抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ
COGENT aspirin dose
結論 抗血小板薬二剤併用療法(DAPT)を必要とする冠動脈疾患患者では,低用量aspirin投与下であっても適切に患者を選択し,プロトンポンプ阻害薬(PPI)による消化管保護を実施すべきである。

目的 COGENTでは,DAPTを要する患者において,PPIが消化管イベントを安全に抑制することが示された。しかしながら,とくに低用量aspirin投与下の患者に対するPPIの至適予防的投与は,いまだ定まっていない。本サブ解析では,DAPT例において,omeprazoleのプラセボに対する安全性および有効性をaspirinの用量別に検討した。主要評価項目:上部消化管イベント(顕性上部消化管出血,ヘマトクリット低下をともなう消化管由来と推定される出血,顕性胃十二指腸潰瘍,内視鏡で確認された複数のびらんをともなう持続性消化管疼痛,閉塞,穿孔),心血管イベント(心血管死,非致死性心筋梗塞,冠血行再建術,脳梗塞の複合)。
デザイン COGENTは無作為割付,二重盲検試験,intention-to-treat解析。NCT 00557921。
セッティング COGENTは多施設(393施設),15ヵ国。
期間 COGENTの無作為割付期間は2008年1月~12月,追跡期間中央値110日(高用量aspirin群:115日,低用量aspirin群:67日)。
対象患者 3,752例。COGENT登録患者(21歳以上,12ヵ月以上のDAPTを必要とする)のうち,aspirinの用量(低用量:75/81 mg,高用量:150/162/300/325 mg)に関するデータが入手できた症例。
【除外基準】48時間以内に退院予定,最近の胃保護剤(PPIs,H2受容体拮抗薬,抗潰瘍薬,胃酸抑制薬)使用歴,既存のびらん性胃食道炎/静脈瘤疾患,非内視鏡的消化管手術歴,経口抗凝固薬併用(試験参加の際,安全に中止できない者),最近の線溶療法。
【aspirin用量別の患者背景】
低用量(2,480例):平均年齢*はomeprazole群68.2歳,プラセボ群68.0歳。各群の男性*64.2%,66.0%。H.pylori陰性*44.5%,44.5%。心血管疾患既往:心筋梗塞31.0%,28.1%,末梢動脈疾患13.2%,13.2%,脳卒中*9.1%,9.9%。心血管危険因子:高血圧**81.7%,82.9%,糖尿病30.6%,28.4%,高コレステロール血症74.7%,72.6%。消化管出血/潰瘍既往4.1%,3.8%。
高用量(1,272例):平均年齢*はomeprazole群63.6歳,プラセボ群63.8歳。各群の男性*71.9%,76.3%。H.pylori陰性*67.1%,65.9%。心血管疾患既往:心筋梗塞29.2%,29.5%,末梢動脈疾患9.8%,9.5%,脳卒中*3.6%,4.6%。心血管危険因子:高血圧**76.7%,78.5%,糖尿病33.8%,29.1%,高コレステロール血症*87.6%,86.1%。消化管出血/潰瘍既往4.1%,5.0%。
*p<0.001(低用量対高用量),**p=0.02
治療法 COGENTは以下の2群に無作為割付。aspirinは腸溶錠を用い,用量は医師の裁量とした。
omeprazole群:(低用量aspirin投与1,231例+高用量aspirin投与638例):clopidogrel 75mg+omeprazole 20mgの合剤を投与。
プラセボ群:(1,249例+634例):clopidogrel 75mg+プラセボを投与。
追跡完了率
結果

●評価項目
上部消化管出血は,omeprazole群でプラセボ群にくらべ,低用量aspirin例では抑制,高用量aspirin例では抑制傾向がみられた(aspirin用量と割付治療の交互作用のp=0.80)。
低用量aspirin:omeprazole群1.16%,プラセボ群3.08%,p=0.003。
高用量aspirin:0.88%,2.61%,p=0.05。
心血管イベントは,低用量,高用量ともに,omeprazole群とプラセボ群で差を認めなかった(aspirin用量と割付治療の交互作用のp=0.91)。
低用量aspirin:5.55%,5.54%,p=0.95。
高用量aspirin:4.23%,5.45%,p=0.92。
aspirinの高用量と低用量の比較では,Kaplan-Meier estimateによる180日後の上部消化管イベント(1.74%,2.12%,補正後HR 0.88,95%CI 0.46-1.66),心血管イベント(4.82%,5.54%,補正後HR 0.73,0.48-1.11)ともに差はみられなかった。

●有害事象

文献: Vaduganathan M, et al., COGENT Investigators. Proton-Pump Inhibitors Reduce Gastrointestinal Events Regardless of Aspirin Dose in Patients Requiring Dual Antiplatelet Therapy. J Am Coll Cardiol 2016; 67: 1661-71. pubmed
関連トライアル APPRAISE, APPRAISE-2 post hoc analysis, ARCTIC-Interruption, CASPAR , COGENT, CREDO, CURRENT-OASIS 7 undergoing PCI, DAPT, DAPT BMS or DES, DES LATE, ITALIC, JPPP, OPTIMIZE, PARIS, PREVENT IV observational analysis, PRODIGY impact of clinical presentation, PRODIGY in-stent restenosis, REAL-LATE / ZEST-LATE, TRANSLATE-ACS aspirin dose, TRILOGY ACS elderly patients, TRITON-TIMI 38, TRITON-TIMI 38 discharge aspirin dose, UC Davis PAD Registry, Varenhorst C et al, ステント留置術施行患者におけるTAPTの有効性および安全性
関連記事