抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ
PEGASUS-TIMI 54 diabetic patients
結論 心筋梗塞既往を有する糖尿病患者において,ticagrelorをaspirinに追加することにより,心血管死,冠動脈性心疾患死も含め,虚血イベント再発リスクが抑制された。
コメント PEGASUS-TIMI 54試験では,発症後1~3年の心筋梗塞に加えて,リスク因子を1つ以上保有する症例が登録された。糖尿病は合併するリスク因子のなかでも重要な因子とされた。糖尿病群は6,806例と全体の21,162例の中では想像よりも多くはなかった。糖尿病を有さない症例は他のリスク因子を有しているので,糖尿病あり/なしの比較というよりも糖尿病あり/糖尿病以外のリスク因子ありの比較になっている。それでも,糖尿病症例のイベント発症率が高いことが示唆された。
糖尿病に加えて血管病のリスク因子を有するTHEMIS試験が進行中である。「糖尿病」という病態にアスピリン以外の抗血小板薬を必要とさせる病態があるのか否か,今後の展開が期待される。(後藤信哉

目的 糖尿病患者では,アテローム血栓性イベントリスクが上昇し,強力な抗血小板療法によるベネフィットが大きくなるようである。本解析は,心筋梗塞既往患者を対象とした PEGASUS-TIMI 54試験の事前に定められた解析として,糖尿病患者ではticagrelorによる絶対リスク減少が大きいという仮説を検証した。有効性の主要評価項目:MACE(心血管死+心筋梗塞+脳卒中の複合)。安全性主要評価項目:TIMI出血基準大出血
デザイン PEGASUS-TIMI 54は無作為割付,二重盲検,プラセボ対照試験。
セッティング
期間
対象患者 21,162例。自然発症心筋梗塞発症から1~3年以内で,以下の追加リスクを1つ以上有する症例(65歳以上,薬物療法を要する糖尿病,2度目の自然発症心筋梗塞既往,多枝疾患,慢性腎障害)。
【除外基準】-
【糖尿病の有無別の患者背景】年齢中央値は非糖尿病群66.0歳,糖尿病群63.0歳*。それぞれの男性77.9歳,72.3歳*。BMI 27.4kg/m2,29.2 kg/m2*。多枝疾患63.2%,51.1%*。高血圧既往73.8%,85.5%*。高コレステロール血症75.6%,79.3%*。現喫煙17.2%,15.6%(p=0.0027)。脳卒中/一過性脳虚血発作既往1.5%,1.9%(p=0.04)。糖尿病群:2型糖尿病99%,インシュリン22%,経口血糖降下薬78.9%。*p<0.0001
治療法 PEGASUS-TIMI 54は90mg群(ticagrelor 90mg 1日2回投与),60mg群(同60mg 1日2回投与),プラセボ群に無作為割付。全例にaspirinを投与した。
追跡完了率
結果

●評価項目
糖尿病患者は6,806例であった。
ticagrelor群(2つの用量を統合)のプラセボ群に比したMACEの相対リスクは,糖尿病患者(HR 0.84,95%CI 0.72-0.99,p=0.035),非糖尿病患者(HR 0.84,0.74-0.96,p=0.013,交互作用のp=0.99)で同様に抑制された。糖尿病患者はMACEリスクが高いため,絶対リスク減少は糖尿病患者で非糖尿病患者にくらべて大きい傾向となった(1.5% vs. 1.1%,3年間の治療必要数[NNT]67 vs. 91)。
糖尿病患者では,ticagrelorは心血管死(HR 0.78,95%CI 0.61-0.99,p=0.0495),冠動脈性心疾患死(HR 0.66,95%CI 0.48-0.91,p=0.01)を低減した。
TIMI大出血は糖尿病患者(HR 2.56,1.52-4.33,p=0.0004),非糖尿病患者(HR 2.47,1.73-3.53,p<0.0001)の両方で増加した(交互作用のp=0.89)。
糖尿病患者のうち薬物療法を要する症例(5,960例)では,絶対リスク減少は1.9%(12.3%から10.4%)で,3年間のNTTは53であった。

●有害事象

文献: Bhatt DL, et al. Reduction in Ischemic Events With Ticagrelor in Diabetic Patients With Prior Myocardial Infarction in PEGASUS-TIMI 54. J Am Coll Cardiol 2016; 67: 2732-40. pubmed
関連トライアル APPRAISE, APPRAISE-2, APPRAISE-2 post hoc analysis, ATLAS ACS 2-TIMI 51 STEMI patients, CAD患者に対するPAR-1拮抗薬の安全性および有効性, CHARISMA subgroup analysis, CREDO, DAPT BMS or DES, DAPT myocardial infarction, ExTRACT-TIMI 25 clopidogrel, JPPP, PCI-CLARITY, PEGASUS-TIMI 54, PEGASUS-TIMI 54 renal function, PLATO diabetes, PLATO history of stroke, PLATO patients with NSTE-ACS, PLATO renal function, PLATO total events, PLATO undergoing CABG, RESTORE, TRA 2P-TIMI 50 diabetes mellitus, TRA 2P-TIMI 50 new ischemic stroke, TRA 2P-TIMI 50 previous myocardial infarction, TRA 2P-TIMI 50 stent thrombosis, TRA 2P-TIMI 50 thienopyridine, TRACER undergoing CABG, TRANSLATE-ACS aspirin dose, TRITON-TIMI 38 diabetes, TRITON-TIMI 38 discharge aspirin dose, 心筋梗塞患者におけるDAPT延長による心血管イベント二次予防
関連記事