抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ
ARISTOPHANES Effectiveness and Safety of Oral Anticoagulants Among Nonvalvular Atrial Fibrillation Patients
結論 大規模観察研究において,非ビタミンK拮抗経口抗凝固薬(NOAC)はwarfarinにくらべ,脳卒中/全身性塞栓症発症率は低かった。大出血発症率は薬剤により異なっていた。

目的 非弁膜症性心房細動(NVAF)患者において,NOACどうしの直接比較は行われていない。本研究ではMedicare,Medicaid,4つの処方データベースのデータ(MarketScan, PharMetrics, Optum, Humana)を用い,NOACまたはwarfarinを服用中のNVAF患者において,脳卒中/全身性塞栓症および大出血発症率を比較した。評価項目:脳卒中/全身性塞栓症または大出血による入院。
デザイン 後ろ向き観察研究。NCT03087487。
セッティング 多施設,米国。
期間 登録期間は2013年1月1日~2015年9月30日,試験終了2015年9月30日。
対象患者 285,292例(apixaban-warfarin コホート57,929例+dabigatran-warfarinコホート26,838例+rivaroxaban-warfarinコホート83,007例+apixaban-dabigatranコホート27,096例+apixaban-rivaroxabanコホート62,619例+dabigatran-rivaroxaban コホート27,538例)。登録期間内にapixaban, dabigatran, rivaroxaban, warfarinの処方開始,初回処方日までにAFの診断,初回処方日前に1年以上健康保険の登録がある患者。
【除外基準】試験薬の初回処方日前の12ヵ月間にOACを投与されているか,弁膜症/静脈血栓塞栓症/一過性AF/心臓弁置換/心移植をうけている,試験期間中の妊娠,初回処方日前の6週間に股/膝関節置換術施行。
【患者背景】-
治療法 NOACの低用量投与は,apixaban 21%(2.5mg),dabigatran 15%(75mg),rivaroxaban 24%(15mg:19%,10mg:5%)。
追跡完了率
結果

●評価項目
プロペンシティスコア合致後,NOACはwarfarinにくらべ,脳卒中/全身性塞栓症発症率が低かった。
apixaban:HR 0.61,95%CI 0.54-0.69。
dabigatran:HR 0.80,95%CI 0.68-0.94。
rivaroxaban:HR 0.75,95%CI 0.69-0.82。
大出血発生率は,apixaban,dabigatranはwarfarinより低かったが,rivaroxabanは高かった。
apixaban:HR 0.58,95%CI 0.54-0.62。
dabigatran:HR 0.73,95%CI 0.66-0.81。
rivaroxaban:HR 1.07,95%CI 1.02-1.13。

[apixaban]
脳卒中/全身性塞栓症,大出血に関してNOAC間で差異がみられ,apixabanは他の2剤にくらべイベント発症率が低かった。
(dabigatranに比し)脳卒中/全身性塞栓症:HR 0.69,95%CI 0.56-0.84,大出血:HR 0.77,95%CI 0.68-0.87。
(rivaroxabanに比し)脳卒中/全身性塞栓症:HR 0.80,95%CI 0.71-0.91,大出血:HR 0.55,95%CI 0.51-0.59。
[dabigatran]
dabigatranはrivaroxabanにくらべ,大出血発生率は低かったが,脳卒中/全身性塞栓症発症率は同程度であった(大出血:HR 0.70,95%CI 0.63-0.77,脳卒中/全身性塞栓症:HR 1.15,95%CI 0.96-1.37)。

●有害事象

文献: Lip GYH, et al. Effectiveness and Safety of Oral Anticoagulants Among Nonvalvular Atrial Fibrillation Patients. Stroke 2018; 49: 2933-44. pubmed
関連トライアル
関連記事