抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ
Austrian Stroke Unit Registry
結論 軽症虚血性脳卒中患者に対するrt-PA静注療法は有益であった。ただし,本結果は観察研究にもとづくため,ランダム化比較試験が必要と考えられる。
コメント オーストリアの大規模な脳卒中登録観察研究で,NIHSS 5以下の軽症虚血性脳卒中であっても,rt-PA投与がマッチングした対照群と比較して,すべての年齢層で有効であることが示された。ベネフィットが得られるNIHSSのカットオフ値は4点以上と分析されたが,失語症や半盲のみで,rt-PAの適応が考慮される場合がある。わが国では,MR血管造影も評価して治療する場合も少なくない。軽症虚血性脳卒中へのrt-PA静注療法の有効性には,無作為化や画像を用いた分析など更なる検討が必要である。(岡田靖

目的 4.5時間以内という時間枠の問題を別にすると,rt-PA静注療法を差し控えることの主因は,入院時の症状が軽症であることである。本研究では,軽症虚血性脳卒中(National Institute of Health stroke scale:NIHSSスコア≧5)に対するrt-PA静注療法が有益かどうか,全国規模のコホート(Austrian Stroke Unit Registry:ASUR)のデータを用い,rt-PA静注療法の有無により比較を行った。主要評価項目:3ヵ月後のmodified Rankin Score(mRS)
デザイン 観察研究。
セッティング 多施設(35施設),オーストリア。
期間 登録期間は2003年3月~2013年4月。
対象患者 890例。ASUR登録患者(脳卒中のため入院した患者54,917例)のうち,rt-PA静注療法施行の有無別に年齢,脳卒中前の障害度などを合致させたNIHSS≧5の症例。
【除外基準】動脈内血栓溶解療法施行例。
【患者背景】rt-PA静注療法施行の有無別(各群445例)の平均年齢は,施行群70歳,非施行群70歳。各群の男性58.2%,58.2%。NIHSS中央値(IQR)4(3~5),4(3~5)。脳卒中前のmRS 0点91.9%,91.9%。高血圧80.9%,80.9%。糖尿病13.5%,13.5%。脂質異常症62.5%,62.5%。病因:心原性21.1%,21.1%,大血管疾患9.9%,9.9%,小血管疾患27%,27%。脳卒中既往15.3%,18.7%。心房細動20.2%,20.4%。発症から来院までの経過時間中央値(IQR)80(55~120)分,175(80~482)分。
治療法 rt-PA静注療法を施行。
追跡完了率
結果

●評価項目
rt-PA静注療法を受けた軽症虚血性脳卒中患者の3ヵ月後の転帰は,受けなかった患者にくらべ,良好であった(OR 1.49,95%CI 1.17-1.89,p<0.001)。rt-PA静注療法を受けた軽症虚血性脳卒中患者におけるNNTは8~14。rt-PAによる改善はすべての年齢層でみられた。
rt-PA静注療法のベネフィットが得られるカットオフ値を明らかにするために解析を行ったところ,NIHSS≧4で有意差を認めた。
NIHSS 0~1(72例):OR 1.99,95%CI 0.80-4.97,p=0.083。
NIHSS 2(128例):OR 1.47;0.77-2.80,p=0.092。
NIHSS 3(176例):OR 0.92;0.54-1.58,p=0.572。
NIHSS 4(242例):OR 1.94;1.22-3.09,p=0.004。
NIHSS 5(272例):OR 1.51;0.99-2.32,p=0.025。
NINDS基準脳内出血は施行群11例(2.5%)に発生した。非施行群は0例。

●有害事象

文献: Greisenegger S, et al.; Austrian Stroke Unit Registry Collaborators. Thrombolysis in patients with mild stroke: results from the austrian stroke unit registry. Stroke 2014; 45: 765-9. pubmed
関連トライアル ECASS, IST-3, NINDS rt-PA Stroke Study 1995, SAMURAI DWI-ASPECTS, SAMURAI rt-PA Registry early neurological deterioration, Saqqur M et al, Strbian D et al Ultra-Early Thrombolysis, SUMO, SYNTHESIS Expansion, Toni D et al, 虚血性脳卒中患者に対するrt-PA療法, 前方循環閉塞に対する血栓溶解療法
関連記事