抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ
メタ解析
虚血性脳卒中患者に対するtenecteplaseとalteplaseの比較
Tenecteplase versus alteplase for management of acute ischemic stroke: a pairwise and network meta-analysis of randomized clinical trials
結論 tenecteplase 0.25mg/kgの有効性および画像にもとづく転帰はすぐれており,安全性リスクの上昇はみられなかった。虚血性脳卒中患者において,tenecteplaseはalteplaseと少なくとも同程度以上の有効性および安全性を有することが示された。
コメント ネットワークメタ解析でさまざまな対象を含んでいるが,tenecteplaseの至適用量となる0.25mg/kgの早期の効果と安全性について,alteplaseに優る成績を示した点に意義がある。現在進行中の臨床試験をふまえて,実用化が期待される。(岡田靖

目的 tenecteplaseはalteplase にくらべ血中半減期が長く,血漿クリアランスが遅いため,単回ボーラス投与でよいという利点がある。しかしながら,虚血性脳卒中患者に対する有効性,安全性のデータは限られている。本研究では虚血性脳卒中患者において,tenecteplaseの有効性ならびに安全性をalteplaseと比較した。有効性評価項目:早期の神経学的改善(登録時から24~72時間後にNational Institute of Health stroke scale[NIHSS]の4点以上または0~1への改善)。安全性主要評価項目:90日後の機能的転帰不良(modified Rankin Score[mRS] 4~6),全脳内出血,症候性脳内出血,死亡。
方法 電子的データベースにおいて,2018年4月までのデータを検索。
対象:tenecteplaseをalteplaseと比較し,臨床的かつ/または画像的転帰を評価した5つのRCTのネットワークメタ解析。
対象 RCT 5件(EXTEND-IA TNKNOR-TESTなど)。
1,585例(tenecteplase群828例,alteplase群757例)。
主な結果 ・早期の神経学的改善
tenecteplase群はalteplase群にくらべ,早期の神経学的改善の増加がみられた(45%,41%,OR 1.43,95%CI 1.01-2.03,p=0.05,I2=34%)。

・再開通
tenecteplase群はalteplase群にくらべ,完全再開通の増加がみられた。完全または部分的再開通については同程度であった。
完全再開通:30%,15%,OR 2.01,95%CI 1.04-3.87,p=0.04,I2=0%。
完全/部分的再開通:54%,41%,OR 1.51,95%CI 0.70-3.26,p=0.30,I2=50%。

・機能的転帰
機能的転帰について,tenecteplase群はalteplase群と同程度であった。
機能的転帰良好(mRS 0~1):58%,56%,OR 1.17,95%CI 0.95-1.44,p= 0.13,I2=0%。
機能的自立(同0~2):70%,69.5%,OR 1.24,95%CI 0.78-1.98,p=0.37,I2=59%。
機能的転帰不良(同4~6):18%,19%,OR 0.78,95%CI 0.49-1.25,p=0.31,I2=55%。

・脳内出血,死亡
脳内出血,死亡について,tenecteplase群はalteplase群と同程度であった。
全脳内出血:9.1%,10.0%,OR 0.81,95%CI 0.56-1.17,p=0.26,I2=6%。
症候性脳内出血:2.9%,2.6%,OR 0.98,95%CI 0.52-1.83,p=0.94,I2=0%。
死亡:7.6%,8.1%,OR 0.83,95%CI 0.54-1.26,p=0.38,I2=13%。
文献: Kheiri B, et al. Tenecteplase versus alteplase for management of acute ischemic stroke: a pairwise and network meta-analysis of randomized clinical trials. J Thromb Thrombolysis 2018; : . pubmed
関連トライアル alteplase静注における治療時間の遅れ,年齢,脳卒中重症度の影響, alteplase投与後の脳内出血リスク(STT二次解析), Cappellari M et al, ECASS III, ENCHANTED, ENCHANTED prior antiplatelet therapy, ENCHANTED renal impairment, EXTEND-IA TNK, ICARO-2, IST-3 clinically important subgroups, J-MARS, Kim BJ et al, NOR-TEST, Power A et al, PRISMS, SAINT postthrombolysis ICH, SITS-ISTR unknown-onset stroke, SITS-ISTR elderly, SITS-ISTR sex differences, SITS-ISTR weight >100kg, SITS-ISTR young patients, SITS-MOST multivariable analysis, TTT-AIS, WAKE-UP, 白質病変が血栓溶解療法静注後の頭蓋内出血・転帰におよぼす影響
関連記事