抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ
Larsen TB et al Efficacy and Safety of Dabigatran Etexilate and Warfarin in 'Real World' Patients with Atrial Fibrillation: a Prospective Nationwide Cohort Study
結論 実地臨床における脳卒中/全身性塞栓症および大出血率はdabigatran両用量とwarfarinで同程度であった。死亡率,頭蓋内出血,肺塞栓症,心筋梗塞はdabigatran群で抑制された。1年以上追跡したサブグループでも,dabigatranがwarfarinにくらべ出血イベントや心筋梗塞が過度に増加するというエビデンスは認められなかった。

目的 dabigatran第III相試験RE-LYの結果から,dabigatran投与患者における心筋梗塞リスクの上昇が懸念されている。本研究は,デンマークの実地臨床において,心房細動患者に対するdabigatranの有効性,安全性をwarfarinと比較した。主要評価項目:脳卒中,全身性塞栓症,頭蓋内出血。
デザイン 全国規模のコホート研究。
セッティング 多施設,デンマーク。
期間 本研究は2012年6月30日までの処方データ,同年12月31日までの入院/生命状態データにもとづく。
対象患者 13,914例。
dabigatran 群:4,978例。2011年8月11日以降に150mg,1日2回(2,239例)または110mg,1日2回(2,739例)の投与を開始した,warfarin使用経験のない患者。
warfarin群:8,936例。dabigatran群と1:2の割合でプロペンシティスコアを合致させた,2009年8月1日~2010年6月10日にwarfarin投与を開始された患者。
【除外基準】機械弁,肺塞栓症/静脈血栓塞栓症既往,僧帽弁狭窄症,デンマーク居住1年未満。
【患者背景】平均年齢はdabigatran 150mg群67.4歳,110mg群74.7歳,warfarin群69.7歳。各群の女性38.5%,53.1%,40.2%。平均CHADS2スコア 0.96,1.27,1.17。脳卒中/一過性脳虚血発作/全身性塞栓症既往17.1%,17.5%,17.3%。心不全5.2%,6.9%,8.5%。糖尿病12.1%,10.8%,12.3%。高血圧22.7%,18.0%,19.3%。薬物療法:aspirin 35.2%,30.7%,37.4%,clopidogrel 5.0%,5.3%,3.2%。
治療法
追跡完了率 100%。
結果

●評価項目
脳卒中,全身性塞栓症,大出血はdabigatranの両用量群ともwarfarinと同程度であった。
[脳卒中]110mg群:補正後HR(aHR)0.73,95%CI 0.53-1.00,150mg群:aHR 1.18;0.85-1.64。
[全身性塞栓症]110mg群:aHR 0.60;0.19-1.60,150mg群:aHR 1.00;0.26-3.35。
[大出血]110mg群:aHR 0.82;0.59-1.12,150mg群:aHR 0.77;0.51-1.13。

死亡,肺塞栓症,頭蓋内出血,心筋梗塞は,dabigatranの両用量群ともwarfarinにくらべ抑制された。
[死亡]110mg群:aHR 0.79;0.65-0.95,150mg群:aHR 0.57;0.40-0.80。
[肺塞栓症]110mg群:aHR 0.33;0.12-0.74,150mg群:aHR 0.24;0.06-0.72。
[頭蓋内出血]110mg群:aHR 0.24;0.08-0.56,150mg群:aHR 0.08;0.01-0.40。
[心筋梗塞]110mg群:aHR 0.30;0.18-0.49,150mg群:aHR 0.40;0.21-0.70。

消化管出血はwarfarin群にくらべ110mg群では抑制されたが(aHR 0.60;0.37-0.93),150mg 群では同程度であった(aHR 1.12;0.67-1.83)。

これらの結果はdabigatran使用1年以上(中央値13.9ヵ月)のサブグループでも一貫していた。

●有害事象

文献: Larsen TB, et al. Efficacy and safety of dabigatran etexilate and warfarin in "real-world" patients with atrial fibrillation: a prospective nationwide cohort study. J Am Coll Cardiol 2013; 61: 2264-73. pubmed
関連トライアル AFASAK 2 1999, ARISTOTLE, ARISTOTLE cardioversion, ARISTOTLE previous stroke/TIA, ARISTOTLE risk score, dabigatran,rivaroxaban,apixabanの間接比較, Danish Stroke Registry, ENGAGE AF-TIMI 48, Lakkireddy D et al, Majeed A et al, RE-ALIGN, RE-COVER, RE-COVER II , RE-LY, RE-LY Asian subgroup, RE-LY concomitant use of antiplatelet, RE-LY exposure of VKA, RE-LY intracranial hemorrhage, RE-LY Japanese population, RE-LY previous TIA or stroke, RE-LY quality of INR control, RE-LY risk of bleeding, RE-MEDY & RE-SONATE, RELY-ABLE, ROCKET AF, ROCKET AF cardioversion/ablation, SPORTIF INR control, カテーテルアブレーション施行患者におけるdabigatranの安全性および有効性, 心房細動患者の脳卒中予防におけるwarfarinの心筋梗塞保護効果, 新規経口抗凝固薬4剤のwarfarinに対する有効性・安全性
関連記事