抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ 
検索結果:127件(1−30件)

CABADAS

結論aspirin+dipyridamole併用投与によるグラフト閉塞の予防効果は認められなかった。また併用群においてイベント発生率が高い傾向が認められたことから,aspirinまたは抗凝固薬単独投与が推奨される。
対象CABG施行例。948例。
文献[main] van der Meer J, et al for the CABADAS Research Group of the Interuniversity Cardiology Institute of The Netherlands. Prevention of one-year vein-graft occlusion after aortocoronary-bypass surgery: a comparison of low-dose aspirin, low-dose aspirin plus dipyridamole, and oral anticoagulants. Lancet 1993; 342: 257-64.

Cade JF et al

結論本結果はsulfinpyrazoneの他条件下における血小板機能への有効性を示した他の報告に一致し,冠動脈バイパス術を施行した冠動脈疾患(CAD)患者において,sulfinpyrazoneが血小板の活性化を抑制し,血小板寿命の正常化に働くことを示唆している。さらに,血小板機能の異常と術後の心筋虚血との相関性が示された。
対象CABG適応のCAD。44例。
文献Cade JF, et al. Platelet function in coronary artery disease: effects of coronary surgery and sulfinpyrazone. Circulation 1982; 66: 29-32.

CADISS

結論症候性頭蓋外内頸動脈または椎骨動脈解離患者における脳卒中および死亡の予防について,抗血小板薬および抗凝固薬の有効性には有意差を認めなかった。脳卒中は両群ともまれで,観察研究よりさらに少なかった。レビュー後,動脈解離の診断は多くの症例で確認されず,ルーチンの臨床においては,画像的診断基準がいつも正しいとは限らないことが示唆された。
対象250例。症状発現から7日以内で,画像により頸部動脈解離が確定され,脳卒中またはTIA発症から7日以内の患者。
文献CADISS trial investigators. Antiplatelet treatment compared with anticoagulation treatment for cervical artery dissection (CADISS): a randomised trial. Lancet Neurol 2015; 14: 361-7.

Cadroy Y et al

結論本試験から,aspirin+clopidogrel併用投与により相乗的な抗凝固作用が得られることが裏づけられ,またclopidogrel負荷投与は早期のベネフィットをもたらすことが示された。
対象健常男性(低リスク症例)。18例。
文献Cadroy Y, et al. Early potent antithrombotic effect with combined aspirin and a loading dose of clopidogrel on experimental arterial thrombogenesis in humans. Circulation 2000; 101: 2823-8.

CAFA

結論本結果は,心房細動(AF)患者に対する抗凝固療法のベネフィットを示したこれまでの臨床試験結果を裏づけ,かつリウマチ性AF患者における全身性塞栓症の予防に対するwarfarinの有効性を示した。
対象慢性非リウマチ性AF。378例。
文献[main] Connolly SJ, et al for the CAFA Study Coinvestigators. Canadian Atrial Fibrillation Anticoagulation (CAFA) Study. J Am Coll Cardiol 1991; 18: 349-55.

CALISTO

結論急性症候性下肢表在性静脈血栓症患者において,fondaparinux 2.5mg,1日1回投与は有用で,重篤な副作用も認められなかった。
対象3002例。18歳以上で,圧迫超音波検査で5cm以上の急性症候性下肢表在性静脈血栓症が確認された患者。入院,非入院の別は問わなかった。
文献Decousus H, et al.; CALISTO Study Group. Fondaparinux for the treatment of superficial-vein thrombosis in the legs. N Engl J Med 2010; 363: 1222-32.

Camerlingo M et al

結論大脳半球の急性非ラクナ梗塞患者における発症3時間以内の未分画heparin静注投与は,症候性頭蓋内出血の頻度を高めることを考慮しても最も早期の治療手段として有用である可能性が示唆された。
対象418例。大血管病変による大脳半球の脳卒中を示唆する臨床的症候(total/partial anterior circulation syndrome[TACS/PACS])が認められた患者。平均年齢は70.9歳。
文献Camerlingo M, et al. Intravenous heparin started within the first 3 hours after onset of symptoms as a treatment for acute nonlacunar hemispheric cerebral infarctions. Stroke 2005; 36: 2415-20.

Campbell IA et al

結論血栓性素因や再発のリスク因子をもたない深部静脈血栓症(DVT)または肺血栓塞栓症(PE)の患者において,経口抗凝固薬warfarinの有効性は3ヵ月投与と6ヵ月投与で同程度であった。一方,治療期間中の出血のリスクは,3ヵ月投与にて6ヵ月投与に比し有意に抑制された。抗凝固薬の至適投与期間を検討するためには,より大きなサンプルサイズにおいてDダイマー試験を用いたトライアルが必要である。
対象749例。平均年齢は3ヵ月投与群59.0歳,6ヵ月投与群58.5歳。DVTかつ/またはPEの診断を受け,抗凝固療法を予定された18歳以上の患者。
文献Campbell IA, et al. Anticoagulation for three versus six months in patients with deep vein thrombosis or pulmonary embolism, or both: randomised trial. BMJ 2007; 334: 674.

Canadian Cooperative Study 1978

結論脳卒中リスクが高い男性患者において,aspirinは二次予防に有効であることが示された。
対象脳卒中既往。585例。
文献The Canadian Cooperative Study Group. A randomized trial of aspirin and sulfinpyrazone in threatened stroke. N Engl J Med 1978; 299: 53-9.

Canadian Cooperative Study 1980

結論脳卒中既往患者において,aspirinは脳卒中再発と死亡の抑制に有効であるが,本効果は男性に限られていた。また,aspirinはsulfinpyrazoneより優れていることが示された。
対象脳卒中既往。585例。
文献Gent M, et al. A randomized trial of aspirin and sulfinpyrazone in patients with threatened stroke: Results and methodologic issues. Circulation 1980; 62(6 Pt 2): V97-105.

Canadian Lamifiban Study

結論不安定狭心症患者において,lamifibanは静注期間(3~5日)の重篤な虚血イベントと1ヵ月後の死亡および梗塞を抑制することが示された。
対象不安定狭心症または非ST上昇心筋梗塞。365例。
文献Théroux P, et al. Platelet membrane receptor glycoprotein IIb/IIIa antagonism in unstable angina. The Canadian Lamifiban Study. Circulation 1996; 94: 899-905.

Canadian Multicenter Trial

結論不安定狭心症患者において,従来の治療法とのaspirin併用(2年以上)がイベント抑制に有効であることが示された。sulfinpyrazone投与によるベネフィットは認められず,aspirinとの交互作用もみられなかった。
対象不安定狭心症。555例。
文献[main] Cairns JA, et al. Aspirin, sulfinpyrazone, or both in unstable angina. Results of a Canadian multicenter trial. N Engl J Med 1985; 313: 1369-75.

Cappellari M et al

結論オフラベルの血栓溶解療法使用について,脳卒中の既往および糖尿病併発患者では24時間後の有効性が低いようであった。他のオフラベル基準については影響を認めなかった。
対象500例。血栓溶解療法を受けた虚血性脳卒中患者。
文献Cappellari M, et al. Off-label thrombolysis versus full adherence to the current European Alteplase license: impact on early clinical outcomes after acute ischemic stroke. J Thromb Thrombolysis 2013; 37: 549-56.

CAPRIE 1996

結論動脈硬化性疾患患者に対するclopidogrel長期投与は,脳梗塞,心筋梗塞(MI),血管死の抑制効果においてaspirinより優れた効果を有し,その安全性は少なくともaspirin中用量と同等であることが示された。
対象動脈硬化性疾患。19,185例。
文献[main] CAPRIE Steering Committee. A randomised, blinded, trial of clopidogrel versus aspirin in patients at risk of ischaemic events (CAPRIE). Lancet 1996; 348: 1329-39.

CAPRIE 1999

結論動脈硬化性疾患患者において,clopidogrelは優れた臨床上のベネフィット/リスク比を示した。
対象症候性動脈硬化性疾患。19,185例。
文献[substudy] Harker LA, et al on behalf of the CAPRIE Steering Committee and Investigators. Comparative safety and tolerability of clopidogrel and aspirin: results from CAPRIE. Drug Saf 1999; 21: 325-35.

CAPRIE 2000

結論clopidogrelはaspirinに比し,動脈硬化性疾患患者の虚血イベントまたは出血による再入院を有意に抑制した。
対象動脈硬化性疾患。19,185例。
文献[substudy] Bhatt DL, et al on behalf of the CAPRIE investigators. Reduction in the need for hospitalization for recurrent ischemic events and bleeding with clopidogrel instead of aspirin. Am Heart J 2000; 140: 67-73.

CAPRIE impact of smoking

結論動脈硬化性疾患患者において,喫煙はclopidogrel群,aspirin群のいずれでも虚血イベントリスクを上昇させた。二次予防のためclopidogrelを投与された現喫煙者では,aspirinにくらべリスクが抑制されたが,前喫煙/喫煙未経験者ではベネフィットはみられなかった。
対象
文献Ferreiro JL, et al. Impact of Smoking on Long-Term Outcomes in Patients with Atherosclerotic Vascular Disease Treated with Aspirin or Clopidogrel: Insights from the Clopidogrel versus Aspirin in Patients at Risk of Ischemic Events (CAPRIE) Trial. J Am Coll Cardiol 2013; 63: 769-77.

Caprio FZ et al

結論頸部の動脈解離患者において,従来型抗凝固薬にくらべ,新規経口抗凝固薬(NOAC)の脳卒中再発率は同程度で,出血合併症は少なかったが,追跡画像にて狭窄の悪化を多く認めた。本結果より,NOACが頸部の動脈解離に対する合理的な代替薬となりうることが示唆されたが,確認するためには前向きの検証が必要である。
対象149例。病歴および血管造影により診断された頸動脈または椎骨動脈解離患者。
文献Caprio FZ, et al. Efficacy and safety of novel oral anticoagulants in patients with cervical artery dissections. Cerebrovasc Dis 2014; 38: 247-53.

CAPTURE 1997

結論治療抵抗性不安定狭心症患者において,PTCA施行前18~24時間から施行後1時間のabciximab投与は,血栓性合併症(特に心筋梗塞)の抑制に有効であることが示された。
対象治療抵抗性不安定狭心症によるPTCA施行例。1,265例。
文献[main] The CAPTURE investigators. Randomised placebo-controlled trial of abciximab before and during coronary intervention in refractory unstable angina: the CAPTURE Study. Lancet 1997; 349: 1429-35.

CAPTURE 1999

結論血栓形成の代理マーカーとされる血清トロポニンT値は,冠動脈形成術施行を要する治療抵抗性不安定狭心症の高リスク患者の識別に有用であり,本患者群における抗血小板療法のベネフィットは有意に高いことが示された。
対象CAPTURE Trial対象症例(1,265例)中,血清サンプルの入手が可能であった治療抵抗性不安定狭心症。890例。
文献[substudy] Hamm CW, et al for the c7E3 Fab Antiplatelet Therapy in Unstable Refractory Angina (CAPTURE) Study Investigators. Benefit of abciximab in patients with refractory unstable angina in relation to serum troponin T levels. N Engl J Med 1999; 340: 1623-9.

CAPTURE 2000

結論72時間後のTnTは心リスクの予測因子であることが示されたが,CRPとの関連性は認められなかった。一方,CRPは6ヵ月後の心リスクおよび冠動脈血行再建術(CABGおよびPTCA)再施行の独立した予測因子であることが示された。
対象CAPTURE Trialでプラセボ群にランダム化された不安定狭心症。447例。
文献[substudy] Heeschen C, et al for the CAPTURE Investigators. Predictive value of C-reactive protein and troponin T in patients with unstable angina: a comparative analysis. J Am Coll Cardiol 2000; 35: 1535-42.

Cardiff-1

結論心筋梗塞(MI)既往患者において,aspirinは入院後6ヵ月および12ヵ月の総死亡を抑制したが,本効果を検証するさらなる臨床試験の実施が望まれる。
対象MI既往。1,239例(男性)。
文献Elwood PC, et al. A randomized controlled trial of acetyl salicylic acid in the secondary prevention of mortality from myocardial infarction. Br Med J 1974; 1: 436-40.

CARESS

結論症候性頸動脈狭窄患者に対するclopidogrelとaspirinの併用投与は,aspirin単独投与に比し,非症候性塞栓の抑制効果が高かった。また,経頭蓋超音波ドプラー法(TCD)による微小塞栓シグナル(MES)検出は,抗血小板薬療法の有効性を評価する代替マーカーとして実用的である。
対象107例。18歳超で,3ヵ月以内に同側頸動脈領域のTIA(一過性黒内障を含む)/脳卒中を発症した患者のうち,1時間のTCDで1つ以上のMESが検出された頸動脈狭窄≧50%の者。
文献Markus HS, et al. Dual antiplatelet therapy with clopidogrel and aspirin in symptomatic carotid stenosis evaluated using doppler embolic signal detection: the Clopidogrel and Aspirin for Reduction of Emboli in Symptomatic Carotid Stenosis (CARESS) trial. Circulation 2005; 111: 2233-40.

CARESS-in-AMI

結論経皮的冠動脈形成術(PCI)設備のない施設に入院した高リスクのST上昇型心筋梗塞(MI)患者は,半用量のreteplase,abciximab投与後ただちにPCI施設に搬送することにより,予後が改善する。
対象598例。発症から12時間以内にPCI設備のない施設に入院した75歳以下のST上昇型MI患者で,高リスク因子のうち1つ以上を有する者。
文献Di Mario C, et al.; on behalf of the CARESS-in-AMI (Combined Abciximab RE-teplase Stent Study in Acute Myocardial Infarction) Investigators. Immediate angioplasty versus standard therapy with rescue angioplasty after thrombolysis in the Combined Abciximab REteplase Stent Study in Acute Myocardial Infarction (CARESS-in-AMI): an open, prospective, randomised, multicentre trial. Lancet 2008; 371: 559-68.

CARPORT

結論PTCA施行例において,GR32191Bは再狭窄を予防せず,また臨床転帰も改善させなかった。
対象待機的PTCA施行例。697例。
文献[main] Serruys PW, et al for the Coronary Artery Restenosis Prevention on Repeated Thromboxane-Antagonism Study Group (CARPORT). Prevention of restenosis after percutaneous transluminal coronary angioplasty with thromboxane A2-receptor blockade: A randomized, double-blind, placebo-controlled trial. Circulation 1991; 84: 1568-80.

Carrero JJ et al

結論急性心筋梗塞合併の心房細動患者において,warfarinは出血リスクを上昇させずに,1年後の死亡,心筋梗塞,脳梗塞の複合の抑制と関連していた。この関連は,慢性腎臓病(CKD)の重症度とは関連していなかった。
対象24,317例。SWEDEHEART登録患者のうち,2003~2010年に急性心筋梗塞のため入院した心房細動患者。
文献Carrero JJ, et al. Warfarin, kidney dysfunction, and outcomes following acute myocardial infarction in patients with atrial fibrillation. JAMA 2014; 311: 919-28.

CARS

結論急性心筋梗塞(AMI)患者に対するaspirin+warfarin低用量併用投与のaspirin単独投与に比した臨床ベネフィットの優位性は認められなかった。
対象AMI。8,803例。
文献[main] Coumadin Aspirin Reinfarction Study (CARS) Investigators. Randomised double-blind trial of fixed low-dose warfarin with aspirin after myocardial infarction. Lancet 1997; 350: 389-96.

CASES elderly patients

結論急性虚血性脳卒中患者におけるtPA静注90日後の死亡,30日後の機能転帰,および症候性脳内出血発症について,ベースラインリスクが同様の90歳代の患者と80歳代の患者の差はみられなかった。
対象CASES登録例(tPA静注を受けた虚血性脳卒中患者)のうち80歳以上の270例(90歳代[90~99.99歳]28例,80歳代[80~89.99歳]242例)。
文献Mateen FJ, et al.; on behalf of the CASES Investigators. Outcomes of Thrombolysis for Acute Ischemic Stroke in Octogenarians Versus Nonagenarians. Stroke 2010; 41: 1833-5.

CASES gender

結論rt-PA投与を受けた脳卒中患者における90日後の転帰について,男女差は認められなかった。この結果はランダム化比較試験の統合解析の結果と一致しており,血栓溶解療法は女性により大きな有益性をもたらし,脳卒中の転帰において通常みられる性差(女性の転帰不良)を消失させる。
対象1120例。登録期間にカナダでalteplase静注を受けた急性虚血性脳卒中患者全例。
文献Kent DM, et al. The gender effect in stroke thrombolysis: of CASES, controls, and treatment-effect modification. Neurology 2008; 71: 1080-3.

CASISP

結論脳卒中二次予防のためのcilostazol投与について,aspirinとの有意差は認められなかった。cilostazol群で脳梗塞および脳出血発症率が低かったことは,中国人患者においてcilostazolがaspirinに比し有効かつ安全である可能性を示唆するものである。
対象720例。1-6ヵ月以内に脳梗塞発症,MRI検査でその診断が確定,登録時mRS<4の患者。
文献Huang Y, et al.; Cilostazol versus Aspirin for Secondary Ischaemic Stroke Prevention cooperation investigators. Cilostazol as an alternative to aspirin after ischaemic stroke: a randomised, double-blind, pilot study. Lancet Neurol 2008; 7: 494-9.