抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ 
検索結果:100件(1−30件)

E6010 Study

結論E6010単回ボーラス静注は,native t-PAに比較して梗塞関連動脈の早期再開通率が高く,致死性の出血性合併症も増加させなかった。
対象AMI。211例。
文献Kawai C, et al on behalf of the E6010 Study Group. A prospective, randomized, double-blind multicenter trial of a single bolus injection of the novel modified t-PA E6010 in the treatment of acute myocardial infarction: comparison with native t-PA. J Am Coll Cardiol 1997; 29: 1447-53.

EAFT 1993

結論一過性脳虚血発作(TIA)または軽症脳梗塞既往を有する非リウマチ性心房細動(AF)患者において,抗凝固療法は血管イベントの再発予防に有効である。抗凝固療法群の血管イベント(主に脳卒中)抑制は90件/1,000人・年であり,aspirinは安全性は高いが,イベント抑制は40件/1,000人・年であった。
対象一過性脳虚血発作または軽症脳梗塞発症後の非リウマチ性AF。1,007例。
文献[main] EAFT (European Atrial Fibrillation Trial) Study Group. Secondary prevention in non-rheumatic atrial fibrillation after transient ischaemic attack or minor stroke. Lancet 1993; 342: 1255-62.

EAFT 1995

結論非リウマチ性心房細動(AF)および軽度の脳梗塞既往患者において,抗凝固療法の有効性を最大に到達させるためにはINR値3.0(2.0-3.9)を目標とし,2.0未満および5.0以上は避けるべきであることが示された。
対象EAFT Trialで抗凝固療法群にランダム化された非リウマチ性AFおよび軽度の脳梗塞既往。214例。
文献[substudy] The European Atrial Fibrillation Trial Study Group. Optimal oral anticoagulant therapy in patients with nonrheumatic atrial fibrillation and recent cerebral ischemia. N Engl J Med 1995; 333: 5-10.

EARLY

結論脳卒中発症後24時間以内の早期のaspirin+徐放性dipyridamole併用による障害予防は,7日後以降の後期併用と同様に有用かつ安全のようである。
対象543例。試験開始時の対象患者は神経学的欠損を呈した18歳以上の急性虚血性脳卒中患者としていたが,登録の遅れのため,軽症脳卒中も対象に含めることとした。
文献Dengler R, et al.; for the EARLY investigators. Early treatment with aspirin plus extended-release dipyridamole for transient ischaemic attack or ischaemic stroke within 24 h of symptom onset (EARLY trial): a randomised, open-label, blinded-endpoint trial. Lancet Neurol 2010; 9: 159-66.

EASY

結論橈骨動脈アプローチのステント施行後,合併症のない患者において,手技時のabciximabボーラス投与のみでの当日退院は,ボーラス投与+術後12時間静注後の翌日退院に比し,臨床的に劣らないことが示唆された。
対象1005例。18歳以上の橈骨動脈アプローチによるステント成功例。平均年齢は当日退院群60±10歳,翌日退院群61±10歳。
文献Bertrand OF, et al., Early Discharge After Transradial Stenting of Coronary Arteries Study Investigators. A randomized study comparing same-day home discharge and abciximab bolus only to overnight hospitalization and abciximab bolus and infusion after transradial coronary stent implantation. Circulation 2006; 114: 2636-43.

ECASS

結論脳梗塞急性期における血栓溶解療法(静注)は,中等度~重度の神経障害を有する患者および登録時CT所見で広汎梗塞徴候が認められない患者において,一部の機能および神経症状改善に有効である。しかし,CTによる早期広汎梗塞の確定は困難であり,本治療に不適当な患者への治療は出血性合併症や死亡の増加を伴うため,すべての症例に対しては推奨されない。
対象脳梗塞急性期。620例。
文献Hacke W, et al for the ECASS Study Group. Intravenous thrombolysis with recombinant tissue plasminogen activator for acute hemispheric stroke: The European Cooperative Acute Stroke Study (ECASS). JAMA 1995; 274: 1017-25.

ECASS-II blood pressure

結論血栓溶解療法を受けた急性脳梗塞患者において,7日以内の出血性変化および90日後の良好な転帰は,発症24時間以内の血圧動態と独立して関連していたが,プラセボ投与を受けた患者においては,良好な転帰のみ関連がみられた。
対象793例。ECASS-II試験の対象となった急性大脳半球虚血性脳卒中患者のうち,試験薬の投与を受けた患者。
文献Yong M, et al. Association of characteristics of blood pressure profiles and stroke outcomes in the ECASS-II trial. Stroke 2008; 39: 366-72.

ECASS-II hyperglycemia

結論脳梗塞患者において,持続性高血糖症は転帰不良と関連していた。脳卒中転帰の予測については,血糖値の単回測定に加え,変化のパターンも考慮すべきである。
対象748例。ECASS II試験(Lancet 1998;352:1245-51)対象患者(急性脳卒中患者)のうち,ベースライン時と24時間後の2回の血糖値測定を受けた患者。
文献Yong M, et al. Dynamic of hyperglycemia as a predictor of stroke outcome in the ECASS-II trial. Stroke 2008; 39: 2749-55.

ECASS III

結論脳梗塞発症3-4.5時間経過後のalteplase静注は,プラセボに比し臨床転帰を改善したが,頭蓋内出血の増加がみられた。
対象821例。18-80歳の脳梗塞患者;脳卒中の兆候が30分以上続き,治療前に改善がみられない;発症後3-4.5時間経過後に試験薬を投与。
文献Hacke W, et al; ECASS Investigators. Thrombolysis with alteplase 3 to 4.5 hours after acute ischemic stroke. N Engl J Med 2008; 359: 1317-29.

ECASS III additional outcomes

結論本論文の追加評価項目およびサブグループ解析により,欧州の投与基準を満たすが脳卒中発症後3時間以内の治療機会を逃した患者全般において,発症後4.5時間以内のalteplase静注が支持された。
対象821例。確診された急性虚血性脳卒中発症から3~4.5時間経過した18~80歳の患者。
文献Bluhmki E, et al. Stroke treatment with alteplase given 3.0-4.5 h after onset of acute ischaemic stroke (ECASS III): additional outcomes and subgroup analysis of a randomised controlled trial. Lancet Neurol 2009; 8: 1095-102.

ECLAP

結論真性赤血球増加症患者において,低用量aspirinは血栓イベントを安全に予防した。
対象518例。aspirin治療の明らかな適応も禁忌もなく,重大な合併疾患もない真性赤血球増加症患者。
文献Landolfi R, et al; European Collaboration on Low-Dose Aspirin in Polycythemia Vera Investigators. Efficacy and safety of low-dose aspirin in polycythemia vera. N Engl J Med 2004; 350: 114-24.

ECSG 1992

結論急性心筋梗塞(AMI)患者へのrt-PA+heparin併用投与は,冠動脈の開存性を改善することが示された。臨床転帰の改善に関しては,大規模臨床試験での検討を要する。
対象AMI。652例。
文献de Bono DP, et al for the European Cooperative Study Group. Effect of early intravenous heparin on coronary patency, infarct size, and bleeding complications after alteplase thrombolysis: results of a randomised double blind European Cooperative Study Group trial. Br Heart J 1992; 67: 122-8.

ECSG-RTPA

結論rt-PA投与を受けている急性心筋梗塞(AMI)患者への血管造影および緊急PTCA施行の必要性は示されなかった。
対象AMIが疑われる症例。367例。
文献Simoons ML, et al. Thrombolysis with tissue plasminogen activator in acute myocardial infarction: no additional benefit from immediate percutaneous coronary angioplasty. Lancet 1988; 1: 197-203.

ECSG-UA

結論治療抵抗性不安定狭心症患者において,abciximab+heparin+aspirin併用投与の安全性と,心筋梗塞(MI)およびインターベンション施行抑制の有効性が示された。
対象治療抵抗性不安定狭心症。60例。
文献Simoons ML, et al and the European Cooperative Study Group. Randomized trial of a GPIIb/IIIa platelet receptor blocker in refractory unstable angina. Circulation 1994; 89: 596-603.

EDO

結論非心原性脳梗塞患者において,edaravoneはozagrelに対し非劣性を示した。edaravoneはozagrelと少なくとも同等の有効性を有する。
対象401例。アテローム血栓性梗塞またはラクナ梗塞の症状発現後24時間以内に治療薬投与が可能;意識レベル(Japan Coma Scale)0~3;上肢かつ/または下肢の運動機能障害;年齢20歳以上。
文献Shinohara Y, et al. Edaravone (radical scavenger) versus sodium ozagrel (antiplatelet agent) in acute noncardioembolic ischemic stroke (EDO trial). Cerebrovasc Dis 2009; 27: 485-92.

Egholm G et al

結論薬剤溶出性ステント(DES)留置後の患者における手術施行について,術前の抗血小板薬非投与およびDES留置後1ヵ月以内の手術は,主要有害心イベント(MACE)リスク上昇と関連していた。
対象22,654例。当該期間にDES留置をうけた患者連続例。
文献Egholm G, et al. Dual anti-platelet therapy after coronary drug-eluting stent implantation and surgery-associated major adverse events. Thromb Haemost 2016; 116: 172-80.

EINSTEIN CHOICE

結論治療の継続が必要な静脈血栓塞栓症(VTE)患者において,rivaroxaban群のイベント再発リスクはaspirin群にくらべ,治療用量(20mg),予防用量(10mg)とも有意に抑制された。出血リスクは上昇しなかった。
対象3,396例。18歳以上,症候性近位部深部静脈血栓症またはPEと客観的に診断,6~12ヵ月の抗凝固療法をうけ,7日以上の治療中断のない患者。
文献Weitz JI, et al.; EINSTEIN CHOICE Investigators. Rivaroxaban or Aspirin for Extended Treatment of Venous Thromboembolism. N Engl J Med 2017; 376: 1211-22.

EINSTEIN-DVT and EINSTEIN-Extension

結論静脈血栓塞栓症(VTE)に対する急性期治療および再発予防のための延長投与において,rivaroxabanは検査値のモニターの必要がない,有効かつ安全な単剤アプローチを示した。
対象[EINSTEIN-DVT] 3449例。確診された急性症候性近位部DVT患者で,症候性PEのない症例。 [EINSTEIN-Extension] 1197例。確診された症候性DVTまたはPE患者で,warfarin,acenocoumarolあるいはrivaroxabanを6または12カ月投与されており,抗凝固薬の延長投与が妥当と考えられる症例。
文献EINSTEIN Investigators. Oral rivaroxaban for symptomatic venous thromboembolism. N Engl J Med 2010; 363: 2499-510.

EINSTEIN DVT/PE body weight

結論静脈血栓塞栓症(VTE)患者において,低体重,過体重のいずれにおいても,rivaroxaban固定用量投与は大出血またはVTE再発のリスクを上昇させなかった。BMI高値と抗凝固療法中のVTE再発リスク上昇との関連は,認められなかった。
対象8,271例。EINSTEIN DVT/EINSTEIN PE登録患者8,282例(DVTかつ/またはPE患者)のうち,体重のデータが得られた症例。BMIに関しては8,230例。
文献Di Nisio M, et al. Treatment of venous thromboembolism with rivaroxaban in relation to body weight. A sub-analysis of the EINSTEIN DVT/PE studies. Thromb Haemost 2016; 116: 739-46.

EINSTEIN DVT post-thrombotic syndrome

結論急性深部静脈血栓症(DVT)治療において,rivaroxabanはenoxaparin/VKAにくらべ,数値的には血栓後症候群(PTS)を低減したが,統計学的有意差は認められなかった。
対象336例。EINSTEIN DVT登録患者(DVT)3,449例のうち,試験終了後PTSに関するデータ回収に協力した施設の患者。
文献Cheung YW, et al.; Einstein PTS Investigators Group. Post-thrombotic syndrome in patients treated with rivaroxaban or enoxaparin/vitamin K antagonists for acute deep-vein thrombosis. A post-hoc analysis. Thromb Haemost 2016; 116: 733-8.

EINSTEIN-PE

結論肺塞栓症(PE)の初期・長期治療について,rivaroxaban固定用量単独投与の標準治療に対する非劣性が認められ,ベネフィット/リスクを改善する可能性が示された。
対象4,832例。確定診断された成人の急性症候性PE患者。症候性DVT併発の有無は問わなかった。
文献Büller HR, et al.; EINSTEIN-PE Investigators. Oral rivaroxaban for the treatment of symptomatic pulmonary embolism. N Engl J Med 2012; 366: 1287-97.

EINSTEIN PE and DVT major bleeding

結論急性症候性静脈血栓塞栓症(VTE)患者に対するrivaroxabanの投与は,低分子量heparin(LMWH)/ビタミンK拮抗薬(VKA)に対し,重大な出血事象減少と関連しており,LMWH/VKA投与下での出血事象発症例の臨床所見とくらべ軽症で,重篤な臨床経過を呈する症例も少なかった。
対象8,246例。EINSTEIN PEおよびDVT登録患者(成人の急性症候性肺塞栓症および急性症候性近位部深部静脈血栓症患者)。
文献Eerenberg ES, et al. Clinical impact and course of major bleeding with rivaroxaban and vitamin K antagonists. J Thromb Haemost 2015; 13: 1590-6.

Ekeström SA et al

結論dipyridamoleは冠動脈血流を増加させ,CABG後のグラフト開存率を高めることが示された。
対象CABG施行例。360例。
文献Ekeström SA, et al. Effect of dipyridamole (Persantin) on blood flow and patency of aortocoronary vein bypass grafts. Scand J Thorac Cardiovasc Surg 1990; 24: 191-6.

ELATE

結論特別な誘因なく発症した静脈血栓塞栓症(VTE)患者において,通常warfarin療法は低強度warfarin療法に比し,VTE再発に対する長期予防効果が高かった。低強度warfarin療法は臨床的に重大な出血のリスクを低下させなかった。
対象738例。特別な誘因のないVTEを1回以上発症し,通常の経口抗凝固療法を3ヵ月以上うけた連続患者。抗リン脂質抗体以外の理由による凝固能亢進状態の患者は対象とした。
文献Kearon C, et al; Extended Low-Intensity Anticoagulation for Thrombo-Embolism Investigators. Comparison of low-intensity warfarin therapy with conventional-intensity warfarin therapy for long-term prevention of recurrent venous thromboembolism. N Engl J Med 2003; 349: 631-9.

ELATE post-thrombotic syndrome

結論長期抗凝固療法を受けている近位深部静脈血栓症(DVT)患者において,血栓後症候群の発生頻度は高かった。遺伝性血栓性素因(第V因子ライデン変異/プロトロンビン遺伝子突然変異)が血栓後症候群のリスク低下と関連があると思われるが,さらなる検討が必要である。
対象145例。ELATE試験対象者のうち,症候性近位DVT(肺血栓塞栓症の有無を問わない)により試験の対象となり,かつ試験前にうけた経口抗凝固療法の期間が3-4ヵ月間の者。平均年齢は59.1±15.6歳。
文献Kahn SR, et al. and Extended Low-intensity Anticoagulation for Thrombo-embolism (ELATE) Investigators. Predictors of the post-thrombotic syndrome during long-term treatment of proximal deep vein thrombosis. J Thromb Haemost 2005; 3: 718-23.

Ellis SG et al

結論待機的冠動脈形成術で成功が得られ,その後の大きな解離がみられない患者において,凝固時間を延長させ,出血の増加傾向をもたらす用量のheparin(18~24時間)持続静注は,再狭窄の抑制効果を示さなかった。
対象待機的PTCA成功例。416例(469部位)。
文献Ellis SG, et al. Effect of 18- to 24-hour heparin administration for prevention of restenosis after uncomplicated coronary angioplasty. Am Heart J 1989; 117: 777-82.

Elwood PC et al 1979

結論心筋梗塞(MI)既往患者においてaspirinは死亡抑制に有効であることが示唆され,これまでのエビデンスを裏づける結果が示されたが,結論には至っていない。
対象MI既往。1,682例。
文献Elwood PC, et al. Aspirin and secondary mortality after myocardial infarction. Lancet 1979; 2: 1313-5.

Elwood PC et al 1979

結論心筋梗塞(MI)発症後すぐのaspirin投与による死亡抑制効果は認められなかった。
対象MI発症直後。1,705例。
文献Elwood PC, et al. A randomized controlled trial of aspirin in the prevention of early mortality in myocardial infarction. J R Coll Gen Pract 1979; 29: 413-6.

EMATAP

結論本試験から,末梢動脈疾患患者へのticlopidine投与は血栓性イベントの予防に有効であることが示された。
対象間欠性跛行。615例。
文献[main] Blanchard J, et al and the EMATAP group. Results of EMATAP: a double-blind placebo-controlled multicentre trial of ticlopidine in patients with peripheral arterial disease. Nouv Rev Fr Hematol 1994; 35: 523-8.

EmbraceAC

結論TTRについて,tecarfarinのwarfarinに対する優越性は認められなかった。tecarfarin投与患者におけるTTRは,良好に管理されたワルファリン患者におけるそれと同等であり,大出血は少なく,血栓イベントを認めなかったことから,tecarfarinは安全で忍容性にすぐれているようであった。一部の集団でtecarfarinの好ましい傾向がみられたことから,本剤は有望な経口抗凝固薬であり,更なる研究に値する。
対象612例(ITT解析対象は607例)。18歳超,warfarin服用経験の有無は問わず,長期経口抗凝固療法の適応(心房細動,長期抗 凝固療法を要する人工心臓弁,静脈血栓塞栓症既往により長期間の抗凝固療法が必要,心筋梗塞既往,抗凝固療法を要する心筋症,抗凝固療法を要する凝固能亢進状態)を1つ以上有する患者。
文献Whitlock RP, et al. A randomised, double blind comparison of tecarfarin, a novel vitamin K antagonist, with warfarin. The EmbraceAC Trial. Thromb Haemost 2016; 116: 241-50.