抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ
DIAS-3 Desmoteplase in Acute Ischemic Stroke 3
結論 発症から3時間を超えた脳梗塞および主要脳動脈閉塞患者に対し,desmoteplase投与は安全性の懸念をもたらさず,機能的転帰を改善しなかった。
コメント 発症から3~9時間の頭蓋内主幹動脈閉塞に伴う脳梗塞患者へのdesmoteplase投与は機能予後を改善しなかったが,大出血や有害事象が少なく,安全性の高いrt-PA製剤であることが示された。サブグループ解析で,急性期DWIにて虚血病巣が25mL未満の症例では機能予後の有意な改善が示されており,急性期虚血病巣のサイズを中心に,ベネフィットが得られる患者像の解析とその確認が,さらなる研究でなされることを期待したい。(矢坂正弘

目的 現行の脳梗塞患者に対する血栓溶解療法は,症状発現から3時間以内(米国)または4.5時間以内(欧州など)に制限されている。本試験は,症状発現から3~9時間以内の主要脳動脈の閉塞または高度狭窄の患者において,desmoteplaseの安全性および有効性を検討した。主要評価項目:90日後の転帰良好(modified Rankin Score[mRS] 0~2)。副次評価項目:National Institute of Health stroke scale(NIHSS)の改善(8ポイント以上の改善または90日後に≦1),mRSの改善+NIHSSの改善の複合。
デザイン 無作為割付,二重盲検試験。主要評価項目:full analysis。NCT00790920。
セッティング 多施設(77施設),17ヵ国。
期間 登録期間は2009年2月6日~2013年11月27日。
対象患者 492例。18~85歳,症状発現が目撃されてから3~9時間以内の脳梗塞患者で,NIHSS 4~24,急性神経学的欠損に一致する中大脳動脈近位部(M1およびM2)/前方/後方脳動脈の閉塞または高度狭窄を有する患者(CTAまたはMRAにて評価)。
【除外基準】中大脳動脈領域の1/3または前方/後方脳動脈の半分を超える急性虚血性傷害,頭蓋内出血,病前mRS>1。
【患者背景】平均年齢はdesmoteplase群67.0歳,プラセボ群67.7歳。各群の男性48%,53%。人種:アジア人57%,60%,白人42%,40%。NIHSS中央値(IQR)12(8~17),12(7~16)。NIHSS 8~24の症例における同スコア中央値(IQR)14(11~18),14(11~18)。発症-治療時間(IQR)7.0(6.0~7.9)時間,6.9(5.7~8.0)時間。病前mRS 0:89%,86%。1:11%,12%。糖尿病28%,22%。
治療法 ベースライン時のNIHSSおよび年齢により層別化後,以下の2群に無作為割付。
desmoteplase群:247例(主要評価項目の解析対象236例)。90μg/kgボーラス単回静注。
プラセボ群:245例(同237例)。
追跡完了率
結果

●評価項目
90日後の転帰良好(mRS 0~2)はdesmoteplase群121例(51%),プラセボ群 118例(50%)で,同程度であった(補正後HR 1.20, 95%CI 0.79-1.81,p=0.40)。
NIHSSの改善(8ポイント以上の改善または90日後に≦1)はdesmoteplase群146例(62%)vs. プラセボ群133例(56%)(補正後HR 1.30, 95%CI 0.89-1.90,p=0.18)。
mRSの改善+NIHSSの改善の複合はdesmoteplase群108例(46%)vs. プラセボ群100例(43%)(補正後HR 1.30, 95%CI 0.87-1.93,p=0.20)。
死亡はdesmoteplase群 24例(10%)vs. プラセボ群23例(10%)。
重篤な有害事象はdesmoteplase 群64例(27%)vs. プラセボ群69例(29%)。症候性頭蓋内出血desmoteplase群6例(3%) vs. プラセボ群5例(2%),症候性脳浮腫5例(2%)vs. 4例(2%),大出血10例(4%)vs. 15例(6%),脳梗塞5例(2%)vs. 5例(2%)。

●有害事象

文献: Albers GW, et al.; DIAS-3 Investigators. Safety and efficacy of desmoteplase given 3-9 h after ischaemic stroke in patients with occlusion or high-grade stenosis in major cerebral arteries (DIAS-3): a double-blind, randomised, placebo-controlled phase 3 trial. Lancet Neurol 2015; 14: 575-84. pubmed
関連トライアル alteplase静注における治療時間の遅れ,年齢,脳卒中重症度の影響, CASISP, EARLY, ECASS III, ECASS III additional outcomes, EPITHET, ICARO, IST-3, IST-3 18-month follow-up, IST-3 brain imaging signs, RECANALISE, RESTORE, SAINT postthrombolysis ICH, SITS-ISTR, STRokE DOC, 虚血性脳卒中患者に対するrt-PA療法
関連記事