抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ
Abraham JM et al Does CHA2DS2-VASc Improve Stroke Risk Stratification in Postmenopausal Women with Atrial Fibrillation?
結論 閉経後の女性の心房細動患者において,CHADS2スコアおよびCHA2DS2-VAScスコアはいずれも脳卒中リスクを予測したが,CHADS2スコア<2では,CHA2DS2-VAScスコアのほうがすぐれていた。

目的 CHADS2スコア<2の患者におけるリスク層別化は,特に女性において不明確である。本研究では,Women’s Health Initiative(WHI)のデータを用い,米国における女性の心房細動患者について,CHADS2スコアおよびCHA2DS2-VAScスコアの有効性を確認し,CHADS2スコア<2の患者ではCHA2DS2-VAScスコアはさらにリスクを層別化するか検討した。
デザイン WHIは女性における冠動脈疾患,がん,骨粗鬆症予防のための観察研究および4つのRCTから成る研究。
セッティング 多施設,米国。
期間 WHI登録開始は1993年。追跡期間中央値は11.8年。
対象患者 5,981例。WHI登録患者(50~79歳の閉経後女性)のうち,登録時に心房細動の既往がある,もしくは心電図で心房細動が確認された患者。
【WHIの除外基準】余命3年未満,アルコール/薬物依存,認知症,重度の精神疾患,他の臨床試験に参加。本解析はさらに,弁膜症,甲状腺機能亢進症,塞栓症リスクスコア値が得られなかった症例,登録時にwarfarin服用中の患者も除外した。
【患者背景】平均年齢は65.85歳。うっ血性心不全3.7%。高血圧64.9%。糖尿病9.2%。脳卒中既往2.6%。一過性脳虚血発作(TIA)既往4.9%。心筋梗塞既往8.5%。
治療法
追跡完了率 2.3%。
結果

●評価項目
脳卒中/TIAの年間発症率は以下の通りで,CHADS2スコア(HR 1.57,95% CI 1.45-1.71),CHA2DS2-VAScスコア(HR 1.50,95%CI 1.41-1.60)ともに,1点上昇ごとに脳卒中/TIAリスクも上昇した(いずれもp<0.001)。
[CHADS2スコア]
0点:0.36%/年,HR 1.00(参照値)。
1点:0.72%/年,HR 2.00;1.53-2.61。
2点:1.27%/年,HR 3.55;2.62-4.81。
3点:1.45%/年,HR 4.02;2.70-5.99。
4点以上:2.43%/年,HR 6.69;4.16-10.78。
[CHA2DS2-VAScスコア]
1点:0.20%/年,HR 1.00(参照値)。
2点:0.48%/年,HR 2.45;1.54-3.90。
3点:0.82%/年,HR 4.16;2.65-6.52。
4点:1.30%/年,HR 6.67;4.20-10.60。
5点:1.71%/年,HR 8.92;5.38-14.78。
6点以上:2.02%/年,HR 10.34;5.87-18.23。
CHA2DS2-VAScスコアの C統計量は0.67;0.65-0.69で,CHADS2スコア(0.65;0.62-0.67)より高かった(p<0.01)。
CHADS2スコア<2では,CHA2DS2-VAScスコアの点数が追加されるごとにリスクが約2倍になった。
多変量解析によると,リスクスコアの項目は,うっ血性心不全を除き脳卒中リスクを予測した。
うっ血性心不全:HR 1.05;0.68-1.64,p=0.827。
高血圧:HR 1.55;1.24-1.94,p<0.001。
年齢(65歳未満との比較,p<0.001)
65~74歳:HR 1.95;1.56-2.45。
75歳以上:HR 2.91;2.19-3.86。
糖尿病:HR 1.38;1.04-1.83,p=0.027。
脳卒中/TIA既往:HR 2.13;1.60-2.82,p<0.001。
冠動脈疾患/末梢血管疾患:HR 1.46;1.15-1.85,p=0.002。

●有害事象

文献: Abraham JM, et al. Does CHA2DS2-VASc Improve Stroke Risk Stratification in Postmenopausal Women with Atrial Fibrillation? Am J Med 2013; 126: 1143. e1-8. pubmed
関連トライアル ACS後の心房細動患者におけるwarfarin使用と転帰, ARISTOTLE risk score, Avgil Tsadok M et al, Italian AT-500 Registry, SPAF III 1998, Swedish Atrial Fibrillation cohort study
関連記事