抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ
Mehta RH et al Race/Ethnic Differences in the Risk of Hemorrhagic Complications Among Patients with Ischemic Stroke Receiving Thrombolytic Therapy
結論 rt-PA静注をうけた脳卒中患者において,出血性合併症は白人にくらべ,黒人およびアジア人でわずかに多かったが,ヒスパニック系では同程度であった。アジア人はその他の人種/民族にくらべ,症候性脳内出血リスクに直面していた。
コメント アジア人は脳出血の多い民族であり,ワルファリン療法中の脳出血発症率も白人の約4倍高いことが知られている。今回の研究より,rt-PA血栓溶解療法に伴う脳出血合併率も高いことが明らかにされたことから,アジア人ではrt-PA静注療法の適正使用指針を遵守することや,rt-PA静注後の血圧管理に一層注意を払うべきであろう。(矢坂正弘

目的 血栓溶解療法の安全性に関する人種/民族に関連する差異は,心筋梗塞患者では示されているが,脳梗塞患者における研究はない。本研究は,Get With The Guidelines(GWTG)-Stroke programのデータを用い,rt-PA静注療法をうけた脳梗塞患者において,(1)人種別(白人,黒人,アジア人,ヒスパニック系)の出血発症率を調査,(2)登録時の患者特性で補正後,出血リスクに差異がみられるか評価,(3)人種/民族,出血,全死亡/死因別死亡の関連を検討した。主要評価項目:rt-PA合併症(症候性脳内出血,生命に関わる全身性出血,その他の出血),院内死亡率(全死亡,rt-PA合併症関連死)。
デザイン 登録研究。
セッティング 多施設(1,922施設),米国。
期間 登録期間は2009年4月1日~2013年4月13日。
対象患者 54,334例。登録期間中,GWTG参加施設に入院した脳梗塞患者。
【除外基準】院内での脳卒中発症例,rt-PA静注療法非施行例,動脈内rt-PA療法施行例,実験的プロトコール下でのrt-PA静注療法施行例,発作-治療時間が<4.5時間,人種/rt-PA合併症のデータ欠損例,白人/黒人/アジア人/ヒスパニック系以外の人種。
【患者背景】人種別(白人40,411例,黒人8,243例,ヒスパニック系4,257例,アジア人1,523例)の年齢中央値*は74歳,62歳,68歳,72歳。女性50.3%,52.0%,49.6%,47.9%(p=0.005)。発症-治療時間中央値**142分,145分,142分,140分。病歴:心房細動/粗動*23.8%,11.5%,16.0%,23.6%,脳卒中/一過性脳虚血発作既往*24.7%,27.8%,24.8%,19.9%,冠動脈疾患*27.4%,19.9%,23.0%,18.7%,糖尿病*23.5%,32.6%,38.1%,30.0%,高血圧*71.9%,79.8%,74.4%,76.5%。NIHSS中央値*10,10,11,11。*p<0.0001,**p=0.0001。
治療法 rt-PA静注療法を施行。
追跡完了率 100%。
結果

●評価項目
rt-PA静注後の全出血性合併症は,白人にくらべアジア人,黒人で多く,ヒスパニック系は同程度であった。
アジア人:OR 1.36,95%CI 1.14-1.61,p<0.001。
黒人:OR 1.14;1.04-1.28,p=0.007。
ヒスパニック系:OR 1.12;0.99-1.27,p=0.084。
頭蓋内出血は,アジア人では白人にくらべ多かったが,黒人,ヒスパニック型では同程度であった。
アジア人:OR 1.47;1.19-1.82,p<0.001。
黒人:OR 1.04;0.91-1.19,p=0.580。
ヒスパニック系:OR 1.07;0.90-1.28,p=0.456。
アジア人における生命に関わる出血(OR 1.31;0.86-2.00,p=0.208),その他のrt-PA合併症(OR 1.14;0.84-1.54,p=0.400),院内死亡(OR 1.16;0.96-1.41,p=0.121)は白人と同程度であった。
アジア人は自宅への退院が43.3%と他の人種にくらべもっとも少なかった(白人45.1%,黒人48.5%,ヒスパニック系51.3%,p<0.0001)。また,退院時の歩行の状態について,自立歩行の割合が42.8%ともっとも低かった(白人43.9%,黒人47.9%,ヒスパニック系46.3%,p<0.0001)。

●有害事象

文献: Mehta RH, et al., Get With The Guidelines-Stroke Program Race/Ethnic differences in the risk of hemorrhagic complications among patients with ischemic stroke receiving thrombolytic therapy. Stroke 2014; 45: 2263-9. pubmed
関連トライアル Bray BD et al, Chen CH et al, GWTG-Stroke Registry risk of sICH, Hsieh CY et al, Madrid Stroke Network, Power A et al, RE-LY Asian subgroup, Singer OC et al, SITS-ISTR antiplatelet therapy, SITS-ISTR sex differences, SITS-ISTR young patients, Tsivgoulis G et al, TTT-AIS, Tutuncu S et al, ultrasound-enhanced thrombolysisの安全性および有効性, 血栓溶解療法後の頭蓋内出血, 内頸動脈閉塞に続発する脳梗塞に対するtPA静注および動脈内血管内療法
関連記事