抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ 
検索結果:41件(1−30件)

BAATAF

結論非リウマチ性心房細動(AF)患者への長期warfarin療法は,脳卒中の抑制に非常に有効であり,かつ十分なモニタリングにより安全性も保たれることが示された。
対象非リウマチ性AF。420例。
文献[main] The Boston Area Anticoagulation Trial for Atrial Fibrillation Investigators. The effect of low-dose warfarin on the risk of stroke in patients with nonrheumatic atrial fibrillation. N Engl J Med 1990; 323: 1505-11.

BAFTA

結論75歳以上の心房細動(AF)患者に対しては,禁忌または治療による不利益を凌駕するベネフィットがないと判断された者を除く全員に抗凝固療法を実施すべきである。
対象973例。2年以内に心電図によりAF/心房粗動と診断された75歳以上の患者。平均年齢はwarfarin群81.5±4.3歳,aspirin群81.5±4.2歳。
文献Mant J, et al. and BAFTA investigators. Warfarin versus aspirin for stroke prevention in an elderly community population with atrial fibrillation (the Birmingham Atrial Fibrillation Treatment of the Aged Study, BAFTA): a randomised controlled trial. Lancet 2007; 370: 493-503.

Balsano F et al

結論慢性閉塞性動脈疾患患者に対するticlopidineの長期投与は歩行能力と足関節/上腕血圧比を有意に改善することが示された。
対象慢性閉塞性動脈疾患。151例。
文献Balsano F, et al. Ticlopidine in the treatment of intermittent claudication: a 21-month double-blind trial. J Lab Clin Med 1989; 114: 84-91.

Barbash GI et al

結論rt-PA静注による血栓溶解療法後の急性心筋梗塞(AMI)患者では,心カテーテル法を72時間以降に実施した場合においても,保存的治療は侵襲的治療より好ましいことが示された。
対象血栓溶解療法施行後のAMI。201例。
文献Barbash GI, et al. Randomized controlled trial of late in-hospital angiography and angioplasty versus conservative management after treatment with recombinant tissue-type plasminogen activator in acute myocardial infarction. Am J Cardiol 1990; 66: 538-45.

Barnett AH et al

結論インスリン依存型糖尿病患者へのUK-38,485の長期投与は微量アルブミン尿の減少に有効であることが示唆された。
対象インスリン依存型糖尿病。試験I:30例,試験II:12例(男性)。
文献Barnett AH, et al. Specific thromboxane synthetase inhibition and albumin excretion rate in insulin-dependent diabetes. Lancet 1984; 1: 1322-5.

BASKET-LATE

結論ステント留置の6ヵ月後にclopidogrelの投与を中止後,薬剤溶出ステント(DES)植込み実施群ではベアメタルステント(BMS)植込み実施群に比し,標的血管血行再建術(TVR)抑制効果は維持されたが,晩期ステント血栓に関連すると思われる心臓死+非致死的心筋梗塞(MI)は増加した。
対象743例。BASKET試験登録患者のうち,非致死的MIの発症,TVRの再施行なしに施術6ヵ月後に生存していた患者。平均年齢はDES群63.6±11.3歳,BMS群63.5±10.8歳。
文献Pfisterer M, et al. and BASKET-LATE Investigators. Late clinical events after clopidogrel discontinuation may limit the benefit of drug-eluting stents: an observational study of drug-eluting versus bare-metal stents. J Am Coll Cardiol 2006; 48: 2584-91.

BAT

結論日本における抗血栓療法中の出血イベント発症率は,試験デザインが異なるにもかかわらず,西洋諸国と同様であった。抗血小板薬併用療法は,出血イベントリスク上昇と独立して関連がみられた。
対象4009例。脳血管あるいは心血管疾患のために経口抗血小板薬またはwarfarinの投与を受けている外来患者,または同薬剤の投与を受ける入院患者。
文献Toyoda K, et al; Bleeding with Antithrombotic Therapy (BAT) Study Group. Dual antithrombotic therapy increases severe bleeding events in patients with stroke and cardiovascular disease: a prospective, multicenter, observational study. Stroke 2008; 39: 1740-5.

BAT retrospective study

結論日本人の脳内出血患者において,抗血小板薬かつ/またはwarfarinの前投与は,小脳出血,血腫拡大,早期死亡の予測因子であった。
対象1006例。発症後24時間以内に入院した非外傷性脳内出血患者連続例。
文献Toyoda K, et al.; Bleeding with Antithrombotic Therapy Study Group. Antithrombotic therapy influences location, enlargement, and mortality from intracerebral hemorrhage. The Bleeding with Antithrombotic Therapy (BAT) Retrospective Study. Cerebrovasc Dis 2009; 27: 151-9.

BAT blood pressure levels

結論抗血栓薬投与中の血圧上昇は脳内出血発生と明確に関連しており,脳内出血を避けるためには適切な血圧管理の重要性が示唆される。血圧値と頭蓋外出血との関連は認められなかった。
対象4009例。心血管または脳血管疾患のために経口抗血小板薬またはwarfarinの投与を受けている患者。
文献Toyoda K, et al.; Bleeding with Antithrombotic Therapy (BAT) Study Group. Blood pressure levels and bleeding events during antithrombotic therapy: the Bleeding with Antithrombotic Therapy (BAT) Study. Stroke 2010; 41: 1440-4.

Baur HR et al

結論伏在静脈バイパスグラフト施行24時間後のsulfinpyrazone投与は,血流速度が>30mL/分のグラフトの早期閉塞を抑制することが示唆された。
対象CABG施行例。255例。
文献Baur HR, et al. Effects of sulfinpyrazone on early graft closure after myocardial revascularization. Am J Cardiol 1982; 49: 420-4.

Becker MC

結論dipyridamole(225mg/日)の長期投与は,他の治療が奏効しない重度の狭心症患者においても明らかな有効性を示し,忍容性にも優れていた。
対象重度の狭心症。27例。
文献Becker MC. Angina Pectoris: A double blind study with dipyridamole. Journal of the Newark Beth Israel Hospital 1967; 18: 88-94.

Bedford RF et al

結論aspirin(600mg)投与と出血性合併症の発症との関連性が認められなかったことから, aspirinの術前投与はカニューレ挿管後の橈骨動脈における血栓形成リスクの減少に有効であり,かつ安全であることが示された。
対象経皮的橈骨動脈カニューレ挿管術施行例。100例。
文献Bedford RF, et al. Aspirin pretreatment prevents post-cannulation radial-artery thrombosis. Anesthesiology 1979; 51: 176-8.

Béjot Y et al

結論フランス・ディジョン市における1985~2006年の解析において,心房細動(AF)を合併した心原性脳梗塞の発症率は減少したが,これはAF患者における抗凝固療法実施率がわずかに上昇したことによるものと考えられた。しかし人口の高齢化に伴い,抗凝固療法はさらに多く実施されなければならない。
対象3064例。フランス東部の都市ディジョン居住者のうちの脳梗塞初発患者。
文献Béjot Y, et al. Epidemiology of ischemic stroke from atrial fibrillation in Dijon, France, from 1985 to 2006. Neurology 2009; 72: 346-53.

Berger JS et al

結論冠動脈バイパス術(CABG)施行前5日以内にclopidogrel投与を受けた急性冠症候群(ACS)患者において,再手術,大出血,入院期間のリスクが上昇した。
対象596例。年齢30歳以上,当該入院中にCABGを施行するACS患者。
文献Berger JS, et al. Impact of clopidogrel in patients with acute coronary syndromes requiring coronary artery bypass surgery: a multicenter analysis. J Am Coll Cardiol 2008; 52: 1693-701.

Berger JS et al

結論急性冠症候群(ACS)患者において,冠動脈バイパス術(CABG)施行前5日以内のclopidogrel前投与は,術式(オンポンプ/オフポンプ)を問わず出血リスクを上昇させた。
対象596例。CABG前5日以内のclopidogrel前投与,非投与が1:1になるよう,施設ごとに対象・除外基準に合致した患者を50例まで選択。どちらかの群が25例に満たない場合は前投与,非投与を無作為に選択。
文献Berger JS, et al. Bleeding-associated outcomes with preoperative clopidogrel use in on- and off-pump coronary artery bypass. J Thromb Thrombolysis 2012; 34: 56-64.

Berger PB et al 1999

結論冠動脈ステント植込み施行患者において,14日後にticlopidine投与を中止した場合も,ステント血栓症やその他の有害イベントの発生頻度はきわめて低率であることが示された。
対象待機的または緊急離脱冠動脈ステント植込み成功例。827例。
文献Berger PB, et al. Safety and efficacy of ticlopidine for only 2 weeks after successful intracoronary stent placement. Circulation 1999; 99: 248-53.

Berger PB et al 1999

結論冠動脈ステント施行患者において,clopidogrelは30日間のイベント発生抑制においてticlopidineと同等の有効性と安全性を有することが示された。
対象冠動脈ステント植込み施行例。1,327例(連続した827例と500例)。
文献Berger PB, et al. Clopidogrel versus ticlopidine after intracoronary stent placement. J Am Coll Cardiol 1999; 34 :1891-4.

Berglund U et al

結論ticlopidineはADPおよびコラーゲン誘発性血小板凝集に対する強力な阻害作用を有しており,プロスタサイクリンの併用による血小板凝集阻害作用への相乗効果が示された。
対象安定狭心症。38例(男性)。
文献Berglund U, et al. Effects of ticlopidine of platelet function in men with stable angina pectoris. Thromb Haemost 1985; 54: 808-12.

Berman J et al

結論心筋梗塞(MI)後の心膜炎による不快感の軽減に対するaspirinとindomethacinの有効性は同等であることが示された。また,軽度の二次的症状は特別な治療を行わなくとも改善することが示唆された。
対象MI後のPMIP。レトロスペクティブ試験:34例。プロスペクティブ試験:24例。
文献Berman J, et al. Therapy of symptomatic pericarditis after myocardial infarction: retrospective and prospective studies of aspirin, indomethacin, prednisone, and spontaneous resolution. Am Heart J 1981; 101: 750-3.

Bern Stroke Project

結論発症後48時間以内に入院した虚血性脳卒中患者の13%に血栓溶解療法が実施され,3ヵ月後の転帰を改善した。この効果は12ヵ月後にも持続した。年齢,脳卒中重症度,Charlson comorbidity index,男性は修正不能な独立予測因子であった。
対象807例。発症後48時間以内に入院した初発/再発の虚血性脳卒中患者。
文献Fischer U, et al.; QABE investigators. Impact of thrombolysis on stroke outcome at 12 months in a population: the Bern stroke project. Stroke 2012; 43: 1039-45.

Bhatia R et al

結論近位血管閉塞の虚血性脳卒中患者において,rt-PA静注後の急性期再開通率は低かった。再開通は転帰良好の強い予測因子であった。
対象127例。カルガリーCT血管造影データベースより同定された,主要血管閉塞に続発した急性虚血性脳卒中患者。
文献Bhatia R, et al. Low rates of acute recanalization with intravenous recombinant tissue plasminogen activator in ischemic stroke: real-world experience and a call for action. Stroke 2010; 41: 2254-8.

Bichat Clinical Registry

結論入院時血糖値および糖尿病の既往は血栓溶解療法静注/動注後の転帰不良と関連していた。その因果関係は現時点では不明であるが,入院時血糖値は脳梗塞重症度のサロゲートマーカーになるかもしれない。
対象
文献Desilles JP, et al. Diabetes mellitus, admission glucose, and outcomes after stroke thrombolysis: a registry and systematic review. Stroke 2013; 44: 1915-23.

BISTRO II

結論人工股関節/膝関節全置換術の術後早期(1-4時間以内)から開始した静脈血栓塞栓症(VTE)予防のためのdabigatran etexilate経口投与は,用量依存的に有効性および安全性を示した。特に高用量投与(150,225mg,各1日2回,300mg,1日1回)は,手技前からのenoxaparin 40mg/日投与より高い有効性を示したが,出血も増加した。
対象1949例(有効性の解析対象は1464例)。待機的primary人工股関節/膝関節全置換術を予定された18歳以上かつ体重40kg以上の患者。平均年齢は65.9(範囲20-93)歳。
文献Eriksson BI, et al., BISTRO II Study Group. A new oral direct thrombin inhibitor, dabigatran etexilate, compared with enoxaparin for prevention of thromboembolic events following total hip or knee replacement: the BISTRO II randomized trial. J Thromb Haemost 2005; 3: 103-11.

Bjorck S et al

結論心房細動はガイドラインが示唆するよりも多い。心房細動による脳梗塞リスクは年齢とともに上昇し,80歳以上では高血圧リスクに近かった。脳卒中リスクが上昇している心房細動患者の多くが抗凝固療法を受けておらず,大きく改善できる可能性がある。
対象38,446例。当該地域の心房細動患者。
文献Bjorck S, et al. Atrial fibrillation, stroke risk, and warfarin therapy revisited: a population-based study. Stroke 2013; 44: 3103-8.

Blakely JA et al

結論血小板機能の抑制作用を有するsulfinpyrazoneは,動脈性疾患を合併した高齢男性患者における血管死の抑制に有効であることが示された。
対象高齢の入院男性患者。291例。
文献Blakely JA, et al. Platelets, Drugs and Longevity in a Geriatric Population. In: Hamilton JH, et al eds. Platelets, Drugs and Thrombosis. Basel: Karger, 1975, p284-91.

Bleich SD et al

結論heparin併用により,急性心筋梗塞(AMI)患者における血栓溶解療法開始3日後の開存性は維持されたが,軽度の出血性合併症の増加が認められた。
対象AMI。84例。
文献Bleich SD, et al. Effect of heparin on coronary arterial patency after thrombolysis with tissue plasminogen activator in acute myocardial infarction. Am J Cardiol 1990; 66: 1412-7.

BMC2 registry

結論かなりの数の患者がPCI施行前のaspirin前投与を受けていなかった。PCI前にaspirinを投与されていないことは院内死,脳卒中リスクを上昇させた。本結果より,PCI前にaspirinを最適に投与するための取り組みの必要性が示唆された。
対象65,175例。PCI施行患者全例。
文献Kenaan M, et al.; Blue Cross Blue Shield of Michigan Cardiovascular Consortium (BMC2). The clinical outcomes of percutaneous coronary intervention performed without pre-procedural aspirin. J Am Coll Cardiol 2013; 62: 2083-9.

Boccara A et al

結論体重補正を用いた低用量heparin静注は,一定の高用量heparin静注と同等の安全性を有し,より早期のシース除去およびCCU退室を可能にすることが示された。
対象PTCA施行例。400例。
文献Boccara A, et al. A randomized trial of a fixed high dose vs a weight-adjusted low dose of intravenous heparin during coronary angioplasty. Eur Heart J 1997; 18: 631-5.

Bollinger A et al

結論抗血小板療法は,忍容性が良好である場合には,血管内膜切除術後の動脈の長期開存性を有意に改善することが示された。
対象大腿-膝窩動脈内膜除去術成功例。120例。
文献Bollinger A, et al. Antiplatelet drugs improve the patency rates after femoro-popliteal endarterectomy. Vasa 1985; 14: 272-9.

Bonello L et al

結論負荷用量600mg投与にもかかわらずclopidogrel抵抗性を示すステント植込み予定患者において,vasodilator stimulated phosphoprotein(VASP)指数を用いて評価した血小板反応性により用量を調整したclopidogrel投与は,安全で,手技後の臨床転帰を改善しうる。
対象162例。至適薬物療法下での難治性狭心症,タリウムシンチグラフィーでの無症候性虚血,NSTEMIのため経皮的冠動脈形成術(PCI)施行を予定された患者。
文献Bonello L, et al. Adjusted clopidogrel loading doses according to vasodilator-stimulated phosphoprotein phosphorylation index decrease rate of major adverse cardiovascular events in patients with clopidogrel resistance: a multicenter randomized prospective study. J Am Coll Cardiol 2008; 51: 1404-11.