsalicylic acid as primary thromboprophylaxis for 2 years after the Fontan procedure in children. J Am Coll Cardiol 2011; 58: 645-51.

FORI

結論卵円孔開存(PFO)を有する脳卒中患者の再発予防において,経皮的PFO閉鎖は薬物療法に比し優れているようであった。周術期合併症はこのベネフィットの代償であった。
対象238例。55歳未満で,診断精密検査でPFOが判明した原因不明の軽症虚血性脳卒中初発患者またはTIA患者連続例。
文献Paciaroni M, et al. Risk of Recurrent Cerebrovascular Events in Patients with Cryptogenic Stroke or Transient Ischemic Attack and Patent Foramen Ovale: The FORI (Foramen Ovale Registro Italiano) Study. Cerebrovasc Dis 2010; 31: 109-16.

Fornaro G et al

結論塞栓イベントのリスクが高い心疾患患者において,indobufenは虚血イベントの発生を抑制する可能性が示唆された。
対象慢性NVAFなどの塞栓イベント高リスク症例。196例。
文献Fornaro G, et al. Indobufen in the prevention of thromboembolic complications in patients with heart disease. A randomized, placebo-controlled, double-blind study. Circulation 1993; 87: 162-4.

FOTO

結論下肢関節形成術施行患者において,症候性静脈血栓塞栓症(VTE)発症率は低かったものの,血栓症予防療法は改善する必要があり,それは特に膝関節形成術施行患者において顕著であった。
対象1080例。primary待機的人工股関節(679例)/膝関節(396例)全置換術のため入院した18歳以上の患者。
文献Samama CM, et al. Epidemiology of venous thromboembolism after lower limb arthroplasty: the FOTO study. J Thromb Haemost 2007; 5: 2360-7.

FRAMI

結論前壁急性心筋梗塞(AMI)患者に対する低分子量heparinであるdalteparin投与は,左室血栓形成を有意に抑制したが,出血リスクを増加させた。
対象AMI。776例。
文献[main] Kontny F, et al on behalf of the FRAMI Study Group. Randomized trial of low molecular weight heparin (dalteparin) in prevention of left ventricular thrombus formation and arterial embolism after acute anterior myocardial infarction: the Fragmin in Acute Myocardial Infarction (FRAMI) Study. J Am Coll Cardiol 1997; 30: 962-9.

FRAX.I.S

結論急性不安定狭心症または非Q波心筋梗塞(MI)患者に対するnadroparinの短期(6日)投与と未分画heparinの有効性と安全性は同等であり,nadroparin長期投与による臨床ベネフィットの増加は認められなかった。
対象不安定狭心症または非Q波MI。3,468例。
文献[main] The FRAX.I.S. Study Group. Comparison of two treatment durations (6 days and 14 days) of a low molecular weight heparin with a 6-day treatment of unfractionated heparin in the initial management of unstable angina or non-Q wave myocardial infarction: FRAX.I.S. (FRAxiparine in Ischaemic Syndrome). Eur Heart J 1999; 20: 1553-62.

FREEDOM DAPT vs. aspirin monotherapy

結論冠動脈バイパス術(CABG)をうけた糖尿病患者において,術後の抗血小板薬2剤併用療法(DAPT)施行率は高かった。DAPT群の心血管または出血転帰はaspirin単独群と同程度であった。この結果より,DAPTのルーチン的使用は臨床的に必要ではないかもしれないことが示唆された。
対象795例。FREEDOM試験のうち,CABGに割付けられた症例。
文献van Diepen S, et al. Dual Antiplatelet Therapy Versus Aspirin Monotherapy in Diabetics With Multivessel Disease Undergoing CABG: FREEDOM Insights. J Am Coll Cardiol 2017; 69: 119-27.

Friberg L et al

結論発作性心房細動(AF)患者における脳梗塞発症率は永続性AFにおけるそれと同程度,また一般人口の2倍であったにもかかわらず,発作性AF患者は永続性AF患者ほど抗凝固療法を受けていない。
対象1981例。2002年の1年間,入院中または外来にてAF/心房粗動と診断された患者。
文献Friberg L, et al. Stroke in paroxysmal atrial fibrillation: report from the Stockholm Cohort of Atrial Fibrillation. Eur Heart J 2010; 31: 967-75.

FRIC

結論不安定狭心症または非Q波心筋梗塞(MI)患者の急性期治療において,低分子量heparin(LMWH)の1日2回(240IU/kg/日)皮下投与は未分画heparin投与の代用となる可能性が示唆された。一方,本試験よりも低用量のLMWHはaspirin単独投与(75mg~165mg/日)より有効であることは示されなかった。
対象不安定狭心症または非Q波MI。1,482例。
文献[main] Klein W, et al for the FRIC Investigators. Comparison of low-molecular-weight heparin with unfractionated heparin acutely and with placebo for 6 weeks in the management of unstable coronary artery disease: Fragmin in unstable coronary artery disease study (FRIC). Circulation 1997; 96: 61-8.

Friedman HZ et al

結論PTCA成功後にheparin持続静注を施行しなくとも,患者のリスクを増大させることなく出血性合併症の発症を抑制した。適切な患者選択と治療の実施により,早期の退院とコスト抑制が可能であることが示唆された。
対象安定狭心症による待機的PTCA施行例。284例。
文献Friedman HZ, et al. Randomized prospective evaluation of prolonged versus abbreviated intravenous heparin therapy after coronary angioplasty. J Am Coll Cardiol 1994; 24: 1214-9.

Friedrich B et al

結論血栓溶解療法をうけた中大脳動脈閉塞の脳卒中患者において,Carotid T中心点(中大脳動脈・前大脳動脈・頭蓋内頸動脈分岐部の交叉点)から血栓までの距離は臨床転帰の独立予測因子であった。血栓までの距離が<16mmの場合,血栓溶解療法後の転帰良好の可能性は<50%であった。
対象136例。当該期間に治療をうけた,CT血管造影で中大脳動脈領域に血管閉塞を確認,治療用量の血栓溶解薬静注を完了,臨床経過の記録がある,頭蓋内の他の領域にも頸部の血管にも血管障害のない患者。
文献Friedrich B, et al. Distance to thrombus in acute middle cerebral artery occlusion: a predictor of outcome after intravenous thrombolysis for acute ischemic stroke. Stroke 2015; 46: 692-6.