抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ
Kellert L et al Blood Pressure Variability after Intravenous Thrombolysis in Acute Stroke Does Not Predict Intracerebral Hemorrhage but Poor Outcome
結論 静注血栓溶解療法を受けた脳梗塞患者において,大きな血圧変動は転帰不良をもたらしたが,脳内出血/症候性脳内出血リスクは上昇させなかった。

目的 静注血栓溶解療法を受けた脳梗塞患者において,血圧変動が全脳内出血,症候性脳内出血,3ヵ月後の転帰に及ぼす影響を検討する。
デザイン 後ろ向き登録研究。
セッティング 表記なし。
期間 追跡期間は3ヵ月。
対象患者 427例。脳卒中データベースより抽出された,2007~2009年にrtPA静注を受けた連続症例。
【除外基準】表記なし。
【患者背景】年齢は脳内出血群(51例)73.2±11歳,症候性脳内出血発生群(10例)74.9±14.6歳,脳内出血非発生群(376例)72.7±12.8歳。各群の女性49.0%,80%,51.8%。リスク因子:高血圧80.4%,100%,80.6%,糖尿病19.6%,30%,24.2%。高コレステロール血症25.5%,30%,24.5%。心房細動*47.1%,50%,32.7%,ニコチン使用15.7%,10%,17.6%,抗血小板薬使用47.1%,50%,43.4%,抗凝固薬使用7.8%,0%,5.6%,心血管イベント既往19.6%,40%,16.2%。
*p=0.041(脳内出血群 vs. 非発生群)。
治療法 血圧は静注前,静注開始後の2時間は15分間隔,その後追跡画像撮影(静注から20~36時間後もしくは症状増悪時)までは1時間間隔で測定し,平均値,最高値,最低値,SD,最高値と最低値の差,変動性(successive variation,逐次変動)およびその最大値について解析。
追跡完了率 100%。
結果

●評価項目
全脳内出血は51例(11.9%),症候性頭蓋内出血(ECASS II定義)は10 例(2.3%)に発生した。
DBP最低値は脳内出血発生例で非発生例に比し高かったが(55.20±10.29mmHg vs. 58.82±10.89mmHg,p=0.02),それ以外は脳内出血非発生例,発生例,症候性脳内出血発生例の間で差異はみられなかった。
単変量解析において,SBPの高変動性は症候性脳内出血と関連していた(p=0.03)。
脳内出血の予測因子は早期のCT所見のみであった(OR 2.74,95%CI 1.47-5.11,p=0.002)。
3ヵ月後の転帰良好[modified Rankin Score(mRS)≦2]の予測因子は以下の通りであった。
年齢:OR 0.96,95%CI 0.94-0.97,p<0.001。
入院時のNational Institute of Health stroke scale(NIHSS)スコア:OR 0.84,95%CI 0.80-0.87,p<0.001。
脳内出血:OR 0.29,95%CI 0.13-0.66,p<0.01。
SBPの高変動性:OR 1.68,95%CI 1.05-2.69,p<0.05。
3ヵ月以内の死亡の予測因子は以下の通りであった。
年齢:OR 1.08,95%CI 1.05-1.12,p<0.001。
入院時のNIHSS:OR 1.10,95%CI 1.06-1.15,p<0.001。
脳内出血:OR 2.88,95%CI 1.43-5.80,p<0.01。

●有害事象

文献: Kellert L, et al. Blood Pressure Variability after Intravenous Thrombolysis in Acute Stroke Does Not Predict Intracerebral Hemorrhage but Poor Outcome. Cerebrovasc Dis 2011; 33: 135-40. pubmed
関連トライアル Alshekhlee A et al, Bravo Y et al, Cronin CA et al, ECASS III, ECASS-II blood pressure, Gensicke H et al, Georgiadis D et al, 2006, Helsinki Stroke Thrombolysis Registry, IMS III, Kellert L et al, Madrid Stroke Network, Mikulik R et al 2009, Power A et al, RIETE registry thrombolytic therapy, Ruecker M et al, SAINT postthrombolysis ICH, SAMURAI rt-PA Registry early neurological deterioration, SAMURAI rtPA Registry SITS-MOST criteria, Saqqur M et al, Sarikaya H et al, Sarikaya H et al, Schellinger PD et al, Seet RC et al, Singer OC et al, SITS-ISTR, SITS-ISTR antiplatelet therapy, SITS-ISTR blood pressure, SITS-ISTR elderly, SITS-ISTR young patients, SITS-MOST multivariable analysis, Toni D et al, Tsivgoulis G et al, Tutuncu S et al, 血栓溶解療法後の頭蓋内出血
関連記事