抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ
メタ解析
内頸動脈閉塞に続発する脳梗塞に対するtPA静注および動脈内血管内療法
Intravenous Thrombolysis and Endovascular Therapy for Acute Ischemic Stroke with Internal Carotid Artery Occlusion: a Systematic Review of Clinical Outcomes
結論 急性内頸動脈閉塞による脳梗塞患者において,動脈内血管内療法はtPA静注に比し臨床転帰を改善した。症候性頭蓋内出血は増加したが,全死亡は増加しなかった。
コメント 脳梗塞急性期のtPA血栓溶解療法における神経症候早期悪化要因として,内頸動脈閉塞が強い関連因子と示されている。内頸動脈閉塞例の再開通率が低いことや転帰不良であることを加味すると,内頸動脈閉塞例に血管内治療をtPA血栓溶解療法後のバックアップ治療として行うことや,tPA血栓溶解療法に優先して行うことに関する前向き研究が必要であろう。
矢坂正弘

目的 急性内頸動脈閉塞による脳梗塞は予後がきわめて不良であり,至適アプローチは明確になっていない。本解析は,tPA静注または動脈内血管内療法を受けた内頸動脈閉塞による脳梗塞患者の臨床転帰を検討する。
方法 PubMedにて,1990年1月1日~2011年11月30日に出版された,tPA静注または動脈内血管内療法を受けた,内頸動脈閉塞による脳梗塞患者(画像所見で確認)を対象とした論文を検索。検索語はinternal carotid artery,occlusion,stroke,intravenous,intra-arterial,thrombolysis。閉塞部位が内頸動脈以外の患者を含む研究は,内頸動脈患者のみを解析対象とした。
除外:内頸動脈患者が10例未満の論文。
対象 28研究,969例(tPA静注群385例+動脈内血管内療法群584例)。
転帰良好の定義別の内訳は以下の通り。
[動脈内血管内療法]3カ月後のmodified Rankin Score(mRS) 0~2:373例(6研究),1カ月後のmRS 0~2:12例(1研究)。
[tPA静注]3カ月後のmRS 0~2:484例(16研究),1カ月後のmRS 0~2:21例(1研究),2カ月後のmRS 0~2:10例(1研究),9週後のmRS 0~2:10例(1研究),3カ月後のmRS 0~2またはNIHSS 0~1:14例(1研究),3カ月後のBarthel Index 90~100:12例(1研究),1年後のmRS 0~2:33例(1研究)。
主な結果 ・転帰良好
動脈内血管内療法群のほうがtPA静注群に比し多かった。
tPA静注群96例(24.9%)vs. 動脈内血管内療法群196例(33.6%),OR 0.66,95%CI 0.49-0.88,p=0.004。

・症候性頭蓋内出血
動脈内血管内療法群のほうがtPA静注群に比し多かった。
19例(4.9%)vs. 65例(11.1%),OR 0.42,95%CI 0.24-0.7,p=0.001。

・死亡
両群で同程度であった。
105例(27.3%)vs. 187例(32.0%),OR 0.8,95%CI 0.6-1.06,p=0.12。

・サブグループ解析(頸部内頸動脈閉塞:tPA静注群338例+動脈内血管内療法群193例)
転帰良好:tPA静注群89例(26.3%)vs. 動脈内血管内療法群84例(43.5%),OR 0.46,95%CI 0.32-0.68,p<0.0001。
症候性頭蓋内出血:13例(3.9%)vs. 22例(11.4%),OR 0.31,95%CI 0.15-0.63,p=0.0011。
死亡:92例(27.2%)vs. 51例(26.4%),OR 1.04,95%CI 0.7-1.56,p=0.85。
文献: Mokin M, et al. Intravenous thrombolysis and endovascular therapy for acute ischemic stroke with internal carotid artery occlusion: a systematic review of clinical outcomes. Stroke 2012; 43: 2362-8. pubmed
関連トライアル Bhatia R et al, CASES elderly patients, CLOTBUST , ECASS III, GWTG-Stroke Registry risk of sICH, ICARO, ICARO-2, IMS III, Madrid Stroke Network, Mattle HP et al, MERCI and Multi MERCI previous IV tPA, Murthy SB et al, RECANALISE, Sarikaya H et al, Singer OC et al, SITS-ISTR antiplatelet therapy, SITS-ISTR blood pressure, SITS-ISTR young patients, SPOTRIAS, SYNTHESIS Expansion, TASCC, Toni D et al, 虚血性脳卒中患者に対するIV/IA併用療法, 血栓溶解療法後の頭蓋内出血, 前方循環閉塞に対する血栓溶解療法
関連記事