抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ
Korea University Stroke Registry
結論 抗血小板薬の服用は初発脳卒中の重症度低下と関連しており,ベネフィットが示唆された。
コメント 入院例を対象とした後ろ向き研究ではあるが,他の血管リスクに対する抗血小板療法が脳梗塞発症時の重症度を軽減させるとする検討は,これまでになかった。今後,更なる研究の蓄積が望まれる。(岡田靖

目的 脳卒中前のaspirin投与が臨床転帰に及ぼす影響については,多くの研究が行われ,初期の脳卒中重症度を改善すると示唆されているが,相反する結果の研究もある。本研究では,初発脳卒中患者において,発症前の抗血小板薬服用が初期の脳卒中重症度と関連しているか,傾向スコアマッチング法を用いて検討した。
デザイン 病院ベースの後ろ向き症例コホート研究。
セッティング 多施設(4施設),韓国。
期間 対象入院期間は2007年10月~2012年9月。
対象患者 3,025例。当該期間(1施設では2009年10月より)に虚血性脳卒中のため入院した患者をKorea University Stroke Registry(KUSR)に登録(4,876例)。本解析ではこのうち,発作から5日以内に入院した初発の症候性虚血性脳卒中患者を対象とした。
【除外基準】再発性脳卒中。
【患者背景(発症前の抗血小板薬服用の有無別)】平均年齢は非服用例64.9歳,服用例70.8歳(p<0.001)。それぞれの男性62.8%,56.1%(p=0.001)。発症-来院時間12.5時間,12.4時間。血圧150/90mmHg,141.5/83mmHg(SBP:p=0.036,DBP:p<0.001)。心房細動13.8%,26.5%(p<0.001)。TIA 7.2%,7.1%。発症前の薬物療法(すべてp<0.001):ARB/ACE阻害薬18%,52.1%,β遮断薬8.4%,29.2%,Ca拮抗薬22.9%,49.1%,利尿薬11.7%,34.0%,経口高血糖薬15.1%,35.3%。TOAST分類(p<0.001):大血管アテローム動脈硬化性38.7%,28.3%,心原性17%,26.3%,小血管閉塞24.1%,27.3%。病変部位:テント上71%。71.4%,テント下21.7%,21.9%,両方7.3%,6.7%。
治療法 全体で748例が発症前に抗血小板薬を服用しており,うち644例(86.1%)が単剤の服用(aspirin:83.7%,clopidogrel:10.2%,cilostazol:3.6%,triflusal:2.5%)。2剤併用は102例(13.6%,aspirin+clopidogrel:83.3%,aspirin+cilostazol:12.7%,aspirin+triflusal:2.0%)。3剤併用は2例(aspirin+clopidogrel+cilostazol,aspirin+triflusal+clopidogrel)。
追跡完了率 100%。
結果

●評価項目
発症前の抗血小板薬の服用の有無別に傾向スコアを合致させた(各582例)。多変量解析によると,以下の項目が初期の軽症脳卒中(NIHSS≦4)と関連していた。
年齢:OR 0.962,95%CI 0.948-0.977,p<0.001。
発症-来院時間:OR 1.017,95%CI 1.011-1.023,p<0.001。
TIA:OR 3.596,95%CI 1.734-7.459,p=0.001。
心房細動:OR 0.578,95%CI 0.360-0.928,p=0.023。
発症前の抗血小板薬服用:OR 1.344,95%CI 1.014-1.782,p=0.04。
SBP:OR 0.99,95%CI 0.985-0.995,p<0.001。
フィブリノーゲン:OR 0.997,95%CI 0.996-0.999,p=0.004。
TOAST分類(小血管閉塞,大血管アテローム動脈硬化性を参照とする):OR 4.43,95%CI 2.868-6.843,p<0.001。
病変部位(テント下,テント上を参照とする):OR 2.432,95%CI 1.632-3.622,p<0.001。

●有害事象

文献: Jung JM, et al. Prestroke antiplatelet agents in first-ever ischemic stroke: clinical effects. Neurology 2015; 84: 1080-9. pubmed
関連トライアル Austrian Stroke Unit Registry, CAST-IST, Chernyshev OY et al, CISRS, Kim WJ et al, Power A et al, SAINT postthrombolysis ICH, SITS-EAST, SITS-ISTR antiplatelet therapy
関連記事