抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ
メタ解析
心房細動患者における新規抗凝固薬の有効性および安全性
Efficacy and Safety of the Novel Oral Anticoagulants in Atrial Fibrillation: a Systematic Review and Meta-Analysis of the Literature
結論 心房細動患者における脳卒中予防について,新規抗凝固薬はwarfarinに比較し,全死亡および心血管死を抑制した。
コメント 個々の薬剤により,トライアルに含まれるCHADS2スコアの分布が違うこと,対照群ワルファリン群でのTTRも差があることより,メタ解析をするには限界がある。ただ,いずれの薬剤も脳梗塞はワルファリンと同等,あるいはそれ以上の抑制効果があり,頭蓋内出血は明らかに少ないという共通点は見出せそうである。(是恒之宏

目的 心房細動患者における脳卒中予防について,新規抗凝固薬はwarfarinに対し,少なくとも非劣性は示したが,全体の優越性および血管死抑制効果については不明である。本メタ解析では,新規抗凝固薬の第II相,第III相試験のデータより,臨床ベネフィットについて検討した。
方法 MEDLINE(1966年~2012年7月第1週)およびEMBASE(1980年~2012年7月第1週)にて,心房細動患者における血栓塞栓症かつ/または出血リスクについて,治療用量のビタミンK拮抗薬(warfarin,phenprocoumon,acenocumarol,fluindione,tecarfarin)と新規抗凝固薬(dabigatran,AZD0837,sofigatran,rivaroxaban,apixaban,edoxaban,betrixaban,eribaxaban,LY517717,YM150,TAK442,TTP889)を比較した第III相または第II相試験(その後第III相で検討された用量を含む試験)を検索。ISTH(2003~2011年),ESC(2005~2011年),ASH(2004~2011年),ACC(2008~2011年)のアブストラクト,検索した論文の文献リストのマニュアルサーチ,clinicaltrials.govの検索も行った。言語の制限は設けなかった。なお,ximelagatranは除外した。
対象 12試験(54,875例)が該当(RE-LYARISTOTLEARISTOTLE-JROCKET AFJ-ROCKET AFなど)。
dabigatran 3件,rivaroxaban 4件,apixaban 2件,edoxaban 3件。
対照薬はすべてwarfarin。
主な結果 新規抗凝固薬はwarfarinに比較し,以下の項目を抑制したが,脳梗塞については有意差は認められなかった。ランダムエフェクトモデルを用いた解析でも同様の結果であった。
・全死亡
5.61% vs. 6.02%,RR 0.89,95%CI 0.83-0.96,I2=0%,p=0.001,NNT=244。
・心血管死
3.45% vs. 3.65%,RR 0.89,95%CI 0.82-0.98,I2=0%,p=0.01,NNT=500。
・脳卒中/全身性塞栓症
2.40% vs.3.13%,RR 0.77,95%CI 0.70-0.86,I2=0%,p<0.00001,NNT=137。
・脳梗塞
1.87% vs.2.02%,RR 0.92,95%CI 0.81-1.04,I2=22%,p=0.18。

・出血
新規抗凝固薬はwarfarinに比較し大出血を抑制したが(4.90% vs.5.54%,RR 0.86,95%CI 0.80-0.93,I2=57%,p<0.0001,NNH=157),ランダムエフェクトモデルでは抑制傾向がみられたのみであった(RR 0.86,95%CI 0.72-1.02)。
新規抗凝固薬はwarfarinに比較し,頭蓋内出血を抑制した(RR 0.46,95%CI 0.39-0.56,I2=34%,p<0.00001,NNH=141)。ランダムエフェクトモデルを用いた解析でも同様の結果であった。

・心筋梗塞
有意差は認められなかった。ランダムエフェクトモデルを用いた解析でも同様の結果であった。
RR 0.99,95%CI 0.85-1.15,I2=55%,p=0.89。
文献: Dentali F, et al. Efficacy and safety of the novel oral anticoagulants in atrial fibrillation: a systematic review and meta-analysis of the literature. Circulation 2012; 126: 2381-91. pubmed
関連トライアル ACTIVE A, ACTIVE W, AMADEUS, ARISTOTLE, ARISTOTLE previous stroke/TIA, ARISTOTLE risk score, AVERROES, AVERROES bleeding, AVERROES previous stroke/TIA, Dresden NOAC registry, ENGAGE AF-TIMI 48, PROTECT AF, RE-LY exposure of VKA, RE-LY risk of bleeding, ROCKET AF, ROCKET AF renal dysfunction, SPORTIF INR control, SPORTIF V, Swedish Atrial Fibrillation cohort study, VTE治療における新規経口抗凝固薬, warfarinによるNVAF患者の脳卒中予防, warfarin投与中のAF患者における脳卒中/全身性塞栓症リスク, 急性VTE治療における新規経口抗凝固薬とビタミンK拮抗薬の比較, 心房細動患者に対する脳卒中予防療法における年齢効果, 新規経口抗凝固薬4剤のwarfarinに対する有効性・安全性, 新規経口抗凝固薬による頭蓋内出血リスクの抑制, 長期VKA療法患者における周術期橋渡し療法, 脳卒中/TIA既往を有する心房細動患者における新規抗凝固薬, 非弁膜症性心房細動患者における抗血栓療法
関連記事