抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ
メタ解析
軽症脳梗塞/高リスクTIA患者におけるclopidogrel+aspirin併用とaspirin単独の比較
Clopidogrel plus aspirin versus aspirin alone for acute minor ischaemic stroke or high risk transient ischaemic attack: systematic review and meta-analysis
結論 高リスクの一過性脳虚血発作(TIA)または軽症脳梗塞患者において,発症後24時間以内のclopidogrel+aspirinによる抗血小板薬2剤併用療法(DAPT)は,続発性脳卒中を20/1,000人低減し,中等度~重度の出血を2/1,000人増加させる可能性が示された。21日以内(早ければ10日以内)の2剤併用中止は有益性が最大,有害性が最小の可能性がある。
コメント 軽症脳梗塞やリスクの高いTIA急性期におけるアスピリンとクロピドグレルの併用療法について,アスピリン単独投与と比較した3研究(FASTER,CHANCE,POINT)のメタ解析である。発症24時間以内に抗血小板療法の併用を開始し,10日から21日以内に併用を単独に変更する抗血小板療法は最大の益を示し,1,000人当たり脳梗塞の再発を20名減らし,重篤な出血を2名増やすという。これらの報告は大きなインパクトを持つもので,軽症脳梗塞やリスクの高いTIA急性期の抗血栓療法に関して,本邦をはじめ,多くのガイドラインに影響を与えている。(矢坂正弘

目的 軽症脳梗塞/TIA患者の再発予防については,いくつかの試験でDAPTの有効性,安全性が示されているものの,現行のガイドラインの多くでは依然として aspirin単独投与が推奨されている。本研究では,DAPTの有効性,安全性をaspirin単独と比較した。
方法 Medline, Embase, Cochrane Central Register of Controlled Trials, Cochrane Library, ClinicalTrials.gov, WHOウェブサイト,PsycINFO,灰色文献を2018年7月4日まで検索。文献リストのハンドサーチも行った。
検索対象:ランダム化,プラセボ対照,軽症脳梗塞または高リスクTIAの診断をうけている患者を対象,発症から3日以内に治療開始,DAPTとaspirinまたはclopidogrel単独を比較している試験。また,90日までの転帰(全死亡,脳卒中による死亡,非致死的虚血性/出血性脳卒中,頭蓋外出血,TIA,心筋梗塞,機能的状態,QOL)を1つ以上報告している試験。
除外:患者の20%超が心原性脳塞栓症またはTIAを発症し,非心原性脳塞栓症サブグループのデータを報告していない試験,アブストラクトのみ発表されている試験。
対象 3試験(FASTER, CHANCE, POINT)。
10,447例。
主な結果 ・非致死的脳卒中
症状発現後24時間以内のDAPT開始はaspirin単独にくらべ,非致死的脳卒中再発を低減した(RR 0.70,95%CI 0.61-0.80,I2=0%,絶対リスク低下1.9%,エビデンスのクオリティ高)。
非致死的脳梗塞:RR 0.69,0.60-0.79,I2=0%。
症候性非致死的頭蓋内出血:RR 1.27,0.55-2.89,I2=0%。

・全死亡
DAPTはaspirin単独にくらべ,全死亡を低減しなかった(RR 1.27,0.73-2.23,I2=0%,エビデンスのクオリティ中等度)。

・出血
DAPTはaspirin単独にくらべ,中等度または重度の頭蓋外出血を増加させる可能性が示された(RR 1.71,0.92-3.20,I2=32%,絶対リスク上昇0.2%,エビデンスのクオリティ中等度)。
軽微または小出血はDAPTにより増加した(RR 2.22,1.60-3.08,I2=18%,絶対リスク上昇0.7%,エビデンスのクオリティ高)。

・機能的転帰
機能的転帰への影響について,DAPTのaspirin単独に比しての有意差は認められなかった(RR 0.90,0.81-1.01,I2=7%,エビデンスのクオリティ中等度)。

・経時的変化
脳卒中イベントの大部分,またDAPT群とaspirin単独群の発生率のカーブの分離はランダム化後10日以内に起こり,21日後以降のベネフィットはほとんどみられないようであった。
文献: Hao Q, et al. Clopidogrel plus aspirin versus aspirin alone for acute minor ischaemic stroke or high risk transient ischaemic attack: systematic review and meta-analysis. BMJ 2018; 363: k5108. pubmed
関連トライアル aspirin服用中の脳卒中患者に対する抗血小板療法, CHANCE, CHANCE effect of eGFR, CHANCE functional outcome, COMPRESS, EARLY, EXPRESS risk of bleeding, FASTER, MATCH, PERFORM, POINT, SPS3, TARDIS, 急性脳梗塞/TIA患者への抗血小板療法:2剤併用療法と単剤療法の比較, 急性脳梗塞/TIA患者への抗血小板療法:2剤併用療法と単剤療法の比較(2013), 血管疾患患者に対する抗血小板療法, 脳梗塞再発予防におけるaspirin早期投与の効果, 脳卒中/TIA後のDAPTによる二次予防
関連記事