抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ
DIAS-J Desmoteplase in Japanese Patients with Acute Ischemic Stroke
結論 日本人の脳梗塞患者において,発症後3~9時間以内のdesmoteplase投与は70μg/kg,90μg/kgの両用量とも好ましい安全性プロファイルを有し,忍容性も良好であった。
コメント 発症3~9時間の急性脳梗塞におけるdesmoteplase 70μg/kgと90μg/kg投与の安全性と認容性が日本人の両用量群で確認された。安全性の高い薬剤であるが,海外で行われた第3相試験(DIAS-3 trial)結果で予後改善効果が示されず,開発は中止されている。(矢坂正弘

目的 日本人の脳梗塞患者において,発症から3~9時間後のdesmoteplase(70μg/kgおよび90μg/kg)投与の安全性および忍容性を検討した。主要評価項目:試験薬投与後72時間以内の症候性頭蓋内出血。副次評価項目:無症候性脳内出血,症候性脳浮腫,死亡,有害事象。
デザイン 第II相,無作為割付,二重盲検,プラセボ対照試験。
セッティング 多施設(18施設),日本。
期間 登録期間は2010年8月~2013年5月。
対象患者 48例。20~85歳,発症後3~9時間以内に治療可能な脳梗塞患者で,ベースライン時のNational Institute of Health stroke scale(NIHSS)スコア4~24,MRIにて中大脳動脈M1またはM2に閉塞または高度狭窄が認められる症例。
【除外基準】MRIにて中大脳動脈領域の1/3を超える梗塞が認められる症例。
【患者背景】年齢中央値(範囲)はdesmoteplase 70μg/kg群73(56~80)歳,desmoteplase 90μg/kg群74(57~85)歳,プラセボ群79(58~85)歳。それぞれの女性/男性4/12例,7/9例,7/9例。病前modified Rankin Score(mRS) 0:14例,13例,14例。NIHSS中央値(範囲)8(4~20),8(4~20),13(6~23)。発症-治療時間中央値(範囲)7.5(4~9)時間,6.9(5~9)時間,6.1(4~9)時間。
治療法 desmoteplaseの二つの用量の連続コホートにて,desmoteplase群またはプラセボ群に2:1で無作為割付(コホート1:70μg/kg,コホート2:90μg/kg)。プラセボ群は二つのコホートを統合して解析を行った。
desmoteplase 70μg/kg群:16例。desmoteplase 70μg/kg静注。
desmoteplase 90μg/kg群:16例。desmoteplase 90μg/kg静注。
プラセボ群:16例(コホート1:8例+コホート2:8例)。
脳画像はベースライン時および試験薬投与の18±6時間後の2回撮像した。追加画像は臨床診療の一環として,もしくはNIHSSの4点以上の悪化がみられた場合に撮像した。
追跡完了率 試験完了はdesmoteplase 70μg/kg群15例,desmoteplase 90μg/kg群15例,プラセボ群13例。
結果

●評価項目
72時間以内の症候性脳内出血は,desmoteplase 70μg/kg群1例(6.3%),プラセボ群2例(12.5%)で,群間差を認めなかった(p=0.76)。
72時間以内の全脳内出血(症候性/無症候性)はdesmoteplase 70μg/kg群8例(50%),desmoteplase 90μg/kg群9例(56.3%),プラセボ群7例(43.8%)。
72時間以内の症候性脳内浮腫はプラセボ群1例(6.3%)で,desmoteplaseの両用量とも,プラセボにくらべリスク上昇と関連していなかった。
死亡はdesmoteplase 90μg/kg群1例(投与10日後,慢性心不全),プラセボ群1例(投与55日後,胃がん)。
90日後の転帰良好(mRS 0~2)は,desmoteplase 70μg/kg群10例(62.5%),desmoteplase 90μg/kg群11例(68.8%),プラセボ群7例(43.8%)。
90日後のNIHSSの変化は,それぞれ-3.9,-4.8,-3.2。

●有害事象
-

文献: Mori E, et al.; DIAS-J Investigators. Safety and Tolerability of Desmoteplase Within 3 to 9 Hours After Symptoms Onset in Japanese Patients With Ischemic Stroke. Stroke 2015; 46: 2549-54. pubmed
関連トライアル AbESTT-II, DIAS-3, ECASS III, Georgiadis D et al, 2006, NINDS rt-PA Stroke Study 1995, RESTORE, SAINT postthrombolysis ICH, Schellinger PD et al, SITS-ISTR antiplatelet therapy, Tsivgoulis G et al, VISSIT
関連記事