抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ
ARISTOTLE according to age
結論 apixabanのwarfarinにくらべてのベネフィットは,年齢にかかわらず一貫していた。 高齢患者はリスクが高いことから,apixabanの絶対ベネフィットは高齢者でより大きかった。

目的 心房細動患者において,脳卒中リスクは加齢とともに上昇する。本論文はARISTOTLEの事前に定められたサブ解析として,apixabanの有効性および安全性について,年齢により検討を行った。有効性の主要評価項目:脳卒中または全身性塞栓症。安全性の主要評価項目:ISTH出血基準大出血
デザイン ARISTOTLEは無作為割付,二重盲検試験。NCT00412984。
セッティング ARISTOTLEは多施設(1,034施設),39ヵ国。
期間 ARISTOTLEの登録期間は2006年12月19日~2010年4月2日。追跡期間中央値は1.8年。
対象患者 18,201例。CHADS2スコア 1点以上の心房細動/粗動患者。
【除外基準】頭蓋内出血または何らかの脳卒中発症から7日以内。
【患者背景】年齢別の女性の割合は,<65歳例27.3%,65歳以上75歳未満例35.8%,≧75歳例42.2%。心房細動の病型(発作性/持続性もしくは永続性)17.8%/82.2%,15.5%/84.5%,12.6%/87.4%。脳卒中/TIA/全身性塞栓症既往16.6%,19.7%,21.8%。平均CHADS2スコア1.8,1.9,2.7。(ここに記した項目はすべてp<0.0001)
治療法 以下の2群に無作為割付。
apixaban群:5mg,1日2回投与(以下の項目のうち複数該当する場合は2.5mg,1日2回投与:≧80歳,体重<60kg,血清クレアチニン≧1.5mg/dL)。
warfarin群:PT-INR 2.0~3.0となるよう用量調整投与。
≦165mg/日のaspirin併用は許可。登録時のaspirin+clopidogrel併用は不可としたが,その後必要になった場合は許可した。
追跡完了率
結果

●評価項目
対象患者のうち,<65歳は30%,65歳以上75歳未満は39%,≧75歳は31%(≧80歳は13%)であった。
ネットイベント(脳卒中+全身性塞栓症+大出血+全死亡の複合),全死亡,大出血の発症率は,割付治療にかかわらず,高齢患者のほうが若齢患者にくらべ多かった(すべてp<0.001)。
すべての年齢層において,apixabanはwarfarinにくらべ,年齢にかかわらず評価項目を抑制した。
・脳卒中/全身性塞栓症(交互作用p=0.11)
<65歳:HR 1.16,95%CI 0.77-1.73,65歳以上75歳未満:HR 0.72;0.54-0.96,≧75歳:HR 0.71;0.53-0.95。
・全死亡(交互作用p=0.43)
<65歳:HR 1.07;0.84-1.35,65歳以上75歳未満:HR 0.77;0.64-0.94,≧75歳:HR 0.91;0.77-1.07。
・大出血(交互作用p=0.63)
<65歳:HR 0.78;0.55-1.11,65歳以上75歳未満:HR 0.71;0.56-0.89,≧75歳:HR 0.64;0.52-0.79。
・全出血(交互作用p=0.94)
<65歳:HR 0.73;0.65-0.81,65歳以上75歳未満:HR 0.70;0.65-0.77,≧75歳:HR 0.71;0.65-0.78。
・頭蓋内出血(交互作用p=0.20)
<65歳:HR 0.87;0.43-1.74,65歳以上75歳未満:HR 0.35;0.20-0.60,≧75歳:HR 0.34;0.20-0.57。
結果は80歳以上の患者についても一貫していた。
主要転帰に対する治療効果に関して,apixabanの用量の有意な交互作用はみられなかった。

●有害事象

文献: Halvorsen S, et al. Efficacy and safety of apixaban compared with warfarin according to age for stroke prevention in atrial fibrillation: observations from the ARISTOTLE trial. Eur Heart J 2014; 35: 1864-72. pubmed
関連トライアル AFASAK 2 1999, ARISTOTLE, ARISTOTLE cardioversion, ARISTOTLE concomitant aspirin use, ARISTOTLE major bleeding, ARISTOTLE previous stroke/TIA, ARISTOTLE renal function, ARISTOTLE risk score, ARISTOTLE time in therapeutic range, ARISTOTLE type and duration of AF, ARISTOTLE-J, AVERROES bleeding, AVERROES previous stroke/TIA, BAFTA, dabigatran,rivaroxaban,apixabanの間接比較, Larsen TB et al, Pengo V et al, RE-LY quality of INR control, RE-LY risk of bleeding, ROCKET AF cardioversion/ablation, ROCKET AF major bleeding, ROCKET AF renal dysfunction, SPAF III 1996, SPORTIF elderly patients, SPORTIF V, 新規経口抗凝固薬4剤のwarfarinに対する有効性・安全性
関連記事