抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ
メタ解析
線溶療法後のSTEMI患者におけるticagrelorとclopidogrelの比較
Ticagrelor versus clopidogrel after fibrinolytic therapy in patients with ST-elevation myocardial infarction: a systematic review and meta-analysis of randomized clinical trials
結論 線溶療法をうけたST上昇型心筋梗塞(STEMI)患者において,ticagrelorへの切り替えはclopidogrel継続にくらべ,出血および虚血転帰は同程度であった。

目的 STEMI患者に対する線溶療法の補助的治療として,aspirin+clopidogrel による2剤併用療法が推奨されている。ticagrelorのclopidogrelに対する有効性は急性冠症候群患者で示されているが,線溶療法後の投与に関する安全性は不明である。本研究では,ticagrelorに切り替えた場合の安全性および有効性について,clopidogrel継続との比較を行った。安全性主要評価項目:BARC出血基準タイプ≧2の出血。有効性主要評価項目:主要有害心血管事象(MACE;全死亡,血管死,MI,脳卒中,血行再建術),死亡,MI,脳卒中。
方法 PubMed,Embase,Cochraneデータベースにて,それぞれの開始日から2018年3月まで検索。
対象:STEMI患者において,線溶療法後にticagrelorの安全性および有効性をclopidogrelと直接比較したランダム化比較試験。
対象 3試験(Alexopoulos et al[2015年],Dehghani et al[2017年],TREAT [2018年])。
3,999例(ticagrelor群2,017例+clopidogrel群1,982例)。
主な結果 ・安全性評価項目
両群に有意差は認められなかった。出版バイアスはみられなかった。
ticagrelor群1.3%,clopidogrel群1.4%,RR 0.94,95%CI 0.56-1.60,p=0.83,I2=0%。

・有効性評価項目
すべての項目で,両群間に有意差は認められなかった。
MACE:RR 0.87,95%CI 0.49-1.52,p=0.62,I2=7%。
死亡:RR 0.92,95%CI 0.53-1.59,p=0.77,I2=6%。
心筋梗塞:RR 0.76,95%CI 0.43-1.36,p=0.36,I2=0%。
脳卒中:RR 0.93,95%CI 0.50-1.73,p=0.82,I2=0%。
文献: Kheiri B, et al. Ticagrelor versus clopidogrel after fibrinolytic therapy in patients with ST-elevation myocardial infarction: a systematic review and meta-analysis of randomized clinical trials. J Thromb Thrombolysis 2018; : . pubmed
関連トライアル EARLY-MYO, ExTRACT-TIMI 25 clopidogrel, GEMINI-ACS-1, GRAPE Registry, Lee CH et al, PCI-CLARITY, PEGASUS-TIMI 54 prevention of stroke, PLATO, PLATO primary PCI, PLATO total events, PLATO undergoing CABG, PRAGUE-18 one year outcomes, TRITON-TIMI 38 discharge aspirin dose, 心筋梗塞患者におけるDAPT延長による心血管イベント二次予防, 脳卒中/TIA後のDAPTによる二次予防
関連記事