抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ
LIFENOX Study to Evaluate the Mortality Reduction of Enoxaparin in Hospitalized Acutely Ill Medical Receiving Enoxaparin
結論 急性内科疾患による入院患者において,enoxaparinと段階的弾性ストッキングの併用は,段階的弾性ストッキング単独に比し,全死亡を減少させなかった。

目的 外科手術施行患者,急性内科疾患患者のいずれにおいても薬物的予防により静脈血栓塞栓症(VTE)の発生率は低下する。外科手術施行患者では全死亡リスクも低下するが,急性内科疾患患者の全死亡リスクについては明確となっていない。本試験では,急性内科疾患患者においてenoxaparinと段階的弾性ストッキングの併用は段階的弾性ストッキング単独に比し全死亡リスクを低下させるか検討する。有効性の一次エンドポイント:30日間の全死亡。安全性の一次エンドポイント:治療期間中のISTH出血基準大出血
デザイン 無作為割付,二重盲検。有効性:intention-to-treat解析。NCT00622648。
セッティング 多施設(193施設),7カ国(中国,インド,韓国,マレーシア,メキシコ,フィリピン,チュニジア)。
期間 登録期間は2008年1月~2010年9月。
対象患者 8,307例。48時間以内に以下のいずれかの理由で入院し,入院期間が6日以上と予想された40歳以上の患者;急性非代償性心不全,活動性がん(化学療法のための入院は除く),重篤な感染症で慢性肺疾患/BMI≧30/VTE既往/60歳以上のいずれかに該当する患者。
【除外基準】重度外傷/大手術後6週以内,挿管をともなう人工呼吸器を必要とする,症候性VTE,多臓器不全,活動性出血疾患,抗凝固療法禁忌,脳血管発作後10日以内,人工心臓弁,ヘパリン起因性血小板減少症,持続性重度腎不全,重度の貧血またはその疑いあるいは腰椎穿刺から24時間以内,脊椎/硬膜外麻酔から24時間以内など。
【患者背景】年齢はenoxaparin群65.6±12.0歳,プラセボ群65.3±12.2歳。各群の女性37.6%,36.9%。BMI 23.4±5.4,23.3±5.4。腎障害35.5%,35.8%。VTEリスク因子:VTE既往0.6%,0.5%,活動性がん6.0%,5.8%,過去3ヵ月以内に急性内科疾患のため入院9.0%,9.4%。入院の理由:心不全30.7%,31.4%,重篤な感染症57.2%,56.5%,活動性がん4.7%,4.1%,心不全および重篤な感染症6.1%,6.3%。
治療法 以下の2群に無作為割付。
enoxaparin群:4,171例。enoxaparin 40mg/日,入院期間中6~14日(10±4日)皮下注。
プラセボ群:4,136例。
試験薬投与終了前に退院した患者は,自宅で投与を継続した。また,全例に膝までの長さの段階的弾性ストッキングを着用させた。
追跡完了率 30日後の追跡不能は39例(0.5%,enoxaparin群20例,プラセボ群19例)。
結果

●評価項目
30日間の全死亡はenoxaparin群205例(4.9%),プラセボ群199例(4.8%)と同等であった(RR 1.0,95%CI 0.8-1.2,p=0.83)。
他の時点での全死亡,心肺疾患死も同等であった。
14日間の全死亡:enoxaparin群2.9% vs. プラセボ群2.9%(p=0.95)。
90日間の全死亡:enoxaparin群8.4% vs. プラセボ群8.6%(p=0.71)。
14日間の心肺疾患死:enoxaparin群2.1% vs. プラセボ群2.2%(p=0.56)。
30日間の心肺疾患死:enoxaparin群3.4% vs. プラセボ群3.3%(p=0.77)。
90日間の心肺疾患死:enoxaparin群5.1% vs. プラセボ群5.3%(p=0.82)。

●有害事象
大出血はenoxaparin群16例(0.4%),プラセボ群11例(0.3%)と同等であった(RR 1.4,95%CI 0.7-3.1,p=0.35)。
小出血,全出血はenoxaparin群の方が多かった。
小出血:enoxaparin群1.8% vs. プラセボ群1.1%(p=0.02)。
全出血:enoxaparin群2.2% vs. プラセボ群1.5%(p=0.01)。
有害事象はenoxaparin群37.8%,プラセボ群36.9%で同等であった。

文献: Kakkar AK, et al.; LIFENOX Investigators. Low-molecular-weight heparin and mortality in acutely ill medical patients. N Engl J Med 2011; 365: 2463-72. pubmed
関連トライアル ACE , ACUITY bivalirudin, ADOPT, ADVANCE, ADVANCE-2, AMPLIFY, AMPLIFY-EXT, APOLLO, ARTEMIS, CASSIOPEA, EINSTEIN-DVT and EINSTEIN-Extension, ESSENCE 1997, ExTRACT-TIMI 25, Hokusai-VTE, MAGELLAN, OASIS-5, ODIXa-KNEE, PREVAIL, PREVENT 2004, PROTECT, RECORD1, RECORD2, RECORD3, RECORD4, SAVE-KNEE, SAVE-HIP1, SAVE-HIP2, THRIVE, TIMI 11B
関連記事