抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ
Lee WH et al Comparison of Antiplatelet and Antithrombotic Therapy for Secondary Prevention of Ischemic Stroke in Patients with Peripheral Artery Disease
結論 末梢動脈疾患(PAD)を有する脳卒中患者における再発予防について,cilostazolおよびclopidogrel はaspirinに比べ有効であった。出血イベントは増加しなかった。
コメント 台湾の国民保険データベースを用いた,末梢動脈疾患をともなう脳梗塞患者に対する抗血小板薬の再発予防効果を検討した研究である。診断コードによる分析で,診断の精度,群間の選択バイアス,転帰の評価に難があるが,比較的多数例の検討で,シロスタゾール,クロピドグレルがアスピリンより優っていた点は興味深い。(岡田靖

目的 PADを有する虚血性脳卒中患者において,抗血栓薬(aspirin,clopidogrel,cilostazol,warfarin,cilostazolをベースにした併用療法)の有効性および安全性を検討した。
デザイン 後ろ向きコホート研究。
セッティング 多施設,台湾。
期間 登録対象診断期間は2002年7月1日~2008年12月31日。
対象患者 1,686例。台湾のNational Health Insurance Research Dataset(100万人のランダムサンプルのデータベース)を用いて同定された,期間中にPADおよび脳卒中の診断を受けた患者のうち,PADの診断を受けてから120日以内に抗血栓薬の処方を受けた症例。
【除外基準】≦50歳,急性心筋梗塞患者。
【患者背景】aspirin群:女性52.7%。平均年齢68.68歳。冠動脈疾患(CHD)28.7%。心房細動(AF)1.0%。
clopidogrel群:女性45.7%。平均年齢70.79歳。CHD 43.5%。AF 4.3%。
warfarin群:女性54.4%。平均年齢68.34歳。CHD 26.5%。AF 14.7%。
cilostazol群:女性47.6%。平均年齢69.52歳。CHD 19.8%。AF 1.6%。
cilostazolをベースにした併用群:女性49.4%。平均年齢70.69歳。CHD 24.7%。AF 4.9%。
治療法 抗血栓療法は,aspirin群862例, clopidogrel群92例,warfarin群136例,cilostazol 群515例,cilostazolをベースにした併用群81例。
追跡完了率
結果

●評価項目
cilostazolはaspirinに比べ,虚血性脳卒中,全脳卒中を抑制した。出血性脳卒中,全出血イベントは同程度であった。
虚血性脳卒中:HR 0.79,95%CI 0.63-0.98,p=0.0349。
全脳卒中:HR 0.74,95%CI 0.62-0.88,p=0.0008。
出血性脳卒中:HR 0.84,95%CI 0.44-1.62,p=0.6086。
全出血イベント:HR 0.98,95%CI 0.74-1.32,p=0.9122。
clopidogrel はaspirinに比べ,虚血性脳卒中,全脳卒中,全出血イベントを抑制した。出血性脳卒中は同程度であった。
虚血性脳卒中:HR 0.47,95%CI 0.29-0.78,p=0.0033。
全脳卒中:HR 0.73,95%CI 0.42-0.94,p=0.0252。
全出血イベント:HR 0.64,95%CI 0.31-0.96,p=0.034。
出血性脳卒中:HR 0.85,95%CI 0.25-2.92,p=0.8001。

warfarin,cilostazolをベースにした併用とaspirinについては,有意差は認められなかった。
[warfarin]虚血性脳卒中:HR 1.13,95%CI 0.82-1.56,p=0.4532。
全脳卒中:HR 1.01,95%CI 0.76-1.33,p=0.9722。
出血性脳卒中:HR 1.07,95%CI 0.43-2.66,p=0.8917。
全出血イベント:HR 1.24,95%CI 0.83-1.85,p=0.2919。
[cilostazolをベースにした併用]虚血性脳卒中:HR 1.17,95%CI 0.78-1.77,p=0.4422。
全脳卒中:HR 0.96,95%CI 0.67-1.37,p=0.8081。
出血性脳卒中:HR 2.34,95%CI 0.90-6.09,p=0.08。
全出血イベント:HR 1.41,95%CI 0.83-2.38,p=0.2032。

●有害事象

文献: Lee WH, et al. Comparison of antiplatelet and antithrombotic therapy for secondary prevention of ischemic stroke in patients with peripheral artery disease. Circ J 2013; 77: 1046-52. pubmed
関連トライアル APPRAISE, CAPRIE 2000, CAPRIE impact of smoking, CARESS, CASISP, CHARISMA, CHARISMA subgroup analysis, COMPASS, CREDO, CSPS 2, Garcia-Rodriguez LA et al, Georgiadis D et al, 2009, PICSS aortic arch plaques, PRoFESS acute ischemic stroke, RE-LY concomitant use of antiplatelet, SITS-ISTR antiplatelet therapy, SPS3, TOSS-2, WARCEF, WARSS, 急性脳梗塞/TIA患者への抗血小板療法:2剤併用療法と単剤療法の比較
関連記事