抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ 
検索結果:169件(1−30件)

AAA

結論心血管疾患既往のない足首上腕血圧比(ABI)低下者において,aspirinはプラセボに比し血管イベント発生を低減させなかった。
対象3350例。ABI低下者スクリーニングに協力した,心血管疾患既往のないボランティア28980例のうち,50~75歳でABI≦0.95の者。
文献Fowkes FG, et al.; Aspirin for Asymptomatic Atherosclerosis Trialists. Aspirin for prevention of cardiovascular events in a general population screened for a low ankle brachial index: a randomized controlled trial. JAMA. 2010; 303: 841-8.

AAASPS 1998

結論本試験は脳卒中に高リスクなアフリカ系アメリカ人のみを対象とした初の二次予防試験であり,本結果から,高リスク群における脳卒中再発予防に関する重要な情報が得られると期待される。
対象脳梗塞既往のアフリカ系アメリカ人。1,800例(予定)。
文献[protocol] Gorelick PB et al and the AAASPS Investigators. African American antiplatelet stroke prevention study: Clinical trial design. J Stroke Cerebrovasc Dis. 1998; 7: 426-34.

AAASPS 2003

結論非心原性の虚血性脳梗塞を発症した黒人患者において,再発性脳卒中,心筋梗塞,血管死に対する予防効果は,aspirinとticlopidineで有意差は認められなかったが,aspirinにより致死性/非致死性脳卒中が減少し,ticlopidineによりわずかではあるが有害事象が重篤化する傾向が示された。
対象1809例。平均年齢T群60.9±10.7歳,A群61.6±0.4歳。29-85歳の黒人男女で非心原性の虚血性脳梗塞を発症後7日以上90日未満,新規脳梗塞の所見が認められた症例。
文献Gorelick PB, et al and African American Antiplatelet Stroke Prevention Study Investigators. Aspirin and ticlopidine for prevention of recurrent stroke in black patients: a randomized trial. JAMA 2003; 289: 2947-57.

AbdelRazek MA et al

結論本後ろ向き解析より,無症候性実質内出血既往の画像エビデンスを有する虚血性脳卒中患者において,rt-PA静注後の症候性頭蓋内出血の増加は認められないというレベルCのエビデンスがもたらされた。
対象640例。当該期間にrt-PAをうけた虚血性脳卒中患者全例。
文献AbdelRazek MA, et al. Prior Asymptomatic Parenchymal Hemorrhage Does Not Increase the Risk for Intracranial Hemorrhage after Intravenous Thrombolysis. Cerebrovasc Dis 2015; 40: 201-204.

AbESTT

結論虚血性脳卒中患者において,abciximabは妥当な安全度にて投与可能であり,3ヵ月後の転帰を改善させうることが示唆された。
対象400例。症状発現から6時間以内に治療をうけた18歳以上の虚血性脳卒中患者で,NIHSSスコア4以上23未満の者。
文献Abciximab Emergent Stroke Treatment Trial (AbESTT) Investigators. Emergency administration of abciximab for treatment of patients with acute ischemic stroke: results of a randomized phase 2 trial. Stroke 2005; 36: 880-90.

AbESTT-II

結論脳梗塞患者において,abciximab静脈内投与の安全性と有効性はいずれのエンドポイントまたは治療開始時間別の解析においても示されず,症状発現後5時間以内に治療を受けた患者では症候性/致死的頭蓋内出血(ICH)発症率の上昇がみられた。
対象801例。18歳以上の脳梗塞患者で,NIHSSスコア4-22の者。
文献Adams HP, et al.; AbESTT-II Investigators. Emergency administration of abciximab for treatment of patients with acute ischemic stroke: results of an international phase III trial: Abciximab in Emergency Treatment of Stroke Trial (AbESTT-II). Stroke. 2008; 39: 87-99.

AbESTT-II wake-up stroke

結論目覚めに症状を呈している脳卒中患者は,その他の脳卒中患者に比し,ベースライン時の臨床・画像上の特性が同様であったにもかかわらず,転帰は不良であった。目覚めに症状を呈している患者に対する再灌流療法は,発見後短時間のうちに開始したとしても,容認できないかもしれない。
対象801例。(1)発症後5時間以内に治療を開始した脳梗塞患者。(2)発症後5時間以降6時間以内または目覚めに症状を呈しており3時間以内に治療を開始した脳梗塞患者。
文献Adams HP, et al.; AbESTT-II Investigators. Treating patients with 'wake-up' stroke: the experience of the AbESTT-II trial. Stroke. 2008; 39: 3277-82.

ABOARD bleeding complication

結論至適抗血栓療法を受けた非ST上昇型急性冠症候群(NSTE-ACS)患者において,おもに経橈骨動脈アプローチが用いられたにもかかわらず,大出血はよくみられ,死亡と強く関連していた。
対象352例。早期または待機的PCIを施行する中等度~高リスクのNSTE-ACSで,TIMIスコア≧3の患者。
文献Cayla G, et al.; ABOARD investigators. Trans-radial approach for catheterisation in non-ST segment elevation acute coronary syndrome: an analysis of major bleeding complications in the ABOARD Study. Heart 2011; 97: 887-91.

Abraham JM et al

結論閉経後の女性の心房細動患者において,CHADS2スコアおよびCHA2DS2-VAScスコアはいずれも脳卒中リスクを予測したが,CHADS2スコア<2では,CHA2DS2-VAScスコアのほうがすぐれていた。
対象5,981例。WHI登録患者(50~79歳の閉経後女性)のうち,登録時に心房細動の既往がある,もしくは心電図で心房細動が確認された患者。
文献Abraham JM, et al. Does CHA2DS2-VASc Improve Stroke Risk Stratification in Postmenopausal Women with Atrial Fibrillation? Am J Med 2013; 126: 1143. e1-8.

Abraham NS et al

結論高齢者において,多剤抗血栓療法による上部/下部消化管イベントは臨床的に意味のあるリスクであり,入院および輸血が増加した。
対象78,133例。60~99歳,抗凝固薬または抗血小板薬を処方されており,当該処方日前の365日以内に退役軍人登録をされた症例。
文献Abraham NS, et al. Risk of lower and upper gastrointestinal bleeding, transfusions, and hospitalizations with complex antithrombotic therapy in elderly patients. Circulation 2013; 128: 1869-77.

Abraham NS et al

結論本研究における消化管出血発現率は同程度であったが,warfarinと比較して,dabigatranで50%,rivaroxabanで2倍以上のリスク上昇があることを除外できない。
対象46,163例。当該期間にwarfarin,dabigatran,rivaroxabanを処方された患者244,872例のうち,18歳以上,継続的に保険に登録している,登録日前の6ヵ月間に上記3剤を処方されていない,年齢/性別が既知,登録日前の6ヵ月間に消化管出血のない患者。
文献Abraham NS, et al. Comparative risk of gastrointestinal bleeding with dabigatran, rivaroxaban, and warfarin: population based cohort study. BMJ 2015; 350: h1857.

ACCOAST

結論カテーテル検査が予定された非ST上昇型急性冠症候群(NSTE-ACS)患者において,prasugrel前投与は30日後の重大な虚血イベントを抑制せず,大出血が増加した。
対象4,033例。トロポニンが陽性のNSTE-ACS患者で,無作為割付から2~48時間以内に冠動脈造影が予定されている症例。
文献Montalescot G, et al.; ACCOAST Investigators. Pretreatment with prasugrel in non-ST-segment elevation acute coronary syndromes. N Engl J Med 2013; 369: 999-1010.

ACCOAST-PCI

結論本試験から得られた知見は,入院から48時間以内に血管造影をうけるNSTEMI患者において,血行再建術施行の決定までprasugrelによる治療を保留することを支持するものである。
対象2,770例。ACCOAST対象患者4,033例のうち,PCIを施行された症例。
文献Montalescot G, et al.; ACCOAST Investigators. Effect of Prasugrel Pre-Treatment Strategy in Patients Undergoing Percutaneous Coronary Intervention for NSTEMI: The ACCOAST-PCI Study. J Am Coll Cardiol 2014; 64: 2563-71.

ACCOAST predictors of bleeding

結論非ST上昇型心筋梗塞(NSTEMI)患者において,prasugrel前投与,年齢,手技に関する項目は出血リスクを予測した。
対象4,033例。無作為割付後2~48時間以内に冠動脈造影が予定されている症例NSTEMI患者。
文献Widimsky P, et al.; ACCOAST Investigators. Predictors of bleeding in patients with acute coronary syndromes treated with prasugrel. Heart 2015; 101: 1219-24.

ACCSG 1983

結論
対象TIA既往。750例以上(目標症例数800~1,000例)。
文献[protocol] The American-Canadian Co-operative Study Group. Persantine Aspirin Trial in cerebral ischemia. Stroke 1983; 14: 99-103.

ACCSG 1985

結論本試験とAICLA Trialの結果から,一過性脳虚血発作(TIA)既往患者において,aspirin単独へのdipyridamole追加投与のベネフィットは認められなかった。
対象TIA既往。890例。
文献[main] The American-Canadian Co-Operative Study group. Persantine Aspirin Trial in cerebral ischemia. Part II: Endpoint results. Stroke 1985; 16: 406-15.

ACDC

結論薬剤溶出性ステント(DES)留置から1ヵ月後~1年以内における抗血小板薬の中断は例外的なものではなく,通常は一時的であり,臨床に大きなインパクトは及ぼさなかった。
対象1,622例。期間内に1つ以上のDES留置を受け,1回以上のフォローアップを受けた全例。
文献Ferreira-González I, et al. Double antiplatelet therapy after drug-eluting stent implantation: risk associated with discontinuation within the first year. J Am Coll Cardiol 2012; 60: 1333-9.

ACE

結論頸動脈内膜切除術施行患者において,30日後および3ヵ月後の脳卒中,心筋梗塞(MI),死亡リスクの低下には,aspirin低用量(81mgまたは325mg/日)のほうが高用量(650mgまたは1,300mg/日)より優れていることが示された。
対象頸動脈内膜切除術施行例。2,849例。
文献[main] Taylor DW, et al. for the ASA and Carotid Endarterectomy (ACE) Trial Collaborators. Low-dose and high-dose acetylsalicylic acid for patients undergoing carotid endarterectomy: a randomised controlled trial. Lancet. 1999; 353: 2179-84.

ACE

結論経食道心エコー(TEE)ガイド下に電気的除細動を行う心房細動(AF)患者において,enoxaparinの虚血性脳血管障害,全身性塞栓症,出血性合併症,死亡の予防効果は,未分画heparin(UFH)+phenprocoumonに比し劣らなかった。
対象496例。18歳以上,体重45kg以上で,初回のECGでAFが確認され,試験参加の48時間以上前より動悸/めまい/頻脈の臨床症状がある者。臨床症状のない場合には安静時/長時間ECGにより過去3ヵ月間に持続性AFが確認された者。
文献Stellbrink C, et al.; ACE (Anticoagulation in Cardioversion using Enoxaparin) Study Group. Safety and efficacy of enoxaparin compared with unfractionated heparin and oral anticoagulants for prevention of thromboembolic complications in cardioversion of nonvalvular atrial fibrillation: the Anticoagulation in Cardioversion using Enoxaparin (ACE) trial. Circulation. 2004; 109: 997-1003.

Acheson J et al

結論脳梗塞既往患者におけるdipyridamole(400mgまたは800mg/日)投与とプラセボ投与の有効性に差はみられず,本試験期間においては脳血管疾患の自然経過に影響をおよぼさないことが示された。
対象脳梗塞既往。169例。
文献Acheson J, et al. Controlled trial of dipyridamole in cerebral vascular disease. Br Med J 1969; 1: 614-5.

ACME

結論1枝病変の冠動脈疾患患者においては,薬物治療よりもPTCA施行のほうが症状の軽減と運動耐容能の回復に有効であることが示された。一方,PTCAは薬物療法よりもコストおよび合併症の発生頻度が高かった。
対象安定狭心症。212例。
文献[main] Parisi AF, et al on behalf of the Veterans Affairs ACME Investigators. A comparison of angioplasty with medical therapy in the treatment of single-vessel coronary artery disease. N Engl J Med 1992; 326: 10-6.

ACT

結論ticlopidineは間欠性跛行の症状を改善し,明らかに血栓性合併症の発症を抑制するため,慢性末梢血管疾患の治療に有効であることが示された。
対象慢性間欠性跛行。169例。
文献Arcan JC, et al on behalf of the ACT Research Group. Multicenter double-blind study of ticlopidine in the treatment of intermittent claudication and the prevention of its complications. Angiology 1988; 39: 802-11.

ACTION

結論地域社会のクリニックにて抗凝固療法(おもにwarfarin)を受けている心房細動患者において,抗凝固コントロールのバラツキは大きかった。プロトロンビン時間国際標準比(INR)治療域内時間(TTR)はwarfarin新規投与,投与中断,INR目標域により影響を受けた。本試験の出血および脳卒中の発生率は低かった。出血リスクを相殺するために目標INRを低く設定することのリスク便益は依然不明である。
対象3396例。warfarin投与を受けている18歳以上の心房細動患者で,CoumaCare(患者追跡やデータ入力などを支援するために広く用いられている無料ソフトウェア)を使用しているクリニックに通院している者。
文献Rose AJ, et al. Warfarin for atrial fibrillation in community-based practise. J Thromb Haemost 2008; 6: 1647-54.

ACTION Registry-GWTG stratified analysis

結論米国における在宅warfarin療法中の非ST上昇型心筋梗塞(NSTEMI)患者に対する抗血栓療法は,現行の治療ガイドラインで提示されたエキスパートオピニオンから逸れていた。入院時のPT-INR値にかかわらず,早期の抗血栓療法は出血リスクを上昇させた。
対象5,787例。在宅warfarin療法を受けているNSTEMI患者。
文献Subherwal S, et al. Admission International Normalized Ratio Levels, Early Treatment Strategies, and Major Bleeding Risk Among Non-ST-Segment-Elevation Myocardial Infarction Patients on Home Warfarin Therapy: Insights From the National Cardiovascular Data Registry. Circulation 2012; 125: 1414-23.

ACTION Registry-GWTG triple therapy

結論PCIをうけた高齢の心房細動患者の4人に1人は,退院時に抗血栓薬3剤併用療法をうけていた。3剤併用患者は抗血小板薬2剤併用療法(DAPT)患者にくらべ,死亡+心筋梗塞+脳卒中の複合発生率は同程度であったが,大出血発現率は上昇した。
対象4,959例。ACTION Registry-GWTGとメディケアの薬剤処方のデータがリンクできた,ステント留置をうけた65歳以上の急性心筋梗塞患者で,心房細動/粗動の既往を有する症例。
文献Hess CN, et al. Use and Outcomes of Triple Therapy Among Older Patients With Acute Myocardial Infarction and Atrial Fibrillation. J Am Coll Cardiol 2015; 66: 616-27.

ACTIVE A

結論ビタミンK拮抗薬(VKA)療法に適さない脳卒中高リスクの心房細動患者において,aspirinにclopidogrelを追加すると主要血管イベント,特に脳卒中の発症を抑制するが,大出血リスクは上昇する。
対象7554例。ACTIVE試験対象者は,脳卒中リスク因子を有する心房細動患者,または6ヵ月以内に複数回の間欠性心房細動の症状発現が認められた患者。ACTIVE A試験対象者は,このうちVKA療法不適とされた患者。
文献The ACTIVE Investigators. Effect of Clopidogrel Added to Aspirin in Patients with Atrial Fibrillation. N Engl J Med 2009; 360: 2066-78.

ACTIVE W

結論脳卒中リスクの高い心房細動患者において,経口抗凝固薬はclopidogrel+aspirinに比べて高い血管イベント抑制効果を発揮した。この抑制効果はすでに抗凝固薬を投与されていた症例で特に顕著であった。
対象6706例。平均年齢は70.2歳。心房細動患者。
文献Connolly S, et al. and ACTIVE Writing Group on behalf of the ACTIVE Investigators. Clopidogrel plus aspirin versus oral anticoagulation for atrial fibrillation in the Atrial fibrillation Clopidogrel Trial with Irbesartan for prevention of Vascular Events (ACTIVE W): a randomised controlled trial. Lancet 2006; 367: 1903-12.

ACTIVE W CHADS2 score

結論CHADS2スコア1の患者の脳卒中リスクは低いが,抗凝固薬を投与することにより,わずかではあるものの有意なリスク減少が得られ,また大出血リスクは低かった。
対象6706例。永続性,持続性,または2回以上の発作性心房細動の既往があり,1つ以上の脳卒中リスクを有する患者。
文献Healey JS, et al. Risks and benefits of oral anticoagulation compared with clopidogrel plus aspirin in patients with atrial fibrillation according to stroke risk: the atrial fibrillation clopidogrel trial with irbesartan for prevention of vascular events (ACTIVE-W). Stroke 2008; 39: 1482-6.

ACTIVE W INR control

結論プロトロンビン時間国際標準比(INR)治療域内時間(TTR)によって判断すると,INRのコントロールは施設間,国家間に幅がみられ,抗凝固療法の効果に強い影響を及ぼしていた。抗凝固療法のベネフィットを得るために必要なTTR最小値は58-65%と推定され,これを下回ると,抗血小板療法に比しベネフィットが得られないと考えられた。
対象6706例。心房細動患者。
文献Connolly SJ, et al.; ACTIVE W Investigators. Benefit of oral anticoagulant over antiplatelet therapy in atrial fibrillation depends on the quality of international normalized ratio control achieved by centers and countries as measured by time in therapeutic range. Circulation 2008; 118: 2029-37.

ACTIVE W paroxysmal vs sustained

結論経口抗凝固薬またはaspirin+clopidogrel投与を受けている発作性心房細動(AF)患者の血栓塞栓症のリスクは,慢性AF患者と同等であり,このリスクは経口抗凝固薬により減少させることができる。
対象6697例。心電図でAFと診断され,以下の1つ以上に該当する患者: 75歳以上,高血圧の治療中,脳卒中/一過性脳虚血性発作/非CNS全身性塞栓症の既往,左心室機能障害(左室駆出率<45%),末梢動脈疾患。55-74歳で上記の危険因子を有さない場合は,薬物治療を要する糖尿病または冠動脈疾患の既往。
文献Hohnloser SH, et al; ACTIVE W Investigators. Incidence of stroke in paroxysmal versus sustained atrial fibrillation in patients taking oral anticoagulation or combined antiplatelet therapy: an ACTIVE W Substudy. J Am Coll Cardiol 2007; 50: 2156-61.