抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ
SITS-ISTR weight >100kg
結論 本結果は脳梗塞患者に対し現在認可されているalteplase最大投与量を支持するものであった。体重>100kgの患者では1kgあたりの投与量が少なくなるにもかかわらず,症候性脳内出血発生率が高かった。神経学的改善および機能的自立は同等であった。
コメント アルテプラーゼの欧州での投与量は0.9mg/kg,最大量90mgとされているため,体重が100kgを超える患者では1kgあたりの投与量が少なくなり,転帰を悪化させないか懸念されていた。しかし,本研究で100kg以上の症例は100kg未満の症例と比較して,症候性脳内出血発症率は高いものの,神経学的改善や機能的自立は同等であることが示され,現在認可されているアルテプラーゼの最大投与量の妥当性が示された。本邦の投与量は0.6mg/kg,最大量60mgと異なることから,本邦でも同様の解析が必要であろう。(矢坂正弘

目的 alteplaseの投与量は欧州の認可基準では0.9mg/kg,最大量90mgとされているため,体重が100kgを超える患者では100kg以下の患者に比し,1kgあたりの投与量が少なくなる。この低用量投与が転帰不良と関連するか,SITS-ISTR登録患者のデータにもとづいて検討する。
デザイン 前向き観察研究。
セッティング 多施設,複数国。
期間 登録期間は2002年12月25日~2009年11月2日。
対象患者 27910例。血栓溶解療法を受けた脳梗塞患者のうち,体重のデータが入手できた症例(実測14.6%,推定84.6%)。
【除外基準】―
【患者背景】年齢は>100kg群62(54~79)歳,≦100kg群70(60~77)歳*。各群の女性20.1%,42.7%*。脳卒中前の自立(modified Rankin Score(mRS)0~1)89.6%,90.7%。高血圧73.3%,62.6%*。糖尿病29.3%,16.8%*。脂質異常症45.8%,34.8%*。現喫煙28.6%,23.0%*。脳卒中既往13.8%,13.2%。心房細動23.6%,25.6%。うっ血性心不全8.9%,8.5%。発症時aspirin服用32.4%,31.6%。血糖値127(50)mg/dL,117(39)mg/dL *。体重110(13)kg,75(18)kg *。alteplase用量90(0)mg,67.5(16)mg *,1kgあたり0.82(0.1)mg,0.90(0.01)mg *National Institute of Health stroke scale(NIHSS)スコア中央値10(10),12(9)*。血圧155(30)/87(18)mmHg,150(30)/81(16)mmHg *。治療までの時間145(58)分,145(55)分。脳卒中の病型:大血管疾患36.3%,35.6%,心原性塞栓29.2%,31.7%,ラクナ梗塞11.3%,9.2%(p=0.02)。*p=0.001,():IQR
治療法 alteplase 0.9mg/kg,最大量90mgを静注。
追跡完了率 100%。
結果

●評価項目
体重>100kgの患者は1190例(4.3%)であった。
>100kg群は≦100kg群に比し,1kgあたりのalteplase用量が少なく,年齢が若く,開始時のNIHSSが低かった。また高血圧など心血管リスクを有する者が多かった(患者背景の欄参照)。
24時間後の大きな神経学的改善(NIHSSの8点以上の改善またはNIHSS 0)は同等であった:>100kg群299例(27.7%) vs. ≦100kg群6820例(27.7%),p=0.99。
症候性脳内出血(SITS-MOST定義),3カ月後の機能的自立は体重>100kg群の方が多かったが,死亡は有意差が認められなかった。
症候性脳内出血:30例(2.6%)vs. 454例(1.7%),p=0.03。
機能的自立(mRS 0~2):583例(59.7%)vs. 11920例(53.6%),p<0.001。
死亡:143例(14.4%)vs. 3395例(15.1%),p=0.54。
患者特性を調整後,転帰良好,機能的自立について有意差はみられなかったが,症候性脳内出血(SITS-MOST基準),死亡のオッズ比は体重>100kg群の方が高かった。
転帰良好(mRS 0~1):OR 1.01,95%CI 0.87-1.18,p=0.87。
機能的自立(mRS 0~2):OR 0.99,95%CI 0.84-1.17,p=0.93。
症候性脳内出血:OR 1.6,95%CI 1.06-2.41,p=0.02。
死亡:OR 1.37,95%CI 1.08-1.74,p=0.01。

●有害事象

文献: Diedler J, et al. Is the Maximum Dose of 90 mg Alteplase Sufficient for Patients With Ischemic Stroke Weighing >100 kg? Stroke 2011; 42: 1615-20. pubmed
関連トライアル ECASS, ECASS III, ECASS III additional outcomes, EPITHET, IPSS use of alteplase, J-ACT, J-MARS, SAMURAI, SITS-ISTR elderly, SITS-MOST, TTT-AIS
関連記事