抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ
DACAB Different Antiplatelet Therapy Strategy After Coronary Artery Bypass Graft Surgery
結論 待機的冠動脈バイパス術(CABG)施行患者において,ticagrelor+aspirin併用はaspirin単独にくらべ,1年後の伏在静脈グラフト(SVG)開存率が高かった。ticagrelor単独とaspirin単独の間には有意差はなかった。相対的出血リスクを評価するためには,より多数例での検討が必要である。

目的 aspirinはCABG施行患者のSVG開存率を改善するが,DAPTの有効性については,先行研究から相反する結果が報告されている。その不一致は,サンプルサイズが小さかったことや患者特性が不均一であったことによると考えられる。本研究では,CABG施行1年後のSVG開存について,ticagrelor+aspirin併用またはticagrelor単独をaspirin単独と比較した。主要評価項目:CABG施行1年後のSVG開存(マルチスライスCTまたは冠動脈造影で評価)。
デザイン PROBE法。intention-to-treat解析。NCT0221771。
セッティング 多施設,中国(6施設)。
期間 登録期間は2014年7月~2015年11月。追跡終了2017年1月。
対象患者 500例。18~80歳,待機的CABGの適応を有する患者。
【除外基準】緊急血行再建術または他の心臓手術同時施行,CABG後抗血小板薬2剤併用療法またはビタミンK拮抗薬の必要性,重篤な出血リスク(頭蓋内出血既往など)。
【患者背景】平均年齢は併用群63.5歳,ticagrelor群63.3歳,aspirin群64.0歳。それぞれの男性79.8%,80.7%,84.9%。臨床症状:安定狭心症32.7%,38.0%,30.1%,不安定狭心症64.3%,58.4%,65.7%,非ST上昇型心筋梗塞3.0%,3.6%,4.2%。心筋梗塞既往31.6%,36.1%,25.9%。高血圧75.6%,73.5%,72.3%。脂質異常症72.0%,74.7%,71.7%。喫煙50.6%,44.6%,52.4%。糖尿病44.6%,45.2%,40.4%。症例あたりの総グラフト数3.8,3.8,3.8。症例あたりのSVG数2.9,2.9,2.9。
治療法 CABG施行24時間以内に以下の3群に1:1:1でランダム化し,試験薬を1年間投与した。
併用群:168例。ticagrelor 90mg 1日2回+aspirin 100mg 1日1回投与。
ticagrelor群:166例。90mg 1日2回投与。
aspirin群:166例。100mg 1日1回投与。
追跡完了率 1年後の追跡完了は467例(93.4%)。
結果

●評価項目
CABG施行1年後のSVG開存率(血管)は,併用群432/487件(88.7%),ticagrelor群404/488件(82.8%),aspirin群371/485件(76.5%)。
aspirin群に対し,併用群は開存率が高かったが,ticagrelor群では有意差は認められなかった。
併用群:差12.2%,95%CI 5.2~19.2%,RR 0.48,95%CI 0.31~0.74,p<0.001。
ticagrelor群:差6.3%,95%CI -1.1~13.7%,RR 0.73,95%CI 0.51~1.06,p=0.10。
主要有害心事象は併用群3例(1.8%),ticagrelor群4例(2.4%),aspirin群9例(5.4%)で,有意差は認めなかった。
大出血は併用群3例(1.8%),ticagrelor群2例(1.2%),aspirin群0例で,有意差は認めなかった。
CABGに関連しない出血は,数値的には併用群(30.4%)がticagrelor群(12.1%),aspirin群(9.0%)より多かった。

●有害事象
重篤な有害イベントは併用群3例(1.8%),ticagrelor群3例(1.8%),aspirin群9例(5.4%)。

文献: Zhao Q, et al. Effect of Ticagrelor Plus Aspirin, Ticagrelor Alone, or Aspirin Alone on Saphenous Vein Graft Patency 1 Year After Coronary Artery Bypass Grafting: A Randomized Clinical Trial. JAMA 2018; 319: 1677-86. pubmed
関連トライアル DAPT BMS or DES, McCollum C et al, OPTIMIZE, PEGASUS-TIMI 54, PEGASUS-TIMI 54 peripheral artery disease, PEGASUS-TIMI 54 prevention of stroke, PLATO bleeding complications, PLATO undergoing CABG, Rajah SM et al 1994, Sharma GV et al, SWEDEHEART registry CABG-related bleeding, VA Cooperative CABG, VA Cooperative Study 1989, Veterans Affairs Cooperative Study, Veterans Affairs Cooperative Trials
on Antiplatelet Therapy after CABG
関連記事