抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ
メタ解析
dabigatranの急性冠イベントリスク
Dabigatran association with higher risk of acute coronary events: Meta-analysis of noninferiority randomized controlled trials
結論 dabigatranはさまざまな適応病態の患者において,異なる対照薬(warfarin,enoxaparin,プラセボ)に比し,心筋梗塞(MI),急性冠症候群(ACS)リスクを上昇させた。臨床医はdabigatranによるこれらの重篤な心血管有害作用の可能性を考慮すべきである。

目的 心房細動患者におけるdabigatranの脳卒中予防効果を検討した RE-LY試験では,dabigatranによるわずかなMIリスク上昇が示唆された。ここでは,dabigatran使用によるMI,ACSリスクを検討する。
方法 2011年5月,PubMed,Scopus,Web of Scienceにて,MIまたはACSを二次エンドポイントとしてdabigatran の安全性,有効性を評価した無作為化臨床試験(RCT)を検索。検索用語はdabigatran,dabigatran etexilate,BIBR 1048,randomized clinical trial,randomized trial,randomized controlled trial。
Fixed-effects model Mantel-Haenszel(M-H)testを用いて解析を行った。
対象 RCT 7試験(30514例,すべて非劣性試験)。
表記は順に試験名,患者数,試験の目的,対照薬,治療期間。
RE-NOVATE:3463例,股関節置換術後の静脈血栓塞栓症(VTE)予防,enoxaparin,中央値33日。
RE-MODEL :2076例,膝関節置換術後のVTE予防,enoxaparin,中央値8日。
PETRO:515例,心房細動患者の脳卒中予防,warfarin,12週(デザイン)。
RE-LY:18113例,心房細動患者の脳卒中予防,warfarin,中央値2.0年。
RE-COVER :2539例,VTE二次予防,warfarin,164日。
RE-DEEM:1861例,ACS二次予防,プラセボ,平均158~164日。
RE-NOVATE II:2013例,股関節置換術後のVTE予防,enoxaparin,中央値32日。
主な結果 ・MI,ACSリスク(7試験)
dabigatran群は対照群に比しMI,ACSリスクが上昇した。
dabigatran群 237/20000例(1.19%)vs. 対照群83/10514例(0.79%),OR M-H 1.33,95%CI 1.03-1.71,p=0.03,不均一性p=0.80。
M-H以外のすべての解析(Peto,inverse variance,random effects)でも不均一性はみられなかった(I 2=0%,p≧0.30)。
出版バイアスはみられなかった。

MI,ACSリスクは(1)2010年に改訂されたRE-LYのデータを用いた解析,(2)治療期間が1ヵ月以下の3試験(関節置換術後のVTE予防)を除いた解析のいずれも同様の結果であった。
(1)OR M-H 1.27,95%CI 1.00-1.61,p=0.05,不均一性p=0.9。
(2)OR M-H 1.33,95%CI 1.03-1.72,p=0.03,不均一性p=0.9。

・全死亡(6試験)
dabigatran群は対照群に比し全死亡リスクが低下した。
dabigatran群 945/19555例(4.83%)vs. 対照群524/10444例(5.02%),OR M-H 0.89,95%CI 0.80-0.99,p=0.04。
文献: Uchino K, et al. Dabigatran Association With Higher Risk of Acute Coronary Events: Meta-analysis of Noninferiority Randomized Controlled Trials. Arch Intern Med 2012; 172: 397-402. pubmed
関連トライアル Kaseno K et al, Lakkireddy D et al, RE-LY cardioversion, RE-LY intracranial hemorrhage, RE-LY Japanese population, RE-LY periprocedural bleeding, RE-LY risk of bleeding, RE-MEDY & RE-SONATE, 新規経口抗凝固薬の冠動脈疾患,死亡リスクに対する有効性, 非ST上昇型急性冠症候群に対する初期侵襲的治療および保存的治療の性差
関連記事