抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ
TRA 2P-TIMI 50 thienopyridine
結論 心筋梗塞既往を有する安定患者において,vorapaxarはチエノピリジン系薬剤併用の有無にかかわらず,心血管死,心筋梗塞,脳卒中を抑制した。中等度~重篤な出血リスクは,チエノピリジン系薬剤併用の有無にかかわらず上昇した。

目的 TRA 2P-TIMI 50では,vorapaxarの長期投与は心血管疾患既往を有する安定患者の虚血イベントを抑制した。脳卒中既往患者では重篤な出血リスクが上昇した一方,心筋梗塞既往患者では抗血栓作用と安全性の良好なバランスが示された。本解析は事前設定サブグループ解析として,心筋梗塞既往を有し,脳卒中/一過性脳虚血発作(TIA)の既往はない安定患者において,vorapaxarの有効性および安全性がチエノピリジン系薬剤併用の有無により変わるか検討した。有効性主要評価項目:心血管死,心筋梗塞,脳卒中の複合。安全性主要評価項目:GUSTO出血基準の中等度~重度の出血
デザイン TRA 2P-TIMI 50は無作為割付,プラセボ対照,二重盲検,intention-to-treat解析(有効性解析)。NCT00526474。
セッティング 多施設,複数国。
期間 追跡期間中央値は30ヵ月(IQR 24~36)。
対象患者 16,897例(全体の64%)。TRA 2P-TIMI 50対象のアテローム性動脈硬化症既往患者26,449例のうち,心筋梗塞既往(発症から2週間~12ヵ月以内)を有し,脳卒中/TIAの既往はない症例。
【除外基準】血行再建術施行予定,出血障害既往/最近(30日以内)の異常出血,経口抗凝固療法を必要とする。
【患者背景】平均年齢はチエノピリジン系薬剤使用の予定あり58.3歳,予定なし59.5歳*。各群の女性19.3%,22.3%*。リスク因子:糖尿病20.3%,24.7%*,高血圧60.9%,63.0%(p=0.017),脂質異常症85.3%,82.1%*,現喫煙20.0%,18.8%。併用の薬剤:aspirin 98.3%,98.3%,脂質低下薬97.0%,95.3%*,β遮断薬85.7%,79.4%*,ACE阻害薬/ARB 78.4%,75.4%**: p<0.001
治療法 TRA 2P-TIMI 50は,アテローム性動脈硬化(心筋梗塞,脳卒中,末梢血管疾患)および割付時のチエノピリジン系薬剤併用予定の有無により層別化し,vorapaxar群(2.5mg/日を経口投与)またはプラセボ群に無作為割付。aspirinは≦162mgの投与を推奨した。
チエノピリジン系薬剤併用の予定ありは12,410例(vorapaxar群6,203例,プラセボ群6,207例),予定なしは4,487例(2,255例,2,232例)。
追跡完了率
結果

●評価項目
vorapaxar群でプラセボ群にくらべ,チエノピリジン系薬剤併用予定の有無にかかわらず,有効性主要評価項目を抑制した(交互作用のp=0.67)。
チエノピリジン系薬剤併用の予定あり:vorapaxar 群7.3% vs. プラセボ群9.0%,HR 0.80,95%CI 0.70-0.91,p<0.001。
予定なし:7.6% vs. 9.2%,HR 0.75,0.60-0.94,p=0.011。
この結果は,実際の併用の有無(交互作用のp=0.82),併用延長(≧18ヵ月間)の有無(交互作用のp=0.44)で解析しても同様であった。
安全性の主要評価項目(GUSTO出血基準の中等度~重篤な出血)は,vorapaxar群でプラセボ群にくらべて,チエノピリジン系薬剤併用予定の有無にかかわらず増加した(交互作用のp=0.37)。
予定あり:3.3% vs. 2.3%,HR 1.50,1.18-1.89,p<0.001。
予定なし:2.8% vs. 1.3%,HR 1.90,1.17-3.07,p=0.009。
この結果は,実際の併用の有無による解析でも同様であった(交互作用のp=0.24)。
正味の臨床転帰(有効性+安全性主要評価項目)は,チエノピリジン系薬剤併用予定の有無にかかわらず,vorapaxar群でプラセボ群にくらべ抑制された(交互作用のp=0.35)。
予定あり:9.2% vs. 10.6%,HR 0.87,0.77-0.98,p=0.021。
予定なし:9.4% vs. 11.1%,HR 0.78,0.64-0.95,p=0.012。

●有害事象

文献: Bohula EA, et al. Efficacy and Safety of Vorapaxar With and Without a Thienopyridine for Secondary Prevention in Patients With Previous Myocardial Infarction and No History of Stroke or Transient Ischemic Attack: Results from TRA 2°P-TIMI 50. Circulation 2015; 132: 1871-9. pubmed
関連トライアル APPRAISE-2, ATLAS ACS 2-TIMI 51 STEMI patients, ATLAS ACS-TIMI 46 , CAD患者に対するPAR-1拮抗薬の安全性および有効性, CHARISMA bleeding complications, CHARISMA subgroup analysis, DAPT, DAPT BMS or DES, ENGAGE AF-TIMI 48 cerebrovascular events, JPPP, PCI-CLARITY, PEGASUS-TIMI 54, PLATO history of stroke, PLATO total events, RESTORE, TRA 2P-TIMI 50, TRA 2P-TIMI 50 diabetes mellitus, TRA 2P-TIMI 50 new ischemic stroke, TRA 2P-TIMI 50 previous myocardial infarction, TRA 2P-TIMI 50 prior ischemic stroke, TRA 2P-TIMI 50 stent thrombosis, TRACER, TRACER undergoing CABG, TRILOGY ACS elderly patients, TRITON-TIMI 38, TRITON-TIMI 38 diabetes, TRITON-TIMI 38 discharge aspirin dose, TRITON-TIMI 38 PCI, 血管疾患患者に対する抗血小板療法
関連記事