抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ
CHAMPION PHOENIX sex differences
結論 待機的/緊急経皮的冠動脈インターベンション(PCI)施行患者において,cangrelorはclopidogrelにくらべ,主要有害心血管事象およびステント血栓症を男女ともに減少させ,正味の臨床ベネフィットが大きいようであった。

目的 cangrelorの薬理学的特性は性別,年齢,腎/肝機能に関わらず一貫している。CHAMPION PHOENIXでは,待機的/緊急PCI施行患者において,cangrelorはclopidogrelにくらべ,虚血性心イベントおよびステント血栓症を減少させ,出血も増加しなかった。本論文は事前設定サブ解析として,cangrelorについて,女性の男性に対する相対的安全性,有効性を検討した。有効性主要評価項目:48時間後の全死亡,心筋梗塞(MI),虚血による血行再建術,ステント血栓症の複合。安全性主要評価項目:48時間後のGUSTO出血基準重度/または生命を脅かす出血(CABGに関連しないもの)
デザイン CHAMPION PHOENIXは無作為割付二重盲検試験,modified intention-to-treat解析。NCT 01156571。
セッティング
期間
対象患者 11,145例。18歳以上で,安定狭心症/急性冠症候群のためPCIを要する患者。
【除外基準】過去7日以内におけるP2Y12阻害薬/abciximabの投与,割付前12時間以内にeptifibatide/tirofiban/線溶薬を使用,出血リスク増加が想定される者(前年の脳梗塞または出血性脳卒中の既往,頭蓋内動脈瘤/動静脈奇形,外傷/大手術から1ヵ月以内,warfarin投与下,活動性出血の兆候)。
【男女別の患者背景】女性(3,051例):年齢中央値*はcangrelor群68.0歳,clopidogrel群68.0歳。来院時の最終診断:安定狭心症58.5%,60.5%,非ST上昇型急性冠症候群(NSTE-ACS)27.3%,25.4%,ST上昇型心筋梗塞(STEMI)14.2%,14.1%。糖尿病*32.7%,33.4%。現喫煙*21.1%,20.9%。高血圧*85.4%,84.0%。脂質異常症*70.5%,71.4%。脳卒中/一過性脳虚血発作(TIA)既往*6.4%,5.8%。MI既往*15.7%,18.0%。心不全既往11.5%,10.7%。周術期の投薬:clopidogrel 300mg 25.6%,26.4%,同600mg 74.4%,73.6%,bivalirudin 22.0%,23.4%,UFH 78.5%,77.9%,LMWH*14.2%,15.2%,aspirin* 93.0%,93.6%。DES 留置*53.5%,53.9%。
男性(7,891例):年齢中央値*はcangrelor群63.0歳,clopidogrel群62.0歳。来院時の最終診断:安定狭心症58.1%,57.1%,NSTE-ACS 26.5%,26.4%,STEMI 15.4%,16.6%。糖尿病*25.9%,26.1%。現喫煙*31.0%,32.1%。高血圧*78.0%,77.7%。脂質異常症*68.9%,68.1%。脳卒中/ TIA既往*4.4%,4.0%,MI既往*21.8%,23.0%。心不全既往9.6%,10.7%。周術期の投薬:clopidogrel 300mg 25.7%,25.3%,同600mg 74.3%,74.7%,bivalirudin 23.2%,23.1%,UFH 77.9%,78.3%,LMWH*13.0%,13.2%,aspirin*95.0%,94.4%。DES留置*56.9%,55.7%。
*:女性対男性のp<0.05
治療法 CHAMPION PHOENIXは,以下の2群に無作為割付。
cangrelor群:5,472例(女性1,558例+男性3,914例)。ボーラス投与・静注後,clopidogrel 600mgを投与。
clopidogrel群:5,470例(1,493例+3,977例)。負荷用量300または600 mg投与後,プラセボを投与。
最初の48時間はclopidogrel維持用量投与に加え,aspirin 75~325mgを全例に投与。周術期の抗凝固薬は担当医の裁量とした。GP IIb/IIIa阻害薬はPCI施行中のレスキューとしてのみ許可した。
追跡完了率
結果

●評価項目
女性ではcangrelor群でclopidogrel群にくらべ,主要評価項目(補正後 OR 0.65,95%CI 0.48-0.89,p=0.01),ステント血栓症(OR 0.39,0.20-0.77,p=0.01)とも減少した。
男性では,それぞれOR 0.86,0.70-1.05,p=0.14(交互作用のp=0.23),OR 0.84,0.53-1.33,p=0.44(交互作用のp=0.11)であった。
GUSTO出血基準重度/または生命を脅かす出血は,女性,男性ともに,cangrelor群のclopidogrel群に比した増加はみられなかった(女性:0.3%,0.2%,p=0.30,男性:0.1%,0.1%,p=0.41,交互作用のp=0.88)。
正味の臨床ベネフィット(有効性+安全性主要評価項目)は女性(OR 0.68,0.50-0.92,p=0.01),男性(OR 0.87,0.71-1.06,p=0.17ともにcangrelorがすぐれていた(交互作用のp=0.26)。

●有害事象

文献: O'Donoghue ML, et al. Efficacy and Safety of Cangrelor in Women Versus Men During Percutaneous Coronary Intervention: Insights From the Cangrelor versus Standard Therapy to Achieve Optimal Management of Platelet Inhibition (CHAMPION PHOENIX) Trial. Circulation 2016; 133: 248-55. pubmed
関連トライアル ADAPT-DES, CHAMPION PCI, CHAMPION PHOENIX, CHAMPION PHOENIX intraprocedural stent thrombosis, CHAMPION PLATFORM, CHAMPION pooled analysis, CHARISMA, CHARISMA bleeding complications, CREDO, GRAVITAS, ISAR-REACT 3, ISAR-SAFE, OPTIMIZE, PCI施行患者に対するcangrelor, PLATO renal function, PLATO sex difference, PLATO total events, PRINCIPLE-TIMI 44, PRODIGY, PURSUIT 1998, SECURITY, TRILOGY ACS elderly patients, TRITON-TIMI 38, TRITON-TIMI 38 diabetes, TRITON-TIMI 38 discharge aspirin dose, TRITON-TIMI 38 early and late benefits, TRITON-TIMI 38 PCI
関連記事