抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ
Swedish Atrial Fibrillation cohort study
結論 頭蓋内出血既往,心筋梗塞,血管疾患,腎不全は心房細動患者における脳梗塞かつ/または血栓塞栓イベントの独立予測因子であったが,甲状腺機能亢進症はそうではなかった。血栓塞栓イベントリスクスコア(CHADS2スコアCHA2DS2VAScスコア)は良好な予測能を示した。2つの出血リスクスコア(HAS-BLED出血リスクスコア,HEMORR2HAGESスコア)の予測能は同程度であったが,簡便さの点でHAS-BLEDスコアのほうが有利である。

目的 スウェーデンの心房細動患者において脳卒中および出血のリスク因子を調査し,新しいリスクスコアであるCHA2DS2VAScスコアおよびHAS-BLEDスコアの妥当性を評価する。血栓塞栓症の評価項目:脳梗塞,血栓塞栓症イベント[脳梗塞,原因不明の脳卒中,一過性脳虚血発作(TIA),全身性塞栓症の複合]。出血の評価項目:頭蓋内出血。
デザイン コホート研究。
セッティング 多施設,スウェーデン。
期間 追跡期間終了は2008年12月31日,平均追跡期間1.5年。
対象患者 182,678例。Swedish National Hospital Discharge Registryを通じて同定された,スウェーデンの病院にて2005年7月1日~2008年12月31日の間に心房細動(ICD-10コード1489)の診断を受けた患者全例。
【除外】追跡期間にプライマリケアまたは病院との提携のないクリニックで治療を受けた無症候性(silent)心房細動患者,当該発作による通院・入院時の死亡,僧帽弁狭窄による弁膜症性心房細動,弁膜症手術施行。
【患者背景】―
治療法 解析は経口抗凝固薬投与の有無別に行い,主に追跡期間を通じて経口抗凝固薬投与を受けなかった90,490例のサブセットを対象とした。心房細動と診断された日付から14日後以降に発症したイベントを解析した。
追跡完了率 100%。
結果

●評価項目
[血栓塞栓イベント]
血栓塞栓イベントのリスク因子として新たに同定されたのは以下の通りであった。
末梢血管疾患:HR 1.22,95%CI 1.12-1.32。
血管疾患:HR 1.14;1.06-1.23。
心筋梗塞既往:HR 1.09;1.03-1.15。
女性:HR 1.17;1.11-1.22。
以下の因子はこれまでの解析と同様に血栓塞栓イベントの独立予測因子であった:脳梗塞:HR 2.81;2.68-2.95,TIA:HR 1.80;1.68-1.94,全身性塞栓症:HR 2.18;1.87-2.54,頭蓋内出血:HR 1.49;1.33-1.67,高血圧:HR 1.17;1.11-1.22,糖尿病:HR 1.19;1.13-1.26,腎不全:HR 1.16;1.05-1.28。
甲状腺疾患は血栓塞栓イベントのリスク因子ではなかった(HR 1.00;0.92-1.09)。
[リスクスコアの評価]
2つの血栓塞栓イベントリスクスコアの予測能は同程度であった(C-統計量:CHADS2スコア0.66;0.65-0.66,CHA2DS2VAScスコア0.67;0.67-0.68)。

[出血イベント]
頭蓋内出血,大出血の両方のリスク予測因子であったのは以下の通りであった。
65~74歳(<65歳に比し):頭蓋内出血:HR 1.97;1.43-2.71,大出血:HR 2.33;1.96-2.77。
≧75歳(<65歳に比し):頭蓋内出血:HR 2.43;1.84-3.22,大出血:HR 3.28;2.80-3.83。
脳梗塞:頭蓋内出血:HR 1.21;1.02-1.44,大出血:HR 1.14;1.04-1.24。
血栓塞栓症既往:頭蓋内出血:HR 1.19;1.01-1.39,大出血:HR 1.11;1.03-1.20。
大出血既往:頭蓋内出血:HR 3.10;2.64-3.66,大出血:HR 2.44;2.23-2.67。
高血圧:頭蓋内出血:HR 1.32;1.15-1.52,大出血:HR 1.25;1.16-1.33。
以下の項目は大出血リスクの予測因子であったが,頭蓋内出血リスクの予測因子ではなかった(数値は大出血のHR):心不全:HR 1.15;1.07-1.24,腎不全:HR 1.59;1.41-1.79,肝臓病:HR 1.80;1.45-2.23,貧血:HR 1.40;1.28-1.53,血小板/凝固能異常:HR 1.35;1.08-1.69,アルコール依存:HR 1.67;1.42-1.96,3年未満のがん:HR 1.15;1.04-1.27。
[リスクスコアの評価]
頭蓋内出血,大出血について,2つの出血リスクスコアの予測能は同程度であった。経口抗凝固薬に関するC-統計量:HEMORR2HAGESスコ(頭蓋内出血)0.62;0.60-0.64,(大出血)0.63;0.61-0.64,HAS-BLEDスコア(頭蓋内出血)0.60;058-0.62,(大出血)0.61;0.59-0.62。

●有害事象

文献: Friberg L, et al. Evaluation of risk stratification schemes for ischaemic stroke and bleeding in 182 678 patients with atrial fibrillation: the Swedish Atrial Fibrillation cohort study. Eur Heart J 2012; 33: 1500-10. pubmed
関連トライアル Abraham JM et al, ACTIVE W paroxysmal vs sustained, ARISTOTLE risk score, Bjorck S et al, Olesen JB et al, PROTECT AF, Roldan V et al, SPAF III 1998, Swedish Atrial Fibrillation Cohort Study: net benefit, 心房細動患者に対する脳卒中予防療法における年齢効果
関連記事