抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ
メタ解析
急性脳梗塞/TIA患者への抗血小板療法:2剤併用療法と単剤療法の比較
Dual or mono antiplatelet therapy for patients with acute ischemic stroke or transient ischemic attack: systematic review and meta-analysis of randomized controlled trials
結論 急性脳梗塞または一過性脳虚血発作(TIA)患者への抗血小板療法において,2剤併用療法は単剤療法よりも脳梗塞の再発予防および血管イベント予防効果に優れているようであった。
コメント 抗血小板薬の併用療法を単剤療法とメタ解析で比較し,併用療法における脳梗塞や心血管イベントの抑制効果が高いことが示された。しかし,一方で大出血が併用療法で有意差はないものの2.09倍高いことが示されており,併用療法時には出血性合併症へ配慮が必要であろう。(矢坂正弘

目的 非心原性脳梗塞またはTIA患者には再発予防として抗血小板療法が推奨されているが,急性期の患者により積極的な抗血小板療法を行うべきかどうかは明らかでない。本メタ解析では,脳梗塞またはTIA急性期における早期抗血小板療法において,2剤併用療法と単剤療法の安全性および有効性を比較する。一次エンドポイント:脳卒中(虚血性,出血性,不明;致死的,非致死的)の再発。
方法 Cochrane Library,MEDLINE,EMBASE,Science Citation Indexを検索(~2011年4月)。参考文献と脳卒中における抗血小板療法のレビュー論文も検索。検索語は,antiplatelet therapy,aspirin,dipyridamole,clopidogrel,ticlopidine,prasugrel,cilostazol,triflusal,glycoprotein IIb/IIIa receptor antagonists,stroke,cerebral ischemia,transient ischemic attack,randomized control trial。
対象:18歳超の発症から72時間以内の非心原性脳梗塞またはTIA患者において,2剤併用抗血小板療法と単剤抗血小板療法を比較したRCT。発表,未発表を問わず,言語制限も設けなかった。
除外:非比較試験,観察研究,2剤併用または単剤療法と無治療を比較した試験,急性期のデータがない、もしくは得られない試験。
対象 RCT 12試験(ESPS 2 ESPRITFASTER EARLY PRoFESS CHARISMAMATCHCARESS,CLAIRなど),3,766例。
内訳:aspirin(A)+clopidogrel(C)vs. A(4試験,731例),A+C vs. C(1試験,491例),A+dipyridamole(D)vs. A(5試験,964例),A+D vs. D(2試験,220例),A+D vs. C(1試験,1,360例)。
主な結果 ・脳卒中の再発(11試験,3,550例)
2剤併用療法は単剤療法に比し脳卒中の再発リスクを抑制した:2剤併用療法58例(3.3%)vs. 単剤療法91例(5.0%)(RR 0.67,95%CI 0.49-0.93,p=0.02,I2=0%)。出版バイアスは認められなかった。

・脳卒中,心筋梗塞,血管死の複合血管イベント(10試験,3,505例)
2剤併用療法で単剤療法にくらべてリスクが低下した:74例(4.4%)vs. 106例(6.0%)(RR 0.75,95%CI 0.56-0.99,p=0.04,I2=0%)。

・脳卒中,TIA,急性冠症候群,全死亡の複合エンドポイント(8試験,3,004例)
2剤併用療法で単剤療法にくらべてリスクが低下した:100例(1.7%)vs. 136例(9.1%)(RR 0.71,95%CI 0.56-0.91,p=0.007,I2=0%)。

・大出血(8試験,3,220例)
2剤併用療法の大出血リスクは単剤療法と同等であった:15例(0.9%)vs. 6例(0.4%)(RR 2.09,95%CI 0.86-5.06,p=0.10,I2=0%)。

・脳内出血(10試験,3,441例)
2剤併用療法の脳内出血リスクは単剤療法と同等であった(RR 1.39,95%CI 0.22-8.75,p=0.73,I2=0%)。
文献: Geeganage CM, et al.; for the Acute Antiplatelet Stroke Trialists Collaboration. Dual or Mono Antiplatelet Therapy for Patients With Acute Ischemic Stroke or Transient Ischemic Attack: Systematic Review and Meta-Analysis of Randomized Controlled Trials. Stroke 2012; 43: 1058-66. pubmed
関連トライアル ACS後の患者における新規経口抗凝固薬の追加効果, APPRAISE, APPRAISE-2, CAPRIE 2000, CARESS, CAST-IST, CHANCE, CHARISMA bleeding complications, CHARISMA post hoc analysis, CHARISMA subgroup analysis, CREDO, DES LATE, ESPS-2 1996, KAMIR triple vs. dual antiplatelet therapy, Lamberts M et al, Lee WH et al, MATCH, Palnum KH et al, PLATO history of stroke, PRoFESS, PRoFESS acute ischemic stroke, PRoFESS post hoc analysis, REAL-LATE / ZEST-LATE, SITS-ISTR antiplatelet therapy, SPS3, SPS3 post hoc analysis, TOSS-2, TRA 2P-TIMI 50 prior ischemic stroke, TRITON-TIMI 38, WASID antithrombotic failures, 急性脳梗塞/TIA患者への抗血小板療法:2剤併用療法と単剤療法の比較(2013), 血管疾患患者に対する抗血小板療法, 抗血小板療法中のACS後の患者に対する新規抗凝固薬の使用
関連記事