抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ
ENGAGE AF-TIMI 48 VKA experienced and naive
結論 edoxabanはVKA服用経験のある患者より未経験患者において,warfarinと比較しての有効性が大きいようであった。edoxabanはwarfarinにくらべ, VKA服用経験の有無にかかわらず大出血を抑制した。

目的 最近の研究より,NOACを開始する患者の大部分はビタミンK拮抗薬(VKA)の服用経験がないこと,そのような未経験患者は服用経験のある患者にくらべ,抗凝固療法開始時の脳卒中発症率が高いことがわかっている。本解析は,edoxabanのwarfarinと比較しての有効性および安全性を,VKA服用経験の有無(連続60日超を経験ありと定義)により検討した。ENGAGE AF-TIMI 48の有効性主要評価項目:脳卒中または全身性塞栓症。安全性の主要評価項目:ISTH出血基準大出血。
デザイン ENGAGE AF-TIMI 48は無作為割付,二重盲検,非劣性試験。
セッティング
期間 追跡期間は中央値2.8年。
対象患者 21,105例。無作為割付前12ヵ月以内に12誘導心電図で心房細動が確認された患者で,CHADS2スコア2点以上の症例。
【除外基準】-
【患者背景】VKA服用経験の有無別の年齢中央値は,未経験群71歳,経験あり群72歳。それぞれの男性57.9%,64.7%。心房細動の病型:発作性31.9%,20.9%,持続性29.6%,18.5%,永続性38.4%,60.6%。リスク因子:脳卒中/TIA既往27.3%,29.0%(p=0.01),心不全既往60.6%,55.2%,糖尿病33.2%,38.2%,高血圧94.3%,93.1%。CHADS2スコア>3点21.8%,23.1%(p=0.02)。無作為割付時の減量26.9%,24.3%。無作為割付時の薬物療法:aspirin 41.7%,20.7%,VKA 36.7%,94.0%。追跡期間中のTTR 64.6%,70.8%。
(p値を記したもの以外すべてp<0.001)
治療法 ENGAGE AF-TIMI 48はedoxaban高用量群(60mg 1日1回投与),edoxaban低用量群(30mg 1日1回投与),warfarin群に無作為割付。
edoxaban両用量群とも,登録時もしくは試験期間中に体重≦60kg,クレアチニンクリアランス30~50mL/分, P糖蛋白阻害薬(verapamil,quinidine,dronedarone)併用の場合は用量を半分に減量した。
追跡完了率
結果

●評価項目
無作為割付時のVKA服用経験は,未経験8,663例(41%),経験あり12,441例(59%)であった。

VKA服用未経験患者において,高用量edoxabanはwarfarinにくらべ脳卒中/全身性塞栓症リスクを抑制したが,服用経験患者では同程度であった(交互作用p=0.028)。
未経験:高用量edoxaban群1.49%/年 vs. warfarin群2.12%/年,HR 0.71;95%CI 0.56-0.90。
服用経験あり:1.62%/年 vs. 1.60%/年,HR 1.01;0.82-1.24。

低用量edoxabanは,VKA服用未経験患者では同程度であったが,服用経験患者では非劣性が示された(交互作用p=0.019)。
未経験:低用量edoxaban群1.97%/年,HR 0.92;0.73-1.15。
服用経験あり:低用量edoxaban群2.08%/年,HR 1.31;1.08-1.60。

大出血は,高用量,低用量ともVKA服用経験の有無にかかわらずedoxabanが有意に抑制した(それぞれ交互作用p=0.90,0.71)。
未経験:高用量edoxaban群3.64%/年 vs. warfarin群2.88%/年,HR 0.80; 0.65-0.97。
服用経験あり:高用量edoxaban群3.54%/年 vs. warfarin群2.85%/年,HR 0.81;0.69-0.95。
未経験:低用量edoxaban群1.80%/年,HR 0.49;0.40-0.62。
服用経験あり:低用量edoxaban群1.84%/年,HR 0.52;0.43-0.63。

●有害事象

文献: O'Donoghue ML, et al. Edoxaban vs. warfarin in vitamin K antagonist experienced and naive patients with atrial fibrillation† Eur Heart J 2015; 36: 1470-7. pubmed
関連トライアル ARISTOTLE, ARISTOTLE concomitant aspirin use, ARISTOTLE previous stroke/TIA, ARISTOTLE risk score, ARISTOTLE type and duration of AF, ENGAGE AF-TIMI 48, ENGAGE AF-TIMI 48 cerebrovascular events, ENGAGE AF-TIMI 48 transition to open-label anticoagulation, Hokusai-VTE, J-ROCKET AF, J-ROCKET AF renal impairment, Lamberts M et al, Larsen TB et al, Larsen TB et al, RE-LY exposure of VKA, ROCKET AF cardioversion/ablation, ROCKET AF East Asian patients, ROCKET AF elderly patients, ROCKET AF intracranial hemorrhage, ROCKET AF major bleeding, ROCKET AF post hoc analysis, ROCKET AF previous stroke/TIA, ROCKET AF renal dysfunction, ROCKET AF temporary interruption, SPORTIF pooled analysis, SPORTIF V, 新規経口抗凝固薬4剤のwarfarinに対する有効性・安全性
関連記事