抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ
メタ解析
ラクナ梗塞二次予防における抗血小板療法の有効性
Efficacy of antiplatelet therapy in secondary prevention following lacunar stroke: pooled analysis of randomized trials
結論 本結果より,いずれの抗血小板薬単剤もプラセボにくらべ,ラクナ梗塞後の二次予防として適切であった。抗血小板薬2剤併用は,ラクナ梗塞患者の再発予防では長期に用いるべきではない。
コメント ラクナ梗塞に限定した抗血小板薬の脳梗塞二次予防効果を,時代や人種を超えてメタ解析した論文である。どの種の抗血小板薬も,単剤であればプラセボより有意に抑制効果があることを示した点で意義がある。今後,人種や時代背景をあわせて,薬理作用をベースにした更なる解析が必要である。(岡田靖

目的 ラクナ梗塞は虚血性脳卒中全体の約25%を占めるが,再発予防のための抗血小板薬の使用を支持するエビデンスはすべて,RCTのサブグループ解析からもたらされたものである。aspirin単独とDAPTを比較したSPS3試験は早期終了となっており,至適抗血小板療法はまだ明確になっていない。本研究では,ラクナ梗塞患者において,再発予防としての抗血小板療法の有効性を評価した。主要評価項目:全脳卒中再発(虚血性/出血性)。副次評価項目:(1)虚血性脳卒中再発,(2)全脳卒中+心筋梗塞+死亡の複合。
方法 2013年12月,MEDLINE,Embase,the Cochrane libraryにて検索。出版日および言語の制限は設けなかった。
対象:急性脳卒中後の二次予防として抗血小板薬の使用を評価したRCTのうち,ラクナ梗塞患者のデータを報告しているもの。
除外:新規のまだ確立されていない薬剤の試験(terutroban, sarpogrelate)。
対象 17試験(AICLA, CATS, ESPS-2, IST, Matsumoto et al, CAST, Uchiyama et al, MATCH, ESPRIT, S-ACCESS, PRoFESS, CSPS2, AAASPS, SPS3, PERFORM, ECLIPse, TRA2P-TIMI 50)。
42,234例(平均年齢64.4歳,男性65%)。追跡期間の範囲は4週~3.5年。
主な結果 ・抗血小板薬単独 vs. プラセボ
抗血小板薬単独はプラセボにくらべ,全脳卒中,虚血性脳卒中の再発抑制と関連していたが,副次評価項目は同程度であった。
全脳卒中(2試験):RR 0.77,95%CI 0.62-0.97,I2=51%,p=0.03。
虚血性脳卒中(2試験):RR 0.48,95%CI 0.30-0.78,I2=0%,p=0.003。
副次評価項目(2試験):RR 0.89,95%CI 0.75-1.05,I2=0%,p=0.16。

・cilostazol, ticlodipine, dipyridamole vs. aspirin
上記薬剤はaspirin単独にくらべ,全脳卒中再発リスク低下との関連を認めなかった。
全脳卒中(3試験):RR 0.91,95%CI 0.75-1.10,I2=58%,p=0.32。

・抗血小板薬2剤併用 vs. aspirin単独
抗血小板薬2剤併用はaspirin単独にくらべ,明確なベネフィットを認めなかった。
全脳卒中(3試験):RR 0.83,95%CI 0.68-1.00,I2=0%,p=0.05。
虚血性脳卒中(3試験):RR 0.80,95%CI 0.62-1.02,I2=0%,p=0.07。
副次評価項目(3試験):RR 0.95,95%CI 0.85-1.07,I2=58%,p=0.42。
文献: Kwok CS, et al. Efficacy of antiplatelet therapy in secondary prevention following lacunar stroke: pooled analysis of randomized trials. Stroke 2015; 46: 1014-23. pubmed
関連トライアル ACS後の患者における新規経口抗凝固薬の追加効果, CSPS post hoc analysis, DAPT継続の死亡に対する影響, PRoFESS acute ischemic stroke, SPS3, SPS3 post hoc analysis, SPS3 predictors of mortality, 急性脳梗塞/TIA患者への抗血小板療法:2剤併用療法と単剤療法の比較, 急性脳梗塞/TIA患者への抗血小板療法:2剤併用療法と単剤療法の比較(2013), 血管疾患患者に対する抗血小板療法, 脳卒中/TIA後のDAPTによる二次予防
関連記事