抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ
Sarikaya H et al Intravenous thrombolysis in nonagenarians with ischemic stroke
結論 90歳代の脳梗塞患者に対する血栓溶解療法後の転帰は,80歳代の患者に比し転帰良好が少なく,死亡率,症候性脳内出血発生率が高かった。90歳以上の患者では,上記をふまえ治療法を慎重に選択することが求められる。
コメント 90歳代症例の血栓溶解療法の転帰は80歳代のそれより不良であったとの本報告から,超高齢者へ血栓溶解療法を施行する際は,有害事象に十分な注意をはらうことと,本人や家族へ効果とリスクに関する十分な説明を行ってから施行すべきであろう。(矢坂正弘

目的 90歳以上の人口は今後急速に増加することが予想されているが,この年代の脳梗塞患者に対する血栓溶解療法の転帰は明確になっていない。本論文では,血栓溶解療法静注を受けた90歳代の患者の転帰を評価し,80歳代の患者との比較検討を行う。主要評価項目:3カ月後の転帰良好[modified Rankin Score(mRS)0~1]。
デザイン 観察研究。
セッティング 多施設(7施設),スイス。
期間 対象患者治療期間は2000年1月1日~2008年12月31日。
対象患者 284例。血栓溶解療法を受けた80歳以上の脳梗塞患者連続例。
【除外基準】表記なし。
【患者背景】男性は90歳代群30.4%,80歳代群46.4%(p=0.046)。各群の高血圧84.8%,81.1%。現喫煙6.7%,12.2%。糖尿病11.1%,13.9%。高コレステロール血症27.3%,39.6%。脳梗塞発症時の抗血栓療法:抗血小板療法52.2%,45.1%,抗凝固療法0%,4.2%。心血管疾患28.9%,21.0%。National Institute of Health stroke scale(NIHSS)スコア14.4±6.7,12.9±5.9。治療までの時間148.8±51.1分,159.6±40.7分。SBP 161.1±28.7mmHg,172.0±25.9mmHg(p=0.035),DBP 85.7±20.8mmHg,90.1±18.0mmHg。血糖値7.0±2.9mmol/L,7.1±2.3mmol/L(126±52.2mg/dL,127.8±41.4mg/dL)。脳梗塞の病型:大血管22.2%,33.2%,心原性48.9%,33.6%,小血管4.4%,5.5%,不明24.4%,26.1%。
治療法 担当医の裁量にて,現行のガイドラインにしたがいalteplaseを投与。
(スイスではalteplaseは年齢制限なく認可されている)
追跡完了率 100%。
結果

●評価項目
90歳代の患者(46例,平均92歳)は80歳代の患者(238例,平均83歳)に比し女性が多く,SBPが低かった(患者背景参照)。
3カ月後の転帰良好は6例(14.3%)vs. 71例(30.2%)と少なく(p=0.034),死亡率は19例(45.2%)vs. 52例(22.1%)と高かった(p=0.002)。
症候性脳内出血は,NINDS定義では有意差がなかったが[6例(13.3%) vs. 14例(5.9%),p=0.106], SITS-MOST定義では多かった[6例(13.3%)vs. 11例(4.7%),p=0.037]。症候性脳内出血のうち致死性は5/6例(83.3%)vs. 5/14例(35.7%)(p=0.141)。
多変量調整後,死亡の独立予測因子は90歳以上(p=0.017),抗凝固療法(p=0.049),NIHSSスコア(p<0.001)であった。

●有害事象

文献: Sarikaya H, et al. Intravenous thrombolysis in nonagenarians with ischemic stroke. Stroke 2011; 42: 1967-70. pubmed
関連トライアル Bichat Clinical Registry, CASES elderly patients, Cronin CA et al, ECASS III, Engelter ST et al, Gensicke H et al, Gensicke H et al, Helsinki Stroke Thrombolysis Registry, Hsieh CY et al, J-ACT, J-MARS, Kellert L et al, Mattle HP et al, Prefasi D et al, SAINT postthrombolysis ICH, Sarikaya H et al, Sarikaya H et al (obese), Sarikaya H et al (posterior circulation stroke), Schellinger PD et al, Singer OC et al, SITS-ISTR, SITS-ISTR antiplatelet therapy, SITS-ISTR blood pressure, SITS-ISTR early neurological improvement, SITS-ISTR elderly, SITS-ISTR young patients, SITS-MOST multivariable analysis, Toni D et al, Tsivgoulis G et al, TTT-AIS, 血栓溶解療法後の頭蓋内出血
関連記事