抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ
Gensicke H et al Long-Term Outcome in Stroke Patients Treated with IV Thrombolysis
結論 血栓溶解療法の3年後,脳卒中患者の3人に1人が転帰優良,3人に1人が死亡していた。てんかん発作発症は長期転帰に悪影響をおよぼしているようだが,その機序は不明である。
コメント 静注t-PA後の長期転帰を分析した点で注目される。ただし,単施設の比較的少数例での分析であり,合併症(特に心房細動の有無),大梗塞などが有意な関連に現れていない可能性がある。予後関連因子とされるてんかんは前方視的観察での検証が必要であろう。(岡田靖

目的 血栓溶解療法を受けた虚血性脳卒中患者について,12ヵ月を超える長期転帰の報告はわずかである。本研究は,追跡期間3年における血栓溶解療法後の長期生存率および長期転帰の決定因子を検討した。主要評価項目:全死亡,転帰優良(modified Rankin Score:mRS 0~1)。
デザイン 観察研究。
セッティング 単施設,スイス。
期間 治療期間は1998年7月~2007年7月。追跡期間中央値は3.0 年(IQR 1.0~5.0)。
対象患者 257例。1998年7月~2007年7月に血栓溶解療法を受けた,長期転帰データを入手できた虚血性脳卒中患者。
【除外基準】―
【患者背景】年齢中央値は転帰良好群65歳,転帰不良群76歳(p<0.001)。各群の男性64.2%,56.2%。脳卒中発症前の自立100%,99%。National Institute of Health stroke scale(NIHSS)スコア中央値10(IQR 7~14),16(12~19)(p<0.001)。治療までの経過時間中央値155(IQR 17~280)分,165(45~293)分。脳卒中の病型:心原性46.3%,51.2%,大血管アテローム性14.7%,9.3%,小血管閉塞9.5%,14.2%,原因不明22.1%,22.8%。リスク因子:高血圧55.6%,67%,現喫煙21.2%,20.9%,高コレステロール血症25.2%,25.3%,糖尿病13.1%,12.6%,冠動脈疾患15.1%,25.3%(p=0.023),心房細動15.1%,25.9%。3ヵ月後の転帰優良68.4%,31.6%(p<0.001)。頭蓋内出血16.8%,17.9%。てんかん発作6.3%,19.1%(p<0.01)。
治療法 血栓溶解療法は現行のガイドラインにしたがい施行した。
追跡完了率 100%。
結果

●評価項目
転帰優良は95例(37.0%),転帰不良は162例(63.0%)であった。転帰不良のうち死亡は75例(29.2%)。
血栓溶解療法後の生存の可能性は,1年:76%,3年:66%,4年:53%であった。
長期転帰不良の独立予測因子は,加齢,脳卒中重症,3ヵ月後の転帰不良,てんかん発作発症であった。
加齢:OR 1.030,95%CI 1.002-1.060,p=0.036。
脳卒中重症(NIHSSスコア):OR 1.100,95%CI 1.012-1.196,p=0.026。
3ヵ月後の転帰不良:OR 6.767,95%CI 3.391-13.503,p<0.001。
てんかん発作発症:OR 4.899,95%CI 1.349-17.793,p=0.016。
頭蓋内出血,併発症,性別,初期の血糖値,C反応性蛋白,脳卒中の原因は長期転帰に影響をおよぼしていなかった。

●有害事象

文献: Gensicke H, et al. Long-term outcome in stroke patients treated with IV thrombolysis. Neurology 2013; 80: 919-25. pubmed
関連トライアル Bern Stroke Project, ECASS III, Engelter ST et al, Gensicke H et al, ICARO, Kellert L et al, Madrid Stroke Network, Mattle HP et al, Mikulik R et al 2009, Prefasi D et al, RESTORE, SAMURAI rt-PA Registry early neurological deterioration, Sarikaya H et al, Schellinger PD et al, Singer OC et al, SITS-ISTR 2010, SITS-ISTR blood pressure, SITS-ISTR young patients, SITS-MOST multivariable analysis, VISTA baseline severity
関連記事