抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ
COMPRESS Combination of Clopidogrel and Aspirin for Prevention of Recurrence in Acute Atherothrombotic Stroke Study
結論 大血管アテローム動脈硬化性(LAA)の虚血性脳卒中患者において,clopidogrel+aspirin併用の新規虚血性病変または臨床的血管イベントの発症抑制効果は,aspirin単独にくらべ優れていないようであった。
コメント 十分なリスク管理のもとで行われたアテローム血栓性脳梗塞急性期治療で,血行再建術を予定しない患者に30日後のMRIで続発性の症候性/無症候性病変が,症例全体の35.2%に検出された点は驚きである。2剤抗血小板療法の有用性については,今後,より早期介入でかつ大規模な試験による検証が待たれる。(岡田靖

目的 虚血性脳卒中急性期における再発リスクは高く,脳卒中の病型のなかでもLAAは再発リスクがもっとも高いとされている。また,MRI上の早期虚血病変再発は臨床的再発より頻度が高く,LAA患者で多くみられる。本研究は急性LAAと推定される虚血性脳卒中患者における再発抑制効果について,clopidogrel+aspirin併用とaspirin単独を比較した。主要評価項目:30日後のDWIまたはFLAIR法により確認された新規の症候性/無症候性虚血性病変。副次評価項目:30日後の後遺障害(modified Rankin Score:mRS),臨床的脳卒中再発,脳卒中+心筋梗塞+血管死の複合。安全性の評価項目:全出血。
デザイン 無作為割付,二重盲検,プラセボ対照試験。NCT00814268。
セッティング 多施設(20施設),韓国。
期間 登録期間は2009年1月~2012年4月。
対象患者 358例。≧30歳,拡散強調画像(DWI)で虚血性脳卒中を確認,MRA/CTA上当該脳卒中に関連するアテローム動脈硬化性狭窄を有する(NASCET法にて>30%の頭蓋外頸動脈狭窄および頭蓋内狭窄[担当医の裁量による]),発症から48時間以内に試験薬を投与可能な患者。
【除外基準】心原性脳卒中または小血管閉塞の疑い,非外傷性頭蓋内出血既往,併存脳病変(頭蓋内出血や脳腫瘍など),試験終了前に従来の血管造影/血管インターベンション/手術の予定,出血素因または凝固障害,抗血小板療法禁忌,血栓溶解療法施行など。
【患者背景】年齢中央値は併用群68歳,aspirin単独群67歳,男性は各群65.52%,61.71%,虚血性脳卒中既往11.49%,9.14%,冠動脈疾患既往4.60%,4.57%,高血圧既往64.37%,68.00%,糖尿病既往33.33%,31.43%,高コレステロール血症既往33.91%,28.57%。脳卒中の病型:LAA 96.6%,98.9%,その他/不明3.4%,1.1%。頭蓋外頸動脈狭窄29.9%,24.6%。登録時のNational Institute of Health stroke scale(NIHSS)中央値3,3。発症-無作為割付時間(平均)32.63時間,31.71時間。
治療法 施設および無作為割付までの時間により層別化後,以下の2群に無作為割付。全例に至適薬物療法を行った。試験期間中の抗血小板薬または抗凝固薬の追加は許可しなかった。
併用群:178例。clopidogrel 75mg/日1日1回(負荷用量なし)+aspirin負荷用量300mg投与後,100mg 1日1回。
aspirin単独群:180例。aspirin負荷用量300mg投与後,100mg 1日1回。
追跡完了率 追跡MRI施行は334/358例。
結果

●評価項目
主要評価項目は併用群61例(36.5%),aspirin単独群60例(35.9%)で,同程度であった(RR 1.02,95%CI 0.77-1.35,p=0.91)。再発虚血性病変の94.2%は臨床的に無症候性であった。
以下の項目についても,両群で同程度であった。
30日後のmRS:1,1,OR 1.10,0.74-1.64,p=0.65。
mRSスコア0~2:68.2%,74.68%,OR 0.73,0.44-1.20,p=0.21。
脳卒中+心筋梗塞+血管死:2.40%,3.61%,RR 0.66,0.19-2.31,p=0.52。
30日後の臨床的脳卒中再発:1.80%,3.01%,RR 0.59,0.14-2.46,p=0.50。
全死亡:1.72%, 0%,p=0.12。
全出血イベントは, 併用群29例(16.7%),aspirin単独群19例(10.7%)で,同程度であった(RR 1.59,0.91-2.68,p=0.11)。生命にかかわる出血(2.3%,1.1%,p=0.40),大出血(1.7%,0%,p=0.19),小出血(12.6%,9.6%,p=0.36)も同程度であった。併用群で出血性脳卒中が1例発現した。

●有害事象

文献: Hong KS, et al.; COMPRESS Investigators. Recurrent Ischemic Lesions After Acute Atherothrombotic Stroke: Clopidogrel Plus Aspirin Versus Aspirin Alone. Stroke 2016; 47: 2323-30. pubmed
関連トライアル ACTIVE W, APPRAISE, APPRAISE-2 post hoc analysis, CAPRIE 2000, CARESS, CHANCE, CHANCE functional outcome, CHARISMA, CHARISMA atrial fibrillation, CHARISMA bleeding complications, CHARISMA stroke severity, CHARISMA subgroup analysis, CREDO, DES LATE, MATCH, PLATO total events, PRoFESS, PRoFESS acute ischemic stroke, PRoFESS disability and cognitive function, SOCRATES, SPS3, TOSS-2, TRILOGY ACS elderly patients, 急性脳梗塞/TIA患者への抗血小板療法:2剤併用療法と単剤療法の比較, 血管疾患患者に対する抗血小板療法, 脳卒中/TIA後のDAPTによる二次予防
関連記事