抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ
Hsieh CY et al Is Renal Dysfunction Associated with Adverse Stroke Outcome after Thrombolytic Therapy?
結論 脳梗塞患者において,腎機能障害と血栓溶解療法後の症候性脳内出血および3ヵ月後の転帰不良との関連は認められなかった。

目的 腎機能障害は,抗血栓療法を必要とする脳卒中患者に多い合併症であるが,腎機能障害と血栓溶解療法後の症候性脳内出血リスクの関連については議論がわかれている。本試験では,血栓溶解療法の安全性および有効性に対する腎機能障害の影響を検討した。主要評価項目: NINDS基準症候性脳内出血
デザイン 観察研究。
セッティング 多施設(4施設),台湾。
期間 登録期間は2007年1月~2012年12月。
対象患者 657例。当該期間中,発症から4.5時間以内にrtPA静注療法を受けた脳梗塞患者全例。オフラベルの使用(年齢>80歳,National Institute of Health stroke scale[NIHSS]スコア>25)も含めた。
【除外基準】eGFR値が得られなかった症例。
【患者背景】腎機能障害の有無別の平均年齢は,腎機能障害例71歳,非障害例65歳(p<0.0001)。男性64%,61%。高血圧82%,73%(p=0.013)。糖尿病33%,33%。脂質異常症62%,56%。心房細動36%,30%。脳卒中既往21%,17%。虚血性心疾患34%,19%(p<0.0001)。抗血小板薬前投与32%,21%(p=0.002)。治療前のNIHSSスコア中央値(IQR)14(9~19),13(8~20)(p=0.018)。発症から治療までの平均経過時間133分,137分。
治療法 rtPA静注療法は台湾のガイドライン(0.6~0.9mg/kg)にもとづいて行った。用量は,4施設のうち2施設では0.9mg/kgに固定,1施設では最初の0.7mg/kgから2009年7月以降は0.9mg/kgに,1施設では最初の0.9mg/kgから2010年8月以降は0.8mg/kgに変更した。
追跡完了率 100%。
結果

●評価項目
239例(36%)が腎機能障害(eGFR<60mL/分/1.73m2)を有していた。このうちステージ3(30≦eGFR<60mL/分/1.73m2)は212例,ステージ4(15≦eGFR<30mL/分/1.73m2)は17例,ステージ5(<15mL/分/1.73m2)は10例。
腎機能障害患者は,正常患者にくらべ高齢で,高血圧,虚血性心疾患,うっ血性心不全,抗血小板薬の使用が多かった(患者背景の項参照)。
NINDS基準症候性脳内出血(8% vs. 7%,p=0.580),3ヵ月後の転帰不良(mRS≧4,41% vs. 39%,p=0.758) は腎機能障害の有無による有意差を認めなかった。
多変量解析後,腎機能障害は症候性脳内出血(OR 1.03,95%CI 0.55-1.92,p=0.937),転帰不良と関連していなかった。治療前の脳卒中重症度のみが症候性脳内出血(OR 1.06;1.02-1.11,p=0.003)と転帰不良(OR 1.13;1.10-1.17,p<0.0001)の両方に関連していた。
腎機能障害患者をステージ3と≧4に分けて検討しても,腎機能障害の重症度による症候性脳内出血の増加は認められなかった(ステージ3:OR 1.02;0.53-1.97,p=0.995,ステージ≧4:OR 1.04;0.23-4.69,p=0.970)。

●有害事象

文献: Hsieh CY, et al. Is Renal Dysfunction Associated with Adverse Stroke Outcome after Thrombolytic Therapy? Cerebrovasc Dis 2013; 37: 51-6. pubmed
関連トライアル Gensicke H et al, Helsinki Stroke Thrombolysis Registry, ICARO-2, Kellert L et al, Madrid Stroke Network, Power A et al, RIETE registry thrombolytic therapy, SAINT postthrombolysis ICH, Sarikaya H et al, Sarikaya H et al, Singer OC et al, SITS-ISTR antiplatelet therapy, SITS-ISTR blood pressure, SITS-ISTR sex differences, SITS-ISTR young patients, SITS-MOST multivariable analysis, Toni D et al, Tsivgoulis G et al, TTT-AIS, Tutuncu S et al, 血栓溶解療法後の頭蓋内出血, 内頸動脈閉塞に続発する脳梗塞に対するtPA静注および動脈内血管内療法
関連記事